郵便局のタグまとめ

郵便局」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには郵便局に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「郵便局」タグの記事(110)

  1. 憲法記念日だが郵政の人員削減のことを書きます - 酔流亭日乗

    憲法記念日だが郵政の人員削減のことを書きます

    今日、5月3日は憲法記念日だ。牧瀬茜さんがフェイスブックに素敵な絵とともに憲法への思いを述べているので、酔流亭のフェイスブックにシェアさせてもらった。https://www.facebook.com/akane.makise.7?__tn__=%2Cd*F*F-Reid=ARCagmW2xXSYqenDgyhJn80jmlVNh-shwp8kFY-nrV7fuNL9ggVDwpza0Rsa8...

  2. 遅れて届いたバースデーカード♡ - シニアマダムKのつぶやき

    遅れて届いたバースデーカード♡

    友人から届いたバースデーカードのメッセに涙ポロリ(T_T)配達地域の郵便局で新型コロナ感染者が出てしまい業務の遅延で1週間遅れの到着ですが友人のあったかい気持ちは間違いなく受け取りました♪(*''▽'')/今日も他愛ないつぶやきブログに訪問くださりありがとうございます☆今日の昼食キャベツコーン豆サラダスパムナポリタン白桃(缶)コーヒー+マルセイバターサ...

  3. 雑さは気にならない? - お義母さんはシチリア人

    雑さは気にならない?

    よく言ったものである。

  4. ウイルス禍の下、郵便の労働現場は - 酔流亭日乗

    ウイルス禍の下、郵便の労働現場は

    先月31日に『伝送便』の発送作業と編集会議で都内に行ったのを最後に、今月に入ってからの数日間は市内から出ていない。近所で買い物とか散歩はしている。昨日は、年末にはやらずに春になったらやろうと思っていた台所の換気扇の掃除を行なった。取り外すとき腰が痛かったのは、ここ数日の運動不足のせいもあったろう。しかし外出の自粛や制限ばかりが話題になっている気がするけれど、心配なのは外出をせざるをえない人た...

  5. 雑誌『地域と労働』編集後記に - 酔流亭日乗

    雑誌『地域と労働』編集後記に

    昨日は『伝送便』誌4月号の発送の日であった。午後2時に事務所に顔を出すと、作業はもうあらかた終わっている。こういう仕事を率先してテキパキ片づけてくださる人が編集委員にいるのである。続いて編集会議に移った。いいニュースが入っていた。さいたま新都心郵便局で2010年12月に同局4階から飛び降りた男性労働者(当時51歳)の自殺がようやく労働災害と認められた。亡くなった人は毎年7000~8000枚も...

  6. ユニオンが「有休を先に取れ」の妄を糺す~『思想運動』掲載記事 - 酔流亭日乗

    ユニオンが「有休を先に取れ」の妄を糺す~『思想運動』掲載記事

    我が家の近くに小さな神社があり、その境内の桜を家の中にいても望むことができる。盛りはすぎたけれども、まだ花はたくさん残っている。一昨日は雪が降り、それから花曇りが続く。陽射しがあまりないから、桜の花はいわば冷蔵保存(?)みたいな状態なのであろうか。花見が長くできるのを喜びたいところであるけれど、新型コロナウイルス禍の今年は、そういう気分にはなれない。新聞『思想運動』4月1日付けに寄稿したのも...

  7. 郵便局で大リストラ? - 酔流亭日乗

    郵便局で大リストラ?

    「郵便局で1万人リストラだって」スマホを見ていた連れ合いが言う。ネットでそういうニュースが流れているらしい。パソコンを開いて捜してみた。これだろう。昨日の夜更新されている。この記事ではリストラの対象が正規か非正規か明記されていないが、20万人の郵便局員のうち5%の約1万人とあるから、正規雇用を指すのだろう。郵便局では正規・非正規あわせて約40万人が働いているのに、その半数の非正規雇用労働者の...

  8. 大阪西郵便局パワハラ自死から一年~大阪で仲間たちが - 酔流亭日乗

    大阪西郵便局パワハラ自死から一年~大阪で仲間たちが

    大阪西郵便局(大阪府大阪市西区江之子島)で集配の仕事をしていた29歳の男性労働者が勤務中に職場で首を吊って死んだのは去年の3月5日である。上司から受ける日常的なパワハラに苦しんでいた。『伝送便』誌5月号に寄せられた、職場の同僚からの悲痛な報告はこのブログにも転載させてもらった。今年の3月5日、彼を追悼し、死へと追いやった会社に抗議する集まりが大阪で仲間たちによってもたれた。東京からは『伝送便...

  9. 【大企業】ジャックスも郵便局も、なぜバカ企業ばかりなのか? - 危険分子の部屋

    【大企業】ジャックスも郵便局も、なぜバカ企業ばかりなのか?

    ジャックスの会員になっているがパスワードやIDを入力してもログインできずエラーが出る。そしてこの手の問題で恐ろしいのは数回エラーを起すと本人確認のため複雑な手続きが必要になる。パスワードもIDも間違っていない。画面を良く見ると「絵合わせ」がまるでバナー広告のように表示している。それを合わせないとログインできない仕組みだった。あのなぁ・・・・・・。それなら次の画面に移って「この絵を合わせて下さ...

  10. 切手シート - さかえのファミリー

    切手シート

    年賀状で切手シートが当たったので、郵便局に交換に行ってきました。今回は2枚当たりました、一枚も当たらない年もあります。100枚で3枚の割りです、我が家は40数枚で2枚でした。年賀状年々減ってきています、貰うと嬉しいですが。

  11. かんぽ不正「糾明」の原状は - 酔流亭日乗

    かんぽ不正「糾明」の原状は

    朝5時半ごろ、いつものように朝刊を取るのに戸外へ出た。一月前の冬至(去年12月22日)のころよりは日が昇るのはすこし早くなったとはいえ、まだ夜空である。星がたくさん瞬(またた)いている。中空に浮かぶ月は三日月だ。今年最初の満月は11日だった。月の満ち欠けを見るたび、日にちがたつのは早いなあと思う。かんぽ不正について、特別調査委員会が調査結果をとりまとめた報告書が発表されたのは、冬至のすこし前...

  12. 今年の年賀はどうなっていたのか~苦情あれこれ - 酔流亭日乗

    今年の年賀はどうなっていたのか~苦情あれこれ

    昨夜、小さな集まり(参加者は10人弱)に顔を出したところ、酔流亭より一回りほど年長(つまり70代後半)の男性から質問された。「12月20日ごろ出した年賀葉書に宛先の住所を間違えていたのが一枚あったんですが、宛名違いで返ってきたのが元旦なんですよ。すぐ直してまた投函したけれど、20日には出しているんだから、宛先が違っていたなら、もっと早く返せないものだろうか。そうしてもらえたなら、再差し出しで...

  13. 年賀状を投函 - たぬ原たぬ樹の備忘録

    年賀状を投函

    市外へ出す年賀状を、姫路郵便局まで出しに行きました。姫路郵便局は地域区分局ですので、到達まで少しでも早く着くようにと思ったためです。その時に目に付いたのがこの看板です。姫路南駅前郵便局が姫路駅の新幹線高架下に描かれていますね。姫路南畝(のうねん)郵便局が同地に移転し、改称したのが2002年。その後2010年に現在地に再移転していますので、2002年〜2010年の間に設置されて、その後書き換え...

  14. 消費者と接する仕事はどこであれ大変だ!日本郵便に提案 #日本郵政グループ - 木村佳子のブログ ワンダフル ツモロー 「ワンツモ」

    消費者と接する仕事はどこであれ大変だ!日本郵便に提案 ...

    男版のギャル曽根である家族のすざまじい食欲。この世話に三食、格闘し、しかも双方の老親の足腰が弱り、一人は介護施設入り、もう一人は戸建てに住まい、その世話も大変です。特に正月は兄弟、その配偶者、そして甥、姪らが加わるため、体が動く家事能力がある人はしっちゃかめっちゃかだ。仕事納め以降、年末年始の一連の家事に忙殺されることに。ここに毎年、年賀状出したの忘れたの騒動が加わります。せっかく印刷した年...

  15. 民営・郵政の迷走に・・『思想運動』新年号掲載文 - 酔流亭日乗

    民営・郵政の迷走に・・『思想運動』新年号掲載文

    昨日発送作業が行なわれた新聞『思想運動』新年号に寄稿した文章を転写します。日本郵政グループのかんぽ生命は一二月一八日、かんぽ不正営業について調査結果を発表した。保険の販売について約二〇万人が「意向に沿わない契約だった」と回答したという。調査自体が契約者に返信用ハガキを送るだけの杜撰なもので、経営陣の責任はそもそも調査の対象外。契約者は約一九〇〇万人いるのに、その時点までに返信は約一〇〇万人か...

  16. 総務省の次官が日本郵政に情報漏洩していたと - 酔流亭日乗

    総務省の次官が日本郵政に情報漏洩していたと

    郵政をめぐっての不祥事がぼろぼろ出てくる。かんぽ不正については秋以降、関連する新聞記事を切り抜いてあるのだが、それが机の右端にうずたかく溜まってしまった。今朝もまた、総務省の事務次官が日本郵政に情報漏洩していたニュースが2020年度一般会計予算案の記事を押しのけて朝刊一面のトップにすわった。嘆かわしい。総務省の鈴木事務次官が情報を漏らしていた先の鈴木康雄・日本郵政副社長については、酔流亭も何...

  17. 阿佐ヶ谷あたり~地域の小さな勉強会に参加 - 酔流亭日乗

    阿佐ヶ谷あたり~地域の小さな勉強会に参加

    生まれてから23歳まで中央線沿線の国分寺で育った。都心の新宿とか神田に出るときは中央線快速電車に乗る。吉祥寺を過ぎて荻窪、阿佐ヶ谷、高円寺を通過する。23区で言えば杉並区のあたりである。吉祥寺は区外であって武蔵野市になる。吉祥寺には映画館がいくつもあったし井の頭公園があるから中学生くらいからよく出かけていった。ところが荻窪、高円寺、阿佐ヶ谷に行くことはなかった。いわゆる盛り場ではなく住宅街だ...

  18. 日本郵政と経営委首脳によるNHK攻撃を考える - 酔流亭日乗

    日本郵政と経営委首脳によるNHK攻撃を考える

    これも『伝送便』誌12月号に載った記事です(同誌上では<編集部>として掲載)。NHKの番組『クローズアップ現代+』が「かんぽ不適切営業」を取り上げたことに対して日本郵政が反省の色もなく難癖をつけて同じテーマによる続編を放送できなくする(一年以上延期された)など不当な介入を行なったことは広く知られています。この問題について11月5日に開催されたシンポジウムの報告です。 <圧力はなかったのか? ...

  19. かんぽ不正の糾明から民営化の闇を撃とう~『伝送便』12月号掲載 - 酔流亭日乗

    かんぽ不正の糾明から民営化の闇を撃とう~『伝送便』12...

    11年前、ペシャワル会の31歳の若者、伊藤和也さんがやはり銃撃されて亡くなったときに書いたブログ記事を昨日の更新記事の後ろに貼り付けました。さて今日の更新記事は『伝送便』12月号の特集「郵政の闇を暴け」の冒頭に載った文章を転写します。一一月一四日、日本郵政グループの二〇一九年九月中間決算が発表された。不正に揺れるかんぽ生命保険の新契約数は前年同期より三四・四%減の約五八万件、七~九月に限って...

  20. 12/1郵政職場交流集会、成功裏に終了 - 酔流亭日乗

    12/1郵政職場交流集会、成功裏に終了

    昨日開催された<郵政職場交流討論集会>は、きわめて小さな集まりではあったけれど内容は濃いものだったと思う。いま、昨日の参加者でメルアドを酔流亭が把握している人などにお礼と報告のメールを送ったところだ。今朝は「疲れ休み」をとりたいので、新たに記事を書くのはサボッて、そのメールに添付した写真だけ紹介します。

総件数:110 件

似ているタグ