野鳥観察のタグまとめ

野鳥観察」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには野鳥観察に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「野鳥観察」タグの記事(54)

  1. ツバメの電線ねぐら入り@神戸市灘区水道筋商店街 - 野の花のお気楽日記

    ツバメの電線ねぐら入り@神戸市灘区水道筋商店街

    日本野鳥の会のツバメのねぐら入りを見よう-商店街の電線に来るツバメのねぐら入りを見ます-目と鼻の先で、ツバメのねぐら入りが見られます。 ・・・との観察会があると、先週、山のお仲間から聞いて、 前もって、その宇治川商店街を何回か偵察していたのですが、ぜんぜんツバメらしき姿はみつかりませんでした。気になりながら、昨日の夕方になり、その日本野鳥の会ひょうごの観察会 「宇治川商店街のツバメのねぐら入...

  2. 週末朝食 トルティーヤでケサディラQuesadilla - NYからこんにちは

    週末朝食 トルティーヤでケサディラQuesadilla

    連日三十度以上が続く暑い毎日冬、異常に寒く夏、三十度以上のこの地。救いは朝夕の気温下降が、著しい事です。時として、この利点が不調につながる場合もありますが、、✳︎道産子の私は梅雨期の経験がなく連日雨降りという生活状態を想像できないのですが湿度の高さで食べ物の痛み早く、衛生面への気配り等生活の随所で気を配る点は多い時期かと憶測します各地の梅雨明けも聞かれる日本列島本格的な夏日の訪れかと思います...

  3. 森の動物と自然保護 - NYからこんにちは

    森の動物と自然保護

    土曜、日曜と晴天続き三十度超えという暑さを除けば晴天の空を満喫朝は早めに山へハイキング↑パルプフィクションの日夕方は近所の森を探索と自然に触れ、癒された週末六月始めツノがはえかけていた雄鹿 体格も大人になっていて ツノも随分大きくなって 角度によってトナカイ風?六月はじめは まだ幼い一方グリーンヘロンは 近所の森には暑い夏がある年のみ出没今年は 三十度超え続きよって頻繁に姿をお目見えこ...

  4. 赤ちゃんウッドダック、りんごの到来など - NYからこんにちは

    赤ちゃんウッドダック、りんごの到来など

    今日も三十度超え美しい青空広がる夏の一日朝早めに晩ご飯の下ごしらえを終了し帰宅後暑い中の調理時間短縮を図る無事、冷房入れる事なく美しい黄昏の空を見ながら夕食終了涼しい時間到来✳︎北海道の様な空と山々↓札幌も山の姿四季を通して美しく北海道は涼しい夏(羨ましい)日曜は停電な事もあり山ハイキング今日の森りんごが色づき始めました昨年は寒すぎて実らなかったりんご今年はりんごの花が美しかった為実り時期が...

  5. 巣立ちの季節2  ブルーバード - NYからこんにちは

    巣立ちの季節2 ブルーバード

    ロビンの親戚、ニューヨーク州の州鳥ブルーバード。今年の巣立ち時期、とても早かったですニューヨーク州は、沢山のブルーバード巣箱↓が各地に設置されて、ブルーバード保護に力を入れています。お母さん〜おなかすいた

  6. 巣立ちの季節 アメリカンロビン - NYからこんにちは

    巣立ちの季節 アメリカンロビン

    今朝は雨、薄曇りで 、摂取十度をちょっと超える、涼しい朝。でも現在、爽やかな風と柔らかい日差しが居間に差し込み、気温二十二度、湿度四十パーセント程度の穏やかな天気となりました。日中は25度以上に気温上昇する日が多くとも、例年に比較して、朝夕の涼しさ、肌寒さを感じる日々にもかかわらず、北米原産種の野花や渡り鳥の数が、例年よりも多く、成長も早い気がします。野鳥の巣作りも早かった印象の春。既に巣立...

  7. チカディのお家探し - NYからこんにちは

    チカディのお家探し

    寒くて長い冬の後。野鳥達は、春の訪れと共に、伴侶を見つけ、子育ての、巣作り、お家探しに多忙になります。北風吹く、寒い四月の週末。チカディご夫婦、お家探しに多忙でした。まずご主人が中を確認↓奥様に合図を送る。奥様もご主人も同じサイズとお召し物の為、どちらがどっちか、わかりずらいのですが、ご夫婦共々、物件の確認、隅々までされておりました。チカディはCavity-Nesting Birdsで、木に...

  8. 春の小さな親善大使  black&White ウォーブラー - NYからこんにちは

    春の小さな親善大使 black&White ...

    随分以前に、ようやく邂逅できた、ブラックホワイトウォーブラー。春になると、南アメリカや北米の南側から、東海岸側に北上してくる、小さなお客様。昔はニューヨーク州の森で良く見る事ができた、渡り鳥との事ですが、最後に会って以来、数年、あちこちの森を注意深く探していても、出会い無し。肌寒く、雨が多い今年の春に、各森で良く目にして、驚いています。サイズ小さく、地味な衣装の為、見逃しがち。地面近くに巣を...

  9. 食卓の窓から 鷹のお客様 - NYからこんにちは

    食卓の窓から 鷹のお客様

    日曜日は北米も母の日でしたが、生憎の雨模様。日本でも、日頃、陰に日向に、家族の為に頑張っているお母さんを、お祝いする日でしたよね。随分昔に母を亡くしている為、母の日を祝える方を羨ましく思います。朝から雨模様の日曜夕方。何か大きな野鳥がバサッとダイニング窓の前に影を落とし、木の枝にとまって。どうやら、鷹の様で、このお客様も初めて、ダイニングから見ました。気温が0にはならずとも、日中も最高十度以...

  10. 食卓の窓から 珍しい野鳥スカーレットタナジャ、ボルチモアムクドリモドキ他 - NYからこんにちは

    食卓の窓から 珍しい野鳥スカーレットタナジャ、ボルチモ...

    四年ぶり?ボルチモアオリオが美しい鳴き声とオレンジの衣でダイニングの窓の外に現れました日本名ボルチモアムクドリモドキって長くて難しいのね北米ではBaltimore orioleボルチモアオリオが近い発音表記かと思いますハウスフィンチも久しぶりの登場四月肌寒い時期からウィロー木の(柳)新芽を食べ続きるハウスフィンチこの野鳥はウエストコーストの野鳥でしたが鳴き声が美しい為捕獲されニューヨーク州ロ...

  11.  たかが雀 されど雀 日本の雀 北米の雀 - NYからこんにちは

    たかが雀 されど雀 日本の雀 北米の雀

    北米の雀さん、国土が広い事もあり、日本よりも多種の雀が生存しています。住んでいる地域によりますが、ここ暫く、House sparrowという家雀をバックヤード等で見かけませんが、ショッピングモール、マンハッタンで見る雀は、家雀ばかり。この家雀、実は、余所者で害鳥として、取り扱われる鳥でもあります。北米産。チッピング雀。民家に来る事は稀。春にはニューヨーク州の草原で可愛いらし囀りを始めます。↓...

  12. 春の鳥ブルーバード - NYからこんにちは

    春の鳥ブルーバード

    昨年より数週間遅れで、ニューヨーク州の野鳥、ブルーバードが近所の野原に戻ってきました。ブルーバードは、木の生い茂った場所には生息せず、原っぱ状態のある場所が必要です。美しい色と、穏やかな性格が人々から愛される野鳥ですが、外来種の野鳥の増加で、保護しなければ、生存率の危機に見舞われました。近年、近隣では数が増加。嬉しい限りです。昨年夏↓ひなが育って両親からの餌を待つすがた食卓の窓からThurs...

  13. カーディナル 春の接吻 (ショウジョウコウカンチョウ) - NYからこんにちは

    カーディナル 春の接吻 (ショウジョウコウカンチョウ)

    春は、カーディナルにとってmating(下説明有り)の季節。冬はメスが寄ってきても、羽を広げて威嚇する(餌は自分の縄張りで、自分の奥さんにさえも冷たい態度)、亭主関白を通り越した冷たい態度のオスから、一変。奥さんのご機嫌とりに忙しくなります。正確には、接吻ではなく、餌を口移しするのですが、カーディナルと同種の野鳥、アメリカンゴールドフィンチは、雌が抱卵している期間も、巣の側に、雄が餌を運んで...

  14. カナディアンギースと美しい春の日 - NYからこんにちは

    カナディアンギースと美しい春の日

    カナディアンギースは名前のごとく、カナダからの渡り鳥でしたが、最近は北米にとどまって、カナダに帰らなくなっている鳥も多いとの事。一夫一婦制で家族の絆が強いギースは、数が増加傾向です。メスの抱卵時期、オスは側で、安全性確保のパトロール、子育てにも参加と、協力体制万全が、数の増加に繋がるのでしょう。2018年こどもの日5/5雛がこんにちは2017年四月二週目から抱卵開始2018年昨年同様の場所に...

  15. 春の野鳥winter wren, ウッドダック他 - NYからこんにちは

    春の野鳥winter wren, ウッドダック他

    相変わらずお天気は気まぐれ。徐々に暖かくなってはいるものの、夜間は冷え込んだりと、、、。週末、気温が摂取25度近くまで上昇するようですが、これで、春の花の目覚めに加速がつく予感です。近所の森で初めて見たウィンターレンハウスレンをよく見かけますが、森の中でレンを見かけた事なく、びっくり!イースタンフィービ↓も、通常、ビーバーが生息している池で、早春から出没。寒い夕方、森の登場は意外でした。渡り...

  16. 買ってよかった 本 1 A Naturalist’s Guide to the Year - NYからこんにちは

    買ってよかった 本 1 A Naturalist’s ...

    比較的物欲がない方だとは思うのですが、増えやすいのは本。以前は、引っ越しを考えて、各自250冊迄と限定していたのですが、厳選した本もなくなり、年齢も上がっている為、各自五十冊に、縮小する様に、頑張って。本には愛着が湧いてしまうのですが.......購入後、読まなければ、アパートの図書室及び、自治体に寄付する事にしています。以前持っていた美しい本を備忘録せず、後悔ある為、縮小状態であっても、愛...

  17. 水辺の渡り鳥  MerganserとBufflehead - NYからこんにちは

    水辺の渡り鳥 MerganserとBufflehead

    灰色の空が続いた冬の後は、暖かい日差しの幸福感は格別。今週末、雪マークの地域、ニューヨーク州にありますが、雪は流石に勘弁して下さいというのが本音。昨年も、四月が最後の嵐、春一番、だった為、油断禁物ですが^ ^;;;水鳥マギャンサーのカップルを発見↑Merganserの発音子育て前の時期で、仲良く、あちこちを泳ぎ回っていました。勿論、奥様のリードで。マギャンサーは東海岸では三種類を観察できる筈...

  18. カラスたちとの攻防 - ノラニンジンの咲く庭

    カラスたちとの攻防

    勢いつけて猛ダッシュまさに鷲摑み

  19. 此処でも居た猛禽類 - ノラニンジンの咲く庭

    此処でも居た猛禽類

    なぜ?此処にこの時期は石狩川神居古潭でオオワシがメインでも対岸で相当な距離、ババの腕では豆粒にしか。それが、国有林の禁猟が拡大されたのも一因か猛禽類おこぼれに有り付けず?身近にソコソコに出没1月末にキトウシの近く、オオワシやオジロワシ、おまけにクマタカアッという間に飛び立ち森の奥へ。何故此処なんだろうか、、、。カラスが屯しているけど餌がありそうには思えないけどで、そのあと何度か来てみました。...

  20. ジョビちゃん参上 - キャンピングトレーラー奮闘記

    ジョビちゃん参上

    ジョビ君がいなくなって2週間縄張りの新たな主ジョビちゃんです。エサ台にはまだ来ません。大陸に渡るまでの一ヶ月で来てくれるかな?

総件数:54 件

似ているタグ