鉄道施設のタグまとめ

鉄道施設」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには鉄道施設に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「鉄道施設」タグの記事(168)

  1. 福知山線柏原駅跨線橋 - 近代建築Watch

    福知山線柏原駅跨線橋

    丹波の鉄道遺産その2丹波の中心にある柏原駅は明治32年の同区間開通時に設置され、今日まで中心駅として重要な役割を担ってきました。この柏原駅の駅舎は平成2年に開催された国際花と緑の博覧会(花博)の施設を移設したものですが、2つのホームを結ぶ跨線橋には鉄道院時代の大正4年に造られたものが使われています。「大正4年2月」「東京月島機械製作所」「鉄道院」の銘が確認できます。 部材の風合いから察すると...

  2. 丹波の駅舎 - 近代建築Watch

    丹波の駅舎

    丹波の鉄道遺産その1丹波・篠山両市からなる丹波地方には、大阪から福知山へ至るJR福知山線と、加古川~谷川を結ぶJR加古川線の2つの鉄道路線が敷かれています。両路線の丹波区間は明治中期から大正後期にかけて敷設されましたが、この線区には戦前に建てられ今尚現役で使われている駅舎が幾つか存在しています。今回は丹波地方に残るこれらの古い木造駅舎を紹介します。加古川線の終着駅、谷川の一駅手前にあたる久下...

  3. 山陰本線陸上橋梁 - 近代建築Watch

    山陰本線陸上橋梁

    鳥取の鉄道遺産その9明治期に遡る古い歴史を持つ山陰本線は、他の幹線に比べると近代化や高規格化の進捗が遅く、全通から100年近くになる今日も開業時に由来する鉄道施設が各地で使われています。山陰本線が東西を貫く鳥取県にも、古い橋梁や木造駅舎が数多く現存していますが、今回はこれらの中で最も規模の大きな鉄道遺産となる、岩美郡陸上(くがみ)に残る橋梁を紹介します。山陰本線の鳥取県内区間は明治35年に境...

  4. 予讃線財田川橋梁/柞田川橋梁 - 近代建築Watch

    予讃線財田川橋梁/柞田川橋梁

    香川の鉄道遺産四国の旧国鉄路線の母体となった民営の讃岐鉄道は、明治22年に丸亀~琴平間で開通、その後路線は山陽鉄道を経て国営化され、現在の予讃線に引き継がれます。開業区間からの延伸は、明治30年に東の高松までが開通しますが、西への延伸は遅く、明治42年に起工された路線が愛媛県に達するのは大正5年の事となります。この西への延伸区間には、竣工時の姿で現在も使われている多くの橋梁が残っています。今...

  5. 吉備線の橋梁2 - 近代建築Watch

    吉備線の橋梁2

    備中の鉄道遺産その9前回に引き続いて吉備線に残る開業時の橋梁を巡ります。重厚な石積の擁壁や橋脚が田園の中に点々と並ぶ美しい風景がこの先も更に続きます。開業時の橋梁が並ぶ区間の中間辺りです。収穫前の稲穂の向こうに橋梁、彼方に山々を見据えます。すぐ隣に小さな橋梁が並びます。築堤の上を気動車が通過していきます。「血吸川」との不思議な名を持つ橋梁。この橋も開業時からのものです。避溢橋、陸橋、開渠、様...

  6. 吉備線の橋梁1 - 近代建築Watch

    吉備線の橋梁1

    備中の鉄道遺産その8岡山から総社市を結ぶ吉備線は距離にして20km程の短い路線ですが、明治37年に開業した県内で3番目に古い歴史があります。この吉備線の備中高松から服部の区間には開業時の築となる橋梁や開渠、架道橋が多数現存しています。今回と次回に分けてこの区間に残るこれら橋梁群を紹介します。これらの橋梁群は足守駅の東側から服部駅の手前までの3キロ程築堤が続く箇所にあります。長閑な田園風景の中...

  7. 伯備線美袋駅 - 近代建築Watch

    伯備線美袋駅

    備中の鉄道遺産その7方谷駅を過ぎた後も伯備線は高梁川に沿って南へ進んでいきます。5駅先の美袋駅も開業当時の姿のまま現用施設として使われています。美袋駅は伯備線の岡山方区間が部分開業した際に設置された駅の一つとして大正14年に建てられました。。木造下見板貼り・切妻屋根、正面から右に寄せて設けられた玄関等、当時の地方木造駅舎の基本型とも言える意匠が良好に保たれています。正面の景色。これまでに見て...

  8. 伯備線方谷駅 - 近代建築Watch

    伯備線方谷駅

    備中の鉄道遺産その6多くの木造駅舎が残る岡山県内の各線区。伯備線にも開業時の姿を留める駅舎が現存しています。今回と次回は伯備線の木造駅舎を紹介します。新見から高梁川に沿って南へ下り、備中高梁市との市境を越えて最初に停車する方谷駅。昭和3年にこの区間が開通した際に建てられた駅舎が現役で使われています。岡山県内に残る多くの木造駅舎と同時期の昭和初期の築です。木造下見板貼、切妻屋根、中央からやや右...

  9. 伯備線廃線跡の旧鉄道橋梁 - 近代建築Watch

    伯備線廃線跡の旧鉄道橋梁

    備中の鉄道遺産その5前回、新見~方谷間に残る開設時の伯備線橋梁を紹介しましたが、この区間の途中、井倉~石蟹間には道路橋に転用された旧鉄道橋梁が残されています。今回はこの伯備線廃線跡に残る二つの橋梁を紹介します。昭和3年に全通した伯備線は80年を越える歴史の中で、幾つかの区間の路線付け替えが行われました。付け替えの主たる目的は高速化で、曲線区間や勾配区間を直線区間に敷き替える付け替えとこれに併...

  10. 伯備線新見~方谷間の橋梁 - 近代建築Watch

    伯備線新見~方谷間の橋梁

    備中の鉄道遺産その4倉敷と米子を結ぶ伯備線は津山線・因美線と同じく山陰と山陽を結ぶ陰陽連絡線として計画され、津山線・因美線の全通に先立つ昭和3年に開通します。80年を越える歴史を持つこの伯備線にも津山線・因美線に見られた古い駅舎や鉄道橋梁が数多く現存しています。備中の鉄道遺産シリーズ中盤はこの伯備線に残る鉄道施設を4回に亘って紹介します。新見の市街地を抜けた伯備線は高梁川に沿って南下していき...

  11. 姫新線岩山駅 - 近代建築Watch

    姫新線岩山駅

    備中の鉄道遺産その3新見から東へ一駅、岩山駅は旧作美線が昭和4年に新見~岩山で暫定開業した際に設置されました。この岩山駅には開業当時に建てられた駅舎が当時の姿のまま残されています。木造下見板貼り、切妻屋根に桟瓦を葺く当時の木造駅舎の基本形。大きな改修が行われた形跡は無く、窓も昔ながらの木枠の物が使われています。無人化された現在は窓口も塞がれ、待合室には時刻表以外は何もありません。待合室からホ...

  12. 姫新線新見~刑部間の橋梁 - 近代建築Watch

    姫新線新見~刑部間の橋梁

    備中の鉄道遺産その2兵庫県姫路と新見を結ぶ姫新線の基となった作備線は大正12年に津山~美作追分で最初の区間が開通、その後も西へ延伸を続けて大正14年には中国勝山まで開通します。これに対して新見側工区は開業が遅れ、昭和4年に新見~岩山間の8.4キロが開通、翌昭和5年12月に岩山~中国勝山が繋がってようやく新見~津山が1本のレールで結ばれる事となります。今回はこの姫新線備中区間に残る開業時に架け...

  13. 芸備線矢神駅/野馳駅 - 近代建築Watch

    芸備線矢神駅/野馳駅

    備中の鉄道遺産その1山陽道の中央に位置する岡山は、明治半ばより近畿、九州、山陰を結ぶ路線が県内に廻らされ、昭和初期には瀬戸内沿岸から中国山地の奥地に至るまでの広範な鉄道網がほぼ完成されていました。岡山県の西半分を占める備中地区も明治24年に山陽本線が延伸され、その後米子を結ぶ伯備線や播磨、広島北部を結ぶ路線が整備されていきます。昭和初期に完成した備中の鉄道路線は、主要幹線である山陽本線を除く...

  14. 若桜鉄道若桜駅 - 近代建築Watch

    若桜鉄道若桜駅

    鳥取の鉄道遺産その8若桜鉄道若桜駅は宿場町として発展した若桜の中心部に昭和5年に開設されました。当初国鉄若桜線は若桜を経て兵庫県八鹿までを結ぶ路線として計画されましたが、若桜以東への延伸は実現されずに終わり、若桜駅は昭和5年開業以降今日まで終点駅として機能してきました。若桜駅には開業当初からの駅舎本屋に加えて、同時期に設置された車両基地施設が構内に数多く現存しています。若桜鉄道シリーズの最後...

  15. 若桜鉄道の橋梁2 - 近代建築Watch

    若桜鉄道の橋梁2

    鳥取の鉄道遺産その7若桜鉄道開業時に架けられた鉄道橋梁の続編、丹比駅から終点若桜駅間の橋梁を紹介します。丹比駅を出て間もなく、若桜行の車両は八東川の支流細見川を渡ります。この細見川橋梁にも他所から転用された明治期のポーナル桁が使われています。昭和5年築。ポーナル桁の特徴であるJ字方に折れ曲がったステフナーが良く見て取れます。明治期に架けられた各地のポーナル桁はその後強度に優れた新しい規格に置...

  16. 若桜鉄道の駅舎2 - 近代建築Watch

    若桜鉄道の駅舎2

    鳥取の鉄道遺産その6昭和5年1月に郡家~隼間で暫定開業した国鉄若桜線は同年12月に若桜駅までの全区間が開通します。若桜鉄道の駅舎その2は延伸開業時に設置された八東駅と丹比駅、昭和7年に新駅として設けられた安部駅を紹介します。隼駅の東隣、安部駅は若桜線開通後の昭和7年に設置されました。木造平屋建、下見板貼の外壁・一部漆喰仕上げ、切妻屋根には和風の桟瓦を乗せています。当時の一般的な地方駅舎の造り...

  17. 若桜鉄道の橋梁1 - 近代建築Watch

    若桜鉄道の橋梁1

    鳥取の鉄道遺産その5郡家から若桜までの19.2Kmを結ぶ若桜鉄道はその途中で千代川水系の八東川及びその支流の小さな川を何度も渡って行きます。これらの橋梁の多くは昭和5年の開業に合わせて竣工したもので、ほぼ当時のまま今も現用施設として使われています。若桜鉄道編の2回目は昭和初期に架けられたこれらの鉄道橋梁を紹介します。稲葉船岡駅の西方に架けられた第一八東川橋梁。若桜鉄道の橋梁中で最長の橋です。...

  18. 若桜鉄道の駅舎1 - 近代建築Watch

    若桜鉄道の駅舎1

    鳥取の鉄道遺産その4因美線郡家から若桜までの約19キロを結ぶ若桜鉄道は国鉄若桜線として昭和5年に開業しました。第三セクターとして引き継がれた若桜鉄道には開業当時から使い続けられる駅舎や橋梁、鉄道施設が数多く残されています。鳥取南東部の鉄道遺産シリーズ後半はこの若桜鉄道の鉄道施設を紹介します。稲葉船岡駅と隣の隼駅の開業は昭和5年1月。郡家から隼までの4キロ区間が先行開業しました。木造平屋建下見...

  19. 因美線智頭~河原間の橋梁2 - 近代建築Watch

    因美線智頭~河原間の橋梁2

    鳥取の鉄道遺産その3大正期に架けられた因美線鳥取方の鉄道橋梁探訪の後編、今回は因幡社から北側の区間を紹介します。千代川と並行して進む因美線は支流の小さな流れを幾度も鉄橋で渡ります。その中の一つ、因幡社~用瀬間の狐川を渡る狐川橋梁は大正10年に架けられています。狐川橋梁を越えて程なく、用瀬駅の手前で因美線は再度千代川の本流を渡ります。この第一智頭川橋梁も大正10年に架けられています。鷹狩と国英...

  20. 因美線智頭~河原間の橋梁1 - 近代建築Watch

    因美線智頭~河原間の橋梁1

    鳥取の鉄道遺産その2津山-鳥取間を結ぶ因美線は大正8年にまず鳥取~用瀬間が開通、その4年後に智頭までの区間が延伸開業します。昭和10年に全通する因美線の初期の工区となるこの鳥取方区間には竣工当時に架けられた鉄道橋梁が数多く現用施設として使われています。今回と次回はこの区間に残る大正期の橋梁を紹介します。智頭と因幡社の中程、因美線はトンネルに差し掛かる手前で蛇行する智頭川(この辺りの千代川の別...

総件数:168 件

似ているタグ