錦織圭のタグまとめ

錦織圭」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには錦織圭に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「錦織圭」タグの記事(140)

  1. 侍ジャパン薄氷勝利、トヨタ1-2スタート、錦織ベスト16ならず - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    侍ジャパン薄氷勝利、トヨタ1-2スタート、錦織ベスト1...

    第29回WBSCU-18ベースボールワールドカップが開幕した。今回こそ悲願でもある優勝を目指す侍ジャパンの初戦の相手はスペインであった。国際試合の初戦は何が起こるかわからないというが、まさにこの試合がそうであった。スペインの先発ルナに強力打線と前評判はよかった侍ジャパンがいい当たりすらなく完全に抑え込まれてしまった。一方、投手陣は先発の池田が3回をパーフェクトに抑えながら、4回に初安打を打た...

  2. 豊島王位防衛に王手、大谷久々にヒット、錦織3回戦進出 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    豊島王位防衛に王手、大谷久々にヒット、錦織3回戦進出

    第60期王位戦七番勝負第5局が行われた。指しやすいと思われていた豊島将之二冠であったが、2日目にはいると形勢はわからなくなってしまった。千駄ヶ谷の受け師本領発揮となりそうな勢いも感じられた。しかし豊島二冠の攻める姿勢は続き、徐々に木村一基九段を追い詰めていった。そして最終盤に放った金打ちに対して香で受けた手が緩手となり、一気に形勢が傾いて豊島二冠が131手で3勝目をあげ、初防衛に一歩近づいた...

  3. 琢磨、シーズン2勝目、藤井七段リーグ入りまであと1勝、錦織初戦勝利 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    琢磨、シーズン2勝目、藤井七段リーグ入りまであと1勝、...

    佐藤琢磨がインディカーシリーズ第15戦で優勝、シーズン2勝目を争うげた。佐藤琢磨にとっては前戦でのクラッシュ事故発生の要因をつくったとされ(後にペナルティなどない裁定がくだった)嫌な思いで臨んだレースであったと思う。予選5番手からスタートした佐藤様琢磨であったが、スタートで後手を踏んでしまい、大きく遅れてしまった。そしてラップダウンまでしてしまい、とても優勝は無理な状況であった。しかし、今年...

  4. 大谷マルチもチームは連敗、日ハムも8連敗、錦織も初戦敗退 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    大谷マルチもチームは連敗、日ハムも8連敗、錦織も初戦敗退

    エンゼルスまさかの連敗である。パイレーツとの交流戦、初回に大谷翔平のタイムリー2塁打などで3点を先制し、2回にも二死1塁から大谷のラッキーな3塁打で4-0と大きくリードしたエンゼルスであったが投手陣がピリッとしなかった。先発のキャニングが3回に3失点すると5回にはリリーフしたコールがいきなり4連打を打たれてしまい、5-6とあっという間に逆転されてしまった。打線も序盤は勢いがあったが中盤以降は...

  5. MLBオールスター、錦織ベスト8止まり、NPBフレッシュオールスター - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    MLBオールスター、錦織ベスト8止まり、NPBフレッシ...

    MLBオールスターが行われた。45のワッペンが全選手(審判の胸にもプリントされていた)のユニフォームに縫い取られ、スカッグスの急死を痛んで追悼の意味もある今年のオールスターとなった。エンゼルスからは常連のトラウト、初選出のラステラ(怪我のためベンチ入りのみであった)が背番号を45に変更したユニフォームで試合に出場した。トラウトは2打席凡退で退いてしまったが、アリーグは4-3で7連勝を飾った。...

  6. 日本ハム4連勝、錦織ベスト8 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    日本ハム4連勝、錦織ベスト8

    オールスターまでの最後のカード、ロッテ戦の先発は浦野博司であった。ソフトバンク戦から中7日での登板であった。上沢直之離脱による先発投手不足が顕著な日本ハム、栗山監督が今季から採用しているオープナー制度の日本ハム版での登板と思われる。その浦野を援護すべく、初回から打線が踏ん張った。二死から近藤健介が四球で出塁すると中田翔が2ボールからの3球目を左中間スタンドに放り込んだ。この先制2ランで2点を...

  7. 大谷13号、日本ハム連勝、錦織ベスト16 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    大谷13号、日本ハム連勝、錦織ベスト16

    エンゼルスの大谷翔平がアストロズ戦の3回、カルフーンの逆転2ランがでた二死無走者での第2打席でセンターオーバーの13号ホームランを放った。この日が25歳の誕生日だった大谷翔平、自らバースデーアーチは日本ハム時代に1回あるそうだ。打った投手は大谷も尊敬するバーランダーだけに感慨もひとしおだったと思う。エンゼルスはこの日はカルフーン、大谷、シモンズ、そしてトラウトに一発が出て5-4で逃げ切り、ア...

  8. エンゼルス貯金1、豊島王位先勝、錦織3回戦進出 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    エンゼルス貯金1、豊島王位先勝、錦織3回戦進出

    エンゼルスがレンジャーズに快勝し貯金を1とした。この試合も胸に45のワッペンをつけたエンゼルスナイン、この日は3回に先制した。3塁でメジャーデビューを果たしたタイスが初打席で2塁打を放って出塁すると、一死1、3塁とチャンスを拡大しトップにはいったカルフーンのライト前ヒットで先制、続くトラウトの3ランで早くも4-0とリードした。エンゼルス先発のバリアは直後に失点してしまったが、一応5回を2失点...

  9. 藤井七段あっというに勝利、スカッグス急死、日本ハム連敗ストップ - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    藤井七段あっというに勝利、スカッグス急死、日本ハム連敗...

    将棋の第78期順位戦C級1組の2回戦が行われた。昇級を目指す藤井聡太七段の対局相手は堀口一史座七段であった。先手番の藤井七段に対して堀口七段は一手損の角換わりを選択し、また1分将棋と思えるような早指しで藤井七段を攪乱しているようであった。しかし藤井七段、対局相手の陽動作戦にはのらずに淡々としたペースで指し手をすすめ、徐々に有利な局面をつくっていった。そして昼食休憩前の47手で勝利し、順位戦2...

  10. 安倍、米と「密約」ではなく「紳士協定」?+防衛省、イージスで誤データを提供、住民だます - 日本がアブナイ!

    安倍、米と「密約」ではなく「紳士協定」?+防衛省、イー...

    頑張ろう、東北&関東!そして、熊本、北海道の震災被害、全国各地で豪雨被害を受けた方々も。・・・身近な希望と幸福を大切に、復興に向けて、一歩一歩、前進を!o(^-^)oよろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】【全仏テニス・・・4日、第7シードの錦織圭は第2シードのナダル(西)...

  11. 羽生九段最多勝、豊島棋聖先勝、日本ハム7連勝、錦織完敗 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    羽生九段最多勝、豊島棋聖先勝、日本ハム7連勝、錦織完敗

    将棋の羽生善治九段が歴代単独1位となる通算1434勝をあげた。第60期王位戦挑戦者決定リーグ白組プレーオフで永瀬拓矢叡王と対局した羽生善治九段、過去3勝7敗と若干苦手としている相手に対してまず守りをしっかりすることからはじめた。徐々に攻勢をかけ、将棋を有利にすすめた羽生九段が133手で勝ち、白組優勝を決めた。この結果、紅組プレイオフを制した木村一基九段と6日に王位戦挑戦者をかけて対局する。歴...

  12. 丸山の勘違いは、橋下の影響が大きいかも&自公、今度は糾弾決議だって+錦織のスゴイ記録 - 日本がアブナイ!

    丸山の勘違いは、橋下の影響が大きいかも&自公、今度は糾...

    頑張ろう、東北&関東!そして、熊本、北海道の震災被害、全国各地で豪雨被害を受けた方々も。・・・身近な希望と幸福を大切に、復興に向けて、一歩一歩、前進を!o(^-^)oよろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】【全仏テニス・・・錦織圭は、4回戦で地元のヒゲ将軍・38位のペールと...

  13. いよいよルマン24時間レース、錦織8強、藤井七段敗戦 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    いよいよルマン24時間レース、錦織8強、藤井七段敗戦

    6月の声とともにルマン24時間レースの季節がやってきた。2日に公式行事ともなっているフルコースでのテストが行われた。ルマンの場合、専用のサーキット部分と公道を組み合わせたサーキットを周回するので、フルコースでのテストは1日限りのこととなる。トヨタチームは2台のTS050HYBRIDを持ち込み、アロンソに変わり、来シーズンからステアリングを握るブレンドン・ハートレーも参加してのテストであった。...

  14. 隠れ応援 - ONE MORE ALOHA  with pau~私の作業部屋~

    隠れ応援

    6/4 (火)私が隠れて応援するのは…テニスの錦織圭です!私自身30年以上もテニスをしてきました🎾私は最近何故だか左目が異常に悪くなり、さらに突発性頭位めまい症を発症したのでコートからは遠のいています😔ずっと錦織を応援しています。13歳(だったか)で一人アメリカに渡り英語も話せずどんなに苦しかったか…と思うと母の気になって涙さえ出てきます。そ...

  15. 大谷勝ち越し打、日本ハム3連勝、錦織も3回戦へ - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    大谷勝ち越し打、日本ハム3連勝、錦織も3回戦へ

    エンゼルスの大谷翔平がアスレチックス戦の9回に勝ち越し打を放ち、6-4でエンゼルスが勝利しアスレチックスの連勝をストップさせた。2回に投手カバーが遅れた結果、幸運な内野安打となった1本のみでこのところタイミングが合わない打撃が続いていたが、9回は甘くはいったストレートを完ぺきなタイミングで打ち返してのタイムリーであった。本人も当然、タイミングのズレは把握しており、試合後のインタビューでも「打...

  16. いだてん~東京オリムピック噺~第20話「恋の片道切符」~アントワープオリンピック~ - 坂の上のサインボード

    いだてん~東京オリムピック噺~第20話「恋の片道切符」...

    第一次世界大戦が終結した翌々年の大正9年(1920年)夏、第7回アントワープオリンピック大会が開催されました。4年前のベルリン大会の中止をはさんでいたため、ストックホルム大会以来8年ぶりの開催でした。8年前には金栗四三と三島弥彦の2人だけの出場だった日本選手でしたが、この8年間で日本国内のオリンピックに対する意識は大いに高まり、代表選手を選ぶ予選会は、札幌、仙台、東京、新潟、名古屋、大阪、松...

  17. 日本ハム、エンゼルス連敗ストップ、日本は準優勝、錦織初戦快勝 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    日本ハム、エンゼルス連敗ストップ、日本は準優勝、錦織初戦快勝

    エンゼルスが連敗を止めた。しかし薄氷を踏むような勝利であった。再三のチャンスがありながら得点はカルフーンのホームランの1点のみで9回をむかえたエンゼルス、マウンドには8回二死からロブレスがあがっていた。ロブレスがリリーフした試合は無失点の好投ではあったがそれは9回1イニングをまかせたときのみのこと、今回のように8回途中からのリリーフは未知数であった。そのロブレス、いきなり四球をだしてしまった...

  18. 名人戦第4局はじまる、錦織、大坂ベスト8進出 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    名人戦第4局はじまる、錦織、大坂ベスト8進出

    第77期名人戦七番勝負第4局がはじまった。豊島将之二冠の3連勝でむかえた第4局、豊島将之二冠が勝って名人位を獲得するか、佐藤天彦名人が地元福岡県での対局で一矢報いるか注目の対局せある。豊島二冠の先手ではじまった第4局、四たび角換わりとなり、どちらかというと豊島二冠が指しやすい展開ですすんだ。佐藤名人も玉を左右に動かすなど苦心の指し手で応戦し、千日手模様となった。ただ豊島二冠としては有利な展開...

  19. 4種目で決勝に進出、錦織ベスト4止まり、タナック脱落 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    4種目で決勝に進出、錦織ベスト4止まり、タナック脱落

    バドミントンのアジア選手権準決勝が行われた。4種目で決勝進出を目指す日本勢、女子シングルスの山口茜は中国の陳雨菲と対戦した。第1ゲームを15-21で失った山口であったが第2ゲームを21-16で奪い返すと第3ゲームは0-3とリードされたものの5連続ポイントを奪って5-3と逆転するとリードを守って21-17で勝利し見事に決勝進出となった。同時に行われた女子ダブルスは松本麻佑/永原和可那ペアと福島...

  20. サンウルブズ完封負け、トヨタ好発進も、錦織4強 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    サンウルブズ完封負け、トヨタ好発進も、錦織4強

    スーパーラグビー参戦4年目にして初となる完封負けを喫してしまったサンウルブズであった。ハイランダーズに対していいところなく完敗である。立ち上がりから全力でぶつかってくるハイランダーズに対して若干受け身となってしまったサンウルブズは一旦ハイランダーズに傾いた流れを試合終了まで戻すことはできなかった。ここ一番での力の入れ方を学んだ試合だともいえる。ワールドカップまで残された時間は少ない、修正は迅...

総件数:140 件

似ているタグ