関係詞のタグまとめ

関係詞」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには関係詞に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「関係詞」タグの記事(6)

  1. 「前+関代 ~」の訳出。(その3の3) - ざひざひノート。~2冊目~

    「前+関代 ~」の訳出。(その3の3)

    (※以下、前回(その3の2)への補足として書いたものをいくつか独立させて、加筆修正したものです。)前回は「前置詞+関係代名詞 ~」を名詞にかけて訳す方法の1つ、「前置詞の動詞化&残り部分の修飾語化」(=「前置詞句の主節化」)という方法を見てみたけど、以下ではその方法の例外的なこと、周辺的なことなどを見てみたい。1. 冗長的なケース『英文解釈教室』ではthe condition under w...

  2. 「前+関代 ~」の訳出。(その3の2) - ざひざひノート。~2冊目~

    「前+関代 ~」の訳出。(その3の2)

    [前回のあらすじ]「前置詞+関係代名詞 ~」を名詞にかけて訳す。前置詞を無視して訳すことが無理なら「前+関代 ~」(関係詞節)を言い換える必要がある。そのさいに関係詞節のまま考えるよりも「(名詞+)関係詞節」を「文」に変えたほうがわかりやすい(こちらの勝手な都合です(汗))。で、その「文」をどう言い換えればいいのか? 「前置詞 ~」の「~」(前置詞の目的語)を主語として言い換える場合が多い。...

  3. 「前+関代 ~」の訳出。(その3の1) - ざひざひノート。~2冊目~

    「前+関代 ~」の訳出。(その3の1)

    これという結論は出ていないけど、長いことあれこれと考えていた「前置詞+関係代名詞 ~」の訳し方について。少しだけ。自分のためのメモというか、学習記録みたいなものです(すみません)。「前+関代 ~」の訳し方といっても、手前の名詞(=先行詞)にかけて訳す場合の話。(※いま訳し方の話なので、前置詞が節の後ろのほうにある場合も含みます。)*伊藤和夫『英文解釈教室』(研究社、1977.2)に次のように...

  4. 雑記(for lack of which ...)。 - ざひざひノート。~2冊目~

    雑記(for lack of which ...)。

    特に落ちのない話です(いつもと同じ(汗))。「前置詞+関係代名詞 ~」の訳し方について考え直していて、最初にネットのまとめサイトで見かけたのだけど、そのあと森一郎『試験にでる英文解釈』(青春新書[青春出版社]、1972.11)に載っているのに気づいて。和訳(解答)も合わせて引用してしまうと、A biographer should have a childlike eagerness and ...

  5. 雑記(thatの省略のことなど少し)。 - ざひざひノート。~2冊目~

    雑記(thatの省略のことなど少し)。

    最近、愚痴や文句ばかり書いている気がするけど(まぁいいか。個人のブログです(汗)。というか、これは愚痴でも文句でもないけど)、ちょっと調べていたことがあって、小西友七編『現代英語語法辞典 小型版』(三省堂、2011.6。大型版?は2006.4)で、thatの項をぱらぱらと見ていたら、大きく「A. 接続詞のthat」と「B. 関係詞のthat」に分かれていて、そのBの(6)に次のように書かれて...

  6. ある種のwhat-節について。(追記) - ざひざひノート。~2冊目~

    ある種のwhat-節について。(追記)

    書いておこうと思って忘れていたことが。メモを見ると4月の中旬っぽいので、たぶん1ヶ月半くらい前のこと。あまり行かない本屋に寄ったら、前からちょっと欲しかった、滝沢直宏著『ことばの実際2 コーパスと英文法』(シリーズ 英文法を解き明かす 現代英語の文法と語法 10、研究社、2017.9)という本が売っていたので購入。まだぜんぜん読んでいないけど、what-節について書かれている(pp. 178...

1 - 6 / 総件数:6 件

似ているタグ