長岡のタグまとめ

長岡」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには長岡に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「長岡」タグの記事(8)

  1. (新潟)越乃景虎 純米原酒 / Koshinokagetora Jummai Genshu - Macと日本酒とGISのブログ

    (新潟)越乃景虎 純米原酒 / Koshinokage...

     近所の酒屋で購入した夏季限定酒です。しっかり,かつすっきりした味わいで旨し。越乃景虎 純米原酒醸造元:諸橋酒造株式会社(新潟県長岡市)杜氏:-原材料:米,米麹原料米:-精米歩合:65%アルコール度数:17度以上18度未満日本酒度:-酸度:-アミノ酸度:-取得価額:2,916円/1,800ml↑ 越乃景虎 純米原酒 気が向いたらクリック!

  2. 長岡花火大会@2017夏の思い出 - Manami‐Island 

    長岡花火大会@2017夏の思い出

    8月2日、念願の長岡花火大会見に行ってきました~(((o(*゚▽゚*)o)))浴衣で見に行ってきたよ!2~3年前に購入してやっと袖を通しました(;^ω^)箪笥の肥やしにならなくて良かったww私としては珍しい色の浴衣です。いっぱい動画&写真を撮りました。撮りすぎて途中メモリがなくなるというプチハプニングが…なので、一番動画に撮りたかったプログラムが撮れないという事態に:(;゙゚''ω゚''):...

  3. 4183の宴【番外編】〜長岡花火楽しんじゃおう!〜 - 何かがあるから毎日楽しい!!

    4183の宴【番外編】〜長岡花火楽しんじゃおう!〜

    2017.8.2いよいよ今日は待ちに待った長岡花火。そうです、4183の宴【番外編】〜長岡花火楽しんじゃおう!〜の開催です。東京、新潟はもちろんの事、北は北海道、南は愛知、オーストラリアから集まる花火好きな方達。皆さんに私の故郷新潟県が誇る長岡花火の感動を味わっていただきたく、約10ヶ月前から準備してました。参加していただくほとんどの方が初めて長岡花火を観るということで、想像以上の感動をお伝...

  4. 司馬遼太郎「峠」文学碑(北越戦争レポート⑮) - 気ままに江戸♪  散歩・味・読書の記録

    司馬遼太郎「峠」文学碑(北越戦争レポート⑮)

    司馬遼太郎「峠」文学碑(北越戦争レポート⑮)  今日で、北越戦争レポートを終了させてもらいますが、最後は、司馬遼太郎の「峠」文学碑について書きます。  河井継之助(つぎのすけ)が全国的に有名になったのは、司馬遼太郎が「峠」を書いたからでしょう。 その「峠」文学碑は、榎峠を望める「越の大橋」の西詰に設置されています。(下写真) 長岡駅からも小千谷駅からも遠い距離にあるので、車を使用していくしか...

  5. 河井継之助(つぎのすけ)死す(北越戦争レポート⑭) - 気ままに江戸♪  散歩・味・読書の記録

    河井継之助(つぎのすけ)死す(北越戦争レポート⑭)

    河井継之助死す(北越戦争レポート⑭)  今日は、河井継之助(つぎのすけ)の負傷死について書きます。 下写真が、河井継之助(つぎのすけ)のお墓です。 慶応4年7月25日、河井継之助(つぎのすけ)は、八丁沖渡渉作戦を成功させて、長岡城を見事に奪還しました。 長岡城内にいた新政府軍は、信濃川の西岸に退却していきましたが、長岡城北方には薩摩藩を中心とした新政府軍がいました。この部隊は、長岡藩はじめ同...

  6. 八丁沖渡渉作戦(北越戦争レポート⑬) - 気ままに江戸♪  散歩・味・読書の記録

    八丁沖渡渉作戦(北越戦争レポート⑬)

    八丁沖渡渉作戦(北越戦争レポート⑬)  今日は北越戦争のハイライト、八丁沖渡渉作戦について書きます。 八丁沖というのは江戸時代に長岡城の北東方向にある南北約5キロ東西約3キロの大沼沢地です。 明治以降の干拓工事により、現在は、広大な水田地帯となっていますが、現在でも大雨が降ると水を被ることがよくある地域だそうです。 今町陥落は、新政府軍に大きな衝撃を与えました。 参謀山県有朋は、防衛ラインを...

  7. 今町の戦い(北越戦争レポート⑫)  - 気ままに江戸♪  散歩・味・読書の記録

    今町の戦い(北越戦争レポート⑫) 

     今町の戦い(北越戦争レポート⑫)  今日は、北越戦争のうちの「今町の戦い」について書きます。 今町は、長岡市の北側の見附市にあります。6月に長岡を旅行した時には時間がなくて行くことができませんでした。 慶応4年5月19日に長岡城が落城しました。しかし、長岡藩と河井継之助(つぎのすけ)は、そのまま敗北したわけではありません。 河井継之助(つぎのすけ)は、一旦、栃尾に退却しました。 新政府軍は...

  8. 長岡城落城(北越戦争レポート⑪) - 気ままに江戸♪  散歩・味・読書の記録

    長岡城落城(北越戦争レポート⑪)

    長岡城落城(北越戦争レポート⑪) 今日は、長岡城の落城について書きます。 榎峠と朝日山を奪取した長岡藩に対して、新政府軍は即座に反撃を行うことができませんでした。 この攻防戦が行なわれた時期は、新暦でいえば6月でちょうど梅雨時にあたります。 通常の年であっても、雨が多く川が増水する時期ですが、慶応4年の梅雨は、例年よりも雨量が多かったそうです。そのため、信濃川の水量が増していて、新政府軍は、...

1 - 8 / 総件数:8 件

似ているタグ