野村萬斎のタグまとめ

野村萬斎」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには野村萬斎に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「野村萬斎」タグの記事(40)

  1. にほんごの通し稽古。 - ひびののひび

    にほんごの通し稽古。

    10月27日(火)今回はコンサートではあるけど無観客なので収録効率順に進める。スタジオの中には大太鼓や和太鼓が並びおめでたさがより強調され格式高い。太鼓演奏の田代誠さんは萬斎さんの歌「風の又三郎」で出演以来。今回は白鷹で凛々しい姿と演奏もカッコよくsevenも一緒に太鼓を鳴らし息がピッタリ。新しい和服も良い感じになったけどひこぼしの着物が着崩れたり少し修正が必要。いつもなら1時間余りで終わる...

  2. ★ BOLERO - うちゅうのさいはて

    ★ BOLERO

    Youo Tubeで。https://youtu.be/dCGzZmBDrJ8萬斎さん、こんなこともやっていたんですね。ジョルグ・ドンのボレロが話題になったのは、いつだろう。もう40年くらい経つんですか。私は舞台は見ていない。映像もちゃんと見たことないけど、あとになって見ると、う~ん・・・ひょっとして、ニジンスキーのオマージュ的なもの?バレエの男性ダンサーの最大の見せ所“跳躍”や“回転”を一...

  3. 変幻自在 - ひびののひび

    変幻自在

    8月4日(火)朝9時からにほんごであそぼの野村萬斎さん収録の技術打ち合わせから始まる。羅生門では下人に扮し黒い服にバルーンが生きているみたいに動く衣装を着る。いつもバルーンでお世話になっている人が6ヶ月ぶりのバルーンの仕事ですと言われビックリ!!イベントがほぼないので別の仕事をしていると聞きこの状況の大変さを改めて実感する。でも久しぶりに頼めて良かった。また機会を作りたい!ドンキホーテでは金...

  4. 寝坊する。 - ひびののひび

    寝坊する。

    7月18日(土)よく眠れることは良い。目覚めは快適で今日も毎日のルーティーンのヨガをクリアし頭の中でスケジュールを考える。今日中ににほんごの萬斎さんプランを提案しなくては製作する人に迷惑がかかる。どうやら萬斎さんもステイホームでYouTube を見て収録に向け色々考えて過ごしたらしくちょっとプレッシャー。集中して羅生門とドンキホーテのアイデアを考えていたら萬斎さんが乗りそうなユニークでヘンテ...

  5. にほんごであそぼ野村萬斎収録 - ひびののひび

    にほんごであそぼ野村萬斎収録

    12月23日(月)昨夜は雨の影響で飛行機が遅れ東京に着いた夜は寂しく心細い。でも雨に濡れ灯りに照らされた銀杏がいつの間にかこんなにも黄色く色づいているのを知る。終日暖房が効いてるホテルと違い我が家は朝起きるのに躊躇する。寒い冬の街を自転車でNHKに走り萬斎さんの収録が始まる。お気に入りの鶏のマスクと衣装でマクベスのセリフを言う萬斎さんは面白くカッコいい。ややこし隊も怖い面を付けているのに可愛...

  6. ハンカチ - ひびののひび

    ハンカチ

    12月16日(月)今日からえんとつ町のプペル稽古が始まる。初日挨拶に伺いたい所だけど18日の衣装合わせに向け余裕はなく焦る。皆んなに対面するのを楽しみに頑張ろう。並行してハンカチの新しい企画レース柄が進んでいる。ハンカチは他の仕事の様に締め切りで動いていないので自分でコツコツ進めていないと滞ってします。この柄はにほんごであそぼの萬斎さんのセットの床に描いた柄を色を変えて展開して見ました。仕上...

  7. お家においでよ初日 - ひびののひび

    お家においでよ初日

    11月28日(木)私の展覧会は初日に合わせて駆けつけると言うよりみなさん淡々と自分の時間で来てくださる。私がオープニング嫌いなのをご存知なのか?自分の展示空間はソワソワする。自分自身の存在も使ってもらうかたに夢を壊しそうな気がしたり。できれば柱の陰でこっそり覗いていたい。と思いながら会場には行けずに相変わらず締め切りに追われて過ごす。にほんごであそぼの萬斎さん収録用の幕を今月中に仕上げる為に...

  8. 人の心をもてあそぶな、上つ方狂言「業平餅」&能「恋重荷」 - 梟通信~ホンの戯言

    人の心をもてあそぶな、上つ方狂言「業平餅」&能「恋重荷」

    窓ガラスをキラキラ磨き上げて、疲れたけれど心は軽く国立能楽堂へ。狂言「業平餅」業平が布衣(ほい・六位以下の者)、可愛い稚児、侍、随身二名、沓持(沓を台の上に捧げ持っている)、傘持(ひとりだけ腰を曲げて、、傘が重いのか)を連れて登場すると壮観だ。餅屋の餅を食いたいが、色男金と力は何とやらで、金をもっていない。歌を詠むからどうか、ダメでんな。でも詠んだ餅尽くしの歌は面白い。あんた誰やねん?え、あ...

  9. 鐘の音 - ひびののひび

    鐘の音

    9月30日(月)朝起きると身体が重い。昨日寝るときも感じた身体のコリ。ストレッチしてもなかなか寝付けず気候のせいなのか?朝もまだ湿気があって扇風機の風で和む。にほんごであそぼの打ち合わせとフィッティング。番組当初に萬斎さんの「鐘の音」で作りそれ以来ずっと倉庫に眠っていた子供用の鐘の服を名文づくしの歌でえいとに着せて見る。しまっている間に多少のほころびもあったけど15年の記憶と一緒に衣装は蘇が...

  10. 七つの会議 - amo il cinema

    七つの会議

    私のお気に入り度 ★★★★☆ (82点)【あらすじ】都内の中堅メーカー、東京建電の営業一課で係長を務めている八角民夫(野村萬斎)。最低限のノルマしかこなさず、会議も出席するだけという姿勢を、トップセールスマンの課長・坂戸宣彦(片岡愛之助)から責められるが、意に介することなく気ままに過ごしていた。営業部長・北川誠(香川照之)による厳格な結果主義のもとで部員たちが疲弊する中、突如として八角が坂戸...

  11. 旅をいたさねば - 梟通信~ホンの戯言

    旅をいたさねば

    金沢から帰ってから募るあの町への思い、こういうのをなんというのだろう。(ひがし茶屋)若いとき旅を致さねば老いての物語のない修行僧が住吉天王寺に行くときの動機、金を持たずに旅に出る坊さんは気楽だったか。狂言「薩摩守」無賃乗車のことを薩摩の守と、子供の頃は平家物語を知らない人でも多くの人が言ってたね。「平家の公達」、その心は「薩摩守」、その心は「タダノリ(忠度)」、シャレの好きな船頭をこれで胡麻...

  12. 映画「七つの会議」 - 日々綴り

    映画「七つの会議」

    この作品も豪華なキャストでビックリです。池井戸さんの原作は一転二転して面白いです。結末も・・・

  13. 七つの会議 - 新丸子の不動産屋、 マンション管理士です

    七つの会議

    池井戸潤原作七つの会議を見てきた池井戸作品のTV出演者も多く登場して見ごたえのある作品となったぐうたら社員が実は元やり手で企業存亡の鍵を握っていた主役の八角を野村萬斎が好演全体的にオーバーアクションの演技は若干気になるところだったがそういうことを望む観客もいるのだろう企業映画では女性陣の出演は少なくなるが朝倉役の浜本優衣がいいところを見せていた日本でよくある不正隠しの事実誰が隠して誰が責任を...

  14. 七つの会議 - 8th Round

    七つの会議

    上場企業の東京建電。大企業らしく、社内の競争は激しかったが、昼寝癖が在り、万年係長と呼ばれた八角民夫は、悠々自適に、社に馴染み、仕事もそつなくこなしていた。本気を出せば、凄いのだが、彼の仕事の中でも、最重要で在る、交通インフラの安全の要で在る機械ねじ、それを担当するねじ六との、協働は、中小企業の町工場らしく、彼ら下請けをチームとして、観て、本当の協力関係を築けるかによる。下請けを、単なる配下...

  15. 「七つの会議」 - ここなつ映画レビュー

    「七つの会議」

    面白かった…といえば面白かったのだけれど、もう役者陣力入りまくりでギャグかと思ってしまった位だ。あまりにも濃くてあまりにも力み過ぎ。「大袈裟」という表現がぴったりかも。みんながみんなそんな感じだったので、普通な感じの世良公則が一番演技が上手かったような気がする程だ。(いや、あとオリラジの藤森慎吾は良かったなぁ!卑小な経理マン…すべからく経理マンが卑小だと言っている訳ではありません、念のため…...

  16. 七つの会議 - はっちのブログ【快適版】

    七つの会議

    主役に野村萬斎、ほかにも主役を張れるような俳優ばかりの豪華絢爛なキャスト。TVではこれだけの予算はなかなか取れないって感じ。とはいえ人気ドラマ「半沢直樹」「下町ロケット」テイスト満載で映画としての特別な演出はなかった。原作を変にいじらずそのまま映像化したという印象。本が面白かったとはいえリアルなビジネスマンとしては少しデフォルメの度が過ぎているかな。モーレツブラックな企業における隠ぺい事件が...

  17. 七つの会議 - ・空色くれよん・

    七つの会議

    映画「七つの会議」を観てきました。約2時間があっという間で、とても面白い作品でした。なんと言ってもキャスト陣が豪華ですよね。***

  18. 親子が泣いた狂言「ぬけから」&能「夜討曽我」 - 梟通信~ホンの戯言

    親子が泣いた狂言「ぬけから」&能「夜討曽我」

    明石順平という弁護士の「アベノミクスによろしく」という本を紹介したことがある。アベノミクスの成果が上がらないのを、統計のインチキ操作で胡麻化していることを分かりやすく暴露した本だ。今回、毎月勤労統計のインチキが表に出ても厚労省は、賃金上昇があったと喧伝された2018年の実質賃金の本当の伸び率(減少率)を示そうとはしなかった。実質賃金は大幅にマイナスだった!明石氏が試算した数字を野党合同ヒアリ...

  19. 陰陽師 - ・空色くれよん・

    陰陽師

    2/1、今週の金曜日、野村萬斎さん主演の「七つの会議」が公開されますよね。今からとても楽しみです。野村萬斎さんの作品は、2001年に公開された『陰陽師』(監督:滝田 洋二郎、主演:野村 萬斎)ではじめて触れました。と言っても観たの、去年なんですけどね。公開された当時、かなり話題になった映画だったと記憶していますが、タイミングがあわなかったみたいで、、(映画との出会いも「縁」だなあと思います、...

  20. 映画「七つの会議」 - おじさん秀之進の山中リタイヤ生活

    映画「七つの会議」

    霞城セントラルのソラリスで映画「七つの会議」を鑑賞。池井戸潤さんの原作。監督:福澤克雄出演:野村萬斎、香川照之、及川光博、片岡愛之助、土屋太鳳、勝村政信、鹿賀丈史、橋爪功、北大路欣也、朝倉あき半沢直樹でもおなじみのメンバーですね。しかし、ソラリスに行ったの何年ぶりだろう?開場前にもう並んでる人がたくさんいたので、自分もあわてて(でもないけど)、列の後ろに並びました。いよいよ開場。後方の席はも...

総件数:40 件

似ているタグ