酒杯のタグまとめ

酒杯」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには酒杯に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「酒杯」タグの記事(16)

  1. 「Rose Eater」 - ほぼ京都人の密やかな眺め Excite Blog版

    「Rose Eater」

    2277サザエの貝殻の複雑な造形美がお気に入りになって、酒杯の一種として撮るようになりました。何故か薔薇の花との組み合わせがしっくりきます。2278ファインダーを覗くと薔薇を食べる何者かに見えてきます。2279薔薇の花って美味しいなぁ。2280こんな器を作ってみたい。#ほぼ京都人

  2. 「実り」 - ほぼ京都人の密やかな眺め Excite Blog版

    「実り」

    2270今日も朝から雨ですね。去年庭に蒔いたフウセンカズラが膨らんできました。酒杯は唐津の十四代太郎右衛門氏です。2271この風船を振るとカラカラと音がします。中にはハートマークの模様がついた可愛い種が入っています。#ほぼ京都人

  3. 「秋の女帝」 - ほぼ京都人の密やかな眺め Excite Blog版

    「秋の女帝」

    2240今朝は朝から大雨で散歩に行けず…部屋で花撮りです。昨日買ってきたダリアを題材にしてみました。2241ダリアの花は迫力があって、秋の女帝という感じでしょうか。2242こちらは道端に咲く野菊。素朴な乙女でしょうか(笑)。コロナの拡大もすこしだけ収まってきたみたいなので、そろそろ花撮りにでかけようかな。#ほぼ京都人

  4. 「月夜に咲く」 - ほぼ京都人の密やかな眺め Excite Blog版

    「月夜に咲く」

    2233朝の散歩道には最近ツユクサが咲きほこっています。2234露草は朝に咲いて、夕方には閉じているDay flowerですが・・・2235月明かりの下で咲いているのも見てみたい・・・。酒杯は、My works です。もう一つの花はトルコキキョウ。LEDライトには何か被せたらよかったなぁ。#ほぼ京都人

  5. 「断崖に咲く花」 - ほぼ京都人の密やかな眺め Excite Blog版

    「断崖に咲く花」

    2320今朝は朝から雨なので・・・家撮りです。我が陶芸作品の酒杯を重ねてみたら・・・なんか面白い感じになりました。2321断崖絶壁の孤島に咲く花?に見えなくもない。(笑)#ほぼ京都人

  6. 「白い一日」 - ほぼ京都人の密やかな眺め Excite Blog版

    「白い一日」

    2313陶芸教室の我が作品、酒杯です。2314イメージは枯山水の砂だったのですが・・・ちょっと思ったのと違うなぁ。2315ラインの付け方がもう少しメリハリを出した方がよかったのか。釉薬が違ったのか・・・。これはこれで良しとしよう。花はブルースターの白いバージョンです。1枚目の花は・・・忘れました。小椋佳さんの「白い一日」をBGMにしながら。#ほぼ京都人

  7. 「紺釉平盃変化」 - ほぼ京都人の密やかな眺め Excite Blog版

    「紺釉平盃変化」

    2282今日も華盃(はなさかずき)から。酒杯は清水焼瑞穂窯の紺釉平盃です。花屋さんで買ってきたカーネーションを合わせてみました。2283陶磁器の面白いのは光の当て方によって、景色が色々と変わって見えることです。2289その光の当て方と花をどう組み合わせるのか、毎日奮闘しております。イメージを持って撮る場合も、出来上がったものを見ると満足いかなかったり、その場で思いつきでやってみたら案外お気に...

  8. 「花に負けない」 - ほぼ京都人の密やかな眺め Excite Blog版

    「花に負けない」

    2270今朝は雷で目が覚めました。外は相変わらずのお天気です。なので今日も華盃からです。2271骨董市で買った九谷焼の村中翠芳氏の酒杯です。2272豪華な花にも負けない、シンプルな花にも合う強い器がお気に入りです。#ほぼ京都人

  9. 「晴れた空への思い」 - ほぼ京都人の密やかな眺め Excite Blog版

    「晴れた空への思い」

    2258例年なら夏の終わりの暑さに参っている頃なのに・・・雨、雨、雨。いいかげんに晴れた空を見たいなぁ。2259なので、やっぱり「華盃(はなさかずき)」の蔵出しです。(笑)二枚目の酒杯は、陶芸教室の作品です。#ほぼ京都人

  10. 「華盃のすすめ」 - ほぼ京都人の密やかな眺め Excite Blog版

    「華盃のすすめ」

    2241昨日買ってきた酒杯でさっそく華盃(はなさかずき)を撮ってみました。伯耆正一氏のさくらのぐい吞みにオミナエシ。陶磁器会館のバーゲンで手に入れました。2242天目系は奥が深いです。木村宜正氏のちょっと赤味の入った天目に百日紅の花を映してみました。し2243木村盛康氏の「天空」。1個前の木村宜正氏のおじいさんのようです。2244器に迫力があります。どんな花と合わせてどう撮るか・・・試される...

  11. 「燃え尽きて」 - ほぼ京都人の密やかな眺め Excite Blog版

    「燃え尽きて」

    2330今日は久しぶりに朝から雨で、早朝散歩もお休みです。なので華盃(はなさかずき)シリーズからチョイスしました。2331散歩中に落ちていたアメリカフヨウの赤色がまだまだ綺麗だったので、拾って華盃にしてみました。まるで炎の花が燃え尽きたようです。酒杯は、絵柄の赤が綺麗な九谷焼です。2332こちらはガラス製の酒杯(やぎもとこ氏)に赤系のヒカリを当ててみました。華盃(hana-sakazuki)...

  12. 歩兵の本領 - 西郷会25381883F382B

    歩兵の本領

    歩兵の本領万朶の桜か襟の色花は吉野にあらし吹く大和男子と生まれては散兵線(さんぺいせん)の花と散れ尺余の銃は武器ならず寸余のつるぎ何かせん知らずやここに二千年きたえ鍛えし大和魂(やまとだま)軍旗まもる武士はすべてその数二十万八十余か所にたむろして武装は解かじ夢にだも千里東西波こえてわれに仇なす国あらば港を出でん輸送船暫し守れや海の人適地に一歩われ踏めば軍の主兵はここにあり最後の決はわが任務騎...

  13. 呉須といえば - 藍屋

    呉須といえば

    当店の名前藍が好きなのでまんまこの名前ですが染付で藍より好きなのが呉須です。ベトナムで今も見かける古い陶器安南と呼ばれ今でこそ高価なものになってしまいましたがほんとうは庶民の雑器です。藍よりも古いくすんだ青みがかった薄墨のような色調ですね。同じ時代のものでもう少し洗練された意匠が楽しめる李朝の器。高台が少し高めで裏に砂付きなんかがあって大好きです。これは小さな茶碗大きなおちょこぐい飲みにぴっ...

  14. 白砂化粧内黒釉酒杯 - なづな雑記

    白砂化粧内黒釉酒杯

    村上躍白砂化粧内黒釉酒杯Φ54xh55 sold村上躍黒砂化粧片口 Φ87(97)xh82\19,440

  15. 白灰化粧酒杯 - なづな雑記

    白灰化粧酒杯

    村上躍黒砂化粧片口 Φ87(97)xh82¥19,440村上躍白灰化粧酒杯Φ60xh36 \10,800

  16. 白砂化粧酒杯 - なづな雑記

    白砂化粧酒杯

    村上躍白砂化粧酒杯Φ70xh50¥16,200村上躍白砂化粧酒杯 Φ62xh50sold村上躍黒砂化粧片口 Φ87(97)xh82¥19,440

総件数:16 件

似ているタグ