鑑賞のタグまとめ

鑑賞」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには鑑賞に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「鑑賞」タグの記事(21)

  1. エルメスのてしごと展と日本技術者の現実 - 有座の住まいる

    エルメスのてしごと展と日本技術者の現実

    2017年10月17日「エルメスのてしごと展」を覗く。職人さんが実際に製作している所を惜しげもなく披露してくれる展示。触れられ、質問にも答えてくれ、魅入ってしまう。技術者を育成し維持していく企業体制が素晴らしい。すっかりエルメスファンになる。いや待てよ。それがこの展示会の狙いでしょ。日本伝統工芸者は彼ら以上の技術を持っている筈。日本技術者も連携して、こんな展示会を大々的に行ったら、ファンは増...

  2. 「ロゴの相談室展」梶原道生の柔らかな愛 - 有座の住まいる

    「ロゴの相談室展」梶原道生の柔らかな愛

    2017年10月03日梶原道生さんの「ロゴの相談室展」に行く。2年前にお会いしたとき、「私が創ってるのではありません(ロゴイメージは)クライアントが持っています」と、とても謙虚に仰った、その続きが訊きたくって。梶原さんの静かなお話が、いつの間にか「一個人を現わす表現としてのロゴ」に行きつき、デザイン愛があふれ出て、「私のロゴもお願い!」って言ったら、「自分で出来るんだから創りなさい」だって。...

  3. 《サハリン島》2017―アントン・チェーホフの遺産   - 天井桟敷ノ映像庫ト書庫

    《サハリン島》2017―アントン・チェーホフの遺産  

     ポスターで見かけたチェーホフの肖像が気になって、休日足を運びました。医師である傍ら、小説や戯曲を執筆し、30歳でサハリン島へのルポタージュの旅に出たチェーホフ。その過酷な旅の記録と人生、サハリン島の歴史を紹介します。チェーホフがなにを書いたかも思い出せないまま、興味惹かれる展示物を何度も足を止めながら眺めました。誠実な人柄が伝わってくる、良い展覧会です。年譜に読んだことのあるタイトルを発見...

  4. ラスコー洞窟潜入の気分! - 有座の住まいる

    ラスコー洞窟潜入の気分!

    2017年08月29日ラスコー展@九州国立博物館の展示は、本物洞窟と同じサイズと質感で、照明も暗転する。おまけに暗闇では堀込が浮き上がる仕掛け。痺れるね。アートが生まれたのはクロマニヨン人からなんだって。ビーナス彫刻や馬を模した投槍器に感激‼クロマニヨン人の蝋人形は血が通ってるようで動き出しそう。エイラ(地上の旅人/著ジーン・アウル)を想いながら鑑賞してました。

  5. 応援上映 - ままごと日記

    応援上映

    昨日のことです。たまごランド、一昨日2場面仕上がりました。昨日はもう2場面ラフな下描きができましたが、途中でお出かけです。初めて映画の応援上映というのに行きました。今までなんだ?そりゃと思っていたのだけど、忍びの国で応援上映が行われることになり、応援上映回は、唄ったり、声出したり、拍手したり、サイリウムやペンライト振ったり、コスプレ参加したり、とにかく映画と一体になってコンサートみたいに楽し...

  6. 札幌国際芸術祭2017 芸術の森美術館 - 天井桟敷ノ映像庫ト書庫

    札幌国際芸術祭2017 芸術の森美術館

     第二回目となる札幌国際芸術祭が開催されています。パワーダウンしたかにみえることしは、まだトキメクものがみつけられない。ゲストディレクターが変わったためか、2年前からなにかしら淘汰されたのか。それはわからないけれど、アートもビジネスであるということ。有島武郎旧邸に開催されている、鈴木昭男資料展《点音(おとだて)》をみてから、美術館の中庭にも配置されたそれを体感しました。足形のうえに立ち、聴こ...

  7. 「日本の自然を描く展&福島の桃 - ままごと日記

    「日本の自然を描く展&福島の桃

    昨日から早速夫の仕事がスタート。ベーシックコースの1回目です。2:00頃までお手伝いをしてその後は、上野の森美術館の「日本の自然を描く展」に行ってきました。入選作品700点以上の展示(会期を分けての展示で全体では2000点以上)。上手いなぁ!と心打たれ、魅了される絵。上手いけれど、上手い人なら誰でも描きそうな絵。なんでこの絵が選を通ったのかなぁと思う絵←選ばれた理由が観ぬけない自分はどこが足...

  8. ホカホカ幸せな気分の津島タカシ個展 - 有座の住まいる

    ホカホカ幸せな気分の津島タカシ個展

    2017年08月10日最終日に、駆けつけた展示会。マティスやミロのようなフォルムを生かした絵やふんわりした絵画があり、どれもホカホカ幸せな気分になる。版画のようでもあり違うような不思議な風合いを聞いてみるとGiclee(ジクレー)と言う印刷だそう。手書きでは修正できないもどかしさからレイアー分けのできるデジタル絵画に移行し印刷技術探求からジクレーに行きついたのだそう。紙も竹和紙、漆喰紙など素...

  9. 札幌国際芸術祭2017 *モエレ沼公園 - 天井桟敷ノ映像庫ト書庫

    札幌国際芸術祭2017 *モエレ沼公園

     散歩がてら出かけたモエレ沼公園にて。札幌国際芸術祭、前日だったため、プレオープンで一階と屋上のみが解放されていたこの日。バルーン彫刻の周りを、中古のレコードプレーヤーが取り囲み、ヘンテコな音を奏でる。開催中は中に入れるのか、バルーンにはチャックがついています。初めて登るモエレのお山。真っすぐ伸びるけもの道から頂へ。なんという作品なんだろ。自転車がズラリ並んでいるだけ、といばそれだけなのに滑...

  10. 蜷川実花展 - 気分は上々

    蜷川実花展

    蜷川実花さんは演出家である蜷川幸雄さんの娘さん。お父さんの血を十分受け継いでいるのがわかる「蜷川実花展」が高松市美術館で開催されているので、観に行った。では蜷川ワールドへようこそ。色遣いがあでやか~~。なんだか自分の目が華やかな色にキラキラしたのが分かった。いいものはやはり観るに限る。暑い中の心の清涼剤だ。

  11. 今日の絵とケヒンデ・ワイリー(ボストン美術館の至宝展) - ままごと日記

    今日の絵とケヒンデ・ワイリー(ボストン美術館の至宝展)

    夏の恒例、ペルグリーノ博士がやって来ます。明日から忙しくなります。昨日は、ボストン美術館の至宝展に行ったし、今日は1日中お絵描きできたし、明日からしばらく頑張ります。今日は、この間描いた絵に少し手を入れました。お花や葉っぱ、髪の毛辺りを。そして、ほぼ下描きなしの絵を。ちょっとイメージをお試し描き。昨日のボストン美術館の至宝展で面白いと感じた絵のことを書いておこうっと。現代美術のコーナー、ケヒ...

  12. ミレーの「洋梨」(ボストン美術館の至宝展) - ままごと日記

    ミレーの「洋梨」(ボストン美術館の至宝展)

    「ボストン美術館の至宝展」に行きました。このゴッホのルーラン夫妻の絵ももちろん心奪われましたが、一番心を奪われたミレーの小さな静物画「洋梨」のことを書いておきましょう。「ザクロも洋梨も同じ果物である、と洋梨を選んで描いた」ザクロは華やかであるのに対して洋梨は特に華やかなところはないということ。平凡な農民の絵を多く描くミレーらしい眼差しの選択。「慎ましい構図と繊細な色彩」背景は闇。右に黄色の洋...

  13. 九州大学伊都キャンバス椎木講堂コンサートホール - 有座の住まいる

    九州大学伊都キャンバス椎木講堂コンサートホール

    2017年07月22日九州大学伊都カンバスに初めて足を踏み入れた。まだ建設中。椎木講堂コンサートホールでのコンサートに良い機会だからと参加。今まで写真で目にしてきたキャンバス実物見るのは不思議な感じ。歴史や文化は長い年月を掛けて積み上げて創りだすもの。明治期から歴史を刻んだ箱崎キャンバスを捨ててこの地でどんな文化が生まれるのか知る術はないけれど箱崎キャンバス解体現場を見ると心痛む。コンサート...

  14. 層雲峡・大雪山写真ミュージアム 市根井孝悦の世界 - 天井桟敷ノ映像庫ト書庫

    層雲峡・大雪山写真ミュージアム 市根井孝悦の世界

    (写真、撮り忘れてお借りしました) 函館白百合学園高校で教鞭をとりながら、大雪山系の写真を撮り続け、プロの写真家となった函館市出身の市根井孝悦氏のミュージアム。雄大な自然の絶景を春夏秋冬ごと展示してある立派な施設は、廃校になった元小学校。各教室が、ブースごとうまく使われていて、冷房なしでもひんやりと涼しい。作品は、良くも悪くも実直に自然美をひたすら切り取ったもの。造形の美学とか、幾何学的要素...

  15. 語っちゃうけど - ままごと日記

    語っちゃうけど

    昨日土曜日からバイトは夏休み。バイトは好きだけど、休みだとお気楽だなぁ😄今日日曜日は、夫とも「忍びの国」を観に行く約束していたのに行けなくなった 😔少し前に行けないことが判明。恒例のペルグリー博士の講座のテキスト翻訳が間に合わなくて〜😣原稿書きも複数あるみたいだし…本当に忙しくて…仕方ないです 😞見せたかったな。で…、仕方ないか...

  16. ひまわり(映画) ソフィア・ローレン を見る - わたらせ

    ひまわり(映画) ソフィア・ローレン を見る

    GYOで『ひまわり』を見る。イタリア女性、男性と戦争のむなしさを感じる。ヘンリー・マンシーニの音楽は情感を盛り上げていいね。~~~~~~<by やじさん>~~~~~~

  17. 『アノニム』+ 忍ばせてる - ままごと日記

    『アノニム』+ 忍ばせてる

    原田マハさんの『アノニム』を読みました。超売れっ子人気作家のマハさんですが、私はマハさんのアートシリーズしか読んでません。『ジヴェルニーの食卓』『楽園のカンヴァス』『太陽の棘』そしてこの『アノニム』。ストーリーの設定、役割とキャラの立った登場人物、ストーリー展開の仕方が、映画化をイメージして書かれたのかな?!と思うような感じ。キーボードを叩く音で時間や日にちがデジタル表示されながら場面が進ん...

  18. さよならホタルさん - 金沢犀川温泉 川端の湯宿「滝亭」BLOG

    さよならホタルさん

    毎夜、犀川峡で美しく光を放っていたホタルさん達ここ数日でかなり数が減ってきました残念ながら、そろそろお別れのようです・・・まだそこそこいますが、雨のお天気が続きそうなのでお客様にお見せするのは難しい状況です雨のあいまをぬって、近くの田んぼで最後に撮影をしてきました!飛びながら光を放っているホタルさん、草陰にじっとひそんで静かに光っているホタルさんなんだかんだでたくさんいるので、お客様に見せら...

  19. 映画『忍びの国』を観た - ままごと日記

    映画『忍びの国』を観た

    7/2に映画『忍びの国』を観て来ました。初日7/1は舞台挨拶とそのライブビューイングがあったのだけど仕事で行けず…。でも急遽7/2も舞台挨拶とそのライブビューイングをやってくれることになって!無事ライブビューイングの回を観ることができました。実は、原作(和田竜氏)も脚本(これも和田竜氏)も読んでいたので、どんな風に映像化されるんだろう?!と楽しみにしていました。主人公無門のキャラクターを無門...

  20. ホタル - ★ 星soraの下で・・・ 製作日記 ★

    ホタル

    先週、ホタルを見に行ってきました!水のきれいな空気の澄んだ、山間のくんまですとっても癒されました!(^^)!明日から7月、暑くなりそうですね~

1 - 20 / 総件数:21 件

似ているタグ