銅版画のタグまとめ

銅版画」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには銅版画に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「銅版画」タグの記事(120)

  1. 銅版画 月の雫を集めて - ~メインクーンと一緒~デナちな日々

    銅版画 月の雫を集めて

    わたしのブログを見てくださってありがとうございます。今日は土曜日 版画の日です。「工房展19th」に出す銅版画を提出しました。間に合った!月の雫を集めてエッチングとアクアチントです。ちょっとイマイチかな、難しいな、と進めていくうちに刷りを一版多色にして色の組み合わせが決まると満足度があがりました。どんな作品が出揃うのかとっても楽しみです。平塚美術館 展示室5/28〜6/2 まで

  2. 1905-067:第37作「Oh!My God]の完成です。 - ブーヤンとボク☆達との日々

    1905-067:第37作「Oh!My God]の完成です。

    『メッチャ喜んでくれる奴を探し』リングがちっとも喜んでくれないので「スゲェ~!4つ葉のクローバーじゃん(゚Д゚)ノめっちゃラッキーだよね~!」と喜んでくれる奴を描くことにしたのだったのだがヾ(≧▽≦)ノ

  3. 1046.大分で - 岡田まりゑblog

    1046.大分で

    昨日、今日ととても気持ちの良い天気で久しぶりの大分滞在(といっても一泊ですが)が嬉しい時間となりました。画廊の空間に作品を展示出来る嬉しさは勿論ですが、遠い距離を越えて移動し、違うヒカリや空気を味わえるのは籠りがちな私にとってとても良いシゲキやエネルギーとなります。この季節のモリモリした元気な緑や普段見慣れているのとは違った形の山々、何れも嬉しい!四年振りのみさき画廊の池田さんと色々とお話し...

  4. 1905-064:第36作「Lion King」の完成です。 - ブーヤンとボク☆達との日々

    1905-064:第36作「Lion King」の完成です。

    『新時代の幕開けにふさわしい絵』新時代になった第一作。通算36作を描いた。まだ、アニマルに未練が残っている。新時代の初作。何を描こうかと思案する。鶏書かせれば伊藤若冲。猿を描かせるなら森祖仙というが・・・ふと、ライオンキングの一場面が浮かんだヒヒがシンバ(新しい王)を抱き上げる場面だ。

  5. ギャラリー&カフェ草花舎/島根での個展は中盤です! - +P里美の『Bronze & Willow』Etching note

    ギャラリー&カフェ草花舎/島根での個展は中盤です!

    ゴールデンウィークに入ってすでに半ば。展覧会も半ばです。広島の展覧会からの巡回展では2回お世話になっている島根県益田市のギャラリー&カフェ草花舎での個展です。今回は、昨年と今年に入っての新作が多く、フレッシュが雰囲気になっていると思うのですが、どんな感じかな〜お茶ができる場所なので、ゆったりとご覧いただけると思います。訪れるのは今回が初めてで、5月5日13時から17時まで在廊しています。在廊...

  6. 1043.平成 - 岡田まりゑblog

    1043.平成

    平成の最後の日ですが、平成になってからは、西暦で年月を感じて来たので、その元号には余り思い入れがありません。多分、令和になってもそんな感じでしょう。けれど、思い返してみると平成は私の日々が大きく変化した時代でした。美術家(今の私がそう言って良いのだとしたら)としてプロの道を歩み始めた年月。様々な経験をさせてもらったなぁと感慨深い。人とのコミュニケーションの苦手な私が、今こうしてプロとしてやっ...

  7. 1904-057:第35作「Miss Hana」の完成です。 - ブーヤンとボク☆達との日々

    1904-057:第35作「Miss Hana」の完成です。

    『モデルは犬』調子こいて好き勝手な絵を描いていたら益々、絵が下手になってる気がする。今回は、実物に忠実に真面目に描いてみた(^^;)モデルは犬だが、黒い犬ではない。残念。悪いのはモデルの問題では無かったデッサン力は上達していないヾ(≧▽≦)ノ

  8. 1042.つづる、えがく、コトバ - 岡田まりゑblog

    1042.つづる、えがく、コトバ

    言葉をテーマに個展の展示をする事が多いですが、本当は言葉で自分の想いなどを表現するのは苦手な方です。特に、話して人に伝えるのは私には難しい。ですから、その想いの一部を作品やタイトルに込めているのだと思います。コミュニケーションがうまく取れていたらきっと制作はしていないだろうな。ずうっと、そして何時も、そういったフラストレーションのなか半分以上は諦めてはいてもちょっと悲しくて…、そんな想いを作...

  9. 『ぼくの甘酸っぱい日々』は終了後もつづくのだった - +P里美の『Bronze & Willow』Etching note

    『ぼくの甘酸っぱい日々』は終了後もつづくのだった

    4月1日〜10日まで行われた伊東屋K,Itoyaでの個展が終了しました。来ていただいた方、SNSで見ていただいた多くのみなさま、ありがとうございました!もうずっと毎年やらせていただいている伊東屋個展。最近はいつも春4月になっているのは、「春」はみんなが嬉しそうにしているから!!が理由です。ギャラリーがフレーム売り場なので、なんとはなしに眺めていると、この季節入社、卒業、進学、結婚などの記念や...

  10. 1041.静かに過ごす - 岡田まりゑblog

    1041.静かに過ごす

    また、もう家から出たくないな!というキモチが盛り上がっています。昨日は、銀座へ知り合いの展覧会を何箇所か観て廻り、その後季節恒例の東京芸術劇場ナイトタイムパイプオルガンコンサートへ。何時もながら、パイプオルガンの音色は空気を綺麗にしていくようなそんなヒカリの音を奏でていてとてもキモチが良かったです。バッハのコラールは大好きです。そのように、わりと心地よい時間を過ごした1日であったのですが、帰...

  11. Sprout - yuko's sketchbook

    Sprout

    9×7.5cm淡々と水を絶やさず日々を重ねてするすると芽が伸びました

  12. 『第27回 ザボハウス展』開催中 - yuko's sketchbook

    『第27回 ザボハウス展』開催中

    『第27回 ザボハウス展』開催中です。ザボハウス会員による銅版画、リトグラフ、木口木版画、油絵が並びました。ベテランから新人まで一堂に会するこの展覧会は、毎回刺激的で本当に楽しいです。私は木曜日16時から在廊予定です。第27回 ザボハウス展2019年 4月15日(月)- 20日(土)11:00 - 18:30(最終日17:00まで)※4月15日17:00よりオープニングパーティ文房堂ギャラリ...

  13. 清水祐貴子展-銅版画と木版画- 2019.4.12〜20 - OTO - BLOG 履歴

    清水祐貴子展-銅版画と木版画- 2019.4.12〜20

    清水祐貴子展-銅版画と木版画-2019年4月12日(金)〜20日(土) 会期中無休◆ 当画廊7回目。心象情景の凪がれる季節とフワッもやっザワッ感。この創作版画家としてひたむきな自己表現を追求する姿勢は自画自彫自摺の不変の細工程を経て珠玉の輝くworksとなる。是非ご高覧下さい。

  14. 1040.忘れる - 岡田まりゑblog

    1040.忘れる

    記憶力にはどちらかというと自信のある方でしたが、昔から人の名前はなかなか覚えられません。最近は、もう自分のキオクリョクなどあてに出来ないな!と自覚する程忘れぽい。それなのにずっと前にやらかしてしまった失敗だとか、そんなモノの記憶はずっと残っていて、今でも思い出しては恥ずかしかったり悔やんだりしている始末。もう終わってしまったコトですし、仕方の無い事でもあったり、今更悔やんでもどうしようも無い...

  15. 『書斎の赤毛同盟』マーラー顔の男ヴィトゲンシュタインを読む - +P里美の『Bronze & Willow』Etching note

    『書斎の赤毛同盟』マーラー顔の男ヴィトゲンシュタインを読む

    今年の伊東屋K.Itoya個展は、かつてないほど自分の引き出しををほじくり返している。しかもそれは引き出しの奥の小さい隠しスペースのような部分で、自分のものでありながら発見が多くて、おもしろい。写真の銅版画作品は、ある猫とおばさまの見つめ合う様子が愛おしい写真を見て描き始めた。英国エディンバラだったと思う。泊まったBBのやさしいおばさまと猫。出窓のそばの二つの椅子に座って安心しきった顔で見つ...

  16. 1039.機種変 - 岡田まりゑblog

    1039.機種変

    久しぶりに機種変をしました。と言っても、iPhone6を8にしただけなので大した違いはないなですが。四年半くらい使い続けていたので、機種変に伴うもろもろが億劫になっていたのと、ちかごろ多方面にわたり内向きな感じになっている自分に鞭打つべく?機種変に踏み切ったワケでした。日常生活をわりとスマホに頼っている私にとって、データが正しく移行されなかったりするとかなりのストレスになります。以前まではi...

  17. 1904-046:第33作「パトロンPatron」の完成です。 - ブーヤンとボク☆達との日々

    1904-046:第33作「パトロンPatron」の完...

    『パトロン』どんなに才能がある芸術家であっても、 本人の努力だけでは、どうしようもない。 そんな時、古くから存在しているのが、パトロンという存在です。と言う事で、俗人シリーズを束ねるパトロンを描いた(*^^)v残念ながら、私にはパトロンはいないヾ(≧▽≦)ノ

  18. 黄色狂、丸善150周年記念万年筆『檸檬』を買う、の巻 - +P里美の『Bronze & Willow』Etching note

    黄色狂、丸善150周年記念万年筆『檸檬』を買う、の巻

    伊東屋K.Itoyaでの個展が始まりました。いつもは終わった時にご馳走を食べに行ったり、CDボックス買ったり、洋服を買ったりするのですが、今回は始まる前にすでに褒美を買ってしまいました!最近わたしは黄色狂なので(実は高校の時も黄色のコンバースを履いて学校に行っていたし、筆箱はスマイルマークの黄色だった!)、黄色いものを見るとヨダレが垂れてしまいます。先日テレビで紹介されていたこの丸善150周...

  19. 1037.ブルガリア語 - 岡田まりゑblog

    1037.ブルガリア語

    2017年に参加したブルガリアでの展覧会のカタログが届きました。ネット上では展覧会の様子など見られたのですがカタログが送られて来なかったので心配していましたが、海外の展覧会はなんでもスローなので「まぁそのうちね」と思いつつ、カタログの事はすっかり忘れていました。そんな頃届いたのでびっくり!印刷の色合いは今ひとつだけれどブルガリア語で自分の名前が表示されているのは何か嬉しい。

  20. 1035.長崎へ行きたい! - 岡田まりゑblog

    1035.長崎へ行きたい!

    外出する用事が重なると体調を崩しがちで少し伏せっておりました。楽しいコトであっても体力と気力が消耗してしまうタイプなので仕方ないなと思いつつ。ただ今長崎のギャラリーEMでは「弥生の版画5人展」開催中です。久保直美さん、辻元子さん、みいだ さかえさん、山本早苗さんの女性版画作家とのコラボ。作品は存じ上げてもお会いした事がない作家さんも居て、そして日頃インスタなどで作品拝見していて、「ご本人にお...

総件数:120 件

似ているタグ