長野県のタグまとめ

長野県」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには長野県に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「長野県」タグの記事(392)

  1. キタキチョウ - 蝶と自然の物語

    キタキチョウ

    2019年8月3日■長野県松本市コヒオドシの同じポイントで番外編キタキチョウひっそり木陰で静止

  2. 富士見台高原に行ってきた!! - じぇいこぶす日記

    富士見台高原に行ってきた!!

    8月11日に長野県と岐阜県の県境にある富士見台高原に行ってきました。ちなみに富士山は見えないとのこと…笑梅雨が明けてから30℃を超える毎日。暑い…汗それがなんと、夏場の富士見台高原は気温25℃前後‼︎避暑地に逃げろっということで高速に乗り、富士見台高原に向かって出発!途中で寄った高速道路のサービスエリアでパシャり!着いたらロープウェイがあり、乗らないとそこに辿り着けない為、購入!ロープウェイ...

  3. 最後にミドリヒョウモン - 蝶と自然の物語

    最後にミドリヒョウモン

    2019年8月3日■長野県松本市ミドリヒョウモンも・・突然現れました。コヒオドシから始まりウラギンスジヒョウモンスジボソヤマキチョウ多数オオイチモンジ雌コムラサキオオミスジミドリヒョウモン最終まるで蝶のショータイムが私の為に行ってくれた??まあ・・次回来てもこんな事は起こらない絶対!不思議のショウタイム終わり

  4. オオミスジも・・ - 蝶と自然の物語

    オオミスジも・・

    2019年8月3日■長野県松本市夢中で撮影時にオオミスジの姿は観れたのですが高く静止して撮影出来る環境では無かったのですがまた同じような地面に静止今度は目の前に飛んで来ました。挨拶に来たのでしょうか目線で撮影出来るのは有りがたい

  5. 白馬鑓温泉  まったり温泉三昧2019.8.9~10(金土) - 心のまま、足の向くまま・・・

    白馬鑓温泉 まったり温泉三昧2019.8.9~10(金土)

    鑓温泉へのお花畑を Kaさんとのんびり歩き露天風呂からきらきら輝く星空を眺め雲上の温泉 白馬鑓温泉 を堪能してきました

  6. オオイチモンジ雌・・・まさかの登場 - 蝶と自然の物語

    オオイチモンジ雌・・・まさかの登場

    2019年8月3日■長野県松本市コヒオドシ狙いでコヒオドシも撮影ウラギンスジヒョウモンも撮影スジボソヤマキチョウが多数撮影!夢中な蝶の撮影が続き満足な一瞬が続きこの後予想もしていない蝶が来ました。一瞬止まった時が・・・え!何の蝶・・久しぶりの再会オオイチモンジ!ちょうと白っぽいい・・・何とオオイチモンジの雌!まさか・・まさかコヒオドシ以上の成果です。(個人的か感想)(^。^)オオチモンジの雄...

  7. スジボソヤマキチョウが多数 - 蝶と自然の物語

    スジボソヤマキチョウが多数

    2019年8月3日■長野県松本市スジボソヤマキチョウが羽化して多数観るのは初めて何頭かは下の方に下って行きます。コヒオドシの止まった場所執念に何故か静止止まっては飛び止まっては飛びの繰り返し飛翔もチャレンジ 色が白っぽい雌も同じ場所でいろんな蝶が撮影出来るのは有りがたいまだまだ蝶が現れます。この後予想外の蝶が静止・・

  8. 信州コヒオドシ - 蝶と自然の物語

    信州コヒオドシ

    2019年8月3日■長野県松本市ポイントを移動してコヒオドシ狙いと、言っても確信が無い。観れる確率10%から20%撮影確率は数%かそれでも優先してここへ到着すると先客もおられ確認出来無いとの事!まあ難しいのは承知の上スジボソヤマキチョウが多数観られ羽化したてでしょうか先客も諦め帰った後・・・スジボソを撮影しようかと・・カメラを構えた時でした。目の前に黒っぽい蝶が止まりました。ひぇ~驚き・・コ...

  9. 暗い林道の獣糞にキバネセセリ - 蝶と自然の物語

    暗い林道の獣糞にキバネセセリ

    2019年8月3日■長野県木曽町ここの林道でキバネセセリは初めて茶新以上に実際は暗くフィルムカメラでは名とろぼ無しでは撮影不可能・・何て思いながらストロボ有り無しで撮影獣糞から離れても、気に成り直ぐに戻ります。獣糞には5~6頭居たと思われ比較的気鋭な個体とボロが混じります。飛んだ瞬間・・ちょっと分かりづらいか・・ヘリグロ・キバネを撮影しましたが立ち入り禁止の場所も有りホシチャバネ狙いは断念に...

  10. コムラサキ - 蝶と自然の物語

    コムラサキ

    2019年8月3日■長野県木曽町ここのポイントは久しぶり最初来た時は多くの蝶が居た記憶でしたが回数を重ねる毎に蝶の種類も減ってきました記憶2011年以来8年ぶり林道も木が高く成り薄暗く成った感じ2010年にシータテハの居た場所まで行くとコムラサキの姿が・・光の角度でムラサキ色が・・・阪南市でも稀に居るのですが中々ムラサキ色の撮影までは行きません。

  11. ヘリグロチャバネセセリ - 蝶と自然の物語

    ヘリグロチャバネセセリ

    2019年8月3日■長野県木曽町オナガが期待外れちょっとテンションが落ち気味ここは初めて行くポイントで薄暗い場所から1頭のセセリスジグロ・・・??その時は別の調査で・・帰ってから核にするとどうもヘリグロチャバネセセリ綺麗な個体は初撮影!基本スジグロに比べ発生は早いのですが8月にヘリグロの綺麗な個体は嬉しい狙って中々撮れない認識今後はまた調査したいと・・ここは成果はヘリグロだけでした。別のポイ...

  12. オナガシジミ - 蝶と自然の物語

    オナガシジミ

    2019年8月3日■長野県木曽町今年は雨で予定が中止しなったりどうも消化不良最初は予定して無かったのですが急遽信州方年に行くことに遅いのは分かってたのですが早朝オナガのポイントに・・・気合いとは真逆に叩けど叩けどオナガの姿が・・・1頭も見かけません。あらら・・(@_@;)場所を変えて・・・ようやく1頭のオナガを確認!出鼻を挫かれ・・消化不良

  13. 2019.07.20 実家でタイヤ保管 - ジムニーとピカソ(カプチーノ、A4とスカルペル)で旅に出よう

    2019.07.20 実家でタイヤ保管

    ピカソにスペアタイヤとファンヒーター、灯油容器を積み出発タイヤ8本積んでも余裕のピカソ君実家の駐車場にスタッドレスタイヤ置かせて貰いましたジムニーとピカソの分8本ファンヒーターと灯油容器は実家で使って貰います

  14. 浅間山、小規模噴火 - フリーアナウンサー 佐藤真生 ~ まきの巻 ~

    浅間山、小規模噴火

    昨夜、小規模噴火した浅間山。今朝5時すぎに佐久市内から見た様子です。いつもと変わりない感じ…

  15. 唐松岳・五竜岳縦走 ②2019.7.30~31 - 心のまま、足の向くまま・・・

    唐松岳・五竜岳縦走 ②2019.7.30~31

    7/31山旅2日目4時起床五竜岳の山頂が眼前に聳え 胸が高鳴ります山荘の暖かく美味しい朝食を頂き5:30荷物はデポ 空身で五竜岳頂きを目指し出発!

  16. 唐松岳・五竜岳縦走 ①2019.7.30~31 - 心のまま、足の向くまま・・・

    唐松岳・五竜岳縦走 ①2019.7.30~31

    白馬八方尾根から唐松岳・五竜岳を歩き遠見尾根に下る周回ルートを1泊2日山の会の仲間5人で楽しんできました7:15ゴンドラアダモに乗って出発

  17. 茅野の旧家 - ないものを あるもので

    茅野の旧家

    昨日は伯父(母の兄)の家へ。挨拶に行った。母は四人兄弟で、他の三人には昨夏の母の癌を診せる「東京近郊大病院巡り」から葬儀まで、度々会えたけれど、長兄である叔父は脚が不自由で、とうとう声(電話)だけだったから、会ってお礼やお詫びやいろいろ伝えようと頑張ってゆくことにした。お昼を(なんと鰻だ。貧乏乞食今季初鰻)ご用意くださって、その食卓に、この2つが。私が来るならと、長野から来てくれた従兄が、談...

  18. 立科えんでこ@立科町 - フリーアナウンサー 佐藤真生 ~ まきの巻 ~

    立科えんでこ@立科町

    昨日は、立科町の町民まつり「立科えんでこ」MCでした。暑かったけど、午後からは曇りがちで、炎天下ではなかったのが救い。「えんでこ」とは…歩いて行こう=えんでく、という方言が由来だそうです。今はあまり使わなくなったみたいですが。蓼科牛の振る舞いがあって、めちゃくちゃ美味しかった!!飲み物などもたくさん用意して頂いて、喋る合間はよく食べよく飲み…リスナーさんに「よく食べますね」と声をかけられてし...

  19. 長野Trip #8 番外編 - Bronz Photo

    長野Trip #8 番外編

    松本から黒部ダムへ向かう途中コンビニに立ち寄った。駐車場から見える光景が気になり思わずパチリ。家族旅行では、僅かな隙を見つけては撮る。だからズームレンズの方が使い勝手が良い。

  20. 長野Trip #黒部ダム - Bronz Photo

    長野Trip #黒部ダム

    松本から黒四ダムへ。息子に見せたいと思い企画した。朝7時過ぎにに松本を出発し、8時半頃扇沢に到着。幸い駐車場に空きがあり、トロリーバスにも待ち時間無しで乗車出来た。バスはバッテリー式に変わっており、正確にはトロリーではなくなっていた。およそ40年振りの黒部ダムは、当時の記憶と変わりない。小学生ながら、圧倒的水量だけは記憶に残っていた。息子もそれなりに見応えあったようである。

総件数:392 件

似ているタグ