長宗我部元親のタグまとめ

長宗我部元親」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには長宗我部元親に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「長宗我部元親」タグの記事(6)

  1. 瀬戸内海を望む讃岐引田城。その3<東の丸~北二の丸~大手門~南二の丸> - 坂の上のサインボード

    瀬戸内海を望む讃岐引田城。その3<東の丸~北二の丸~大...

    「その2」のつづきです。引田城最東端の引田鼻灯台から北西に向かいます。 誘導板には「東の丸約70m」とあります。 ここからまた登りになります。 「東の丸」です。往時には、ここに火薬を保管する煙硝蔵などの軍事施設があったと推定されています。 東の丸から東側を見ると、前稿で紹介した引田鼻灯台が見えます。 沖に浮かぶ小島は、右手前が通念島、左奥が松島。 東の丸は東から西に150mほど左ドッグレッグ...

  2. 阿波国最大の山城、一宮城攻城記。その4<小倉丸~椎の丸~下山道> - 坂の上のサインボード

    阿波国最大の山城、一宮城攻城記。その4<小倉丸~椎の丸...

    「その3」の続きです。本丸を後にして、一宮城南側に向かいます。 一宮城の縄張りは大きく北城と南城に分かれていて、「その2」「その3」で紹介した才蔵丸、明神丸、本丸が北城、そして本稿で攻める曲輪が南城になります。 誘導板にある水手丸、小倉丸、椎丸が、南城の曲輪です。 しばらく歩くと、「投石用の石」と書かれた説明板と石がありました。たしかに、投げやすそうな大きさの石ですが、これだけをもって「投石...

  3. 阿波国最大の山城、一宮城攻城記。その3<本丸> - 坂の上のサインボード

    阿波国最大の山城、一宮城攻城記。その3<本丸>

    「その2」の続きです。一宮城本丸跡まで登ってきました。眼前に姿を見せた本丸石垣の迫力に圧倒されます。 一宮城本丸は標高約144.3mに位置し、ここだけ、総石垣造りとなっています。石垣に沿っての本丸の大きさは、東北約36m、西北約23mの不等辺三角形で、石垣の高さは約5mあり、反りはほとんどありません。 虎口は東側の1ヶ所だけです。 とにかく本丸石垣の周囲を1周してみましょう。 虎口石段横の石...

  4. 阿波国最大の山城、一宮城攻城記。その2<才蔵丸~明神丸> - 坂の上のサインボード

    阿波国最大の山城、一宮城攻城記。その2<才蔵丸~明神丸>

    「その1」の続きです。一宮城の縄張りは大きく北城と南城に分かれていますが、その北城の東側にある才蔵丸と明神丸を分断する大堀切が下の写真です。 見事なV字です。この左側が才蔵丸、右側が明神丸です。 その説明板。 反対側からみた堀切です。 堀切の南側に、才蔵丸に登る虎口があります。 入口に立つ石碑は「才蔵丸」ではなく「財蔵丸」と刻まれています。 才蔵丸跡です。 広い。 才蔵丸は一宮神社横の登城口...

  5. 阿波国最大の山城、一宮城攻城記。その1<登山口~湧水> - 坂の上のサインボード

    阿波国最大の山城、一宮城攻城記。その1<登山口~湧水>

    先日の稿で紹介した勝瑞城跡から直線距離で12kmほど南西にある一宮城跡を訪れました。ここも、勝瑞城跡と同じく平成29年(2017年)4月6日に日本城郭協会から発表された続日本100名城に選定された城です。徳島県下ではこの2ヶ所が選ばれました。 一宮城は徳島市の南西部、鮎喰川右岸にある東竜王山系の尾根先端にある標高144.3mの山頂にあります。登山口は、一宮神社と四国八十八箇所霊場の第十三番に...

  6. 『土佐史料に見る岡本合戦』 - 清良の菴(きよよしのいおり)

    『土佐史料に見る岡本合戦』

    西南四国歴史文化論叢『よど』第二十号掲載論稿『土佐史料に見る岡本合戦』 松本敏幸はじめによど第十七号、第十九号では『岡本合戦の年数問題』について筆を執りましたが、今回は『元親記』『長元物語』『土佐軍記』『土佐物語』に目を向けます。実は『元親記』『長元物語』には岡本合戦の年数が記述されてい...

総件数:6 件

似ているタグ