錦織圭のタグまとめ

錦織圭」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには錦織圭に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「錦織圭」タグの記事(110)

  1. 全豪オープン - 写心食堂

    全豪オープン

    四回戦。錦織圭選手と大阪なおみ選手の試合がありますね。コロ姫はボールボーイならぬボールドックで錦織選手・大阪選手をアシスト?私も職場で仕事を優先しつつ応援しますワン!(笑)人気ブログランキング

  2. 錦織、大坂ベスト16、マレーシアM2種目で決勝進出 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    錦織、大坂ベスト16、マレーシアM2種目で決勝進出

    テニスの全豪オープン3回戦が行われた。2回戦と同様、大坂なおみと錦織圭は同じコートでの試合であったが、3回戦は順番が異なり、まず大坂なおみがコートにたった。その相手はシェイ・スーウェイであった。第1セット、シェイ・スーウェイの緩急のついたストロークに翻弄されてしまったか、本来の大坂なおみのパワーは封印され5-7と失ってしまった。第1セットを落とした試合は63戦12勝と勝率が悪くなってしまう大...

  3. 全豪オープン錦織圭と大坂なおみがベスト16進出 - 東金、折々の風景

    全豪オープン錦織圭と大坂なおみがベスト16進出

    錦織圭が世界ランク44位のJ・ソウサを7-6 (8-6), 6-1, 6-2のストレートで破り、2017年以来2年ぶり7度目のベスト16進出を果たした。女子シングルスでは大坂なおみが第28シードのシェ・シュウェイを5-7, 6-4, 6-1の逆転で破り、2年連続2度目のベスト16進出を決めた。いやー、ふたりともよく頑張った。今日もテニスはやめて自宅療養。風邪から持病の気管支炎を併発、咳がひど...

  4. 錦織、大坂3回戦へ、日本代表1位通過 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    錦織、大坂3回戦へ、日本代表1位通過

    テニスの全豪オープン2回戦が行われ、錦織圭、大坂なおみが登場した。錦織圭の相手はビッグサーバーのカルロビッチであった。第1セットから積極的に仕掛けた錦織が6-3、7-6で2セットを連取した。ここまでは錦織が試合のペースを握ってこのまま3セットで決着するかと思っていたがカルロビッチが粘りをみせた。第3セット、5-5から錦織のサービスゲームをラブゲームでブレイクしこのセットを奪うと、続く第4セッ...

  5. 全豪、錦織、大坂初戦勝利、マレーシアマスターズはじまる - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    全豪、錦織、大坂初戦勝利、マレーシアマスターズはじまる

    テニスの全豪オープン2日目、錦織圭、大坂なおみが登場した。まず錦織圭、ランク176位のマイクシャクと対戦した。予選からの勝ち上がりで錦織圭にとっては未知の相手であった。錦織同様、バックハンドからの攻撃が武器のマイクシャクに対してなんと3-6、6-7と2セットを奪われてしまう大ピンチとなってしまった。第3セットでマイクシャクが全身に痙攣をおこしてしまいこのセットを6-0、続く第4セットも6-2...

  6. ワイルドカードPO初日、錦織復活 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    ワイルドカードPO初日、錦織復活

    NFLワイルドカードプレイオフ初日が行われた。AFCは同地区のテキサンズ対コルツの対戦であった。1勝5敗からプレイオフに進出したコルツは第1Qにいきなり2つのTDを決め、14-0と地元テキサンズをリードした。第2Qにはいってもコルツの勢いは止まらず、TDを追加して21-0とリードを拡げた。QBラックの的確なパスが成功したこと、オフェンスラインの強さが大量リードを生み出したといえる。第3Qには...

  7. 大坂ベスト4、錦織決勝進出 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    大坂ベスト4、錦織決勝進出

    テニスのブリスベン国際で日本のトッププロ2選手の明暗がでてしまった。女子の大坂なおみは格下相手に昨年まで顔をみせていた「勝たねば」という意識が空回りしてしまう癖、これがでてしまい第1セットを2-6で失ってしまった。第2セットにはいっても悪い流れは断ち切れずいきなり最初のサービスゲームをブレイクされるとそのまま相手サービスをブレイクすることができずに4-6でこのセットも失い大坂の初戦はベスト4...

  8. 東海大初優勝、國學院大學もシード権、錦織4強 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    東海大初優勝、國學院大學もシード権、錦織4強

    箱根駅伝は東海大学の初優勝で終了した。往路優勝の東洋大学と1分14秒差の2位につけた東海大学が復路で東洋大学に追いつき逆転、青山学院大学の追撃を振り切って見事に初優勝を飾った。往路優勝は東洋大学、復路優勝は青山学院大学、総合優勝は東海大学と駅伝強豪大学と言われた3大学がそれぞれ強さを出した今年の箱根駅伝であったといえる。その中、往路3位と健闘した國學院大學は復路で順位を落としながら総合7位で...

  9. 全国大学ラグビー選手権大会準決勝、そして錦織 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    全国大学ラグビー選手権大会準決勝、そして錦織

    第55回全国大学ラグビー選手権大会の準決勝が秩父宮競技場で行われた。第1試合は早稲田大学対明治大学という関東大学対抗戦のカードの再戦であった。1か月前の試合では31-27で早稲田大学が勝利していたが試合はどちらのチームが勝利してもおかしくない試合であった。そしてこの試合も1トライをめぐる素晴らしい試合となった。いきなりパントのチャージからトライ(&ゴール)をあげた早稲田大学が先制、明治大学も...

  10. 今晩11時40分は「The 世界力3」 - rino-diary テレビディレクター 岡田倫太郎です。

    今晩11時40分は「The 世界力3」

    さてさて、いよいよ今晩11時40分~12時55分までの放送となりました東海テレビ制作フジテレビ系全国ネット「The 世界力3」2016年は渡辺謙×錦織圭×松山英樹2017年は錦織圭×松山英樹×松井秀喜そして今年は大沢たかお×錦織圭×大坂なおみ×吉田麻也です特に錦織選手と大坂選手はテレビ初対談結構じっくりお互いの事について語ってくれました。対談番組だからこそ語れる本音が聞けちゃいます!また大沢...

  11. 地区優勝続々、錦織久々勝利 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    地区優勝続々、錦織久々勝利

    NFL第16週がMNF1試合を除いて終了し、AFC、NFC各地区で優勝が決まりつつある。ドルフィンズは地元での最終戦ジャガーズ戦を戦った。第1QにQBタネヒルのTDパスで先制したドルフィンズであったが、その後は得点を奪うことができずに逆にジャガーズに第4QにFGを決められリードされると、直後にインターセプトを喫してしまい7-17でホーム最終戦を飾ることはできなかった。ワイルドカードでのプレイ...

  12. 侍J最終戦も勝利、香港オープン3日終了、錦織予選敗退 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    侍J最終戦も勝利、香港オープン3日終了、錦織予選敗退

    日米野球の第6戦がナゴヤドームで開催された。最終戦となるこの試合、侍ジャパンの先発は中日の笠原祥太郎であった。その笠原は立ち上がりを三者凡退に打ち取った。一方のMLBオールスターの先発はジョンソン、そのジョンソンを2回に攻略した。山川が四球で出塁すると、森、外崎の連打で無死満塁のチャンスをつかんだ。ここで源田がライト線に走者一掃の3塁打を放って3-0とリードすると、一死からきっちり菊池が犠飛...

  13. 香港オープンはじまる、侍J逆転勝ち、錦織完敗 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    香港オープンはじまる、侍J逆転勝ち、錦織完敗

    12月開催のツアーファイナル出場にむけ、最後となるトーナメントがはじまった。香港オープン初日は各種目の予選と混合ダブルスの1回戦半分が行われた。最近出場した2トーナメントでベスト4にはいっている渡辺勇大/東野有紗ペアはインドネシアペアと対戦した。ペアを組みかえて出場したインドネシアペアに対して21-15、21-9のストレートで勝利して2回戦進出した。ツアー2勝目をあげるには中国ペアが関門であ...

  14. 侍J初黒星、桃田貫禄V、錦織難敵撃破 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    侍J初黒星、桃田貫禄V、錦織難敵撃破

    日米野球第3戦、侍ジャパンは初黒星を喫してしまった。試合の分岐点は4回であった。先発の多和田が一発を浴びて0-1となってしまった。しかしその裏外崎のタイムリーで1-1の同点に追いついた侍ジャパン、続く上林も四球を選んで二死1、2塁と勝越しのチャンスをつかんだ。しかし、走者のリードが大きいと判断した、MLBオールスターの捕手・モリーナの好判断で上林が帰塁ならず刺されてしまいチャンスは潰えてしま...

  15. 錦織圭、秋山英宏「頂点への道」 - 湘南☆浪漫

    錦織圭、秋山英宏「頂点への道」

    錦織本人のブログを中心に加筆されている構成。2015年まで書かれた本だけど、しっかりとした文章で続きが読みたい。

  16. 中国オープン初日、MLB新人王は誰の手に - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    中国オープン初日、MLB新人王は誰の手に

    バドミントン中国オープン初日が行われた。中国では先日スーパー1000の大会が行われたが、今回はスーパー750の大会開催、やはりランキング上位の選手を輩出している国だけに開催される大会もビッグだ。初日は1回戦の半数の試合が行われ、日本人選手も出場した。その中で男子シングルスに出場した桃田賢斗は中国のレジェンドである林丹と対戦した。第1ゲームを21-15であっさりと奪った桃田であったが第2ゲーム...

  17. 羽生竜王逆転負け、錦織もベスト8止まり、今日NZとテストマッチ - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    羽生竜王逆転負け、錦織もベスト8止まり、今日NZとテス...

    第31期竜王戦七番勝負第3局が行われた。終盤まで勝勢だった羽生竜王であったが、終盤に差した緩手で一気に形勢は広瀬八段有利となり結果は広瀬八段が勝利し、1勝をあげた。第3局を終了し、羽生竜王が2勝1敗と防衛にむけ、リードしてはいるがこの敗戦は大きいと思う。それは第21期竜王戦で3連勝し永世竜王の資格獲得に王手をかけてから4連敗してしまったケースに似ているからである。第4局、羽生竜王は勝勢となり...

  18. 竜王戦第3局、ソフトバンク王手、錦織リベンジ - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    竜王戦第3局、ソフトバンク王手、錦織リベンジ

    第31期竜王戦七番勝負第3局がはじまった。初日は50手目を封じた広瀬八段、2日目は封じ手が開封され、8六歩から2日目がスタートした。果たして羽生竜王が勝ち、タイトル防衛に王手をかけるか、広瀬八段が反撃の1勝目をあげるか注目である。また羽生竜王が平成30年「秋の褒章」において、紫綬褒章を受章することが決定した。将棋界での紫綬褒章受章は、谷川浩司九段、佐藤康光九段、森内俊之九段に続き15人目だそ...

  19. 藤井七段連勝、錦織、ソフトバンク勝利 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    藤井七段連勝、錦織、ソフトバンク勝利

    将棋の第90期棋聖戦1次予選準決勝と決勝が行われた。藤井聡太七段は午前中に行われた準決勝に出場し村田顕弘六段と対局した。互角の熱戦となったが、終盤にかけて優勢となった藤井七段が101手で勝利し、午後の今泉健司四段との決勝にコマをすすめた。今泉四段とは先のNHK杯で負けているだけにリベンジできるかどうか注目の一局であった。将棋は居飛車穴熊の戦形をとった藤井七段が玉の堅さを武器に攻勢を強めて10...

  20. 錦織9連敗、ローブ復活、山口優勝 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    錦織9連敗、ローブ復活、山口優勝

    ATP500・エルステバンク・オープン決勝、またも錦織圭に勝利の女神は微笑まなかった。アンダーソンのサービスゲームをブレイクできずに3-6、6-7で敗れてしまった。しかしツアーファイナルにむけてのポイント争いでは再びイズナーをぬいて9位に上昇したことが救いである。残すはATP1000パリ大会の1試合、ティエム、錦織、イズナーの3選手による争いとなった。WRC第12戦ラリー・スペインデイ4はロ...

総件数:110 件

似ているタグ