郷土菓子のタグまとめ

郷土菓子」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには郷土菓子に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「郷土菓子」タグの記事(18)

  1. ヴェネチアのお菓子屋さん「Rizzardini」 - 南イタリア日和~La vita eterna☆☆~

    ヴェネチアのお菓子屋さん「Rizzardini」

    滞在初日、散策の途中に甘いものが欲しくなり訪れたヴェネチアのパスティッチェリア「Rizzardini」。入る前にお店の前を一度通過して、あまりの行列だったので興味深々。そこで、少し時間をずらして挑戦してみました!店内は、古き良きイタリアのパスティッチェリアの姿が残っています。ドリンクカウンターと、お菓子のカウンター。スタッフは女性のみ。女主人に「ヴェネチアらしいお菓子をください。」と、お願い...

  2. 今日のおやつは、熊本の郷土菓子「いきなり団子」 - Cucina ACCA(クチーナ・アッカ)

    今日のおやつは、熊本の郷土菓子「いきなり団子」

    2021年8月13日(金)猛暑から一転、今日の東京はセミも鳴かないくらい涼しい。久しぶりに温かいおやつが食べたくなって素朴な郷土菓子を作りました。もう10年以上前、仕事で訪れた熊本で初めて食べたお菓子、その名も、「いきなり団子」車で走っていると、あちこちで「いきなり団子」というのぼり旗を見かけ、「いきなり団子って何ですか?」と案内してくださった地元の人に訊いたら・・・「あら!食べたことなかと...

  3. アルベロベッロのおすすめカフェ「マルティヌッチ」 - 南イタリア日和~La vita eterna☆☆~

    アルベロベッロのおすすめカフェ「マルティヌッチ」

    以前、このブログでもご紹介したので重複しますが、大好きなカフェなので何度でも皆様に伝えたい!改装工事でお休みだった、アルベロベッロでお気に入りのカフェ「マルティヌッチ」がようやく再オープン!週末散歩の途中に、さっそく立ち寄りました。場所は、モンティ地区のお土産ストリート(Via Monte S. Michele:日本人女性の土産物屋がある通り)のど真ん中。とても分かりやすい場所です。オープン...

  4. プーリアのクリスマスイブは魚料理がルール! - 南イタリア日和~La vita eterna☆☆~

    プーリアのクリスマスイブは魚料理がルール!

    明日は、クリスマスイブ。言ってみれば、日本の大晦日にあたる日です。プーリアのクリスマスイブは、魚料理がお約束!そして、プーリアを象徴する野菜「チーマ・ディ・ラーパ」も忘れずに登場します。プーリア州を代表する野菜「チーマ・ディ・ラーパ」は、日本の菜の花に似た青菜。苦味がある大人味です。郷土料理にはふんだんに使われます。食べる時期は秋~初春。魚料理といっても、州都バーリは特別で、生魚からオーブン...

  5. ほかほか、鬼まんじゅう - Cucina ACCA(クチーナ・アッカ)

    ほかほか、鬼まんじゅう

    2020年12月2日(水)今日の東京は1月並みの寒さ!真冬ですよ、真冬。外を歩くと耳がツーンと冷たいの。こんな寒い日には湯気たちのぼるオヤツがうれしい。名古屋に住む叔母に、昔々教えてもらった鬼まんじゅうをつくりました。名古屋ではデパ地下にも専門店があるくらい人気で行列ができていましたが、東京では見かけませんね。とっても簡単にできて、材料は粉とお芋と水、これだけ!本当に家庭的でおいしいオヤツで...

  6. イタリアNO.1に輝いたムッチのコンフェッティ - 南イタリア日和~La vita eterna☆☆~

    イタリアNO.1に輝いたムッチのコンフェッティ

    今日もありがたいことに!現地ライターとして執筆をはじめて69回目の原稿が掲載されました。今回ご紹介するのは、アンドリアにあるコンフェッティの会社「ムッチ」です。タイトルは、「コンフェッティって何?イタリアNo.1の「ムッチ」で五感体験」コンフェッティは、アーモンドを糖衣で包んだシンプルなお菓子です。色とりどりでお土産にも最適な可愛いお菓子。「美味しいコンフェッティといえば?」の質問に、地元プ...

  7. マンマとヴィンコット作り - 南イタリア日和~La vita eterna☆☆~

    マンマとヴィンコット作り

    昨日は、義母と一緒にヴィンコット作り!ヴィンコットは、ぶどうを搾って果汁を集めて煮て作るシロップです。 プーリア州で”ヴィンコット”というと、イチジクのシロップを指すことが多いのですが、ブドウ由来のヴィンコットも伝統の一品です。 自家製ブドウ10キロをひたすら搾る作業。 相当体力を消費する作業ですが、マンマががんばってくれました。5時間煮詰めて、瓶詰めして、湯煎して冷ます。この行程を経て、よ...

  8. 【掲載情報】国宝のフレスコ画教会と郷土菓子誕生の地!ガラティーナ - 南イタリア日和~La vita eterna☆☆~

    【掲載情報】国宝のフレスコ画教会と郷土菓子誕生の地!ガ...

    7月に訪れた、プーリア州南部サレント半島内陸の小さな町「ガラティーナ」。先週は、そのガラティーナを紹介する旅行ガイド記事を書いてました。そして、今日、ようやく記事が掲載されました。「国宝のフレスコ画教会と郷土菓子誕生の地!南伊・ガラティーナ」以前のブログ投稿をご覧いただいた方は、すでにご存知でしょうが。・目にも鮮やかな”国宝の教会”がある穴場スポット!・サレント銘菓「パスティッチョット」が誕...

  9. 必食!バーリの郷土料理 - 南イタリア日和~La vita eterna☆☆~

    必食!バーリの郷土料理

    プーリア州の州都バーリ。 観光地としてはいまいち人気はありませんが、交通の要所として移動に便利なため滞在する方も多いのでは?この街を訪れたら、食べるべき料理はズバリ3つ! 写真1 バーリ発祥の名物パスタ「アッサシーナ」。ピリ辛トマト味の後を引く味わい。 前日の余ったパスタを捨てないために考案された料理。 辛い物が苦手な方は、辛さ控えめでお願いするといいですよ。 写真2 魚介料理。 港町だけあ...

  10. 【掲載情報】スイーツ好き必見!プーリアの郷土菓子 - 南イタリア日和~La vita eterna☆☆~

    【掲載情報】スイーツ好き必見!プーリアの郷土菓子

    ようやく、新しい旅行ガイド記事が掲載されました。今回は、プーリア州のご当地菓子を紹介する内容です。タイトルは、「スイーツ好き必見!南伊・プーリア州で味わう郷土菓子5選」。日本で一番知られるプーリア菓子は、クリスマスに食べる「カルテッラーテ」(単数形はカルテッラータ)だと思います。ちょうど、今回の記事の表紙↑に使ったぐるぐる巻きの花のような形をした揚げ菓子。これは、イタリア好きの方ならほとんど...

  11. 元祖パスティチョットのお店@ガラティーナへ - 南イタリア日和~La vita eterna☆☆~

    元祖パスティチョットのお店@ガラティーナへ

    ~2020.9.18追記~現地在住ライターとして、「ガラティーナ」の町を紹介する記事を執筆しました。興味のある方は、こちらもご覧ください。↓プチバカンス2日目。ホテルをチェックアウトしてから、次の目的地へ。それは、、、オートラントから車で30分の小さな町「ガラティーナ」。この町を訪れるのは、2回目。美味しいお土産を義父母へ持ち帰るために立ち寄りました。可愛らしい町並みについては、別の投稿をご...

  12. シチリア在住Reiさんの新著「イタリア菓子図鑑」発売! - 南イタリア日和~La vita eterna☆☆~

    シチリア在住Reiさんの新著「イタリア菓子図鑑」発売!

    シチリア在住の料理研究家Reiさんの新著「イタリア菓子図鑑」が本日発売されました!Reiさんにお会いしたのは、たしか2010年。まだ東京在住の頃に旅したシチリアでアテンドをしていただきました。今の私があるのも、その旅の素敵な時間のおかげです。プーリアに暮らし始めてからは、イタリア在住の日本人妻の先輩として尊敬してます。アテンドのお仕事でも、交流させていただいたことが何回か。そのReiさんの新...

  13. パスティチョットDay@レッチェ - 南イタリア日和~La vita eterna☆☆~

    パスティチョットDay@レッチェ

    コロナウイルスによるロックダウン後、営業再開を果たしたレッチェのバールとお菓子屋が面白いイベントを開催します。6月1日の1日限定でサレント銘菓「パスティッチョット」を0.6ユーロ/個で販売。普段の半額です。 営業を再開し、日常がほぼ戻ってきたことを祝うシンボル的なイベントです。なんと、コロナウイルスと戦ってくれた地域の病院勤務者には無料で支給されます。なんとも太っ腹な企画!レッチェに拍手を送...

  14. お菓子ばかり・・・の日々です - 南イタリア日和~La vita eterna☆☆~

    お菓子ばかり・・・の日々です

    家ごもりも18日目。 週1回買い物にでる以外は家にいる私と家族。 (夫は仕事のため外出してます) そこで、やることは「家事」と「原稿づくり」。 気分転換に作るお菓子は、甘党の義母と夫へのプレゼント! 心が弱るこの時期に、私から二人への栄養剤です(笑)。ほぼ毎日の勢いでお菓子づくりに励んでいますが、 昨日はプーリア風トッローネ”コペータ”。 南イタリアはアーモンドの産地。 例外なくプーリア州の...

  15. 驚くほどお腹いっぱいの郷土料理レストラン! - 南イタリア日和~La vita eterna☆☆~

    驚くほどお腹いっぱいの郷土料理レストラン!

    今日のランチは以前から訪れたかった叔父行きつけの美食レストランへ。わが家からは車で30分! 夫とふたりでデグスタツィオーネ(試食)のメニューに挑戦! 通常、この手のメニューは品数が多く、味見のような量が続くはずですが。。。 蓋をあけてみると、、、 前菜11品、パスタ2品、お肉のメインディッシュが3品、フルーツとドルチェと食後酒とわんさか盛りだくさん!!帰る頃にはお腹ははちきれんばかり(笑 歩...

  16. プーリアのクリスマス菓子 - 南イタリア日和~La vita eterna☆☆~

    プーリアのクリスマス菓子

    今年も残すところ1ヶ月を切り、プーリアもあちらこちらでクリスマスの話題が絶えません。そこで、プーリアのクリスマス菓子をご紹介!(すでに過去ブログに登場していますが、今年も繰り返してご案内です)「カルテッラーテ」(単数形はカルテッラータ)です。小麦粉で作る揚げ菓子。形はバラの花のように成形します。これが結構むずかしい作業なんです。私も過去に義母と一緒に作りましたが、生地をできるだけ薄くのばすの...

  17. プーリア州中部の郷土菓子”ボッコノッティ” - 南イタリア日和~La vita eterna☆☆~

    プーリア州中部の郷土菓子”ボッコノッティ”

    最近、レッチェがあるサレント半島の郷土菓子 「パスティチョット」は日本でも知られてきましたが。 州中部は「ボッコノッティ」です!私も嫁いですぐに義理の母から教わりました。 クッキー生地でカスタードクリームを包んで焼くのは同じ。 味わいはあまり変わりませんが、形やバリエーションがちょっと違います。マルティーナ・フランカで街一番の老舗バール「カフェ・トリポリ」では、この街伝統のボッコノッティが味...

  18. シチリアで出逢ったリコッタチョコロール♪ - Cucina ACCA(クチーナ・アッカ)

    シチリアで出逢ったリコッタチョコロール♪

    *********************************ブログご訪問ありがとうございます!☆6月のレッスンメニュー→(☆)☆6月の空席状況→(☆)☆7月のレッスンメニュー→(☆)☆7月の空席状況→(☆)☆インスタグラムはこちらです→(☆)*********************************ロールケーキは日本にしかないのかも・・・と思っておりましたが、ありました!シチリ...

総件数:18 件

似ているタグ