金継ぎのタグまとめ

金継ぎ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには金継ぎに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「金継ぎ」タグの記事(10)

  1. 金継ぎ初体験。 - cocoroコロコロ

    金継ぎ初体験。

    以前から氣になっていた金継ぎ(きんつぎ)初体験してきました。割れたり、ヒビが入った食器をまた復活させる技法。なんて素敵なこと!やってみたーい!と常日頃思っていたら、大好きな円山 いのふさんで開催。4年ほど前に、娘がプレゼントしてくれた器。ヒビが入ってしまいいつか、金継ぎの機会があれば …と、取って置いたのです。ヤスリで研いたり、接着剤をつけたり状態によって、工程が変わります。私は、ヒビだけだ...

  2. 難しかった金継ぎ - 湘南藤沢 猫ものの店と小さなギャラリー  山猫屋

    難しかった金継ぎ

    難儀した金継ぎがようやく終わりました~割れた線そのままですが、人のようにも見えます。こういうのも金継ぎのおもしろさですね♪割れが複雑なのでくっつけるのも大変でしたし、完全にぴったりくっつかないので、ほんのわずかな段差の処理も難しかったです。蓋の内側金継ぎ前一度終わったのに、気に入らなくて全部剥がしてもう一度やり直したり…でも、やり直したほうがきれいに仕上がったのでよかったです。これで金継ぎ練...

  3. 金継教室 第1回 @お山の宿みちつじ - お山の宿 みちつじ

    金継教室 第1回 @お山の宿みちつじ

             お山の宿みちつじにて第1回目の本漆を使った金継ぎ教室でした🌑雨もなく、鳥の囀り、鶏の鳴き声を聞きながら…講師の大塚友野先生には、漆の詳しいお話はもちろん、漆芸家の道を選ぶきっかけとなったお話しまでみなさんとおしゃべりしながら😌真剣に金継ぎ作業に取り組み、あっという間に第1回目が終了しました

  4. 金継ぎワークショップ - 湘南藤沢 猫ものの店と小さなギャラリー  山猫屋

    金継ぎワークショップ

    本日の金継ぎワークショップ。ご近所の方がいろいろお持ちになって初挑戦。とても手際がよろしくて7点できました~陶器の淵の欠けやヒビ、マグカップの取っ手の割れ、ガラス鉢の欠けなどさまざま。見ている私も楽しかったです~♪

  5. 金継ぎのこと - 湘南藤沢 猫ものの店と小さなギャラリー  山猫屋

    金継ぎのこと

    先日、ブログをご覧になられたお客さまが、金継ぎ練習用にと器をたくさん送ってくださいました。少しずつ進めていてやっと終わりました。一筋の川のよう。こちらは木でしょうか。ガラスの割れは難しいですが、小さな欠けはできました。しずくのイメージ。思うようにいかなくてやり直したり…同じ繕いはないので毎回勉強です。

  6. 連休@鎌倉 - さんしゅゆの花

    連休@鎌倉

    金継ぎの友人たちと鎌倉へ骨董市に行った。鎌倉には骨董店がたくさんあるのだが、土地柄値段は高い。高くても売れるところなのだ。今回はお店ではなく、里見弴の住まいを公開しつつ、そこで骨董市が開かれるというので、行ってみた。天気も良かったので、すごい人出の鎌倉だったが、あちこち覗いて楽しんできた。この家の近くのお蕎麦屋さんを教えてもらい、食べてきた。鎌倉値段だったが、美味しかった。

  7. 仕上がらない金継ぎ - 暮らしのおともに

    仕上がらない金継ぎ

    あれは去年の暮れだったか?ここ15~6年毎日使ってたご飯茶碗を割ってしまった。自分で直そうと器繕いの準備を始めたけど骨折で言えば『複雑骨折』。とても初心者には手に負えないシロモノだけどどうしても直したかった。今までしてきた器繕いといえば“欠け”や“ヒビ”、“割れ”といってもせいぜい3ピースまで。そんな私にはかなりハイレベルなれどとにかく繋いで埋めて作ってみたいな厳しい闘い。仕上げも『金か?銀...

  8. 金継ぎ25 - 湘南藤沢 猫ものの店と小さなギャラリー  山猫屋

    金継ぎ25

    金継ぎの練習が25個終わりました。いろんなつくろいがあって興味はつきず、どんどん深みにはまっています。目標50個のようやく半分です。まだまだ募集していますので、欠けたり割れたりした器がありましたらぜひお持ちください。器だけでなく、陶器の置物や招き猫などもOKです。粉々になってしまったものやガラスはお受けできません。ご自分でつくろいたい方はワークショップも随時受け付けています。よろしくお願いい...

  9. 金継ぎを考える - 暮らしのおともに

    金継ぎを考える

    気に入っていた器を割ってしまった時のせつなさ、情け無さ。お気に入り度が高ければ高いほどその気持ちは強い。岡田直人さんの器小さな器だけれどいろいろ使えて取り回しの良い物だけに使用頻度が高く、リスクも大きい。で、落として割っちゃった(泣)。金継ぎを施したものの気に入らなくて何度もやり直した。白い器だから何も蒔かずにおこうか?と思うと欠けた部分が漆そのものの色になりコントラストが強すぎて見ていて凹...

  10. 卯月の白 - 藍屋

    卯月の白

    四月は卯月卯の花の匂う垣根に・・・と歌われるのは 「初夏」の景色です。旧暦では五月になるので、卯月はまさに卯の花の咲く月 なのですね。店主の大好物李朝の器うっすら見えますか?唐草というか 逆ハート金繕いがまたいいなぁ裏の「二段腹」も すてき!初夏の街ゆく お嬢さんの白いブラウスのように薄手です。ご売約

1 - 10 / 総件数:10 件

似ているタグ