鉱山のタグまとめ

鉱山」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには鉱山に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「鉱山」タグの記事(38)

  1. 鷲の巣金山の跡 - 三友写真部

    鷲の巣金山の跡

    平泉の黄金文化を支えた金山の一つとされており、露天掘りの跡となります。ゆだ錦秋湖駅より南西、鷲の巣川入り口付近にあり、産出された金は、仙人山の峠を通る秀衡街道により平泉へと運ばれました。

  2. 足尾銅山・本山神社 - 萩原義弘のすかぶら写真日記

    足尾銅山・本山神社

    久しぶりに訪れた本山神社。日光市足尾町で写す。

  3. 足尾銅山・新緑 - 萩原義弘のすかぶら写真日記

    足尾銅山・新緑

    緑が復活してきたとはいえ今だ荒廃した風景が続く松木。その中で木の芽吹きに、ふと目が留まった。日光市足尾町で

  4. 足尾銅山・松木沢のカラミの山 - 萩原義弘のすかぶら写真日記

    足尾銅山・松木沢のカラミの山

    久しぶりに松木沢を訪れた。カラミの山はだいぶ小さくなったがその異様な風景は健在だった。荒廃した松木は植林によりだいぶ緑が蘇ってきたが、カラミのあるこの地域の緑化は進んでいないように思われる。この風景はいつまで残るのだろうか。日光市足尾町の松木沢で。

  5. 尾小屋鉱山の亀甲カラミ - 萩原義弘のすかぶら写真日記

    尾小屋鉱山の亀甲カラミ

    亀甲カラミ尾小屋鉱山で

  6. 尾小屋鉱山・満開の桜とカラミ煉瓦の蔵 - 萩原義弘のすかぶら写真日記

    尾小屋鉱山・満開の桜とカラミ煉瓦の蔵

    満開の桜の向こうに見えるのはカラミレンガの蔵。カラミ煉瓦の蔵は全国でも珍しく貴重な産業遺産だ。尾小屋鉱山では六角形(亀甲カラミ)や五角形(家型カラミ)そして長方形のカラミ煉瓦を用いて、土台や壁面を構築している。これだけの量のカラミ煉瓦は、全国でも一二を争うでくらいで、まさしくカラミの谷である。小松市の尾小屋鉱山で。

  7. 2019.02.27 石見銀山 ジムニー日本一周59日目 - ジムニーとピカソ(カプチーノ、A4とスカルペル)で旅に出よう

    2019.02.27 石見銀山 ジムニー日本一周59日目

    石見銀山に来るのは3回目です観光案内所に行ったら丁度ガイドツアーが出発するとの事なので参加してみましたガイド料500円とお手頃ですしこの神社は毛利氏が建てた物戦国時代に石見銀山を支配下に置いていた毛利氏関ヶ原で徳川に敗れたが銀の製錬技術を持っていた為追放されずに神社も残ったそうです明治維新の時に長州軍が幕府軍から再度取りかえした時にこの神社に祖先が祀られて居る事を知り再建したそうです3回目に...

  8. カラミ煉瓦の蔵 - 萩原義弘のすかぶら写真日記

    カラミ煉瓦の蔵

    満開となった蕎麦の花とカラミ煉瓦の蔵。日光市で写す。

  9. 写真展「ヤマに在りヤマに還る」 - 萩原義弘のすかぶら写真日記

    写真展「ヤマに在りヤマに還る」

    24日まで、相模原市民ギャラリーで開催しています。

  10. 2018.01.06 生野銀山坑道5 ジムニー車中泊四国一周64 - ジムニーとピカソ(カプチーノ、A4とスカルペル)で旅に出よう

    2018.01.06 生野銀山坑道5 ジムニー車中泊四...

    坑道見学の最後は江戸時代の坑道に戻ってマネキンの展示お正月ですねイケメンのマネキンが多いですよマネキンの人気投票が有る様です出口が見えて来ました坑道を抜けるとそこは雪国だった滝も有って良い風景見応えの有る坑道見学でした再訪するのも楽しそうです

  11. 2018.01.06 生野銀山坑道4 ジムニー車中泊四国一周63 - ジムニーとピカソ(カプチーノ、A4とスカルペル)で旅に出よう

    2018.01.06 生野銀山坑道4 ジムニー車中泊四...

    坑内に巨大な巻き上げ機立坑が坑内に何本も有った様です昭和4年製巻き上げ機から出たロープは斜めの穴で上部の滑車へ水平の穴の先には立坑乗り込み口が有ります炭鉱だと地上に立坑櫓を立てますが鉱山だと輸送量が少ないから坑内に立てた方が櫓の鉄骨が不要でコストが安く出来たのでしょう立坑の乗り込み口エレベーターの籠の部分をケージと呼びます鉱石や人員の運搬に使われます立坑内部の様子ケージを固定するレールが上下...

  12. 2018.01.06 生野銀山坑道3 ジムニー車中泊四国一周62 - ジムニーとピカソ(カプチーノ、A4とスカルペル)で旅に出よう

    2018.01.06 生野銀山坑道3 ジムニー車中泊四...

    鉱石を砕く為のダイナマイトの展示結構多くの量が必要なんですね枝坑道に入って行きます削岩機コーナー多様な鉱石が取れた様ですこの場所はシュリンケージ前半で見たパネルの実物が有ります薄い鉱脈が斜めに走っていた事が解り易い鉱脈を下から掘って砕いた鉱石を下部の坑道に鉱車のホッパーを作り鉱石の上に乗って上部を掘って行った後に下部ホッパーから鉱石を抜くとこの様な空間になるんですね見応えの有る展示場所ですロ...

  13. 2018.01.06 生野銀山坑道2 ジムニー車中泊四国一周61 - ジムニーとピカソ(カプチーノ、A4とスカルペル)で旅に出よう

    2018.01.06 生野銀山坑道2 ジムニー車中泊四...

    坑内を1/3程進んで近代の鉱山の展示にスラッシング作業シュリンケージ採掘法鉱脈が狭い幅の為鉱脈の下から坑道への鉱石排出部を先に作ってから上向きで掘り進めるこれ随分合理的なやり方ですね鉱石運搬作業鉱車をバッテリー機関車で運んでいます鉱石の積み込み口廃棄物のサンドスライムを足場にして掘り進む効率の良い掘削法ですね上向き削岩機下向き削岩機五枚合掌支柱組手掘り跡鉱脈黄色く光るのは金です

  14. 持倉鉱山 - 萩原義弘のすかぶら写真日記

    持倉鉱山

    緑を背景に浮かび上がるカラミ煉瓦の事務所跡。今年は例年より季節の進みが早い。もう夏の様相だった。持倉鉱山で

  15. 2018.01.06 生野銀山坑道1 ジムニー車中泊四国一周60 - ジムニーとピカソ(カプチーノ、A4とスカルペル)で旅に出よう

    2018.01.06 生野銀山坑道1 ジムニー車中泊四...

    受付でお金を払って坑道見学へ坑道内の鉄道に使われていたローダーとトロッコ坑口が見えて来ましたそれでは入坑江戸時代の鉱山の様子通風も人力手掘りなので末端は狭い穴排水ポンプも手動人形の表情が豊かですね手掘りの坑道は入り口近くだけこの先は近代的な坑道複雑に入り組んだ坑道が有り江戸時代の坑道も顔をのぞかせますこちらはお酒の熟成庫です売店で坑道熟成酒が売られてました

  16. 2018.01.06 生野銀山鉱山資料館 ジムニー車中泊四国一周59 - ジムニーとピカソ(カプチーノ、A4とスカルペル)で旅に出よう

    2018.01.06 生野銀山鉱山資料館 ジムニー車中...

    生野銀山にやって来ました兵庫の内陸部は色んな鉱山が有りますが生野銀山がその代表格でしょう鉱山資料館から見学黄銅鉱石、銅亜鉛鉱石錫鉱石銀鉱石三菱の鉱山だった様です発電機三菱製です一分銀金も取れた様です生野の歴史が解る資料館です

  17. 2018.01.06 神子畑選鉱場 ジムニー車中泊四国一周58 - ジムニーとピカソ(カプチーノ、A4とスカルペル)で旅に出よう

    2018.01.06 神子畑選鉱場 ジムニー車中泊四国...

    神子畑選鉱場芳賀から東に向かう国道は冬季通行止め酷道429らしい場所です峠を迂回し酷道429に戻って暫く行くと巨大な施設が神子畑選鉱場です巨大なお盆状の構造物はシックナー水流で遠心力と重力によって鉱石を含む汚泥を沈降させて回収する施設色々な機械が置かれています大きな屋根ですこちらにはシックナーの操作パネル選鉱場跡選鉱場の横にはケーブルカーのレールが残されています東洋一と言われた神子畑選鉱場1...

  18. 2018.01.04 石見銀山釜屋間歩 ジムニー車中泊四国一周48 - ジムニーとピカソ(カプチーノ、A4とスカルペル)で旅に出よう

    2018.01.04 石見銀山釜屋間歩 ジムニー車中泊...

    石見銀山世界遺産センターで長銀の巨大レプリカこちらは本物の大きさ複製ですけどね入り口の丁銀以外撮影禁止ですが銀山の歴史が学べます今回は観光地を避けて本谷地区へ下金生坑こちらは大久保間歩立派な坑道で馬に乗って入れたらしい見学会では入れそうですね中は広い今回のお目当て釜屋間歩手掘りの階段が歴史を感じます階段の上部には選鉱場跡が残されています岩盤に掘られた水路と選鉱施設坑道(間歩)直結の選鉱場近く...

  19. 石灰窯跡 - 萩原義弘のすかぶら写真日記

    石灰窯跡

    古城の雰囲気が漂う石垣は、かつての石灰窯の跡。青梅市で写す

  20. カラミ煉瓦の蔵 - 萩原義弘のすかぶら写真日記

    カラミ煉瓦の蔵

    色とりどりのカラミ煉瓦を使って建てられた蔵。大正か昭和初期に建てられたようだ。現在も大切に使われている。日光市で写す。

総件数:38 件

似ているタグ