鉱石のタグまとめ

鉱石」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには鉱石に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「鉱石」タグの記事(58)

  1. No.55  ツバメのブローチ - Mistletoe

    No.55 ツバメのブローチ

    大きなツバメのチャームと貝のロケットを組み合わせたブローチです。ロケットの中にはもちろんお写真や大切なものをおしまいいただいても良いのですが、アロマブローチとして、中にお好きな精油や香水を染み込ませたカット綿やティッシュをお入れいただくこともおすすめです。立体的な力強いツバメです。幸いを運ぶ鳥。頼もしいですね。裏側もきちんとデザインされています。貝の上にはパールビーズをあしらいました。貝を開...

  2. ハート - 花の窓

    ハート

    チューリップが透明になってハラリ。前夜に作ったハートのブレスレット。自分を愛するトレーニング。「わがまま」とは違います。珈琲時間。珈琲犬とミーティング。春の予定。楽しいことがしたいね。本当に楽しいことをしようね。みんなで、ね。フルーツチョコレートは珈琲ととても合いますね。感謝。作業デスクにムスカリを連れてきました。太陽の光をあなたにも。パーツ入れにしている昔のスチームクリームの缶。アーツアン...

  3. 作る - 花の窓

    作る

    雪柳の花の形は愛らしいですね。昨日は熊が「日曜日だもの、起きたくないよ」と言いましたが、心がhandmaideモードになっていて雨戸を開けて朝の光を入れました。¥前夜寝る時につけた大きなアメジストのブレスレット。眠っている間に効いてくれたのかしら?石の仲間たち。朝日の中で気持ちよさそう。ワイヤーをクネクネと動かして、ローズクォーツでペンダントヘッドを作りました。そのうちペンダントに仕立てまし...

  4. 作る - 花の窓

    作る

    ムーミンファミリーに元気をもらってさあ、一日の始まり。ギフトのブレスレット。少しずつ形を変えて。地球のイメージ。海と大地と。2ミリの鉱石ビーズにとても惹かれて試作中です。老眼にめげずに。モールス信号のように鉱石を繋いで。春に宣言が解除されればお花見展示会を。そんな夢を仲間と語り合っています。テーマは「小さな惑星」。そのための作品も少しずつ。そしてMistletoeのために作ったのは展示会や個...

  5. 家仕事 - 花の窓

    家仕事

    前夜にカメラの手入れを始めたら没頭して時間を忘れ、就寝は午前5時。必然的に朝寝坊のバアバになりました。友人が玄関に置いていってくれたウイスキー竹鶴風味の生チョコは、なんと一晩お外で待機。ごめんなさいね。早速棚のウイスキーを持ち出して記念撮影。デメルのクッキーは箱も大きな魅力です。素晴らしいデザイン。Full Moon Booksのお客様が教えてくださった絵本。『ヒョウのハチ』。『プーさんとで...

  6. 想い - 花の窓

    想い

    大学時代の友人が具合が悪いと言っても、すぐに会いに行けないもどかしさ。「大丈夫、PCR検査は陰性だったから。」でも、辛いのに変わりない。むしろ、大きな病院に通っていた人たちはその病院に感染症外来があることで、通院を我慢しがちです。こんな時のネットワークをもっときちんと作っておくべきだったと痛感しました。友達同士で支え合えるようなネットワーク、必要ですね。日々の積み重ねの大切さは友人関係にも言...

  7. 青 - 花の窓

    昨日は雨がまだ残る朝でした。鳥たちもお休み。メリッサを摘んでりんごに合わせてハーブティー。ローズクォーツも忍ばせて。お湯を注ぐとたちまち野の香りが満ちてきます。惜しみなく与えてくれる植物たちに感謝して、さあ、お仕事です。午前中は染色クォーツァイトとガーネットのロザリオを作りました。レトロな色合いがとても好みの組み合わせになりました。ブランチはナスと豚肉の生姜炒め。それからまた作業部屋に籠って...

  8. 種 - 花の窓

    熊が何やら内緒話。カアサン、お寝坊しちゃったんだよ。そうなんです!昨日は爆睡お寝坊しちゃったのです。鳥さんたちはみかんの待ちぼうけ。これは鳥さんたちのお土産。綺麗な種。糞が雨で洗われて姿を見せた種たち。庭のあちらこちらに散らばって。ここにも。あそこにも、いろんな種が大集合。植木鉢に落ちた種はスクスクのびてこんな風に。いつか森になるかしら。前日のハーブティーで使ったりんごとタイムをやはり前日の...

  9. 夢 - 花の窓

    夢は自分でかなえるもの。今年はそういう考え方で暮らそうと決めていました。これまでは神様にお願いして待っていましたが、自力でやれることはやってみようと思ったのです。あまりにも遅い気づきですが。昨日はずっと行きたいと思っていた茅ヶ崎のケーキ屋さんのケーキが届きました。運よくお取り寄せができたのです。想像以上に美しく、そして美味しいケーキに夢がますます膨らんでゆきました。庭のローズマリーの新芽が少...

  10. ブルー - 花の窓

    ブルー

    前日に届いたクロスのブルー。優しい色にラピスラズリのイメージが重なって。昨日は朝からこのクロスとともにあるロザリオのことで頭がいっぱいでした。ロザリオを構成する球は59個。ピンを用意して、さあ始めましょう。センターメダイも決まりました。ピンを通して繋いでゆく時間は無心になれる時間です。キッチンのダリアはとても凛として。ブランチは野菜たっぷりの餃子スープ。大好物。青空の美しい1日でした。御成小...

  11. ご縁 - 花の窓

    ご縁

    眠って見る夢が苦手です。割とリアルな夢を見るものですから。それで、休む時はこちらを携えてやすみます。夢まもりです。水晶とスワロフスキーの蝶。手作りいちごジャムの愛らしさにうっとりの手前味噌なバアバ。昨日も朝から冷え込みました。八宝茶で温まりましょう。こんなにたくさんの植物の恵。ありがたいですね。美しい黄色に染まって。ゆっくりゆっくりいただきました。1日おこもりの制作日。窓から見えるヒヨドリが...

  12. キジバト - 花の窓

    キジバト

    昨日は風が強く吹いてメジロたちはやってきませんでした。そのかわり、キジバトが庭を行ったり来たり。美味しいお食事できたかしら?朝は犬と一緒に。海の風景を眺めながらコーヒーをいただきました。開いたのはこちら。もう何度もご紹介しているこ本『Family House by the Sea』。海の風景も綺麗ですが、それぞれのお宅の調度が素敵です。海辺で猫と暮らす。夢ですね。午後からは作る時間。ロータス...

  13. 飾る - 花の窓

    飾る

    昨日はお正月のお支度日でした。「何もしない年末年始」の予定ではありますが、これだけはご先祖様への感謝のために。まず朝から玄関にしめ飾りをつけました。水晶を飾って清い心の1年を願いました。午後からはお鏡飾りを設えて。三重子さんの天使二人も仲良く!頂き物の干支の丑さんの笑顔に心和みます。こちらも珈琲お守りを手に。hajime coffeeさんから今年最後の豆が届きました。来年は展示会でコーヒーを...

  14. おこもり - 花の窓

    おこもり

    昨日の朝の光の中、みんなのんびり。そうね、何もしない年末年始ですものね。カアサンものんびりします。洗浄を済ませたグリーンストライプアゲート。5ミリ玉でいつものより少し大きめです。大地から生まれた色の美しさにうっとりして。作業前にブランチ。故郷のめるころのぶどうパンにりんごをスライスしてのせてオーブンで焼きました。とっても良い香りです。仕上げにバターをトッピングしてにっこりでいただきました。ギ...

  15. 揺れる - 花の窓

    揺れる

    昨日は大雪、地震、コロナのニュースに心揺れる1日でした。雪の被害、大変ですね。早く落ち着かれますように。朝から読みたい本をマットの上に並べます。きっとバタバタして読めないと思うけれど、それでも読もうと言う意思表示。年末年始は鈴木るみこさんの展示で集めた本が箱にいっぱいありますので、それを丁寧に読んで行ければと思います。おこもり読書。hajime coffeeさんにお願いするペコラモカスペシャ...

  16. 便り - 花の窓

    便り

    前夜に眠れないままに開いた『賢治と鉱物』。科学に弱い私は丁寧な石の解説は分かりませんが、お写真を見て、賢治の言葉を拾って、それだけでとても感銘を受けました。まるで万華鏡を覗いているような色の開花。うっとりでした。賢治の作品を読み込んでいらっしゃる方でしたら、きっと素晴らしく感動される本だと思いました。お天気の良い1日。市役所横のイチョウは黄金色に背伸びして。花壇のオキザリスもとても可愛い。紀...

  17. 宇宙 - 花の窓

    宇宙

    朝から冷たい雨の土曜日。でも、植物たちは元気に輝いて。昨日は月に1度のフランスガストロノミーリモート講座。ブルゴーニュ地方の歴史と地理、そして食べ物について教えていただきました。ワインがなんと言っても有名な地方。そして、マスタードのディジョンも知られていますね。高低差の大きなエリアだから、バラエティーに富んだワインが生まれるのだそうです。旅がしたくなりますね。ブランチは野菜たっぷりのシチュー...

  18. 絵本 - 花の窓

    絵本

    昨日、朝から開いた本。前の夜にみて、とても好きでしたから。荒井さんの言葉はとても不思議ですから、ちょっと斜めになって読んで、クスッと笑って。あたたかいなと感じます。人にはいろんなことがあって、それはその人にとっての出来事であって、他の人にはわからないことだらけ。だから、こうやって書いてもらうと、すごくほっとします。昨日は紙もの整理をしていて、結局ラビリンスで本当の迷子になってしまいました。綺...

  19. 繋がる - 花の窓

    繋がる

    昨日は朝から珈琲時間。若手の焙煎家さんのエチオピアをいれました。爽やかでフルーティーな味わい。調べたいことがあって、2018年の旅する本棚にご提案いただいた本森光宗男さんの『モカに始まり』を開いて。珈琲を通して文化を伝えようとされた根気強い足跡を見つめました。人を知ることから始められたエチオピアモカの国内紹介。博多の小さな珈琲店の偉大な功績。語り継がれていって欲しい物語です。2杯目の珈琲は夏...

  20. 知る - 花の窓

    知る

    昨日はシジュウカラがつがいで、庭のテーブルの上のバードフィーダーの周りを行ったり来たり。もしかしたら、覚えているのかしら?そろそろみかんを用意しましょうね。ミントを摘んでシロクマと静かに語り合いました。これからどうなるのかな?世界中がどんどん変わってゆくね。でも、私は私のペースで生きようね。チェリーモツァレラがありましたので、再びファルシに挑戦。相変わらず形が歪ですが、ひき肉にモツァレラが程...

総件数:58 件

似ているタグ