スポーツ・アウトドアジャンル×野鳥のタグまとめ

野鳥」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには野鳥に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「野鳥」タグの記事(80)

  1. キビタキでしょうか? - コーヒー党の野鳥と自然 パート2

    キビタキでしょうか?

    天気が悪くなって、何処へも出かけられません。この週末どころか、この先一週間の天気予報でも東京周辺には晴れマークがありません。野鳥と自然を紹介しているこのブログも、こんな天気が続くとネタ切れになってしまい、毎日紹介できなくなりますからピンチです。困ったものですが、たまにはお休みをもらうのも良しとしましょう。ところで、雨降りのためお散歩に出られないチョコちゃんが、私の靴下を噛んで穴を開けてくれま...

  2. 白樺峠のタカ柱の思い出 - コーヒー党の野鳥と自然 パート2

    白樺峠のタカ柱の思い出

    しばらく良いお天気が続いてくれましたが、週間天気予報を見るとこれからの一週間はずーっと雨マークがついています。お天気マークが1つも見えないのは困ったものです。この10月14日(土)は、祖父の33回忌の命日に当たりますから、家族旅行を兼ねて今回は、娘と孫娘も連れて墓参りに行くことにしました。前日の金曜日に休みを取って、三連休にしたのは良いのですが、お天気が悪くなるのが心配です。孫娘のちぃちゃん...

  3. サシバが飛ぶ飛ぶ白樺峠 - コーヒー党の野鳥と自然 パート2

    サシバが飛ぶ飛ぶ白樺峠

    また街の中に街頭宣伝の選挙カーが、投票を依頼する大音響を響かせながら、走り回るようになりました。衆議院議員選挙の幕開けですが、あの街頭宣伝の大音響を聞くたびに、思い出すのは我が家の愛犬チョコちゃんが、音に驚いて震えが止まらなくなったことです。生まれて1年にも満たない頃だったと思いますが、伊豆の雲見温泉にペットも泊まれる旅館を見つけて、カミさんとともに旅行に出たのです。漁師町でしたから、美味し...

  4. この秋、はじめてのモズ - 忠告なんてご無用ぉ

    この秋、はじめてのモズ

    独特の囀り、鳴きというものがあるね、モズのことだけど。随分と主張の高鳴きをするのを見かける、そんな季節になりました。小さな猛禽、今季も健在でござるw河原に二羽いたうちの一羽は、シギ.... イソシギ?だろうか。詳しくは分からないけど、嘴が長いよね。優雅に飛翔していたのは、チュウサギか。風切羽が綺麗だなー.....♪最後はアキアカネで.....チャオ!!<レンズ:Tokina SD 400mm...

  5. ハマシギ Ⅱ - いい男の「歩々是道場」

    ハマシギ Ⅱ

    潮汐も気にせず河口の干潟へ沈みかけの干潟先端にホウロクさん1羽逆光なんで今回はパス上空にはトビとミサゴがクルクルしています。昨日いたハマシギが波打ち際を歩いてきたので撮らせていただきました。ハマ 「またお前か、昨日と同じ服やないか。」ハマ 「俺だって夏服から冬服に着替えたんだぞ」ハマ 「まぁええわ、ちゃんと撮れよ」てな調子で撮らせてもらいました。↑このポーズの時に限って腰を振るんですわ...

  6. 加古川河口のハマシギ - いい男の「歩々是道場」

    加古川河口のハマシギ

    目の前を忙しそうに通過上空高くトビやミサゴが旋回しているので警戒して立ち止まった隙に撮らせてもらいました。河口も賑やかになってきたみたいでーす。つづく

  7. 加古川河口のダイゼン他 - いい男の「歩々是道場」

    加古川河口のダイゼン他

    雨上がりの河口に行ってきました。今日も河口でお会いしたバーダーさんのお陰で苦労することなくお目当ての野鳥に出会えました。ダイゼンオバシギが3羽、ダイゼンの近くで休息中他はホウロクさんいつまで河口に滞在してくれるのかな?出会った時の感動が薄れてきたぞ。うそうそつづく

  8. 白樺峠にホシガラスが飛ぶ - コーヒー党の野鳥と自然 パート2

    白樺峠にホシガラスが飛ぶ

    ワンコの散歩に付き合って来ました。普段はカミさんの仕事ですが、休日で自宅にいる時は、私にその役割が回って来ます。毎度のことながら、ウンコを持ち帰るためのティッシュと、小さいコンビニ袋だけは欠かせませんが、外に出るとき何を着て行こうかと少し悩みました。もう半袖姿では寒いでしょう。長袖シャツの上に何か羽織ろうかとも思いましたが、まだそこまではと思い直して薄くなった頭に帽子を被せて出発です。愛犬チ...

  9. ツミが舞う - コーヒー党の野鳥と自然 パート2

    ツミが舞う

    9月23日(土)から25日(月)にかけて、長野県の白樺峠へタカ渡り観察に行ってきました。2日目の24日(日)には、鷹見台に歓声が沸き起こるほどたくさんのタカが渡ってくれましたから、足を運んだ甲斐があったというものです。写真もたくさん撮影できて、満足できる結果を残すことができました。でも、家に戻ってから、残念なことが発生してしまいました。白樺峠からの帰り道に、“リンゴ” の看板を見て立ち寄った...

  10. サシバが渡る - コーヒー党の野鳥と自然 パート2

    サシバが渡る

    例年、9月から10月にかけて日本列島の各地では、繁殖を済ませて越冬地へと渡っていく、タカの仲間を観察する絶好の機会に恵まれます。毎年この時期になると、タカ渡りの定点観測ポイントである長野県の白樺峠や、愛知県の伊良湖岬などへ出掛けてくることが慣わしのようになっています。今年はどこへ行ってみようかと思案を巡らせていました。敬老の日の休日につながる9月の三連休が良いタイミングかとも思いましたが、折...

  11. 冬鳥に会うのはもう少し先だね  〜 相模川にて 〜 - 忠告なんてご無用ぉ

    冬鳥に会うのはもう少し先だね 〜 相模川にて 〜

    疲れ果てて漸く起きた日曜。鳥撮に行くには、時間が遅すぎだ...... どうしましょう......汗w準地元の某公園へオートバイで出かけるも、何も撮れず。こういう事は良くある訳で、どうって事ない、ない......なぃ...ぃ......んじゃ、川へ行ってみっか.....昼時だから、く◯まやラーメンでラーメン食べてからwで、行ったですよ.....w 子どもたちが、サッカーの試合に興じているな。真...

  12. 江井ヶ島のトビ - いい男の「歩々是道場」

    江井ヶ島のトビ

    10月ですね~暇なんでカメラ担いで江井ヶ島の田圃へテーマは、「飛んでるトビを綺麗に撮ろう!」 です。4、5羽が上空をクルクルしてますが、かなり上空です。池の土手に移動するため歩いていると足元から ガサガサとヘビではなく、トビが出てきました。警戒しているけど飛んで逃げるような感じではありません。流石!! お前も一応は猛禽さんやもんな~と感心しました。距離は3mもありません。飛ぶかと思い期待して...

  13. 水浴び中 - いい男の「歩々是道場」

    水浴び中

    あいにくの曇り空です。(大トリミング)何かと思いカメラを向けると、豪快に水浴び中そっと距離を詰めて盗撮してきました。 気付かれました 他のカメラマンさんは上空の猛禽やヨシ原のノビタキを探しておられました。つづく

  14. 休耕田のタシギ Ⅲ - いい男の「歩々是道場」

    休耕田のタシギ Ⅲ

    二、三日前から体調が悪くまったくシャキッとしません。今日は天気が良かったので休耕田にタシギをねらって出かけました。前回と場所が同じなんで、同じような写真です。黒い塊に長い嘴が見つけるコツ頭を下げて素早く走って逃げる飛ばれるよりマシです。けっこうな数がいましたが、遠いし、被るし、AFきかんしで苦労しました。デコイのように立っています。前回と比べると近くで撮れた方かな。クロップ撮影で、トリミング...

  15. 夏と秋の間で  〜 アユ狙いは釣り師ばかりじゃないw 〜 - 忠告なんてご無用ぉ

    夏と秋の間で 〜 アユ狙いは釣り師ばかりじゃないw 〜

    神奈川県西部を流れる 酒匂川 。今は 落ちアユ 狙いでしょうかね、釣り師たちが平日なのに結構来てます。恐らくは皆、世捨て人 かと思われます.....いいなあ、憧れますね 世捨て人にw野鳥の姿はと言うと、昼間はほとんど姿が見えませんな。スズメぐらいですね、群れているのは。あとはサギ類が、釣り師と同じように? 落ちアユでも狙っているかのよう。今日は暑かったけど、なんか涼しげな雰囲気、伝わりますか...

  16. 17年北のMemory Album自然編(14)…生物相(7) - ふぉっしるもしてみむとてするなり

    17年北のMemory Album自然編(14)…生物...

    私は、鳥とは無縁だ。私が鳥を見ても、名前の分かるものは、ごく一部しかない。逆に、名前は知っていてもどんな鳥か知らなかったり、見たことがあっても名前を知らなかったりするものばかりだ。アカエリヒレアシシギという鳥の名前を知ったのは、高校に入った頃のことだ。詩人・小説家清岡卓行の「アカシヤの大連」(1970年芥川賞受賞)という小説の中に登場していたからだ。その次、アカエリヒレアシシギの名前を聞いた...

  17. 三脚、雲台を手に入れた話 - いい男の「歩々是道場」

    三脚、雲台を手に入れた話

    昨日 、三脚手に入れました。脚はベルボン、雲台はSIRUIです。このセットで59000円、外に連れ出すと汚れるので部屋から電柱のトビを撮ってみました。隣の電柱にもいました。1脚を担いで歩くスタイルなんで普段の探鳥で頻繁に使うことはないと思う。三脚選びで迷いもあったけど僕には十分過ぎる程の三脚、雲台やと思います。雲台で残念やったのは、クイックシューがアルカスイス互換でないこと。200-500の...

  18. 黒いのに出会った  〜 クロツグミ 〜  バード・サンクチュアリーにて。 - 忠告なんてご無用ぉ

    黒いのに出会った  〜 クロツグミ 〜 バード・サン...

    始発電車に飛び乗って、お山の頂の水場@バードサンクチュアリーへ出かけた。ギリギリ4時台の始発、周囲はまだ暗い.....山方面へ向かう車窓も夜明け前ってね。山の登山口では、あれほど囀っていたキビタキの声はすでにない。代わりに? 何故か聞こえるのは モズ の声だ...... 冬のイメージの モズ ではある。水場へは、ほぼ午前6時にたどり着いた。が、すでに観察窓は三脚立てて場所取りを主張していたよ...

  19. 早朝バードウオッチング - いい男の「歩々是道場」

    早朝バードウオッチング

    早朝バードウオッチングで瀬戸川河口へ干潮から数時間後お立ち台は波が洗っていて何もいません。警戒心が強いシロチドリが8羽とイソヒヨドリ♂が1羽のみ。ここからKヶ崎公園に移動カメラマンの姿はなく、シャッターを切ることなく駐車場に帰る途中で女性に声をかけられました。この公園の常連さんで、バーダーの友達も多いらしく話題は この公園の野鳥です。鳥の名前が出てこないらしく、連想ゲーム女性 「しっぽの長...

  20. 2017年9月 - 青梅から花鳥風景

    2017年9月

     ______2013年以前のページはこちら______写真はクリックで大きくなります。9月上旬天候不順が続いたがやっと普通に戻った感じ。1時間くらいちょっとご近所の丘陵散歩。ミズキの実、もう少しで完熟しそう。野鳥たちの好物なのでよく見ないといいシーンを見逃す。野鳥たちのに会えない、この時期はこんなものか。暑い日は水とおやつが欠かせません。展望台でしばらく休み少し待つ、空を見上げるとやっと猛...

1 - 20 / 総件数:80 件

似ているタグ