野生動物のタグまとめ

野生動物」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには野生動物に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「野生動物」タグの記事(507)

  1. 21年北のプー生活現地レポ(57)…自然編(32) - ふぉっしるもしてみむとてするなり

    21年北のプー生活現地レポ(57)…自然編(32)

    羅臼のホエールウオッチングクルーズの花形は、やっぱりシャチ。羅臼に通い始めて、6年目の私にとって、今日の午後便は、3本の指に入る素晴らしい2時間半となった。数頭のシャチが、船にまとわりつき、様々な姿を見せてくれた。宿でPC に画像を取り込んだが、整理にはまだまだ時間がかかりそうだ。船内でのポジショニングが残念だったので、きちんとフレーミングできていないが、船に向かってやってくる個体のブローに...

  2. 21年北のプー生活現地レポ(56)…自然編(32) - ふぉっしるもしてみむとてするなり

    21年北のプー生活現地レポ(56)…自然編(32)

    今日は、シンプルにシャチの家族について。シャチは、母系の家族で群れを構成している。すなわち、母である雌のシャチを中心に、その子どもなどが群れとして行動する。大きな三角形の背びれを持つ雄のシャチも、群れの中心となっている雌個体の子どもだそうだ。繁殖期になると、雄個体は別の群れの雌と、雌個体は他の群れの雄と繁殖活動を行い、その後、元の群れに戻る。雌が産んだ子どもも、その群れに帰属して、育つ中で様...

  3. のんびりキタキツネ~6月の美瑛 - My favorite ~Diary 3~

    のんびりキタキツネ~6月の美瑛

    撮影日2021年6月5日美瑛にて道路の路肩にいたキタキツネの子ども。最初に親キツネさんが道路を横断していたので路肩にいる仔に気づきました。車の中から撮影。かわいったです。美瑛を散策していてもキタキツネに合う事はほとんどありません。1年に1度ぐらい。その1度ですね。こんなにしっかり撮影できるのは珍しいです。この春生まれた仔でしょうね。親が気にしても動かずじっと。。。大丈夫かな?親はゆっくり、時...

  4. 21年北のプー生活現地レポ(54)…自然編(31) - ふぉっしるもしてみむとてするなり

    21年北のプー生活現地レポ(54)…自然編(31)

    昨年、何度も観察を楽しませてもらった“エゾリスの森”。5月の早い時期に行けば、小さな子どもの観察もできるはずなのだが、メルヘンエゾリーを撮影できたことに満足してしまい、足を向ける気になったのが、2週間ほど前。注:画像クリックで幅800×533pixeの大きめ画像が別ウインドウで開く早朝に行けば、出逢える確率が高くなる。そう思っていたが、現地に到着したのは、午前5時ごろだった。「いるかなぁ」こ...

  5. 21年北のプー生活現地レポ(52)…自然編(30) - ふぉっしるもしてみむとてするなり

    21年北のプー生活現地レポ(52)…自然編(30)

    6月14日の羅臼ホエール・ウオッチング・クルーズ。沖には、多くのシャチが集まってきている。広い範囲 に散らばって、5~20頭ぐらいの小さな群れで泳いでいる。その群れが、くっついたり、また分かれたりしている。30頭ぐらいになっている場面もあった。群れの大人たちで子ども個体をガードしたり、スパイホップやしっぽで海面をパシャパシャ叩いたりする個体も。町の見えるところで大迫力のシャチの群れを観察でき...

  6. ジョウビタキの巣 - burnet hillのパートナーたち

    ジョウビタキの巣

    雨が降っていない隙に芝刈りと肥料散布をして、芝刈り機をガレージに入れた途端に土砂降りで、ぎりぎりセーフだった。野ばらのフェンスが満開になってゴージャス。昨年足したピンクの「薔薇物語」も今年は花付きが良い。通用口の軒下にジョウビタキが巣を作った。卵を抱いているようで全く動かない。もう2週間になるけど大丈夫か?前を通るたびに目と目が合う。←ポチっと応援してくれると嬉しいです♪人気blogランキン...

  7. 21年北のプー生活現地レポ(50)…自然編(29) - ふぉっしるもしてみむとてするなり

    21年北のプー生活現地レポ(50)…自然編(29)

    羅臼の海にたくさんのシャチがやってきた。大学のチャーターで、早朝から沖に出ていた船よりシャチ情報が入ってきた。午前便は、そこに向かって走り出した。先行船のまわりには何頭ものシャチが泳いでいた。周囲には、シャチの群れが広い範囲に分散して泳いでいて、午後には100頭をこえる数の個体識別ができたそうだ。そんな群れの一部が下画像。近くには同じ群れの別個体も泳いでいたが、レンズに収まるように撮影したら...

  8. 21年北のプー生活現地レポ(49)…自然編(28) - ふぉっしるもしてみむとてするなり

    21年北のプー生活現地レポ(49)…自然編(28)

    前日は、高波のため、クルーズ船は、今日、午前便も午後便も出航した。結論から述べると、午後の最後に素晴らしい出逢いがあった。詳しくは、今後の記事でご報告するので、今日は撮影画像をアップするだけに留めること、ご了解いただきたい。続々と羅臼の海に集まってきているようだ。

  9. お土産かな - ののち幾星霜

    お土産かな

    裏のクリーク沿いに、Mulberryの木があって、今年もたくさん実がなっています。Mulberry=桑の実ぽたぽた落ちてくるので、野生動物の食堂です。毎日必ずやってくるのは、鹿どん。そりゃあ、美味しいでしょうね。空からは野鳥がいっぱい。で、どういうわけかポーチにあるガラステーブルの上にも。床にも、ぽろん。誰が持ってきたんでしょうね。私へのお土産?遠慮しておきますよ。だって、芝生に撒いた薬剤を...

  10. 21年北のプー生活現地レポ(47)…自然編(26) - ふぉっしるもしてみむとてするなり

    21年北のプー生活現地レポ(47)…自然編(26)

    私が、羅臼で出逢った鯨類では、小さい順にネズミイルカ、イシイルカだが、3番目はぐっと大きくなり、シャチだ。雄は6~8m、雌は5~7m。泳ぐの時は、背びれが出たりしずんだりするので、海で見ても、本種であることがすぐに分かる。さらに、その鰭で、性別が分かる。雄は三角形の背びれで、大きな個体なら、2mにも達する。雌は先端部が後ろに傾いていて、鎌形と言って、いいだろう。ブローを吹き上げて行う呼吸音は...

  11. 21年北のプー生活現地レポ(45)…自然編(25) - ふぉっしるもしてみむとてするなり

    21年北のプー生活現地レポ(45)…自然編(25)

    先日のオジロワシ記事の続きだ。カラスにちょっかいをだされたオジロが、めんくさそうに飛び去っていった後、車に戻ろうとすると、気配?、視線?を感じた。周りを見回しても、何もいない。通行する車もない。いったい何だろうと気になって、国道のガードレールの向こうに広がる海や、その反対側の木々の梢を探しても何も見当たらない。林の背後にそびえる高い崖の上に何かがいるようだが、肉眼では確認できない。デジイチの...

  12. 21年北のプー生活現地レポ(44)…自然編(24) - ふぉっしるもしてみむとてするなり

    21年北のプー生活現地レポ(44)…自然編(24)

    6月7日、羅臼のホエール・ウオッチング・クルーズ。ジャンプをしないイシイルカは、V字型の水しぶきをあげて泳ぐだけのことが多いのだが、この日は船についてくれた。クルーズ船の前を泳いだり、横を並進したり、波に乗ったり、船底を泳いだりして、楽しんでいるようだった。もちろん、私たちも楽しめた。シャチと同じようなツートンカラーの全身を使って、力動感にあふれる泳ぎは、野生動物の力づよさを改めて感じさせて...

  13. WILDLIFE "The Canadian Northwoods" Now on NHK on Demand - hidehiro otake photography news                                      大竹英洋フォトグラフィー

    WILDLIFE "The Canadian...

    ワイルドライフ「カナダ ノースウッズ 命あふれる原生林を行く」がNHKオンデマンドで配信予定です。見逃した方、BSが見られない方もネットやスマホで購入視聴できるようになりますので、どうぞお楽しみに。(6/16正午より一年間)番組内容「カナダ ノースウッズ 命あふれる原生林を行く」49分カナダ北部に広がる針葉樹の原生林「ノースウッズ」。うっそうとした森には無数の湖が点在し、カヌーや、そりでしか...

  14. 21年北のプー生活現地レポ(42)…自然編(23) - ふぉっしるもしてみむとてするなり

    21年北のプー生活現地レポ(42)…自然編(23)

    本来なら、昨日の「○×△◎はミタ!」の続き記事を書くべきなのだが、手元にない。というのも、丑三つ時にマンスリーアパートを出発し、未明、明け方、早朝と車を走らせ、ホエール・ウォッチング・クルーズ船に乗るために羅臼にやってくるのに、画像データを持ってくるのを忘れているためだ。その代わり、今日のクルーズについて書くことにする。3週間ほど前、羅臼の海は、大発生したプランクトンを食べに小魚が集まり、そ...

  15. 佐井村ブラブラ。1 - 新・光あるうちに行け!

    佐井村ブラブラ。1

    朝に小学校の入学式の次は午後の中学校入学式までフリータイム。久しぶりなので村内徘徊。

  16. 21年北のプー生活現地レポ(41)…自然編(22) - ふぉっしるもしてみむとてするなり

    21年北のプー生活現地レポ(41)…自然編(22)

    羅臼の鯨類とともに、中断してしまっているのが、オジロワシの記事だ。空の王者がキョロキョロと周囲を気にし始めた理由について、多くの方が気づいておられることだろう。しばらく後ろばかりを気にし始めた。そう!あのおじゃま虫がやってきたのだ。気が強く、しつこいカラスを空の王者であるオジロワシも嫌がっているのだろうか。それとも巣を狙って、追い払われたのだろうか。いきなり飛び立ったので、露出補正をやってい...

  17. 21年北のプー生活現地レポ(39)…自然編(20) - ふぉっしるもしてみむとてするなり

    21年北のプー生活現地レポ(39)…自然編(20)

    体調と相談しながら、徐々に負荷をかけながら巡検を行ってきた。大した成果も上がっていないのだが、そこそこの石を背負って下りてくる日もでてきた。その一方、5月半ばに出かけた知床の野生動物記事が、中断してしまっている。今日は、その1つ、羅臼の鯨類。小さいもの順という約束なので、前回のネズミイルカの次は、イシイルカだ。注:画像クリックで幅800×533pixeの大きめ画像が別ウインドウで開く体長2m...

  18. 今日もお天気 久しぶりに - とりさんぽ日和

    今日もお天気 久しぶりに

    蝉が鳴いてます今日もキビタキさんが木の上最近は撮り放題だなキジバトさんがウロウロほぼ夏毛のエゾリスさんいつも何か食べてるねェ前歯が見えてるよシマエナガさん久しぶり~緑の中でもカワイイね

  19. 新顔現る。 - 新・光あるうちに行け!

    新顔現る。

    4月2日。玄関先に見知らぬ猫が来ていた。ロン毛のキジトラ、ララを思い出すなぁ。足が短い感じがたまらん。投稿日現在、この日以来姿は見えず。サカリの季節が来ればまた会えるかな?庭にはムクドリも来ていた。本日はサッと持ち出せる高倍率ズーム機、パワーショットG3Xで撮影。世に超高倍率ズーム機は他にもあるが、センサーサイズを犠牲にしないで24-600mm相当ならワタクシ的にはだいたいオッケーです。

  20. 森の中で.......野うさぎに出会った - 新  鳥さんと遊ぼうⅡ

    森の中で.......野うさぎに出会った

    鳥さんを探して出会ったのは初めて見た野うさぎここではシカにタヌキ、リスやアナグマなど野生の動物に時々出会いますクリックで拡大します

総件数:507 件

似ているタグ