長野のタグまとめ

長野」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには長野に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「長野」タグの記事(726)

  1. おやき図鑑その1生坂村勝家 - 週末は山にいます

    おやき図鑑その1生坂村勝家

    今日から新たなカテの記事をスタートをしてみようと思います!しばらく山で遊べないからさ、、、つうコトで、「おやき図鑑」スタートです!記念すべき「その1」ってコトで、、生坂村の「勝家商店」です!いきなりの大本命なのです。ココんちのおやき、最高に美味いよ!大好きです(^^)/昔ながらと書いている看板自体がすっかり経年で味わい深くなってるね!お店では地元のオバちゃんたちが切り盛りしてます。注文してお...

  2. 長野そぞろ歩き・アンズ祭り:更埴・森のアンズ(その2) - 日本庭園的生活

    長野そぞろ歩き・アンズ祭り:更埴・森のアンズ(その2)

    アンズ祭り、第3弾。千曲市(旧・更埴市)の森のアンズの2回目。有料駐車場が開いたので、停めて、少し歩きました。この森では、こういう古木をたまに見かけます。他の木々が芽吹きの前に咲くアンズ。お稲荷様のケヤキ。樹齢600年と言われています。千曲市指定の天然記念物です。農道をそぞろ歩き。アンズの花は、薄っすらピンクのものと、少し濃いものがあります。品種の違いだそうです。飯綱山遠望。ちょっと霞んでい...

  3. 長野そぞろ歩き・アンズ祭り:千曲市倉科・森のアンズ - 日本庭園的生活

    長野そぞろ歩き・アンズ祭り:千曲市倉科・森のアンズ

    アンズ祭り、第2弾。先の日曜日、千曲市(旧・更埴市)の森のアンズを見にいきました。混みそうなので、朝、少し早めに。「一目十万本」といわれるアンズの産地です。森将軍塚を模した展望台。この地にアンズがもたらされたのは元禄時代。伊予宇和島藩主・伊達宗利の息女・豊姫が、松代藩の第3代藩主・真田幸道にお興入れの際、故郷を偲ぶため、あんずを植えたのが始まりといわれています。その後、松代藩では、殖産のため...

  4. 雪の中、器を。 - ふゆう うつわと日々

    雪の中、器を。

    春になり、納品にうろうろ。先日の雪で真っ白。静かで、山がひっそりしてる。春の、つらら。薄暗くなって、器が暗い。何をしてもしなくてもゆっくり、いろいろ進んでいくなあ。冬が春になった。

  5. 春のうつわ展 - ふゆう うつわと日々

    春のうつわ展

    長野県茅野市の「器とカフェ陶仙房須栗平」。春のうつわ展が始まりました。4月12日(金)~5月6日(月)まで、GW期間中は毎日開催です。白、黄、グリーン、茶。花、草木、葉っぱ、土。春の自然の中に見る色のような、淡い器。なんだか柔らかい雰囲気になりました。ヘアゴムも、ひとつひとつ、いろんな模様や色を重ねて。楽しく作りました。まだストーブが欠かせないですが、ゆっくりとお茶でもしながら、気軽に見てい...

  6. 朝んぽご近所さくらめぐり1 - ゆるにこ日記 ~nikopys note2~

    朝んぽご近所さくらめぐり1

    今朝は長野の桜をパトロールこぶしとのコラボご近所の公園も咲き始めできたて咲きたて♪ピンクちゃん可憐じゃー晴れてきた青空に映えるにゃ水仙にヒヤシンスもこんにちは公園はこんなかんじ光の向きで色味も変わるこーゆーのもいいな

  7. 長野そぞろ歩き・アンズ祭り:松代町東条のアンズ - 日本庭園的生活

    長野そぞろ歩き・アンズ祭り:松代町東条のアンズ

    先の土曜日は天気も良く、春らしい日和になりました。アンズが満開だというので、長野市内、松代町東条のアンズを見にいきました。北アルプスもキレイに見えました。サンシュユも満開。アンズと北アルプスの展望。花がモコっと咲くのがアンズの特徴。また、ツンツンと天に向かって枝を伸ばすのも特徴です。探訪日:2019.04.13

  8. 津南・Kura Cafe(クラカフェ) - HOT HOT SPRINGS

    津南・Kura Cafe(クラカフェ)

    帰りもディマンド交通で、待合室入れず(^^;)

  9. 秋山郷の宿 2019年2月 - HOT HOT SPRINGS

    秋山郷の宿 2019年2月

    宿に戻り夕食。

  10. 2019.4.5長野県松本市・鍬形原古墳群 - シュタイブ!

    2019.4.5長野県松本市・鍬形原古墳群

    中山霊園内に保存されている古墳群です。マップ考古博物館でいただける。標柱中山15,16,49号墳並びの列で撮影。中山霊園入口の道路にもあった。中山15号古墳墳丘現存している鍬形原古墳群の中で一番見応えがある。石室内部説明板内容抜粋墳丘には高さ1mほどの外護列石、周溝あり、一辺20m、高さ5mの方墳、玄室・長さ4.8m、幅1.8m、前後2室に分かれる、羨道・長さ2.6m、壁高1.6~1.8m、...

  11. 2019.4.5長野県松本市・桜ヶ丘古墳、針塚古墳 - シュタイブ!

    2019.4.5長野県松本市・桜ヶ丘古墳、針塚古墳

    桜ヶ丘古墳松本市野球場北北東300m。説明板墳丘北から墳丘南から墳丘石針塚古墳松本市山辺運動広場西北西350m。周溝保存のため、広く敷地を確保してくれている。墳丘北西から墳丘東から竪穴式石室を復元している。景観にもご注目あれ。説明板内容抜粋墳頂の竪穴式石室の他、周溝の底からも2基の埋葬施設が発見。積石塚古墳・径20m・周溝幅1.6m(西側)~3.1m(東側)/墳丘高さ約2m墳頂部竪穴式石室・...

  12. 2019.4.5長野県松本市・妙義山古墳跡 - シュタイブ!

    2019.4.5長野県松本市・妙義山古墳跡

    久々の「下調べに無かったけど現地に行ったら見つけた古墳」。案内図元々桜ヶ丘古墳に向かっていたが、途中で見かけた。桜ヶ丘古墳は松本市野球場から見て北側。妙義山古墳跡は東側。案内板目的地までかなり親切に立てられている。獣よけフェンス棺護山古墳群同様現地はこの向こう。熊よけの鈴をお忘れなく。1号墳古墳群全般の説明板が立っている。背景の景観にもご注目あれ。説明板標柱引っこ抜けてからかなり時間が経過し...

  13. 2019.4.4長野県松本市・道路沿いの古墳 - シュタイブ!

    2019.4.4長野県松本市・道路沿いの古墳

    前回までは同じ場所に固まって存在していた古墳の紹介だったが、今回は自転車・車で移動しながら見た古墳。小山下古墳考古博物館の東南東400mの畑地。現地の看板はここでは何が書いてあるか不鮮明だったが、次の埴原(はいばら)古墳でわかった。墳丘看板埴原古墳小山下古墳の北東方向200m。看板そばの業界団体が文化財の管理に協力しているらしい。この辺りだけでも他にもまだあった。墳丘墳頂の馬頭観音大槻古墳小...

  14. 2019.4.4長野県松本市・向畑・坪ノ内古墳群 - シュタイブ!

    2019.4.4長野県松本市・向畑・坪ノ内古墳群

    前回紹介した分も含めてですが、松本市の中山周辺はどの古墳群に分類されていても「中山〇〇号墳」と呼ばれる古墳がほとんどのようです。標柱中山保育園入口の案内と並んで建っている。絵地図では中山保育園からライスセンターあたりが向畑遺跡、8号、10号墳を含む田畑を坪ノ内遺跡に分類している。1号墳・向畑遺跡内保育園駐車場に隣接1号墳から西は荒れたままなので雑木林を突っ切らず、保育園南側の道を通って西に出...

  15. 2019.4.4長野県松本市・北尾根古墳群、棺護山古墳群、考古博物館 - シュタイブ!

    2019.4.4長野県松本市・北尾根古墳群、棺護山古墳...

    北尾根古墳群弘法山古墳と道を挟んだ反対側の散歩道に存在する古墳。振り返ると考古博物館が絵地図で紹介している古墳の多くはコースに伐採等、手が入っていて歩きやすい。ここもそうだし、墳丘もわかりやすいが現地に案内は無い。しかし松本市考古博物館に事前に質問をしたらきちんと回答も容易していただいていたので、望めば遺跡地図も用意していただけるかもしれない。周辺案内図散歩道入口に設置してあるが、木製のため...

  16. 長野そぞろ歩き:春の犀川河川敷 - 日本庭園的生活

    長野そぞろ歩き:春の犀川河川敷

    先の土曜日、穏やかな春の陽気になりました。天気が良かったので、近所をそぞろ歩き。サクラはまだまだですが、アンズは咲き始めました。もうすぐ、満開。犀川の河川敷へ。上流側、奥に見えるのは、鹿島槍ヶ岳(右)と爺ヶ岳(左)。下流側は、志賀高原の山々。河原に埋もれるレンガの塊。昔の土木構造物のカケラでしょう。鬼の角?貝の化石、発見!セレクトカラーでも、撮ってみました。賽の河原みたいになりました。探訪日...

  17. 2019.4/4長野県松本市・弘法山古墳 - シュタイブ!

    2019.4/4長野県松本市・弘法山古墳

    春本番!あなたのお気に入りの桜ショット2019「お気に入り」と呼ぶには程遠い結果でしたが、毎年これをやらないとなんかスッキリしないもので(汗)昨年4/5に満開の映像を見たからこの日程にしたのですが、サッパリ。地元のの方によると「関東から2週間遅れくらいで普通。去年は異常に早かった。」ということだそうです。説明板ちょうちんまったく開花していないと寂しい風景墳丘からのロケーションまあ、これを見れ...

  18. 長野そぞろ歩き:春の散歩の景 - 日本庭園的生活

    長野そぞろ歩き:春の散歩の景

    今日から新年度。ようやく、春らしい陽射しになってきました。少し前の我が家の福寿草。撮影日:2019.03.15 ここからは、先の日曜日、愚犬の散歩のときに撮ったもの。青空が広がっていますが、山には雪雲が見えます。セレクトカラー、青モードで。梅もようやく咲きました。時代の波、畑が太陽光パネルに…。アンズの蕾も大きくなりました。最後に、我が家の水仙。撮影日:2019.03.31

  19. 上高地 - Digital Photo Diary

    上高地

    山岳写真協会の松本支部長さんからお誘いをいただき上高地へ入山してきました。まだ夜が明ける前から釜トンネルに入りひたすら歩きます。今回は定番撮影地は2人ともパスして行こうと一致大正池の入り口あたりからヘッドライトに照らされた樹々たちがキラキラしだした。3月にしては上出来の冷え込み。やがて朝を迎え、あたりが明るくなりだした撮影タイムが始まるEOS R EF16-35 f2.8 L F16・1/...

  20. 長野そぞろ歩き・長野電鉄旧屋代線巡り:綿内駅&松代駅 - 日本庭園的生活

    長野そぞろ歩き・長野電鉄旧屋代線巡り:綿内駅&松代駅

    長野電鉄旧屋代線巡り。綿内駅に来ました。バスの待合として使われているので、時計は動いています。線路は、すでに撤去されています。廃線敷きの整備も進められています。トンネルも残っています。これは1号(仮)。名前、手元にデータありません。続いて、2号(仮)。松代駅。ホームと駅舎が残っています。こちらが正面。木製のベンチが素敵です。探訪日:2019.01.31

総件数:726 件

似ているタグ