錦織圭のタグまとめ

錦織圭」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには錦織圭に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「錦織圭」タグの記事(18)

  1. 大坂快挙達成、大谷も19号 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    大坂快挙達成、大谷も19号

    大坂なおみが快挙達成である。今朝行われた全米オープン女子決勝でセリーナ・ウィリアムズを破って見事な勝利をあげた。憧れの存在と公言している大坂なおみ、セリーナとの試合でも平常心は失わなかったようだ。第1セットいきなり第3ゲームをブレイクした大坂は続く第5ゲームも連続ブレイクして5-1と大きくリードした。結局6-2で第1セットを奪った大坂なおみ、どうもこの試合で緊張していたのはセリーナのほうでれ...

  2. 錦織圭・・・ - 日本の心(団塊の世代)

    錦織圭・・・

     今日(9月8日)は、もうすぐ、錦織圭が、長年の天敵、ジョコビッチと戦います。今まで、何度も、錦織がジョコビッチとして、破れた試合を見てきました。今度こそと願います。まあ、怪我で途中、棄権したりがなく、いい試合をしてもらうだけでも、いいのですが・・・(←本当は、是非、勝ってもらいたい心境)。  ちょうど2年前、フェイスブックに、以下の内容で、ちょっとだけ、記載していました。  錦織圭、マレー...

  3. 連日の全米オープン観戦で寝不足 - テニスのおじさま日記

    連日の全米オープン観戦で寝不足

    朝3時半すぎまでテレビで全米オープンテニスを観戦。大坂なおみの勝利を見たあと錦織圭の応援をしたが、睡魔に耐えられず寝床に入った。7時ごろ目が覚め、ビデオで錦織圭が4年前に全米決勝で敗れた、チリッチをフルセットの末破ったのを確認。いやー、二人とも本当によくがんばった。急いで朝食をとり、九十九里町のコートに出かけ木曜会の仲間とプレー。ボクは1試合しかできなかったが負けた。どうもテレビのようにはい...

  4. 史上初男女でベスト4、大谷に不幸な話 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    史上初男女でベスト4、大谷に不幸な話

    全米オープンで快挙がうまれた。史上初めて男女そろってのベスト4進出である。まず大坂なおみが登場し、世界ランク36位のツレンコと対戦した。第1セット、第2ゲームをブレイクした大坂はサービスゲームを順調にキープして相手のサービスゲームをブレイク6-1でこのセットを奪った。そして第2セットに入っても大坂のサービスは安定しており第1ゲームからツレンコのサービスゲームをブレイクすると第6ゲームこそ0-...

  5. 全米OP男女ベスト8は史上初、NFL開幕 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    全米OP男女ベスト8は史上初、NFL開幕

    テニスの全米オープン4回戦が行われた。今まではナイトゲーム中心であった錦織圭が初めてデイゲームでの試合となりコールシュライバーと対戦した。錦織にとっては暑さとの戦いでもあったが、暑さを克服して6-3、6-2、7-5のストレートで準々決勝に進出した。3度目のベスト8、対戦相手は2014年決勝で対戦したチリッチである。2014年のリベンジがなるのかどうか、注目である。一方の女子の大坂なおみは苦戦...

  6. 大坂、錦織そろってベスト16、日本ハムは3連勝 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    大坂、錦織そろってベスト16、日本ハムは3連勝

    全米オープン3回戦が開催された。男子では錦織圭が登場し、第13シードのシュワルツマンと対戦、6-4、6-4、5-7、6-1で勝利し2年ぶりのベスト16進出を決めた。錦織と同タイプの相手だっただけに長いラリー戦を制したことはある意味で自信にもつながったようだ。4回戦は第4シードのズべレフを破ったコールシュライバーと対戦する。今の錦織であればベスト8進出も可能性は十分ありそうだ。そして女子では大...

  7. 菅井王位が3勝目、アジア大会400mリレー金、錦織3回戦へ - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    菅井王位が3勝目、アジア大会400mリレー金、錦織3回戦へ

    第59期王位戦七番勝負第5局2日目が行われた。2日目にはいって菅井王位が駒得を優勢に結び付けて133手で快勝した。菅井王位は3勝目をあげ王位防衛に王手をかけた。これで今回の王位戦はすべて先手番の棋士が勝利をあげている。第6局は豊島棋聖が先手番、3勝目をあげ逆王手をかけるのか菅井王位が勝ち王位を防衛するのか第6局は9月10、11日に神奈川県秦野市で開催される。アジア大会の陸上競技は最終日をむか...

  8. 全米オープン開幕、王位戦は第5局、トップリーグ明日開幕 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    全米オープン開幕、王位戦は第5局、トップリーグ明日開幕

    テニスの全米オープンがはじまった。錦織圭は、世界ランキング50位のマルテレルに6-2、6-2、6-3のストレートで勝利した。試合を振り返って錦織は「今日はほとんど完璧な内容だった。大満足。読みも当たっていて、ゾーンに入っているようなプレーができた」と語った。2回戦は難敵のモンフィスである。この試合の出来をもってすれば2回戦突破も問題ないように思えるが果たしてどうであろうか。一方の女子、大坂な...

  9. WRC第9戦、錦織2回戦で敗戦、今日から天王山 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    WRC第9戦、錦織2回戦で敗戦、今日から天王山

    ATP1000・W&Sオープン2回戦、錦織圭はワウリンカのパワーに屈する株式会社たちとなって4-6、4-6のストレート負けで2回戦で姿を消した。テニスの質をあげていきたいと語っていた錦織であったが、全米オープンの前哨戦では望んだ結果は得られなかったようだ。果たして本番でどこまで勝ち進むことができるだろうか、一抹の不安を感じてしまう。WRC第9戦ラリー・ドイチェランドがはじまった。ヒュンダイチ...

  10. 錦織圭、大谷翔平、そして有原航平 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    錦織圭、大谷翔平、そして有原航平

    ATP1000・W&Sオープンの1回戦に錦織圭が出場した。ロジャーズカップでは初戦敗退しているだけにどんな試合をしてくれるのか期待してTV観戦した。相手はロシアの新鋭ルベレフであった。ロジャーズカップではギリシャの新鋭選手が決勝まで勝ち残っていたので、ルベレフも実力はあるので、期待半分、不安半分であった。第1セットはいきなりサービスをブレイクした錦織圭がそのまま押し切るかに見えたが、5-3か...

  11. 大谷翔平、大堀彩、そして錦織圭 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    大谷翔平、大堀彩、そして錦織圭

    エンゼルスの大谷翔平がマリナーズ戦に6番DHで先発し、4打数2安打1打点の活躍、今季10度目のマルチ安打を記録した。特筆すべきは8回に回ってきた最終打席、苦手とされる左腕から左翼へ痛烈なタイムリーヒットを放った。左腕投手からは22打席ぶりのヒットだったという。また打球も左中間に飛び、外角を無理に引っ張るのではなく、ミートとする打撃を披露してたことは今後左腕に対しても期待できそうだ。ただ今日は...

  12. 王位戦第1局、インドネシアオープン、そしてウィンブルドン - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    王位戦第1局、インドネシアオープン、そしてウィンブルドン

    将棋の第59期王位戦七番勝負第1局が行われ113手で菅井竜也王位が豊島将之八段を破って幸先のよい勝利をあげた。平成生まれ同士の棋士の対決となった今季の王位戦、その第1局は中盤までは互角の戦いであった。ただ2日目の昼食休憩以降は徐々に菅井王位が優勢となり、豊島八段も粘ったが最後は押し切られてしまった。第2局は7月24、25日に兵庫県神戸市で行われる。豊島八段の巻き返しなるかが注目だ。そして今日...

  13. 藤井七段の順位戦、ウィンブルドン、そしてインドネシアオープン - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    藤井七段の順位戦、ウィンブルドン、そしてインドネシアオープン

    第77期将棋名人戦・C級1組順位戦2回戦が行われた。先月の1回戦は関西で震度6の地震の影響で延期され藤井七段にとってC1組の初戦であった。豊川孝弘七段との対局は、先手番の藤井七段の居飛車に対し、後手番の豊川七段は「向かい飛車」を採用しての戦いとなった。序~中盤にかけて藤井七段が有利と思えたが、豊川七段も粘って応戦した。将棋は藤井七段が111手で勝利し、C1組先勝と幸先のよいスタートをきった。...

  14. 日本ハム、交流戦勝越し、錦織芝初戦勝利、そして名人戦第6局 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    日本ハム、交流戦勝越し、錦織芝初戦勝利、そして名人戦第6局

    雨で中止となった広島戦が行われた。日本ハムの先発は高校時代を広島で過ごした上原であった。日本ハムには考えてみれば中田翔を筆頭に広島に関係のある選手が多数在籍しているといえる。そんな選手が活躍した試合であったと思う。大田泰示(広島県出身)の先制2ランで試合をリードすると投げては上原が5回を1失点でおさえた。そして5回の第2打席ではなんとプロ入り初安打がホームランという快挙も達成である。6回から...

  15. 錦織ベスト16止まり、ルマンテストデイ、そして大谷 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    錦織ベスト16止まり、ルマンテストデイ、そして大谷

    テニスの全仏オープン、ベスト8入りをかけて第7シードのティームと対戦した錦織であった。怪我でブランクのあった錦織圭に対してその間に急速にレベルアップしたティーム、そのティームが錦織を圧倒した。6-2で第1セットを奪うと第2セットは錦織のサービスゲームをすべてブレイクして6-0と圧巻の強さを見せつけた。このまま3セットで勝負はついてしまうのではと誰もが思った第3セット、錦織が踏ん張りを魅せてく...

  16. 七段初戦も勝利、日本ハム、錦織快勝 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    七段初戦も勝利、日本ハム、錦織快勝

    藤井聡太七段が七段としての初戦である第44期棋王戦予選に登場した。対局相手は中村亮介六段であった。七段となっても気負いなく対局に臨んだ藤井七段、序中盤は互角の戦いとなった。そんな中でも終始落ち着いた指しまわしで対局相手との差を拡げていき95手で勝利した。これで昨年に続いて、棋王戦の挑戦者決定トーナメント入りが決まった。その最初の対戦相手は、過去に敗れている菅井竜也王位である。「タイトルホルダ...

  17. 羽生竜王3敗目、大坂、錦織は3回戦進出 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    羽生竜王3敗目、大坂、錦織は3回戦進出

    将棋の第76期名人戦第5局が行われた。羽生竜王が84手目を投了して3敗目となり、名人位奪還に黄色信号が灯ってしまった。2日目の封じ手以降苦しい展開になってしまったようで、先手番を活かすことなく投了してしまったことで、佐藤名人にとっては3期連続しての防衛が見えてきたようだ。第6局は6月9日から天童市で開催される。佐藤名人が勝って名人位を防衛するか、羽生竜王が逆王手をかけるか注目である。テニスの...

  18. 全仏はじまる、いよいよルマンの季節、インディ500終了 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    全仏はじまる、いよいよルマンの季節、インディ500終了

    テニスの4大大会のひとつである全仏オープンがはじまった。4大大会は昨年のウィンブルドン以来となる錦織圭、初戦の相手は大会推薦枠出場のジャンビエであった。地元が期待する新鋭だけにどんなテニスをするのか注目であった。第1セットは両者ともサービスゲームをキープしあってタイブレイクとなった。タイブレイクとなり錦織がいきなり6ポイントを連取してセットポイントを握ると、最後もジャンビエのショットがネット...

1 - 18 / 総件数:18 件

似ているタグ