関根伸夫のタグまとめ

関根伸夫」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには関根伸夫に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「関根伸夫」タグの記事(20)

  1. 9月18日5年前のツアー - 川越画廊 ブログ

    9月18日5年前のツアー

    現在埼玉県立近代美術館で、「関根伸夫の資料」と「位相大地の映像」が展示されています。モノ派アーカイブとして、この資料に多くの人がアクセスして、モノ派研究が進んでゆくことでしょう。2014年9月川越画廊30周年記念として長瀞ツアーを開催しました。何人かと長生館に泊まり、ライン下りなどを楽しみました。零細画廊としては近場の長瀞が精いっぱいでしたが、今となってみればよい思い出となりました。その時の...

  2. 7月26日 - 川越画廊 ブログ

    7月26日

    埼玉近美で開かれる秋の企画展に関連して、今年亡くなられた関根伸夫先生のことが、取り上げられています。埼玉県立近代美術館広報紙ソカロ、PDF形式http://www.pref.spec.ed.jp/momas/?action=multidatabase_action_main_filedownloaddownload_flag=1upload_id=6398metadata_id=74関根伸夫...

  3. 5月15日軽井沢で靉嘔展、島州一展を見る - 川越画廊 ブログ

    5月15日軽井沢で靉嘔展、島州一展を見る

    既報の通り関根伸夫先生が14日に亡くなられました。ご冥福をお祈り申し上げます。まさに戦後の一時代が終わった感のある、巨星墜でありまます。軽井沢に靉嘔展と島州一展を見に行った。靉嘔展は、「軽井沢NEW ART MUSEUM」で開催されています。http://knam.jp/作品は6つの部屋の展示されていて、作家の全体像もわかりやすく展示されている。作品の点数も美術館の大きさも、鑑賞するのにちょ...

  4. 4月16日カッパ伝説 - 川越画廊 ブログ

    4月16日カッパ伝説

    関根伸夫カッパ伝説のモニュメント(正式名称を失念)御影石御伊勢塚公園(川越市)遠方の方に教えていただいたブラジル料理店に行き、花の終わったカッパの公園に寄った。最後に寄ったお目当ての店は定休日でした。

  5. 10月3日 - 川越画廊 ブログ

    10月3日

    関根伸夫展は好評の内に終了いたしました。短い会期ながらも多くの方にご来場いただきまして、当方はエネルギーを頂いたようで、体調がよくなりました。引き続き会期を延長して展示しております。(不定休)ただし、新作の水彩・デッサン以外は順次、常設展に移行してまいります。

  6. 関根伸夫作品展示風景 - 川越画廊 ブログ

    関根伸夫作品展示風景

    今日から「関根伸夫考える環新作デッサンと版画」を開催いたします。関根伸夫オーラルヒストリーhttp://www.oralarthistory.org/archives/sekine_nobuo/interview_01.phphttp://www.oralarthistory.org/archives/sekine_nobuo/interview_02.php

  7. 関根伸夫作品のご紹介 - 川越画廊 ブログ

    関根伸夫作品のご紹介

    関根伸夫Phase of Nothingness-Black と同種の彫刻プラン2018水彩・他61×45.7cm関根伸夫サクランボ1991位相絵画 GH3 10×14.8cm 関根伸夫絵空事-緑の風船1975シルクスクリーン42×35cm ed.100 デッサンは10点中、5点のみ展示。

  8. 関根伸夫展考える環 - 川越画廊 ブログ

    関根伸夫展考える環

    関根伸夫先生のデッサンを展示いたします。彫刻のプロジェクトというテーマは一貫していますが、新作は以前に増してより力強い作品となっています。都合により、会期は短めですが、ご高覧頂けたらと存じます。関根伸夫展考える環2018年9月19日(水)-28日(金)毎週水・木・金13:00~18:00OPEN新作デッサン・位相絵画・リトグラフ・シルクスクリーン

  9. 8月9日戦後美術ベストテン - 川越画廊 ブログ

    8月9日戦後美術ベストテン

    芸術新潮1993年2月号に戦後美術ベストテンが特集されています。評論家、キューレター、ジャーナリスト30氏のアンケートをもとにベストテンを集計、ベスト作家、ベスト作品ともに、関根伸夫先生は、ベスト3内に選ばれています。関根伸夫位相-大地文字がクリアーに写っていませんが、《位相-大地》は初めて製作した立体作品だった。・・と書かれています。関根伸夫神話や民話から新しく作る2018年水彩・コラージ...

  10. 5月27日 - 川越画廊 ブログ

    5月27日

    ブブノア花リトグラフ・手彩50年代41×33.5cmブブノアは「日本絵画の特徴はマチエールだ」と言っている。同じ墨で描いても、和紙の種類によって滲んだり、光ったり、はじいたりすることを言っているようだ。水墨画を研究して描いたモノクロのリトグラフと、フォービズムへの親近感から描かれたのがこの作品である。(Varvara Bubnova1886-1983)Варвара Бубнова ワルワー...

  11. 11月25日 - 川越画廊 ブログ

    11月25日

    年末の展示(セール)12月4日(木)~14日(日)8(月)・9(火)休み12:00-19:00 open 休廊日が変則的です出品作家瑛九・池田満寿夫・泉茂・オノサト・川上澄生・北川民次・木内克・鈴木信太郎・斉藤真一・菅井汲・菅木志雄・関根伸夫・東山魁夷・細江英公・柳原義達・相原求一朗・小田襄・靉嘔・草間弥生・菊池怜司・八田豊・高橋雅之・古川龍生・殿敷侃・田中田鶴子・平沢熊一・三島喜美代・ブラ...

  12. 3月20日 - 川越画廊 ブログ

    3月20日

    島州一の展示壁面関根伸夫&島州一1970年代版画展20143月25日~4月5日日・月休1975年に「関根伸夫&島州一クロスカントリー7500キロ」という全国巡回展が開催されました。この巡回展を再現展示し、版画全盛の熱い時代を回顧します。■関根伸夫1942埼玉県生まれ、67多摩美大学院卒、68位相-大地、70ベニスビエンナーレ、78ルイジアナ美術館個展~ ■島州一1935東京生まれ、1959多...

  13. 3月11日 - 川越画廊 ブログ

    3月11日

    関根伸夫絵空事-赤い風船シルク197542×35cmed.100関根伸夫絵空事-緑の風船シルク197542×35cmed.100関根伸夫 & 島州一‘70年代版画展20143月25日(火)~4月5日(土)日曜・月曜休み東日本大震災から今日で3年、日がたつほどに事の重大さがますます増してくるように感じられます。早い復興を祈るばかりです。来場者とのお話で、3月11日は故和田賢一さんの誕生日である...

  14. 島州一&関根伸夫 - 川越画廊 ブログ

    島州一&関根伸夫

    1ヶ月先ですが、以下の展示をいたします。島州一少年シルクスクリーン1974年50×50cm ed.30関根伸夫Touch Blackリトグラフ1976年50×77cmed.12関根伸夫&島州一1970年代版画展20143月25日~4月5日日・月休1975年に「関根伸夫・島州一クロスカントリー7500キロ」という全国巡回展が開催されました。残念ながら私は実見していませんが、当時の作品で再現し...

  15. 12月27日 - 川越画廊 ブログ

    12月27日

    年内最終日今年は忙しく決算の事務に手を付けないまま最終日となってしまった。昨日下の不動産屋さんが「いそがしい々」と言っていましたが、普段景気はあまり良くないと言っているので、いそがしい=景気がいいではないようです。私の場合は何か仕事をしなければと予定外に、いろいろ仕入れに行ったりしていて忙しくなってしまったかもしれません。靖国参拝は熟慮した結果なのでしょうが、株価も上がってよいお正月が来るの...

  16. 大沢コレクションの彫刻 - 川越画廊 ブログ

    大沢コレクションの彫刻

    堀内正和(1911-2001)片側曲面直角六辺形Bブロンズ196356×40×30cm板を切り抜いて曲げたように見えるが、曲面がメビウスの帯のように回り込んでいて鋳造でないと出来ないことが分かる。2003-2004年に全国4館を巡回した「堀内正和の世界展」カタログ#39に、片側曲面直角六辺形A(日本テレビ所蔵)と掲載されている。今回展示作は支柱の位置を3つの頂点のうちの別の点に換えているので...

  17. 常設展示関根伸夫 - 川越画廊 ブログ

    常設展示関根伸夫

    関根伸夫風景の象嵌鉄・ステンレス・真鍮・銅1989H:44cm靉嘔の大作はそのままなので、ステンレス面に「宇宙」が写っています。関根伸夫(1942-)は「もの派」の代表作家として注目を集めています。埼玉県出身、川越画廊のある地元川越高校の出身でもあります。

  18. 関根伸夫 - 川越画廊 ブログ

    関根伸夫

    関根伸夫Project1971シルクスクリーン・銀紙ed.10070×50cm関根伸夫は1968年10月須磨離宮現代彫刻展(位相-大地)、11月長岡現代美術館賞展1969年5月現代日本美術展、10月箱根の森国際彫刻展と次々と受賞を重ね、1970年35回ヴェニスビエンナーレに参加する。空相(ステンレスの上に石が載った作品)の設置風景がテレビ放映されると、各地から個展の依頼が来る。8月以降ジェノ...

  19. 2012年7月14日 - 川越画廊 ブログ

    2012年7月14日

    作品は徐々に搬入していますが、 7月 28日・29日は夏祭りで大変騒がしいので、夏の展示はそのあとに開催します。夏の展示8月1日~5日関根伸夫位相絵画(2003年川越画廊)海外で「もの派」の美術館ができるとか、現存作家が再制作を依頼されているとか、「具体美術」の次は「もの派」が注目されているようです。「もの派」と言えば関根伸夫です。関根先生は斉藤義重の教え子であるとともに、高松次郎のアシスタ...

  20. 常設展 - 川越画廊 ブログ

    常設展

    だいぶ冷え込んでまいりました。体が慣れるまでは大変かと思います。只今常設展示中です。瑛九、関根伸夫、リーウーハン(額縁が出来上がりました)・・次回は木村利三郎展を開催いたします。巡回展は急遽決まった会場もあり、利三郎先生は各地に出向いているらしく、なかなか連絡が取れず、作品の到着が間に合うか心配になってきました・・。お客様に良いところだとお聞きして、「スペイン市場」へ行ってきました。(毎度地...

総件数:20 件

似ているタグ