鉛筆のタグまとめ

鉛筆」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには鉛筆に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「鉛筆」タグの記事(24)

  1. 色づける - スズキヨシカズ幻燈画室

    色づける

    ひとつの物語から次の物語が生まれ、、その物語はまた新しい物語を派生させ、書き手と読み手を巻き込みながら成長し続けてゆきます。物語が途切れるコトは、決してないのです。真剣そのモノの緊張感をもって、、専門書と向き合い知識の吸収を行なう子どもたち、(わら?)金曜日の教室でした。夜の一般・中学生の教室では、、先週削ってもらった(たいへんな思いをして削ってもらった)2B・HB・2H 3種類の濃さの鉛筆...

  2. Dessin展 - 日々の営み 酒井賢司のイラストレーション倉庫

    Dessin展

    数十年ぶりに鉛筆静物デッサンに挑戦。ダメだ〜下手になってる!こんなデッサンじゃ何処にも受かりゃしないぜ。予備校時代鉛筆静物デッサンは、買い取りの参考作品になるくらいの腕だったんスよ。ホントだってば。4月13日(土)よりギャラリーボビンで開催のDessin展に出品いたします。普段は見る機会が少ない、クリエーター達のデッサンを是非鑑賞にいらしてください。 「Dessin展」 日程:4月13日(土...

  3. 弥生「鉛筆」えてがみどどいつ - 気ままな読書ノート、絵手紙with都々逸と

    弥生「鉛筆」えてがみどどいつ

    ハローワークへ靴ひも締めて小遣い稼ぎじゃいられない

  4. 鉛筆画家  吉村芳生 - 裏LUZ

    鉛筆画家 吉村芳生

    鉛筆画家吉村芳生の作品集(リアルな鉛筆絵画の世界)山口芸術短期大学を卒業した後、地元の広告会社に就職。デザインの仕事に従事するも、結局、美術への夢を断ちがたく、5年後に職を辞して上京、創形美術学校にて版画を学ぶ(1976-80)。在学中から、作品を発表し始め、シェル美術賞展(1978)、イギリス国際版画ビエンナーレ(1979、ブラフォード美術館)、マイアミ国際版画ビエンナーレ(1982、フロ...

  5. 一色 - 頭半分右半身ー俳句と短歌とー

    一色

    3-16-5一色の色の鉛筆桜色俊克

  6. 1本の鉛筆 (PART 1) - デンマンのブログ

    1本の鉛筆 (PART 1)

    1本の鉛筆 (PART 1)(pencil3.jpg)(pencil8.jpg)件名:世間ではすっかり正月気分も抜けまた日常がもどリました。(kadoma2.jpg)(nichijo2.jpg)From: beautiful948@outlook.jpTo: barclay1720@aol.comTime: Jan 16, 2019, 5:11 AMはっきりとした年齢は知りませんが、私より2...

  7. 1本の鉛筆 (PART 2) - デンマンのブログ

    1本の鉛筆 (PART 2)

    1本の鉛筆 (PART 2)【ジューンの独り言】(bare02b.gif)ですってぇ~。。。あなたにも、忘れられない青春のメロディーがありますか?わたしは最近、2016年に制作されたドイツ映画『アンネ・フランクの日記』を観ましたわ。この映画を見て10代の頃を懐かしく思い出しました。(anne26.jpg)ドイツ語が解らないと予告編を観てもつまらないと思うので、アンネの記録映画を貼り出しますね...

  8. センター試験には、試験用の鉛筆? - 毎日が思い出…

    センター試験には、試験用の鉛筆?

    おかげさまで、下の子のインフルエンザはその晩には7度ちょっとに下がり、翌日は朝から平熱になった。いいタイミングでイナビルを飲んだのと、やはり若さなのか・・・しかし、本人は「いや〜、小学生の時になったのと違って辛かった〜年とるときついわ」って、高校1年生のあんたが言ってどうする!!それはさておき、センター試験を受ける時の注意事項の1つに「鉛筆は、無地のものを使用」というのがある。え〜、そんなの...

  9. 鉛筆箱 - 池内建築図案室 通信

    鉛筆箱

    建具工事でお世話になっておるJOG Factoryの石川さん。打合せに伺ったとき、”試作品なんですけど・・・”と何やら小箱を持ってみえました。これから端材を使って木の小物を作っていきたい、とのこと。今回は鉛筆専用の小箱。鉛筆しか入らない深さで何段にも重ねて使えます。

  10. Faber Castellの2530N - SHIRAFUJI-BLOG

    Faber Castellの2530N

    30代くらいまで自分で絵を描くということにあまり興味がなかったのだけど衣服をデザインするようになってから「結局気持ちの良い線が全てでないか」と思ったのと「理解してるっていうことは『描ける』こと」と思ったのと2つあり、取り敢えず描いてみようと思い新宿の世界堂に鉛筆を買いにいった。なんとなく丸くて、持ってて気持ちの良いものが良いなと思ってて、このFaber Castellの2530Nがとてもしっ...

  11. 「 You end me 」 - < Eyes of a Dog >

    「 You end me 」

  12. ついうとうと・・ - イラストレーション ノート

    ついうとうと・・

    勉強したいのに、ついうとうとしてしまう〜・・・

  13. 犬の保険 - 柴犬 ひろゆきと さもない毎日&週末自宅カフェ里音 (りをん) 一之江・笑い療法士のいるカフェ

    犬の保険

    鉛筆って最近使わない人が多いと思うけど・・ちょこっとメモしたり大工仕事の時なんかは細ーいシャープペンシルよりも力の入る鉛筆がグッド!子供が学生の時使っていた残りを(何年前だ?15年?)使っていましたがいよいよ無くなったので買いました。カッターで削ってーって昔は鉛筆削る専用のボンナイフと言うのがありまして私が小学生の頃は自分で削っていたものでした。私けずるの上手いので休み時間に友達のも削ってた...

  14. 猛暑の岡山(2) - デジの目

    猛暑の岡山(2)

    7/14と同じタイトルです。西の出講日。前期授業の最終日です。自由席で窓側に座れたので、姫路通過時お城を流し撮りして帰宅後スケッチにします。今日は鉛筆。▼神戸よりも岡山は高温。今日は最高気温が36.3度。パソコン教室では空調を「強」にしても室内は冷たくなりません。6,7,8,9月の過去の岡山市の最高温度をグラフ化して見ました。徐々に右肩上がりになっています。グラフでは分りにくいですが、194...

  15. 六甲山上散策 - デジの目

    六甲山上散策

    朝思い立ちコンビニで弁当を調達し六甲山へ。何時も車を止める六甲記念碑台は5月30日まで工事中で入れず平日は無料の六甲オルゴールミュージアムに車を止めて六甲高山植物園へ。青いケシ、エンレイソウ、シラネアオイ。▼ユキモチソウが園内で多く目につきました。▼六甲ミーツ・アート芸術散歩2017のアンコール展示です。楢木野淑子氏の作品名「ムコの山」。六甲高山植物園内にあって存在感があります。▼テラスハウ...

  16. 直に - ことりごと2

    直に

    手を動かして脳内を動かして一体になって直に素直に紙に書き留めてみる

  17. たんぽぽ2018年3月「鉛筆」 - ムッチャンの絵手紙日記

    たんぽぽ2018年3月「鉛筆」

    たんぽぽさんの3月は、「入学準備」鉛筆を削って筆箱に入れた。。シンプルなものが一番使いやすいのですが・・カラフルで余計なものがいっぱいの筆箱。遊び心が出てきちゃうよね~。

  18. ステッドラーの鉛筆ホルダーに感動した - 奥野宣之の実験室

    ステッドラーの鉛筆ホルダーに感動した

    久々に文具のこと書きます。本ではいろいろ紹介したりしてますけど、基本的にはモノ買うの避けてるんですよね。余計なもんがどんどん増えていくから。使わないペンやらなにやらがデスクにあると、なんつーか、「純度」が下がる気がしませんか?そんなわけで私は、「文具は今あるのを使い切ってから次のを買う」という主義なのです。よくペンを買うのは「鉄道忘れもの市」です。ジェットストリームやSARASAといったいい...

  19. 感謝の気持ち。 - < Eyes of a Dog >

    感謝の気持ち。

    2017年に描かせていただいたわんちゃん猫ちゃんたち。水彩作品で描いたのとは違った表情を思い出してちょこっと鉛筆を走らせてみました。きちんとハガキに描きなおしてお送りしたいと思っています♪昨年の後半は、家族のことや自分の体のことでいろいろと変化があり、未熟さゆえになかなか絵に集中できないこともありました。みなさんのページにもほとんどお邪魔できませんでした。今年も状況は変わらないのですがそのぶ...

  20. 牡蠣「今を楽しむ」 - ムッチャンの絵手紙日記

    牡蠣「今を楽しむ」

    昨日見つけた折り帖、滲まないからペンや鉛筆が向くのか?バタバタした土曜日、蒸し焼き前に、、あわてて描いた。せっかく貰った三陸の殻付き牡蠣。もう少しで描き忘れるとこでした。夫が調理したが、一口食べてしおっからい。。ん~~。良いものも腕がないと生かせないのはね(笑)。見た目と雰囲気で楽しい冬の1日になりました。

総件数:24 件

似ているタグ