釧網本線のタグまとめ

釧網本線」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには釧網本線に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「釧網本線」タグの記事(43)

  1. こんな車両があったんだ - スクエアな時間

    こんな車両があったんだ

    2月以来久しぶりなR-D1sぷちマイブームの朝の散歩に持ち出した先日投稿した記事、「時刻表にない汽車を撮ってきた」と別の日の同じ時間の汽車なのだがこのカメラで撮れるかなぁ?と不安な気持ちもあったけど散歩が目的で、撮影は動機づけの方法手段なので撮れなかったら、それはそれでもいいっか〜くらいの気持ちで出掛けた呑気にしてたら、踏切の警報器が聞こえてきたので慌てて掛けだし、準備する間もなくやってきた...

  2. もっと早く手にするべきだったな〜MINOLTA CLE - スクエアな時間

    もっと早く手にするべきだったな〜MINOLTA CLE

    数年前に入手したライカMマウント互換のMINOLTA CLEそれよりずっと以前から興味はあったんだけど電池で動くカメラなだけに今から手を出すのはちょっとリスキーかなぁと思っていたんだけど時々寄らせて頂いていた中古カメラ屋さんで「整備済みだよ」と自信満々で声を掛けられたこれも御縁かなぁと、いっちゃったカメラ手にしたら、とても使い易くレンジファインダー機で一番出番が多くなったもっと早くいっとくべ...

  3. 【釧網本線】弟子屈町 川湯温泉駅を取材(動画あり) 2021.05.09 - ナオキブログ【公式】

    【釧網本線】弟子屈町 川湯温泉駅を取材(動画あり) 2...

    薄曇り。2日前には自宅前の桜も遂に咲き始め、釧路にも日本一遅いだろう春がやってきた。今回のブログは恒例となりつつあるが事前にYouTube「Mナオキchannel」で配信した内容をブログでも振り返っていこうと思う。(動画は苦手という方もいると思うのでブログバージョンも続けていきます)弟子屈町「釧網本線 川湯温泉駅」へ来たのはこの数年で3~4度目となる。ブログ後半部に「駅カウンター」として数え...

  4. 腕が悪いのか、機材が悪いのか? - スクエアな時間

    腕が悪いのか、機材が悪いのか?

    ちょー久しぶりの投稿になってしまった毎日とは言わないが、せめて週二、三回アップ出来れば社会貢献できるブログになるのだろうが元来なまけ者なので、気分が乗らないと腰を上げる事が出来ない性格でも、細く長〜くが重荷にならなくて良いじゃないかと自分に言い聞かせ続けているPENTAX K-1HD PENTAX-D FA 28-105 F3.5-5.6仕事でPENTAXのデジタル一眼レフを使っているんだけ...

  5. オホーツク海 - HIROのフォトアルバム

    オホーツク海

    冬季はシベリア大陸沿岸で発生した流氷が南下しオホーツク海沿岸に接岸しますが、今年訪れた週は気温が高く残念ながら流氷は離岸してました。電気式気動車システムを採用した新型車両H100形の投入が始まり希少になってきたキハ40系

  6. 釧路川 - HIROのフォトアルバム

    釧路川

    朝夕のSL通過時は釧路川に多くの撮り鉄が集積しますが、釧路川から見る夕日が綺麗ということで一般の観光客も多く訪れます。

  7. 【釧網本線】釧路町 細岡駅を取材+アクションカメラレビュー(A77) 2021.03.31 - ナオキブログ【公式】

    【釧網本線】釧路町 細岡駅を取材+アクションカメラレビ...

    曇り時々晴れ。徹夜で仕事をした後に昼まで眠っていたので午前中の天気や気温は分からないのだが、昼からはトレーナーとパーカーで十分なくらいに気温が上がっていた。今回の内容も事前にYouTubeで配信しているため、ナオキブログ公式では短縮バージョンでお伝えしていきます。ブログ後半では車載動画に使用したカメラのレビューもするので、動画と併せてお楽しみください。「釧網本線 細岡駅」は釧路町の北部に位置...

  8. 茅沼 - HIROのフォトアルバム

    茅沼

    飛び立つタンチョウとSL釧路湿原号とのツーショットを撮るため、上り釧路行き通過時は多くの撮り鉄が集結する茅沼駅。さて今回は理想のツーショットを撮ることが出来たのでしょうか。今回は珍しくSL通過時に飛び立ちました。

  9. サルボ - HIROのフォトアルバム

    サルボ

    サルルン展望台の横にあるサルボ展望台。この日は北海道中穏やかな天気で釧路地方も雲一つない快晴。雌阿寒岳をバックに雄大な釧路湿原を走るSL釧路湿原号を捉えることが出来ました。サルボとはアイヌ語でサル(葦原、湿原)、ボ(子)、つまり小さい葦原(あしはら)という意味だそうです。

  10. ルルラン - HIROのフォトアルバム

    ルルラン

    サルルン展望台では体力と根性がないと撮影できませんが、ここルルラン踏切付近は老若男女問わずどなたでも撮影できるお気軽撮影地です。地元の方々により踏切付近の私有地を除雪していただき無料駐車場として開放されています。ルルランとは標茶付近で今も残っている地名で、アイヌ語で「路が・そこから・降っている・所」の意味だそうです。

  11. サルルン - HIROのフォトアルバム

    サルルン

    一度登ってみたかったサルルン展望台。手前にサルルン沼、奥に塘路湖、そして正面には釧路湿原を見渡すことが出来ます。撮影ポイントは鹿の通り道ですので足元は鹿の糞がぎっしり。数時間雪の斜面で立ち続けるのは非常に大変でした。

  12. 釧路湿原駅 - HIROのフォトアルバム

    釧路湿原駅

    インバウンド需要が消滅し、コロナ禍で厳しい経営状態が続くJR北海道ですが、観光の目玉となるSL釧路湿原号は今年も力強く走っていました。

  13. 力を込めて - 根室線の四季*

    力を込めて

  14. 出発! - 根室線の四季*

    出発!

    体いっぱいの息を吐いて

  15. サルルンにて… - 根室線の四季*

    サルルンにて…

  16. ひとり往く - 根室線の四季*

    ひとり往く

    僕も汽車もひとりぼっちの午後…

  17. 網走国定公園 小清水原生花園 - MIRU'S PHOTO

    網走国定公園 小清水原生花園

    エゾスカシユリとエゾキスゲレアな釧網本線に遭遇しましたこのあと知床連山の見えるクルーズへ。雲海のYouTubeはコチラCopyright(C)2020 miruhana. All rights reserved.↓ぽちっとお願いします↓にほんブログ村↓↓ランキング参加中↓↓人気ブログランキング*************************************************

  18. 流氷をバックに - HIROのフォトアルバム

    流氷をバックに

    北海道遠征最終日、一度ホテルに戻って朝食を食べ再度流氷バックの撮影地に出撃です。天気は徐々に回復し流氷の先の地平線も綺麗に見えるようになりました。誰もいない海岸線に行ってみました。これが流氷です。見渡す限り一面流氷に覆われたオホーツク海です。これにて撤収し女満別空港に向かいましたが、空港に向かう途中から雲一つ無い快晴になり、斜里岳を含む知床連山が綺麗に見えました。m(__)m

  19. 吹雪の中で - HIROのフォトアルバム

    吹雪の中で

    SL冬の湿原号撮影後、斜里岳バックでキハ54を撮影するため一路斜里方面に向かいました。しかし斜里地方は猛吹雪で斜里岳の裾野も判別できない状態。現れたキハ54は降り積もった雪を豪快にラッセルしながら駆け抜けていきました。腰まで雪に埋まりラッセルしながら斜里岳バックで撮影できる有名撮影地に来ましたが、残念ながら猛吹雪でした。後方に見える白いところは一面流氷に覆われたオホーツク海です。

  20. 釧路川 - HIROのフォトアルバム

    釧路川

    阿寒摩周国立公園内に位置する屈斜路湖を水源に、釧路地方を南下し太平洋へ注ぐ釧路川。寒さ厳しい日には河口付近の水面が凍ることがあります。

総件数:43 件

似ているタグ