那須のタグまとめ

那須」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには那須に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「那須」タグの記事(157)

  1. 那須の旅その2@アートビオトープ - ヒビノコト。

    那須の旅その2@アートビオトープ

    茶寮を出た後、アートビオトープへ。ここは宿泊所やカフェ、アートスタジオなどがある複合施設ですが、今回ここに来た目的はこのツアーに参加するためでした。続きます。。

  2. 那須の旅その1  @蕎麦那須茶寮 - ヒビノコト。

    那須の旅その1 @蕎麦那須茶寮

    今年もこの時期恒例の那須へ。お昼頃着き、最初に向かったのは前にも訪れたことのあるお蕎麦屋さん、茶寮(さりょう)窓からはのどかな風景が臨めます。おすすめのとろろ蕎麦に。美味しくて、ロケーションも良く、店員さんも感じ良く、トータルで大満足なお店です。

  3. それでもお腹は空く - ないものを あるもので

    それでもお腹は空く

    昨日は蒲田で、うどん県へ帰る先輩と羽根つき餃子を食べていた。この度の上京最終日、羽田からお発ちになるので、B 先輩と三人で壮行会である。羽田空港というと反射的に、♪羽田から飛行機でぇ倫敦へ~♪と唄える友だちも今はいない。先輩たちは、ツラいときも、しっかりしておいでだ。例えば、腹の立つことがあっても、悲しいことを、抱えていても、自分の中で何とかされて、周囲の誰彼構わず心配掛ける(オレ)といった...

  4. コピスガーデンの花 - キルトとステッチ時々にゃんこ

    コピスガーデンの花

    コピスガーデンにはバランス以外のお花もたくさん咲いていました。池のそばにアヤメか花菖蒲かカキツバタです。どれでしょう…。見えないですが、クモの巣に引っかかったハートの花びら。ベルのようなジキタリス。お花の名前はわからないけれど、薔薇に負けずにきれいな花を咲かせていました。コピスガーデン、素敵な場所でした。カメラ女子ランキング

  5. 癒しを得るために - One by one メモ日記

    癒しを得るために

    6月に入ったばかりだけどもはやあれだねもはや夏だね。だって陽射しが暑いものそして痛いもの。半袖でいても暑いくらい。そして、仕事場でも車の中でもクーラーかけていても問題ないもの。6月ってこんな気候だったかなぁ?もう少しでうっとおしい梅雨がきて、本格的な夏がくるとはいえ、暑すぎないかそう思う日々である。…さここのところ北陸に濃い縁がある自分だよ。2週連続で富山入りだ。なんとも贅沢なことだ。しかし...

  6. 過ごした月日 - ないものを あるもので

    過ごした月日

    なんでも見境なく書いてそこに救いを求めてる風…なのかな私。そんなこともないと思うんだけれど…。私としてはこうして書く理由は一つだけ。いろいろすごくバタバタで死にそうなので過去のも含め、記事に頂いたコメントへのお返事遅れます。皆さまの記事も、ほとんど拝見できずご無礼。それをお詫びしたい。その一点です。『休業中』の札替わりです。二歳くらいの私。父は写真が趣味で、モノクロの写真を自分で現像していた...

  7. 那須フラワーワールドのチューリップ - キルトとステッチ時々にゃんこ

    那須フラワーワールドのチューリップ

    ハートフルファームの菜の花畑を後にして、那須フラワーワールドに寄りました。まだできたばかりの頃に行った時に比べ、大きな駐車場もできて、花も増えてきれいに整備されていました。チューリップの盛りも終わりに近く、アップでは傷みが目立つので遠目にお花畑を撮りました。シンプルなチューリップがやっぱりかわいい。桜もまだ残っていました。これからは、ポピーとネモフィラになるようです。カメラ女子ランキング

  8. 道端の花 - ないものを あるもので

    道端の花

    これ、なんていったかなぁ。子どもの頃、摘むと、乳液みたいなおつゆが出たんじゃなかったかな。父母のいる病院から、心を残しつつ駅へ向かう時、わざと狭い路地を歩いて春の草花を見てゆきました。そのため1本乗り逃す…がーん…今回もたくさん悲しく、でも、多くを学んだけど、うまく書けないなー…。ていうか、原稿書かないでそんなの書いてたらどやされるー…。

  9. 花束 - ないものを あるもので

    花束

    かなしく、情けない思いの日。自分以外に頼ってはいけない。そう改めて思う。死んでもいいから、ちゃんとやりましょう。やらずに忸怩たる思いの中で生きながらえるよりきっとそのほうがいい。那須で、一日しかない滞在なのに、草を摘んで活けた。母のために。すぐに処分しなければならないと、承知で活けた。花には悪かったけれど。◇こちらでは、庭のハゴロモジャスミンパイナップルセージ、ハルジオン。秘密のT邸からいた...

  10. 週末那須行 - ないものを あるもので

    週末那須行

    しだれ桜。庭の角にある木。満開手前くらいか。うっとりするようなうつくしさだ。冬に摘んでは食べていた菜っ葉群は、私の背丈ほどある(本当)菜の花になっていて吃驚した。荒れ庭ならではの光景だと思う。しかしこれでは、もう食べられない…。残念だ。どうしても訪問緩和などの書類に判を押さねばならず、週末、那須へ行きました。頸ボキボキ他、そのままだから、殿様が付き添いで来てくれてあれこれと助けてくれました。...

  11. ヤマザキ春の旅まつり 5 那須 - とまとまにっき

    ヤマザキ春の旅まつり 5 那須

    前々回のブログで紹介した『岩下の新生姜ミュージアム』ここでコメタママが土産として購入していた『PINK NEW GINGER CURRY』を食べてみた。折角だから、スーパーで買ってきた岩下の新生姜を添えて(笑)おっと。これは想像以上のインパクト。細かな生姜の粒がギッシリ入っていて予想以上に生姜が前面に出ているぞ!一般的な素材であればカレーの香辛料には及ばない所だろうがカレーと並んで、寧ろそれ...

  12. 那須でお菓子探し! - しし丸のやんちゃ日記 時々狂犬

    那須でお菓子探し!

    もうすぐホワイトデイということで、バレンタインのお返しを探しに、久しぶりに那須に行ってみました。「どうせだったらみんなに知られていない穴場を探そう」ということで、ネットで目を付けていた場所にGO!分かりずらくて、二度三度行ったり来たりしてやっと到着?ここかな~?と不安げに、普通の民家みたいな建物で恐る恐る入っていくと・・・。おばあちゃんがいらしたので、「あの~すいません、今日ってお店やってる...

  13. 那須の歴史とアートに触れるひととき@道の駅・明治の森黒磯 - 那須高原ペンション通信(オーナー通信)

    那須の歴史とアートに触れるひととき@道の駅・明治の森黒磯

    新鮮な野菜や花、併設の無料花畑などで観光にいらっしゃる皆さまのみならず地元民からも愛されている道の駅・明治の森黒磯には、那須の開拓史とは切っても切れない明治時代の外交官・青木周蔵の別邸があります。今回、この国指定重要文化財でもある旧青木邸にて「那須塩原市ARTプロジェクトxもうひとつの美術館」と題して、「もうひとつの美術館」所蔵のよりすぐりアート作品が邸内に陳列されています。じゃ、さっそくレ...

  14. 甘酒ココア - ないものを あるもので

    甘酒ココア

    那須で作って飲んでいたヘンな飲み物。酒粕を溶かして少し甘くして、バンホーテンのココアを入れる。こうして書くと、えええええ、な感じだけど、案外美味しいです。

  15. 緑の車両で帰る - ないものを あるもので

    緑の車両で帰る

    那須から戻りました。よろよろ。今回も快速列車+緑券。初心者ですから、いろいろ試す。これは二階建て車両の二階席。「標高プラス席」。見晴らしがいいが、荷物置きがない。これは各車両に4ボックスだけある「標高ゼロ」席。荷物棚はありますしコートは掛けられるし、ゆとりあり。(撮影者ガラスに写り込みました…)難点は同居の方々と密接感あり、の点。このシートは、上の2階席の階下、「標高マイナス」の地下席も同じ...

  16. 独りの家 - ないものを あるもので

    独りの家

    那須の家で、独りで 過ごしています。考えてみたら、今までなかったことかもしれない。いつも、誰かが居ましたから。いろんなことを考えて、どうしても思い悩みます。一番思うのは、親たちの人生の終盤の部分と、ちっぽけでも一応私の人生と、それをどうするのが一番良いのか、です。限られた能力と体力では、両方どころか、片方すらどうにもならない。何もかも満足な人生なんてない。持てるもので、やってゆくしかない。そ...

  17. ふたたび緑の車両 - ないものを あるもので

    ふたたび緑の車両

    木曜日に那須から帰るときに、駅で待ち時間の間に撮った水槽のお魚。バラタナゴっていうみたい。繁殖期に身体をばらいろにするから、その和名がついたんだそうだ過労になって帰京して、やっとのことで仕事をしていたら、翌日、明け方に緊急通報から電話。母から救急車要請ありの知らせ、お腹を壊したからと。病院に運ばれたが、当座、加療不要でおうちで休んで…と医師がいうのを、頼み込んで入院させてもらう。リウマチでほ...

  18. お手製のカーディガン - ないものを あるもので

    お手製のカーディガン

    今回、那須でこっそり着ていたカーディガン。ほんとは妹のものなので、内緒で借りてた。バレたら怒られる…かも。母が少女の頃の妹に編んだものです。那須は馬鹿に暖かく、持参の服が暑かった。母曰く「安い毛糸でね…」これでいいの?と妹に尋ねたけど、これが気に入っていたのだそうだ。写真は少し浅く写っている。鈍い赤。手製のボタン、ポケットの刺繍、ブランケットステッチ。丁寧にかんがえて、妹にも訊きながら作った...

  19. 生まれて初めて緑の車両 - ないものを あるもので

    生まれて初めて緑の車両

    役目を終えた行き先表示板のオブジェ。駅にあります。なんとなく好きだ。今回もぎょうさん学んで一旦帰京。辛いこと、難しいこと、そして一方で、その苦しい中でも、温かい人たちに出会い、助けてもらうこと…。生きることは、学ぶことですね。例によって、超過労につき、駅で切符を買うとき、とうとう人生初、グリーン券のことをお尋ねしてみた。そして、今乗っています。とても快適。新幹線より好きかも知れません。子ども...

  20. 福寿草 - ないものを あるもので

    福寿草

    昨日、病院にゆくとき、道端で見つけた。蕾がたくさん。これからもっと咲くね。土の中からいきなり花、って不思議。春は、近づいているのだと感じます。◇両親のサポートは、子育てに少し似る。本人のかんがえの及び難い「やや先」を読んで「準備」をしなければならない。大きく違うのは、その先読みが「あまり嬉しくない予測」であること。だから、本人との間に、常にギャップや温度差ができてしまう。しかし、それは宿命だ...

総件数:157 件

似ているタグ