醍醐寺のタグまとめ

醍醐寺」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには醍醐寺に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「醍醐寺」タグの記事(16)

  1. 醍醐寺は伏見区だけど・・その後/市内バス事情⑧ - 鯵庵の京都事情

    醍醐寺は伏見区だけど・・その後/市内バス事情⑧

    京阪バスの山科急行で醍醐寺へ、京都駅八条口から約30分で行ける醍醐寺は奈良から伏見を経て逢坂の関へ向かう古代からの奈良街道に面してあるという書き出しで路線バスとして少し特異な存在の山科急行のことを以前に紹介したバスは今も走っている、京都八条口と醍醐寺のバスターミナルを結ぶ路線は普通に健在だ31年の4月から阪神高速の稲荷山トンネルが無料になったおかげで特異な事象が解消されて普通(一般路線)に普...

  2. 醍醐寺を守る仁王像の形相 - ライブ インテリジェンス アカデミー(LIA)

    醍醐寺を守る仁王像の形相

    885年前に造られ貴重な文化財である、醍醐寺西大門に安置されてある仁王像、木造金剛力士立像。開口の阿形像と口を結んだ吽形像2像が忿怒の形相で睨みをきかせていた。 よく見ると、他寺の仁王像等に比べて、忿怒の形相の中にどことなく穏やかな表情がうかがえる。大きめの頭部に比べて体部はやや細身のようである。裳裾もその衣褶を流動的に刻みながらもあまり動きを感じさせないように思える。 しばらく睨み合ってみ...

  3. そうだ!京都行こう!パート① - Atelier Charmant のボタニカル・水彩画ライフ

    そうだ!京都行こう!パート①

    そうだ!京都行こう!まだ行っていない桜の名所を訪ねようと京都・奈良を訪問することになりましたいつものように飛行機から雪の富士山を拝みます行きたかったのは京都・醍醐寺ちょっと中心部から離れたところにあるので行ったことがありませんでした桜で有名ですがどんなところか?行ってみると境内がとても広くて様々な建物が散在しておりソメイヨシノは殆ど無く枝垂れ桜がとてもたくさんあるところでしただから雅というか...

  4. 京都醍醐寺の桜 - miyorinの秘密のお庭

    京都醍醐寺の桜

    人気ブログランキング昨日は有暇をとった主人と豊臣秀吉ゆかりの京都醍醐寺のお花見へ行ってきました^^天気予報では晴れのお花見日和だったのに雲間から時折陽ざしがお目見えするような肌寒いお天気になってしまいました未明の大雨もあってか枝垂れ桜などはほぼ終わりを告げていましたが他にも色々な種類の桜があるので楽しみことができました~^^♪国宝の五重塔帰る頃には雨もポツポツ降ってきてしまいましたが沢山の種...

  5. 花見三昧第3章醍醐寺と祇園白川 - Turfに魅せられて・・・(写真紀行)

    花見三昧第3章醍醐寺と祇園白川

    満開と晴天に誘われて、3度目の「醍醐の花見」。霊宝館エリアの枝垂れ桜は、その豪華さにおいて天下随一。ところが、ところがです、何としたことか、そこには枝は切られ申し訳程度の花の枝垂れ桜。唖然です。2008年4月1日に撮った写真です。この桜を最初に見た時の感動は今でも鮮明に記憶しています。さすが「醍醐の花見」と言われるだけのことはあるなあと。台風の影響か、樹齢的なものか、いずれにしても再生施術の...

  6. 京都醍醐寺五大力さん - 京都の介護タクシーワンダフル ケアサービス

    京都醍醐寺五大力さん

    京都山科の醍醐寺に、五大力さん法要を観に行きました。毎年行われていますが、巨大な鏡餅を出来る限り長く持ち上げる競い合いがあり、男性は150kg、女性は90kgにも及ぶ鏡餅を持ち上げます。残念ながら、少し到着が遅くて観れませんでしたが、護摩行の法要の様子は見れました。京都醍醐寺https://www.daigoji.or.jp/五大力さんhttps://www.daigoji.or.jp/go...

  7. まとめて行っちゃった岩間寺・醍醐寺・六角堂・革堂・六波羅密寺・清水寺 - 足る

    まとめて行っちゃった岩間寺・醍醐寺・六角堂・革堂・六波...

    (前後したブログの記載になってしまった。ちょっと計画的な掲載でないだけに悔やまれる)今年の紅葉はなんだか早いのだか遅いのだか判らない。とりあえず11月21日は休みだったのでY君を誘って紅葉を見に行こう・・・と言いながら、ご朱印を頂きに行った。父の具合もよろしくないので、できるだけ急いだ行程で頂きに行く。この日は滋賀1箇所と京都が出来れば6箇所の予定。だけどせっかくだからBromptonを活用...

  8. サントリー美術館 醍醐寺 如意輪観音像はセクシー - 設計事務所 arkilab

    サントリー美術館 醍醐寺 如意輪観音像はセクシー

  9. 京都市 新緑の世界遺産♪ 醍醐寺 - 転勤日記

    京都市 新緑の世界遺産♪ 醍醐寺

    接待旅行のグルメ編はひとまずお休みして観光編となります。初日はとりあえず京都中央市場でランチ↓の後向かったのは醍醐寺!世界遺産でありながら市内中心部から離れている為VIP達はまだ行ったことがないとのこと。国宝の三宝院の唐門秀吉ゆかりのお寺なだけあって金をふんだんに使ってあって派手!院内の秀吉自ら設計したと言われる豪快なお庭は新緑がまぶしく綺麗国宝の五重塔新緑もいいけどやっぱ桜の方↓が綺麗かな...

  10. 醍醐寺の水と花/伏見街道 - 鯵庵の京都事情

    醍醐寺の水と花/伏見街道

    この湧水〝醍醐水″と言う京都の名水の一つに選ばれている上の醍醐の山上で湧いているもんで、健脚でないとそう易々と味わえるものではないお寺の霊水でもあるただ、下の三宝院まででいいという人には、ペットボトルに入ったものが売られている広告によれば超軟水(硬度15程)、1本300ml、200円である24本入ったケースならインターネットで注文も可能であるこの世の中今になって宅配の水も商売になる世界だから...

  11. 初夏の陽気の京都を歩きました。(醍醐寺) - ご無沙汰写真館

    初夏の陽気の京都を歩きました。(醍醐寺)

    今回の小旅行の最後に秀吉の大茶会でも有名な醍醐寺を訪れました。桜の時季には大変な人出になる醍醐寺もゆったりした雰囲気でした。醍醐寺の藤は気のせいか葉っぱが元気よく見えました。たぶん気のせいです。新緑が水面に映えて眼に染みるようでした。この時期、橋の上の人影もまばらでした。池のさざ波も爽やかに感じられました。桜の枝にはすでにたくさんの実(サクランボ)が見えました。・・・新緑の京都を満喫しました...

  12. 京都・醍醐寺 - 暮らしの中で

    京都・醍醐寺

    コースの最後は醍醐寺。ここは京都観光の定番ですね、何回か行ったことがあります。鳥の声があちこちから聞こえてきてそちらの方が気になりました^^;

  13. 醍醐寺の桜(2)@2018-04-22 - (新)トラちゃん&ちー・明日葉 観察日記

    醍醐寺の桜(2)@2018-04-22

    三宝院エリアの桜を見た後は、伽藍エリアの方へ行ってみました。西大門(仁王門)は、豊臣秀吉が再建したものです。醍醐寺の本堂である、国宝の金堂は豊臣秀吉の命により紀州から移築されたものだそうです。同じく国宝である、五重塔は、後醍醐天皇の穂代を弔う為に、朱雀天皇が起工、村上天皇の天暦5年に完成した京都府下最古の木造建築物です。伽藍エリアの後は、霊宝館エリアへ。ここの枝垂れ桜も圧巻です。どこを見ても...

  14. 醍醐寺の桜(1)@2018-04-26 - (新)トラちゃん&ちー・明日葉 観察日記

    醍醐寺の桜(1)@2018-04-26

    4月26日、京都の醍醐寺へ桜を見に出かけて来ました。京阪三条の駅から、地下鉄東西線に乗り、「醍醐駅」下車、徒歩約10分。JRの京都駅、八条口から京阪バスが醍醐寺まで出ているのですが、今回は、京阪電車で行きました。醍醐寺は、三宝院エリア、伽藍エリア、霊宝館エリアの3ヶ所からなっていて、拝観料が1500円となっていました。まずは、三宝院エリアから回ってみる事に。三宝院は、醍醐寺第14世座主・勝覚...

  15. 醍醐寺の花見 - 旅にでようか、本をよもうか

    醍醐寺の花見

    この数年、桜の花が愛おしくてたまらない。遊びに来てくださって、ありがとう

  16. 醍醐寺は伏見区だけれど/市内バス事情③ - 鯵庵の京都事情

    醍醐寺は伏見区だけれど/市内バス事情③

    京阪バスの山科急行で醍醐寺へ、京都駅八条口から約30分で行ける醍醐寺は奈良から伏見を経て逢坂の関へ向かう古代からの奈良街道に面してある醍醐山は修験道の霊場、醍醐天皇の時代に祈願寺となって発展した修験道は、山岳信仰である日本独自の宗教感で神仏習合の最も顕著な例でもある真言宗の修験道はこの醍醐寺がいわゆる元締めである室町時代には権勢を誇った醍醐寺であるが、応仁の乱で廃寺同然であった秀吉が三宝院の...

総件数:16 件

似ているタグ