芸能・エンタメジャンル×重松清のタグまとめ

重松清」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには重松清に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「重松清」タグの記事(302)

  1. 新聞小説を読む「ひこばえ」第十三章青春の街で313 - 羊と猫と私

    新聞小説を読む「ひこばえ」第十三章青春の街で313

    313 作重松清【羊の要約】【羊のひとこと】

  2. 新聞小説を読む「ひこばえ」第十三章青春の街で312 - 羊と猫と私

    新聞小説を読む「ひこばえ」第十三章青春の街で312

    312 作重松清【羊の要約】来客歓迎の宴が終わると、病状を思い知らされた学生たちはションボリと部屋にひきあげた。小雪さんに言わせると、図太さが足りない、という。父の死に際の話になったのを潮に、本題に入った。私は父が長年お世話になり、迷惑をかけたことについて頭を下げた。小雪さんは、父の行状をひどいもんだ、と言い、「弱くてずるくて、ちっちゃな嘘ばかりついて、すぐに言い訳して、ほとぼりが冷めた頃に...

  3. 新聞小説を読む「ひこばえ」第十三章青春の街で311 - 羊と猫と私

    新聞小説を読む「ひこばえ」第十三章青春の街で311

    311 作重松清【羊の要約】大隈大学の池田教授は、多世代型シェアハウスに、血縁に頼らない、新しい家族の可能性を探っているのだそうで、ゆくゆくは子どものいる夫婦の入居も考えて四世代を揃えたいというが、すでにステージの進んだガンを患う小雪さんは、このシェアハウスでは間に合いそうもない、という。しかし、小雪さんは、人が死ぬ、ということを教えてあげたいので、いよいよ悪くなってホスピスにいく前に、ぽっ...

  4. 新聞小説を読む「ひこばえ」第十三章青春の街で310 - 羊と猫と私

    新聞小説を読む「ひこばえ」第十三章青春の街で310

    310 作重松清【羊の要約】【羊のひとこと】

  5. 新聞小説を読む「ひこばえ」第十三章青春の街で309 - 羊と猫と私

    新聞小説を読む「ひこばえ」第十三章青春の街で309

    309 作重松清【羊の要約】 小雪さんは人生の締めくくりを考え、五年前に青春時代を過ごした馬場町に戻ってきた。少子高齢化問題の第一人者の教授が、小雪さんからの相談でシェアハウスを発案し、『こなゆき』に入り浸っていた不動産会社の会長が『シェアハウスこなゆき』を作り、工事をした工務店もまた店の常連客で格安で請け合ってくれてできたのだという。「馬場町のマドンナ!」と真知子さんが小雪さんを讃えると...

  6. 新聞小説を読む「ひこばえ」第十三章青春の街で310 - 羊と猫と私

    新聞小説を読む「ひこばえ」第十三章青春の街で310

    310 作重松清【羊の要約】【羊のひとこと】

  7. 新聞小説を読む「ひこばえ」第十三章青春の街で308 - 羊と猫と私

    新聞小説を読む「ひこばえ」第十三章青春の街で308

    308 作重松清【羊の要約】リビングにいた小雪さんは車椅子からドスの効いたハスキーボイスで「ようっ」と挨拶してきた。わたしが父とよく似ていると手を叩く。小雪さんのいるリビングには、同居する若者たちがパソコンで勉強していたり、スマホを見ていたり、料理したりしていた。小雪さんは、具合の悪い日は車椅子で過ごしているそうだ。父にその姿を見せたくなくて、最近は電話だけだったが会っておけば良かったと悔ん...

  8. 新聞小説を読む「ひこばえ」第十三章青春の街で309 - 羊と猫と私

    新聞小説を読む「ひこばえ」第十三章青春の街で309

    309 作重松清【羊の要約】【羊のひとこと】

  9. 新聞小説を読む「ひこばえ」第十三章青春の街で307 - 羊と猫と私

    新聞小説を読む「ひこばえ」第十三章青春の街で307

    307 作重松清【羊の要約】表札に「シェアハウスこなゆき」とある建物の、脇のプレートは7枚。初めが小雪、男女の学生風の名前が四枚、6枚目はカタカナの東南アジア風の名、7枚目は中国風の名。多世代多民族型は時代の最先端だ、と真知子さんが気おされたように言ったとき、自転車のベルが鳴り、ソムチャイ君が私たちの名前を呼んできた。わたしたちのことは小雪ばっちゃから聞いていて、ビールを買ってきた、という。...

  10. 新聞小説を読む「ひこばえ」第十三章青春の街で306 - 羊と猫と私

    新聞小説を読む「ひこばえ」第十三章青春の街で306

    306 作重松清【羊の要約】 真知子さんと同行することになったのは、真知子さんは聞いても小雪さんの住所を教えてくれず、父の携帯電話も返してくれないためだ。しかも、自分だってノブさんには思い入れがある。帰りにお酒をつきあう、とまで言う。私は佐山と紺野に、馬場町で一緒に飲もうと誘っていたので、それは断った。はやる気持ちと会うのが怖い気持ちの交じる中、大ぶりな家の前で真知子さんは立ち止まった。【...

  11. 新聞小説を読む「ひこばえ」第十三章青春の街で305 - 羊と猫と私

    新聞小説を読む「ひこばえ」第十三章青春の街で305

    305 作重松清【羊の要約】 小雪さんが暮らすシェアハウスは『留年通り』の先の、交通量の多いところにあった。年寄りには落ち着かない環境なのか、いや、その方が気分も若返るのか?と真知子さんが言った言葉が胸に沁みた。『ハーヴェスト多摩』に来て認知症になったり、健康を害したり、気分が塞いだりする入居者はかなりいる。そういう人たちは、入居前にはざっくばらんに近隣とつきあってきた人たちが多いのだ。親...

  12. 新聞小説を読む「ひこばえ」第十二章父親失格304 - 羊と猫と私

    新聞小説を読む「ひこばえ」第十二章父親失格304

    304 作重松清【羊の要約】馬場町は昭和の頃のままの飲食店や雑居ビルが軒を連ねている。『留年通り』と学生時代に呼んでいた横丁は、たくさんあった雀荘はほとんど消失していたが、雑然とした雰囲気は、あの頃と変わらない。ここは今、リトル・ヤンゴンと呼ばれ、ミャンマー人をはじめ、ベトナム、マレーシア人もふえていて、安くて美味しいエスニック料理店がたくさんある、と真知子さんが教えてくれた。こんな馬場町の...

  13. 新聞小説を読む「ひこばえ」第十三章青春の街で303 - 羊と猫と私

    新聞小説を読む「ひこばえ」第十三章青春の街で303

    303 作重松清【羊の要約】私の学生時代から混雑していたJR馬場町駅のホームだが、今日来てみたらホームドアが設置されていた。真知子さんから「懐かしいですか」と聞かれ「べつに、そんなこともない」と答えると頬をふくらませ不満な表情をする。仕事をやりくりし、今日は年休を取って小雪さんに会いにいく。6月の半ばだが、肌寒くて気勢があがらないのだ。【羊のひとこと】肌寒くて天気はぐずついていて気勢があがら...

  14. 新聞小説を読む「ひこばえ」第十二章父親失格302 - 羊と猫と私

    新聞小説を読む「ひこばえ」第十二章父親失格302

    302話作重松清画川上和生【羊の要約】奥さんは就寝中に心不全で急逝したが、朝食の支度がなく、昼食をつくっている気配もないことで後藤さんは昼前に気がついた。「ぞっとしませんか?」死体と5,6時間一緒にいながらのんきにテレビを観ていた自分はのんきなものだ、と後藤さんがいう。そこから先はゴミ屋敷の話になるので、情けない話を聞かせた、もうさっさと死んでいかないと…と後藤さんは、手の平を開閉した。「あ...

  15. 新聞小説を読む「ひこばえ」第十二章父親失格301 - 羊と猫と私

    新聞小説を読む「ひこばえ」第十二章父親失格301

    301話作重松清画川上和生【羊の要約】【羊のひとこと】

  16. 新聞小説を読む「ひこばえ」第十二章父親失格300 - 羊と猫と私

    新聞小説を読む「ひこばえ」第十二章父親失格300

    300話作重松清画川上和生【羊の要約】【羊のひとこと】

  17. 新聞小説を読む「ひこばえ」第十二章父親失格299 - 羊と猫と私

    新聞小説を読む「ひこばえ」第十二章父親失格299

    299話作重松清画川上和生【羊の要約】万引きしたのは単2の乾電池四本で、後藤さんはそれまでも乾電池だけを万引きしていたという。物欲でも、酔っていたのでも、認知症でもない。また私が想像した孤独感から自分に注意を向けようと及んだことでもないという。ただただ乾電池の感触が心地よかったから。万引きが見つかって事務室で家族の連絡先を尋ねられたとき、将也さんの携帯番号を答えてしまった、という。【羊のひと...

  18. 新聞小説を読む「ひこばえ」第十二章父親失格298 - 羊と猫と私

    新聞小説を読む「ひこばえ」第十二章父親失格298

    298話作重松清画川上和生【羊の要約】私が定年まで5年であることを聞き出した後藤さんは少しでも長く仕事をした方がいい、という。後藤さんは六十歳前に退職したあとは仕事に就かず将也さんから生活費をもらいながらフラフラしていたという。家電製品を例えに、本体は故障していなくても、スイッチが取れちゃったようなものだ、という。そして、奥さんが亡くなる少し前に、スーパーで万引きして警察沙汰を起こしそうにな...

  19. 新聞小説を読む「ひこばえ」第十二章父親失格297 - 羊と猫と私

    新聞小説を読む「ひこばえ」第十二章父親失格297

    297話作重松清画川上和生【羊の要約】【羊のひとこと】

  20. 新聞小説を読む「ひこばえ」第十二章父親失格296 - 羊と猫と私

    新聞小説を読む「ひこばえ」第十二章父親失格296

    296話作重松清画川上和生【羊の要約】【羊のひとこと】

総件数:302 件

似ているタグ