選挙制度のタグまとめ

選挙制度」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには選挙制度に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「選挙制度」タグの記事(9)

  1. 選挙制を改革するなら候補者男女均等法を生かせ - FEM-NEWS

    選挙制を改革するなら候補者男女均等法を生かせ

    全国フェミニスト議員連盟が、さきの「改正選挙法」に抗議した。施行されたばかりの「候補者男女均等法」を無視したことに反対し、比例代表制に変革ことや比例代表制枠を増やすなど、選挙制度の抜本的改革を求めている。♀♀♀「政治分野における男女共同参画の推進に関する法律」(「候補者男女均等法」)を生かした「選挙制度の抜本的見直し」を求めます♀♀♀総務大臣、女性活躍担当・内閣府特命担当大臣野田聖子様参議院...

  2. 候補者男女均等法と政党 - FEM-NEWS

    候補者男女均等法と政党

    「多様な民意映す議会への一歩」か、いや「女性にゲタをはかせる『男性逆差別』」か。「Monday 解説」(2018.5.28朝日)は、候補者男女均等法を、こんな2択をたてて論じている。家事や育児で時間のない女性は選挙で不利。そこを越えるための後押しなのだから、法は、女性にゲタをはかせるというより、「男性がはいているゲタを脱ぐ」ことだという。それはその通りだ。でも、これは女性差別撤廃条約にもうた...

  3. 国際シンポ「選挙を変えれば暮らしが変わる」宣言 - FEM-NEWS

    国際シンポ「選挙を変えれば暮らしが変わる」宣言

    4月20日、国際シンポジウム「選挙を変えれば暮らしが変わる♪モノトーン議会からオーケストラ議会へ♫」が開かれた。ノルウェー、ニュージーランド、韓国の講師が選挙制度と女性議員増の関係について報告した。なぜ比例代表制では女性議員が増えやすいか。議会に女性が増えた結果、暮らしや子育てはどう変わったか。刺激的なスピーチが続いた後、最後に、城倉哲(公正・平等な選挙改革にとりくむプロジェクト)と伊藤正子...

  4. 国際シンポ「選挙を変えれば暮らしが変わる」序 - FEM-NEWS

    国際シンポ「選挙を変えれば暮らしが変わる」序

    森友・加計改ざん事件、自衛隊の日報隠ぺい事件、財務次官のセクハラ事件…など問題が噴出する国会。この場に、女性はどの程度進出しているだろう。国際比較となる衆院に、女性はわずか1割しかいない。一方、北欧ノルウェーは4割を超え、ニュージーランドは約4割、おとなりの韓国は2割に届こうとしている。代表的な比例代表制選挙の国ノルウェーは、100年間、国会も地方議会も比例代表制である。ニュージーランドは、...

  5. 「政治分野における男女共同参画推進法案」可決 - FEM-NEWS

    「政治分野における男女共同参画推進法案」可決

    4月11日、衆院内閣委員会で「政治分野における男女共同参画推進法案」が可決された。今国会での成立は確実だろう。「政治分野における男女共同参画推進法案」には、衆議院をはじめ参議院や地方議会の選挙の際、政党に候補者の男女比率を「できる限り均等」とするようにと明記されている。女性の候補者数と男性の候補者数をできるだけ同じにするよう、政党に対して法律で求めたことは、遅きに失したとはいえ、意義深い。し...

  6. 「ここまできた小選挙区制の弊害」をお勧めする - 大阪の弁護士大川一夫のブログ

    「ここまできた小選挙区制の弊害」をお勧めする

    上脇博之神戸学院大学法学部憲法教授が「ここまできた小選挙区制の弊害」(あけび書房)発刊された。上脇先生は、古くから私の関わった選挙権訴訟などでお世話になった教授であり、最近では、角度は違うがともに森友学園問題を追及している。上脇先生の力によって、財務局と森友学園の「交渉記録」を開示させてことは記憶に新しい。さてその上脇先生が「ここまできた小選挙区制の弊害」を発刊されたのである。内容は、小選挙...

  7. 「教育を変えなければ」と思った(選挙マルシェ) - FEM-NEWS

    「教育を変えなければ」と思った(選挙マルシェ)

    11月11日(土)、シンポジウム「選挙マルシェーー選挙が変われば政治が変わる」に参加しました。13:00までしか拝聴できなかったのですが 「見てきた!民主主義世界一の国ノルウェーの選挙」と題した、三井先生のわかりやすいお話にさらにノルウェーを知ってみたくなりました。私なりの解釈では、結局根本的に教育を変えていかなければ これ以上何の進歩も望めないのではないかという思いを強く持ちました。そんな...

  8. いろいろ言っても現行制度で結果を出した自民党の勝利は変わらない - 見たこと聞いたこと 予備3

    いろいろ言っても現行制度で結果を出した自民党の勝利は変...

    yahoo:「自民の大勝、小選挙区制が後押し得票率は48%」朝日新聞が23日午後9時40分現在で集計した結果、自民党は289選挙区で2672万票を獲得し、得票率は48%だったが、議席では75%を占める218議席を獲得した。1議席を争う小選挙区制度では、第1党が得票率に比べて獲得議席数の比率が大きくなる傾向がある。今回も自民党の大勝を後押しした格好だ。小選挙区では、希望の党と立憲民主党がそれぞ...

  9. 政治主導でも官僚主導でもなく「憲法通り公務員が全体の奉仕者として仕事をする」ことが大事である - 広島瀬戸内新聞ニュース(社主:さとうしゅういち)

    政治主導でも官僚主導でもなく「憲法通り公務員が全体の奉...

    政治主導でも官僚主導でもなく「憲法通り公務員が全体の奉仕者として仕事をする」ことが大事である「政治主導」か「官僚主導」か?は本質的な問題ではない。「公務員の待遇がどうか?」というのも、本質的な問題では、実はない。公務員、すなわち、安倍総理や萩生田官房副長官のような政治家も、官僚も、警察官も含めて「お友達のため」ではなく「全体の奉仕者」であることが大事です。そのための最適な選挙制度なり、公務員...

総件数:9 件

似ているタグ