鑑賞のタグまとめ

鑑賞」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには鑑賞に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「鑑賞」タグの記事(87)

  1. ミラクル エッシャー展@福岡アジア美術館 - 有座の住まいる

    ミラクル エッシャー展@福岡アジア美術館

    2019年03月26日1ケ月前に始まったミラクル エッシャー展@福岡アジア美術館も今週でお終い。今日、やっと行ってきました。初期作品が、素晴らしく良くって、ビックリ。緻密な風景版画を沢山創っていたのです!十代のリノカット作品の構図の旨さったら!「メタモルフォーゼ」シリーズ以前からエッシャーは芸術家だった!福岡アジア美術館は20時まで開館だから、28日、29日平日だと、19時から入場で独り占め...

  2. わからないのナゾ - 原初のキス

    わからないのナゾ

    よく絵画について「わからない」という人がいる。この発言は至極理解できる。大きな理由の一つとして、そもそも作り手が、容易にはわからないでいて頂けるように、創っているからである。見ました→分かりましたというテイだと、脳に対する刺激があまりに少なすぎるではないか・・。一方不思議なことに、外国の人からはこの言葉を未だかつて聞いたことがない。海外特に欧米の状況に詳しい知人に聞いてみたら、彼も一般的には...

  3. 金沢21世紀美術館 - 天井桟敷ノ映像庫ト書庫

    金沢21世紀美術館

    「まるびぃ」の愛称で知られる現代アートの館へ。ほんとうに、”どこから入ってもいい、どこから見てもいい”自由があります。順路の矢印がないかわり、ウロウロと迷うのもまたたのしい。何度も同じ通路を往ったり来たり。コレクション展『アジアの風景 / 粟津潔、マクリヒロゲル5』のいかにも現代アートな空間が好きでした。開館少し前に着いて、早めにチケットを買って並んでいたら、10時にはぞくぞくと人が溢れはじ...

  4. 翔んで埼玉 - ままごと日記

    翔んで埼玉

    昨日の朝、急に「翔んで埼玉」見に行こうか?っていうことになり夕方の回を予約。夫は仕事へ、私は絵を描いて、16:00に映画館で落ち合った。魔夜峰央(原作者・漫画)と言えば、私たちは「パタリロ」☝️この映画でも、パタリロ並みの衣装、BLなストーリー 😆ツボが満載で私も館内も爆笑だった。魔夜峰央の世界観にGACKTはぴったり!✨✨GACKTと言い、伊勢谷友介といい、京本政樹...

  5. 石川県立美術館と泉鏡花記念館 - 天井桟敷ノ映像庫ト書庫

    石川県立美術館と泉鏡花記念館

    特別展、絵画、陶芸、彫刻など、第1~第9展示室に分かれた館内。一等目を引くのは、国宝/野々村仁清 ( ののむらにんせい)による色絵雉香炉でしょうか。照明の落された部屋の中央に置かれた香炉はいかにも国宝。煌びやかではなく重厚です。石川県といえば九谷焼だそうで、他所でも多く目にしましたが、美術館にあるものは至って地味。焼き物としては好みでないけれど、土産物店などに置かれた現代風の個性的な染付はと...

  6. 石川県立歴史博物館 - 天井桟敷ノ映像庫ト書庫

    石川県立歴史博物館

    兼六園の向かいの丘にある『いしかわ赤レンガミュージアム』へ。『石川県立歴史博物館』、フリーの交流体験館スペース、『加賀本多博物館』がそれぞれ通路でつながっています。4年前にリニューアルオープンしたという館内は、複製ではない本物が、個性的なレイアウトで並んでいて見応え大。ちまちましたジオラマの精度がすごくたのしい。屋根の上の板、その上の石ころまで、じつに細やか。お気に入りの大名行列コーナーにあ...

  7. 癒しの空間Gallery wabi - 有座の住まいる

    癒しの空間Gallery wabi

    2019年03月01日ワークショップ続きと仕事で手一杯でエネルギー切れ。充電に向かったのがGallery wabiのand sumiresan.Flower Installation「奏でる」植物でどんな空間演出をするのか楽しみに。毎回違った しつらえ を期待しているが、今回がMAXか?こんなに自由に表現できるのね!ここに来るとお喋りになり、芸術論とか建築論が飛び出しちゃう。美しいものに対峙...

  8. 狂言師VS歌舞伎役者 - ままごと日記

    狂言師VS歌舞伎役者

    夫が休み(わーい!)をとって映画、『七つの会議』を観てきた。面白かった!どんなに面白い映画でも、ちょっと展開に滞りを感じたりふと退屈さを感じてしまう時間帯があるものだけれど、最初から最後までぶっ通しで引きつけられ、エンドロールが終わった瞬間に、いや!面白かったねー!と言ってしまう映画だった。半沢直樹や下町ロケットを生み出した名コンビ。原作、池井戸潤 監督、福澤克雄とくれば面白いに決まってると...

  9. パシフィック・リム:アップライジング&アイ・アム・レジェンド - ku.la stitch

    パシフィック・リム:アップライジング&アイ・アム・レジェンド

    昨日は夫とちまちまワインを飲みながら映画を観ていました。わたしはそんなに自発的に映画を観るほうではないのですが、夫はとても映画に詳しくて、よく一緒に面白そうな映画を観たり観に行ったりします。最近はなかなか面白い映画が出ないので、もっぱらPrime Videoで無料配信されている映画ばかり観ています。昨日観たのはパシフィック・リム:アップライジングと、アイ・アム・レジェンド。以下、ネタバレを含...

  10. 華麗なるオペラ特集 - ままごと日記

    華麗なるオペラ特集

    一昨日言っていた通り、昨夜は東京文化会館大ホールで「ららら ♪ クラシックコンサートvol.4 華麗なるオペラ特集」のコンサートだった。ソプラノ 森麻季 砂川涼子テノール 笛田博昭 宮里直樹バリトン ヴイタリ・ユシュマノフ指揮 松下涼介東京フィルハーモニー交響楽団いつものコンサートと違ったのはこのコンサートはNHKのEテレ音楽番組「ららら ♪ クラシック」で紹介した...

  11. 言葉が心に響いてる - ままごと日記

    言葉が心に響いてる

    いやー、今回、響いちゃったなぁ!💖何が?って…録画しておいた日曜美術館を観た。「アンリ・マティス」これは、この間行ったフィリップス・コレクションの看板。この中のマティス!だけど、書きたいのはゲストで出演していた日比野克彦さんのことなのだ 😆日比野さんの言葉が響いちゃってねー。マティスを通して画家のリアルな気持ちを語ってくれていた。「マティスの絵...

  12. 灰色の冬に似合ってる フィリップス・コレクション - ままごと日記

    灰色の冬に似合ってる フィリップス・コレクション

    「全員巨匠!フィリップス・コレクション展」於:三菱一号館美術館に行って来た。行ったのは昨日。ワシントンの私立美術館フィリップス・コレクションは、ニューヨーク美術館よりも早く、アメリカ近代美術を扱った最初の美術館だったそうだ。煉瓦造りの三菱一号館美術館。フィリップス・コレクションも赤煉瓦造り。黒光りする木の床、小さく区切られた部屋も似ているそうで、美術館丸ごとフィリップス・コレクションを味わえ...

  13. ラジオでミュージカル三昧 - 有座の住まいる

    ラジオでミュージカル三昧

    2018年12月27日FMから流れてきたミュージカルナンバーに聴き入ってしまう。なんと全て舞台で観劇してる!ミュージカル初体験がジーザス・クライスト・スーパースターだったのは幸いである。ミュージカル王道を歩むことが出来たのだから。番組は「音楽遊覧飛行・選▽映画音楽ワールドツアー」全てアンドリュー・ロイド・ウェバー「私はイエスがわからない(映画:ジーザス・クライスト・スーパースター)」「スーパ...

  14. ボナールをもう一度 - ままごと日記

    ボナールをもう一度

    おおこと会った。おおこも昨日、東山魁夷展を観たてのホヤホヤでハートから湯気が出るくらい2人で感想を熱く語りあった。こうして語り合える人がいる幸せよ ✨実は一昨日、東山魁夷展を観た後、1階展示場に降りてまたピエール・ボナール展を観た。東山魁夷展の図録も上着もみんなロッカーに入れて、2度目だから、ガイドも借りないし、観たい絵だけ観ればいいと身軽に観た。本来なら感動の東山魁夷展の後、何も上書きした...

  15. 紀尾井ホール✨✨ - ままごと日記

    紀尾井ホール✨✨

    会社にお手伝いに行き、そのまま夫とコンサートへ。河村尚子さんのべートーヴェン・ピアノ・ソナタ・プロジェクト Vol.2場所は紀尾井ホール。紀尾井ホールは、こじんまりと上品で大好き。シャンデリアが素敵で、まるて絵画のようでうっとり。写真は光ってしまってシャンデリアの美しいディテールが見えなかった!残念!プログラムは…ベードーヴェンピアノソナタ、夫のように頭に入っていないから感想は、すごい!にな...

  16. 魂の琴線に触れた東山魁夷展 - ままごと日記

    魂の琴線に触れた東山魁夷展

    夕べ、著者さんからデータが文字化けして見られないと連絡があり(編集者さんは見られてるんだけど…圧縮ファイルの開け方がわからなかったのだろう)ホントは編集者さんがやることかなと思ったけれど早く見たいだろうし、見てもらいたいと思い印刷して郵送することに決めた。夜12:00近くまでかかって全部印刷して今朝投函した。今日は新国立美術館に行くことに決めていた。『東山魁夷展』東山魁夷は有名だし、今年は東...

  17. カール・ラーション - ままごと日記

    カール・ラーション

    プリンター、買った 😊土曜日に届きます。そして行きたかった展示『カール・ラーション』に行った。「スウェーデンの暮らしを芸術に変えた画家」水彩画に等身大の幸福な家庭を見た、と言われるように妻のカーリンとスンドボーンに創り上げた家リッラ・ヒュットーネス、妻、家族の生活の絵が当時の貧しい中流家庭、労働者に住居の改革を巻き起こし現在にまで至っている。日本人もスウェーデンのイン...

  18. 好きなのは - ままごと日記

    好きなのは

    昨日はツイッターの相互さんが4人も出展している現代童画展に行った (於都美術館)その内のお二人は委員から会員推挙になっていた 👏👏左上から 木下さやさん、左下 山川空さん、右上 竹内香ノ子さん、右下 西本静子さんこの4枚の絵のうち、相互さんは3枚で右下の絵は気に入ったので撮った 😊三つ編みの女の子の絵はF50、鳥の方は...

  19. 常に新しい、ロレックスログタイプ36MM鑑賞 - 最も完全なロレックスRolex分類ブログ

    常に新しい、ロレックスログタイプ36MM鑑賞

    ロレックス時計ブランドは、スイス産業として、今年のクリスマス前に、心からお招きします。永遠経典ロレックスログタイプ36MM鑑賞ロレックスのログタイプ、古典的なコピー腕時計モデルであり、機能であろうと美学風であろうと、常に新しい。この時計は、世界初3時位置にカレンダー窓を設けた自動チェーン防水天文台認証腕時計である。ロレックスコピー時計、ロレックス公式サイト当時すべて重大な革新的な発明を凝縮し...

  20. ボナール展とあの子をナデナデ - ままごと日記

    ボナール展とあの子をナデナデ

    新国立美術館で『ピエール・ボナール展』を観てきた。ピエール・ボナール、大好きだ 💖特に日常の光景を描いた絵。日常の動き、流れの中のほんの一瞬を捉え、その心象のままに大胆に形を変えながら色彩豊かに描かれた絵に心酔した。明るい幻想的な光溢れる色彩。ブルジョアの生活には風刺を含み、室内の人や猫の絵は日常の温かみがある。ジャポニズム的な平坦な装飾も面白い。グラィックアートもデ...

総件数:87 件

似ているタグ