野の花のタグまとめ

野の花」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには野の花に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「野の花」タグの記事(160)

  1. 一夜の花 - ecocoro日和

    一夜の花

    ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤオシロイバナよく見かける花だけど、昼間にその顔を見ることはない。ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ夕方近くになって開き始め、翌朝まで咲いている。ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ儚い 一夜限りの花ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ夏の湿った朝夕の空気にほのかに香り立つ。ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ(豊橋市雲谷町 上...

  2. ラベンダー - すくえあのーと

    ラベンダー

    ラベンダー吸ってにほんブログ村

  3. 猛暑日に咲くノカンゾウ ほか - 星の小父さまフォトつづり

    猛暑日に咲くノカンゾウ ほか

    先日載せたヤブカンゾウの花だけれど、じつは、あの花が咲いていたところは、かつてはノカンゾウだらけだったとの印象が濃い。三つ子の魂百までも、というくらいだから、自信を持って言える。同様に昔はノカンゾウが咲いていた畦道から、いつの間にかヤブカンゾウに置き換わっていて、さらにはそのヤブカンゾウまでも見られなくなる傾向が・・・・。ヤブカンゾウは種子で殖えられないはずだから、いつから入れ替わっていたの...

  4. 2018年6・7月 - 青梅から花鳥風景

    2018年6・7月

    6月中旬、新潟県の山奥へ。久しぶりに家庭サービス?、旅行?探鳥?高速道路をいっぱい走ってやっと着いた、若くないので休み休み。梅雨の合間の晴、残雪少しの山。早起きして付近を散歩、オオルリが高らかにさえずる。キビタキ、ツツドリ、ドラミングなど野鳥たちの朝のコーラスに包まれる。宿のあたりはほとんど美しいブナの森。びっしりなったブナの実。雪渓も。キレイなピンクの花が道路わきに、名前分からず。帰ってか...

  5. 花咲くとき - ecocoro日和

    花咲くとき

    ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤハート型の葉っぱに星のような小さなお花。ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ野山でよく見かけるオニドコロ(写真は雌花)紫陽花に絡んでおりました。^^ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ地味で目立たないけど、この子にとっては今が花盛り。実となった姿も かわいいんですョ。ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ...

  6. 一日、家におりました。 - 花図鑑

    一日、家におりました。

    ワールドカップ決勝を見ていた。時々うとうとしながら、点を入れるたびにハッと目覚めて、気がつけば試合は終わっていた。フランス優勝!今日が休日で良かった。目覚めると8時過ぎ。もう暑い。水やりだけに、庭に出て花をいくつか切って、連れて入った。桔梗と水引初雪かずらと、オレガノと。あまりの暑さに早々と退散して、一日家にいようと決めた。冷蔵庫のそうじ、台所の引き出しの整理、そして昨日出かけた時の後片付け...

  7. ヤマユリ 2018 - 野路の花散策

    ヤマユリ 2018

               ヤマユリ(山百合・ユリ科) 中部地方以北の山地や丘陵地に生える多年草で、特に海に近い火山灰の土地を好むことから静岡県や神奈川県に多く自生する。時に近畿や中国地方でも見られるが、これは江戸時代の参勤交代の際に土産として持ち帰り広がったという説がある。山に自生するユリは関東ではヤマユリ、関西ではササユリが代表する。 (撮影・・愛知県新城市)K(1)ヤマユリ(2)萼と花弁は各...

  8. ✿✿ 紫陽花 ✿✿ - 拝啓 よねこさま

    ✿✿ 紫陽花 ✿✿

    先日の土曜は100年のときを刻んだオールドノリタケの器に出会い、そして日曜は、毎月情報誌の巻頭グラビアを飾っている花人、唐木先生の生け花展へ。毎号、野の花を素敵な花器に活けていらっしゃいます。今回は築300年という古民家での展示会。門構えの佇まいから歴史を感じるお宅のお庭からお部屋まで、そこかしこにさりげなくお花が活けられ、マダムの皆様が次々と訪れていらっしゃいました。あんな風にセンス良く活...

  9. 直ちに災害対策本部を立ち上げて! - 赤いガーベラつれづれの記

    直ちに災害対策本部を立ち上げて!

    サロベツ原野は遅霜にやられてお花なし。この水芭蕉も。花芽だけはなんとか元気でした。自然は厳しい。でも負けないよ。今頃は、負けずに、霜のあと伸びて花を咲かせ、原野を彩っていることでしょう。豪雨の犠牲になられた方々に心からお悔やみ申しあげます。そして、今も危険に直面している方々が、無事でありますよう。行方知れずの方々の生存が確認されますよう、祈ります。被災された皆様が、一刻も早く元の生活を取り戻...

  10. 半夏生 - 花図鑑

    半夏生

    大雨が降ることは、数日前からわかっていても、自然の猛威にはなすすべもなく、また大きな被害が出てしまった。予報の技術が年々すすんだとしても、自然の力も年々増して、もう防ぐことは出来ないのかと、ニュースを見ながら、心が塞いだ。週末、広島と岡山に暮らす友人の事が気になって、ラインをした。川沿いに暮らす、近くの友人たちの事も気になって、ラインをした。不安な夜を過ごして、お互いに気をつけようと、声を掛...

  11. 潤いさんぽ - 星の小父さまフォトつづり

    潤いさんぽ

    昨日 (07/05 ) は久々の雨天で、真夏日に達しなかったのは久しぶり。もう少しあの猛暑が続いていれば・・・・とのタラレバはやっぱり無しが良いよねぇ~。躰の疲れと消耗がやっと癒され、少し元気が出たので、小降りになった雨の中を傘さして、「はにわの里公園」とその周辺を歩いてみた。できればこの辺でも普通に見られたヤブカンゾウを撮りたかったのだけれど、どうも今年は縁がない。どうなっちゃったの?ヤブ...

  12. ミズヒキ - Presence

    ミズヒキ

    ミズヒキの幽かな風にゆらゆらと夏に微睡む林の道で*ご訪問いただいてありがとうございます*

  13. クモキリソウ・バイケイソウ - 野路の花散策

    クモキリソウ・バイケイソウ

                       クモキリソウ(雲切草・ラン科)(1)クモキリソウ・・高さ10~25cm、花期6~8月(2)(3)(4)(5)(6)沢沿いにて・・(7)          バイケイソウ(梅蕙草・シュロソウ科)      中部地方以北に分布。全草有毒植物で特に根茎は毒性が強い(8)バイケイソウ・・・高さ0.6~1.5m、花期7~8月(9)(10)名は梅に似た花に由来(11)...

  14. 山の花 - 花図鑑

    山の花

    海が近くにあるせいか、山の光景にものすごく憧れを持っている。いろんな方のブログで、見せていただいている、雪が残る峰々、どこまでも連なる稜線。そして、静かに咲き誇る、高山植物に出会えたら・・・・。それらの、ひそかな願いを、昨日はすべて叶えてもらった。チングルマコイワカガミシナノキンバイ千畳敷カールハイキングマップの道順通りに、ちゃんとそこに咲いていてくれた。雪で滑らぬように気にしながら、小さな...

  15. 三ツ寺公園と 周辺の農道で - 星の小父さまフォトつづり

    三ツ寺公園と 周辺の農道で

    昨日 ( 06/27 ) も曇り空でも蒸し暑く湿度も高めだから、噴き出した汗が乾きにくく著しく不快に感じる。それでも、午後、ちょっと撮影に出てみた。不要不急な外出は控えた方が良いとかTVでは言うけれど、一応気を付けるべきことは気をつけてね。今回は三ツ寺公園の駐車増に車を置いて、近くの農道辺りを歩いてみた。今頃は田んぼに水が入る頃で、畦道に咲いているヤブカンゾウが撮りたかった。が、まだ少し早過...

  16. ヒメジョオン(松山総合公園) - かたくち鰯の写真日記2

    ヒメジョオン(松山総合公園)

    よく似ているハルジオンとヒメジョオン、咲く時期の違いなど昨日書き込みをしましたが、両者を判別するのに花びらの色や形の違いを参考にしたり、最も判りやすいのは茎を折ると断面がハルジオンは中空に、詰まっているものがヒメジョオンで区別がつくと思われます。きょうのウォーキング  21489歩

  17. ヒメジョオン・ハルジオン - かたくち鰯の写真日記2

    ヒメジョオン・ハルジオン

    松山市考古館前の東之池周辺には野の花ヒメジョオンが咲き並んでいます。ヒメジョオン(姫女苑)に見分けがつかない程よく似たハルジオン(春紫苑)があり、両者の開花時期には少しずれがあり、ハルジオンは4~5月頃、ヒメジョオンは5~8月頃に咲き、春に咲くものがハルジオン、初夏以降に咲くものがヒメジョオンと言うことに。ただ、時期が被っていることなどあるので、季節だけでは判らないことも。ヒメジョオン(姫女...

  18. ユウゲショウ(松山総合公園) - かたくち鰯の写真日記2

    ユウゲショウ(松山総合公園)

    昨日、きょうと梅雨の晴れ間が2日続き、明日はまた梅雨空が戻ってきそうです。松山市考古館前の古代ハスの開花もピークの頃となり、地元テレビ局などで紹介され連日多くの人たちが松山市考古館へ訪れています。きょうのウォーキング  21175歩

  19. 捩花(ねじばな) - ソナチネアルバム

    捩花(ねじばな)

    捩花(ねじばな)が咲いていました。 ラン科華奢な感じがしますが、結構強い花のようです。多年草で、根っこが生きているからだと思いますが、毎年このくらいの時期にスーッと出てきます。この場所で毎年、ピンク色のネジバナは見ていました。ピンク色の花は沢山あったのですが、白色のはこれ一株だけです。白花ネジバナ、というのでしょうか? 今まで何年か見ていますが、ピンク色しか咲いていなかったところです。変異で...

  20. エゾノハナシノブ - こもれびの森

    エゾノハナシノブ

    きっと今頃咲いているはず、と思い以前豊平峡ダムの駐車場で時季外れに花を見たの思い出して行ってみました。当てにしていたところは残念ながら葉っぱさえも見当たりません。咲いているところを探しながら少し歩きました。見つけましたが急傾斜で近寄ることはできません。証拠写真程度です。それでも足元近くに数輪の花を発見。虫に喰われていましたが近くでも見る事が出来ました。他に、バイケイソウとノハラムラサキ、両方...

1 - 20 / 総件数:160 件

似ているタグ