鍾乳洞のタグまとめ

鍾乳洞」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには鍾乳洞に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「鍾乳洞」タグの記事(12)

  1. 光の行方 - カメラまかせ

    光の行方

        闇からの出口。秋芳洞の見学。

  2. 井倉洞-(2)@2017-09-03 - (新)トラちゃん&ちー・明日葉 観察日記

    井倉洞-(2)@2017-09-03

    「井倉洞」の続きです。険しい登りの階段は続きます。まさに健脚コースの鍾乳洞。「瀬戸の海」「白銀の扉」「鬼の手袋」「竹林」「地獄の釜」「とおせんぼう」ってか・・・・名前そのまんまなんですが、とっても邪魔なんですけどぉ。やっと頂上、「音の滝」音だけの不思議な滝で、絶え間なく流れ続ける音は、悠久の時を感じさせてくれます。あとは、出口を目指して下るのみです。出口の近くには、足湯と「阿里佐の宮」があり...

  3. 井倉洞-(1)@2017-09-03 - (新)トラちゃん&ちー・明日葉 観察日記

    井倉洞-(1)@2017-09-03

    8月28日の「満奇洞」に続いて、9月3日に同じく岡山県の新見市にある、「井倉洞」へ、またまた、青春18切符を使い家から往復約10時間かけて行って来ました。井倉洞の歴史をパンフから少し引用してみます。昭和32年頃、大理石の採掘調査をしている時に、小さなほら穴から水が出で入る所があり、ガスランプを照らして覗いてみると中は、広くて水があり、無数に垂れ下がっている大小様々な鍾乳石が湖水に美しく映え、...

  4. 満奇洞 again-(7) @2017-08-28 - (新)トラちゃん&ちー・明日葉 観察日記

    満奇洞 again-(7) @2017-08-28

    満奇洞の記事、いよいよラストとなりました。満奇洞の内部のイラストマップです。「炭釡」「傘石」「竹すだれ」上を見上げると、圧巻です。「唐獅子」右が帰り道で、左の一段低くなっている通路が入口の道です。今回、間違って、ちょっと逆走してしまいました。今回の鍾乳洞の中の気温は、14度でした。この気温計は入口の所に設置してあるものです。入口のすぐそばには、休憩所があるので、そこで、外へ出る準備を。カメラ...

  5. 満奇洞 again-(6) @2017-08-28 - (新)トラちゃん&ちー・明日葉 観察日記

    満奇洞 again-(6) @2017-08-28

    またまた、「川口浩の探検隊」の歌、2番からスタートです。♪原住民が底なし沼にはまる溺れている原住民の顔は笑ってる川口浩はピラニアに噛まれる噛まれた素手が突然画面に大アップになるさらに未開のジャングルを進む道には何故かタイヤの跡があるジャングルの奥地に新人類発見!腕には時計の跡があるこんな大発見をしながら、決して学会には発表しない川口浩の奥ゆかしさに僕らは思わず涙ぐむゆけゆけ川口浩、ゆけゆけ川...

  6. 満奇洞 again-(5) @2017-08-28 - (新)トラちゃん&ちー・明日葉 観察日記

    満奇洞 again-(5) @2017-08-28

    小さい時に大好きだったテレビ番組。「川口浩の探検隊!!」(ピンときた人は、同世代!!)嘉門達夫さんの、「ゆけゆけ! 川口浩!!」の歌も良く歌ったなぁ~♪川口浩が洞窟に入る~カメラマンと照明さんの後から入る~洞窟の中には、白骨が転がる、何かで磨いた様な、ピカピカの白骨が転がるすると突然頭の上から、怖いヘビが襲ってくる何故か不思議な事に~尻尾から落ちてくる~ヘビの攻撃さけると、動かないサソリが襲...

  7. 満奇洞 again-(4) @2017-08-28 - (新)トラちゃん&ちー・明日葉 観察日記

    満奇洞 again-(4) @2017-08-28

    満奇洞の続きです。見上げた状態も圧巻です。巨大な鍾乳洞は常に天井からは、ぽたぽたと水滴が落ちていて、足元も濡れています。水たまりには、映り込みも綺麗。日本屈指のリムストーン「千枚田」です。平成16年稲垣吾郎さんが金田一耕助役をした「八つ墓村」のロケ地にもなったところです。千枚田という皿状のものが重なった場所で小梅おばあちゃんの死体を浮かばせた有名なシーンに使われました。(あっ、左側に写り込ん...

  8. 満奇洞 again-(3) @2017-08-28 - (新)トラちゃん&ちー・明日葉 観察日記

    満奇洞 again-(3) @2017-08-28

    満奇洞内の照明が2014年3月から、LEDに交換されていたようで、より一層に鮮やかで幻想的な風景を見る事が出来ました。願いが叶うという「恋人の泉」地底湖です。ここは、特に美しい所です。色が変わって綺麗なのですが・・・突然に暗くなる時があって・・・・本当はちょっと怖いです。ロープが張ってあるので、水の中へ落ちる事はないのですが、じっと見てると引き込まれそうになります。その4へ続く・・・・ランキ...

  9. 満奇洞 again-(2) @2017-08-28 - (新)トラちゃん&ちー・明日葉 観察日記

    満奇洞 again-(2) @2017-08-28

    満奇洞の「竜宮橋」。何回も、同じ所をぐるぐる回りながら撮っているので、順不同です。場所によっては、かがまなければ通れない細い所もあるのですが、この場所は、かなりの広がりがあっていつ見ても、とても美しく感じます。ライトアップの光が変化するので、色々な表情が楽しめます。この日は、夏休みも終盤とあって、とても人が多くて、時には人も写り込んでいますが、決して、怪しい人影ではありませんよ~。!(^^)...

  10. 満奇洞 again-(1) @2017-08-28 - (新)トラちゃん&ちー・明日葉 観察日記

    満奇洞 again-(1) @2017-08-28

    歌人・与謝野晶子が「奇に満ちた洞」と詠んだことから、満奇洞と言われる事になった、岡山県新見市にある、岡山県指定天然記念物の「満奇洞」へ、行って来ました。「満奇洞」は2013年の7月以来、二度目の訪問となります。今回は・・・・家から往復約13時間半かけての(青春18切符使用)、めっちゃハードな旅となりました。朝6時51分の新快速で姫路まで、姫路から岡山まで山陽本線にて約1時間半。なぜかめっちゃ...

  11. あぶくま洞~夏井川渓谷 - ひつじweblog

    あぶくま洞~夏井川渓谷

    2016年8月20日。この日の天気予報は台風の影響で雨。雨でも濡れないところと出かけた先があぶくま洞だった。家を出た時は青空だったのに、あぶくま洞に着く頃には土砂降りに。ちょうど私達が駐車場から鍾乳洞の受付のある建物へと歩いてる時が、特別雨脚が強かったことをはっきり覚えてる(笑)鍾乳洞から出て来た時は小降りになってて、なんかツイてないって思ったな。その後、通りすがりの神社を参拝して、夏井川渓...

  12. 幽玄洞 - ひつじweblog

    幽玄洞

    7月29日(土曜日)続き。途中に神社を二つお参りしてから行った先は幽玄洞。多分、うちから一番近い鍾乳洞がここだと思う。近いから暑い日に涼みに行こうといつでも行けるって思ってたけど、なかなか行けずにこの日になった(笑)近いところほどそうなりがち。入場券とか売ってるところから杉林の中の坂道を登って鍾乳洞入口まで行く。道の両側には見頃は過ぎてたけど紫陽花が咲いてた。花が見頃の時期に行けたらよかった...

1 - 12 / 総件数:12 件

似ているタグ