重要文化財のタグまとめ

重要文化財」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには重要文化財に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「重要文化財」タグの記事(35)

  1. 彌彦神社 - キルトとステッチ時々にゃんこ

    彌彦神社

    息子の学校関係の用事で新潟に行くことになり、それならと三連休に1泊2日で家族旅行をしてきました。新潟で息子と待ち合わせして、訪れたのは『越後一宮彌彦神社』です。彌彦神社は、新潟県の弥彦村におよそ2400年前からある神社です。それって紀元前のことです。パワースポットと言われるだけあって、厳かな雰囲気です。「一の鳥居」は、両部鳥居という作りで、厳島神社の大鳥居と同じです。真ん中の柱が6cm浮いて...

  2. 大雄寺 - キルトとステッチ時々にゃんこ

    大雄寺

    せっかく黒羽まで来たのだからと、雲巌寺のあとに大雄寺(だいおうじ)に行ってみました。以前新聞で、大雄寺のシャガのことが記事になっていました。もう終わってしまったと思っていましたが、まだ、少し咲いていました。山門が見えてきました。山門の手前の左側はラカンの丘で、十六羅漢像がありました。表情が豊かでした。紫陽花で有名な黒羽城址公園のそばにあります。1404年に創建された室町様式の総萱葺き屋根の禅...

  3. 高蔵寺 三重塔 - キルトとステッチ時々にゃんこ

    高蔵寺 三重塔

    いわき市の観光マップを見ていたら、三重塔とシャガの花があるのを見て、五浦六角堂に行く前に寄ってみることになりました。いわき市にある高蔵寺は807年に開かれた古刹です。本堂から奥に森の中を歩いて三重塔に向かう道にシャガが満開でした。三重塔は、福島県の重要文化財です。三重塔の周りを囲むように50万株のシャガが咲いていました。創建当時は柿板葺きの屋根も今は銅板葺きになっています。1774年に再建さ...

  4. 長崎ブラブラ - 北海道photo一撮り旅

    長崎ブラブラ

    昭和35年に国の重要文化財に指定された長崎市の眼鏡橋です。川面までの高さは5.46 mで2つの半円を描くアーチ形式の石橋、水面に映しだされた姿が眼鏡のように見えるところからこの名があるとの事でした。寛永11年(1634年)中国から来日して興福寺の2代目住職となった「黙子如定」によって架けられた。黙子は中島川の氾濫のたびに橋が流失されるのを見かねて、中国から石工を呼び寄せて眼鏡橋を建造させたと...

  5. 福満虚空尊圓蔵寺 - キルトとステッチ時々にゃんこ

    福満虚空尊圓蔵寺

    4月29日、喜多方から会津柳津の圓蔵寺に行きました。柳津には斎藤清美術館を訪れた時や会津三島町の工人まつりに行くときなどによく通っていました。福満虚空尊圓蔵寺はその時から気になっていたので、今回行ってみました。桜は終わっていました。この山門を上がると本堂(菊光堂)が見えてきます。圓蔵寺は、“会津の三十三観音めぐり~巡礼を通して観た往時の会津の文化~”の日本遺産の1つです。創建は平安時代(80...

  6. 道の駅 明治の森の菜の花 - キルトとステッチ時々にゃんこ

    道の駅 明治の森の菜の花

    那須塩原市にある道の駅『明治の森・黒磯』の菜の花が満開になりました。ここには、旧青木家那須別邸があります。このハンナガーデンは、春は菜の花、夏は向日葵、秋は秋桜と別邸をバックにきれいな景色が見られます。この日は、ゴールデンウィーク初日の4月27日の午後です。風が強くて観光客も見てすぐに帰って行くのでゆっくり撮れるはずでしたが、私も寒くて早々に引き上げました。今年から奥にハンナガーデン専用の駐...

  7. 醍醐寺を守る仁王像の形相 - ライブ インテリジェンス アカデミー(LIA)

    醍醐寺を守る仁王像の形相

    885年前に造られ貴重な文化財である、醍醐寺西大門に安置されてある仁王像、木造金剛力士立像。開口の阿形像と口を結んだ吽形像2像が忿怒の形相で睨みをきかせていた。 よく見ると、他寺の仁王像等に比べて、忿怒の形相の中にどことなく穏やかな表情がうかがえる。大きめの頭部に比べて体部はやや細身のようである。裳裾もその衣褶を流動的に刻みながらもあまり動きを感じさせないように思える。 しばらく睨み合ってみ...

  8. 重要文化財 自由学園明日館 in池袋 - ワタシ流 暮らし方   ☆アトリエきらら一級建築士事務所☆

    重要文化財 自由学園明日館 in池袋

    仕事帰りに。本日は住宅やマンションなどの不具合や見積りなどの相談に乗る業務。丸一日なので、帰りはぐったり。市ヶ谷からなので、乗り換え駅の池袋で途中下車。重要文化財の自由学園の桜を見て来ました。屋内では、オカリナの演奏会。建築家フランクロイドライトの設計。平日の木曜日でしたが、結構な人の出がありました。現在、お施主さんの見積りを工務店さんにしていただいてる最中ですが、質疑を頂きながら4月の、1...

  9. 氷川丸のモールス符号とモールス信号発信機 - 休日ダンスと忘備録(ホラーなトイレ。映画付きグリコ自動販売機)

    氷川丸のモールス符号とモールス信号発信機

    モールス信号とは、短音の「トン ・」と、長音の「ツー ー」を組み合わせて作った符号です。子供のころ、モールス符号はわかりませんでしたが、石をコンクリートに軽くトントン叩いて「モールス信号!」と遊んだ記憶があります。その見たこともない船舶の・モールス信号発信機と符号表を、初めて見ることが出来たので、紹介します。1800年代初めころ人と人の間での通信手段は(手旗信号はありましたが) 手紙が中心で...

  10. New 来期のご案内「亮子さんのフラワーレッスン」ー花を生かす力をつける - Bouquets_ryoko

    New 来期のご案内「亮子さんのフラワーレッスン」ー花...

    来期もとても素敵にご紹介いただいていますどうぞよろしくお願いいたします🌿✨「亮子さんのフラワーレッスン」ー花を生かす力をつける植物の命が次々と開いていく季節にふさわしいフラワーレッスンを始めませんか?多種多様な花材の組み合わせ術や、新鮮さを長持させイキイキ見せるテクニック、花器の選び方のポイントなどをレッスンします。花をとりまく生活文化に魅了され、「生活」と「美」のあ...

  11. 籠(この)神社狛犬京都府 - 北海道photo一撮り旅

    籠(この)神社狛犬京都府

    北海道内の狛犬を終えまして、昨年の春に旅行した際に撮った狛犬をUPします。今日は「籠(この)神社」です。正式な神社名は「延喜式内山陰道一之大社丹後一之宮元伊勢籠神社」いやはや、延喜式は出てくる、一之宮が二つもある、凄く格式のある神社ですね~籠神社HPから由緒のほんの一部を紹介すると「御本殿は伊勢神宮と同様の神明造りで、御本殿の勝男木は十本、千木は内そぎになっています。心御柱や棟持柱があり、特...

  12. 旧岩崎庭園 - 緑のしずく (ベランダガーデン便り)

    旧岩崎庭園

    上京した折、すきま時間に立ち寄った上野の岩崎庭園。明治29年に岩崎彌太郎の長男で三菱第3代社長の久彌の本邸として建てられたお屋敷です。お庭は江戸時代の石碑や手水鉢、庭石などに芝庭を加えた和洋併置式の近代庭園。その後の日本の邸宅建築に大きな影響を与えたお庭だそうです。塀の上の数十㎝のおしゃれな細工で、広いお庭からの見通しと、解放感を得られます。上部のポットには純白のお花が似合いそうですね^^ベ...

  13. 世界遺産 日光 - キルトとステッチ時々にゃんこ

    世界遺産 日光

    2014年11月と2017年12月に日光を訪れました。日光は、日光山内という国の史跡に指定されていますが、二社一寺とその周辺の遺跡が『日光の社寺』として、1999年に世界遺産に登録されました。国宝の建造物だけでも9棟、重要文化財は94棟もあるといい、1日では見きれません。最も有名なのが、日光東照宮にある『陽明門』です。東照宮は徳川家康の死後に神として祀った霊廟で、社殿の入口の楼門が陽明門です...

  14. 世界遺産と国宝建造物巡り(京都編) - キルトとステッチ時々にゃんこ

    世界遺産と国宝建造物巡り(京都編)

    昨年12月の奈良京都旅行の3日目は、朝早くに興福寺まで散歩に行きました。写真左は国宝の東金堂。726年に建立し、6回の被災を繰り返し、1425年(室町時代)に再建されたものです。興福寺は、平城京遷都(710年)とともに現在の場所に移され、藤原氏の氏寺として平安時代は大寺院となりました。しかし、1180年平家の焼き討ちで、ほとんどを焼失。鎌倉時代に復興されたものの兵火や天災で焼失。戦国時代以降...

  15. 世界遺産と国宝建造物巡り(奈良編2) - キルトとステッチ時々にゃんこ

    世界遺産と国宝建造物巡り(奈良編2)

    昨年12月の奈良京都旅行の2日目はJR奈良駅から出発しました。これは古い駅舎で、昭和9年(1934年)に作られた2代目駅舎で、平成15年(2003年)まで使用され、今は観光案内所となっています。30年以上前に来たときにはこの駅舎だったので、懐かしいです。残っていて良かったです。法隆寺は別名『斑鳩寺』といい、この辺りを斑鳩の里と呼んでいたと記憶しています。この門は南大門(国宝)、1438年(室...

  16. 旧青木家那須別邸 - キルトとステッチ時々にゃんこ

    旧青木家那須別邸

    旧青木家那須別邸に行ってきました。道の駅『明治の森黒磯』に隣接してあります。邸宅を望むハンナガーデンにはコスモスが見頃です。正面玄関に伸びる杉並木は、青木周蔵子爵が植えたものだそうです。ここを馬車で走る様子が目に浮かびます。当時の面影を残した場所です。市の広報で、日本遺産認定と明治150年を記念して、いつもは非公開の小屋裏(屋根裏)部屋の特別公開のことを見つけて行って来ました。土日の10時と...

  17. 日光田母沢御用邸釘隠し&引き手 - キルトとステッチ時々にゃんこ

    日光田母沢御用邸釘隠し&引き手

    7/5のblogの日光田母沢御用邸の照明のところで、照明以外にも釘隠しや襖の引き手のことに触れておいてずっと放置していました。広いお屋敷の中でも、目についたのは照明とこの『釘隠し』でした。『釘隠し』とは、長押(なげし)などに打った釘の頭部を隠すためにつける装飾用の金物のことだそうです。桃山時代からあり、六葉(六角形)が多いが、近世はいろいろな形があるようです。一般の家庭では見かけないものです...

  18. 礼文島にある縄文遺跡へ - 礼文島★ハナとわたし

    礼文島にある縄文遺跡へ

    礼文島に度々訪れる方は知っているかと思いますが、礼文島には貴重な縄文時代の遺跡があります。国の重要文化財となった出土品もあり、毎年8月になると多くの学生さんたちが発掘現場で作業&勉強しに来ています。民宿海憧がある船泊では上泊遺跡、船泊遺跡、浜中2遺跡があり、その中の一つ浜中遺跡へ先日見に行ってきました!わたしは初めて発掘現場に行きましたが、とても興味深くおもしろかったです。浜中遺跡の場所はわ...

  19. 明治の森 青木邸とひまわり - キルトとステッチ時々にゃんこ

    明治の森 青木邸とひまわり

    那須塩原市にある道の駅、明治の森の奥に、旧青木家那須別邸があります。前庭のハンナガーデンには、春は菜の花、秋にはコスモスが広がり、そして現在はひまわり畑になっています。近くで見るとものすごい大きいひまわりでした。人の顔より大きい、背も高い❗青木邸は、明治21年(1888年)に外交官の青木周蔵氏の別邸として建てられました。貴重なドイツ洋風建築別荘として、国の重要文化財になっています。内部も見る...

  20. 旧函館区公会堂@函館・北海道 - a&kashの時間。

    旧函館区公会堂@函館・北海道

    『旧函館区公会堂』ブルーグレイの美しい建物!前回、行けなかったのでリベンジ!明治40年(1907年)に大火で住民の集会所だった町会所が焼失。当時の豪商・相馬鉄平や市民の巨額の寄付によって3年後に竣工したそう。国の重要文化財に指定されているそう。どこもが絵になる美しさ!トイレもありました~♪ここは、やっぱり和式なのね~(笑)2階に上がると・・・大広間!リノリウムの床がピッカピカ~!!シャンデリ...

総件数:35 件

似ているタグ