関西医大眼科同窓会のタグまとめ

関西医大眼科同窓会」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには関西医大眼科同窓会に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「関西医大眼科同窓会」タグの記事(13)

  1. 関西医大眼科同窓会秋の勉強会2019その2(1186) - 小さな眼科クリニック@城北公園(竹内眼科医院)

    関西医大眼科同窓会秋の勉強会2019その2(1186)

    還暦を過ぎた湖崎先生の特別講演。叔父さん譲り緑内障が専門でありながら、父親譲りの斜視弱視の専門家でもある稀な存在です。後者の話は何度聞いても、私の耳をスルーしていましたが、今回は、若干教育講演的だったので、私でも何とか理解しやすい・・(^^) 2,特別講演弱視治療の基礎と臨床湖崎淳 視力の発達 1M光覚 3M 0.01-0.02 6M 0.04-0.08 1歳 0.2...

  2. 関西医大眼科同窓会秋の勉強会2019その1(1185) - 小さな眼科クリニック@城北公園(竹内眼科医院)

    関西医大眼科同窓会秋の勉強会2019その1(1185)

    関西医大眼科同窓会秋の勉強会 教育講演黄斑浮腫の診断と治療高橋教授総論1)黄斑浮腫の原因疾患網膜血管病変・脈絡膜疾患・ぶどう膜炎・網膜変性疾患・眼内手術・薬物投与・・・・2)黄斑浮腫の治療レーザー・抗VEGF・ステロイド・手術・・3)黄斑浮腫の病態内側血液網膜関門の破綻がメイン外側血液網膜関門の破綻も関与硝子体牽引4)黄斑浮腫の病理ヘンレの線維層:中心窩周囲の外網状層に嚢胞、より重症では内顆...

  3. 第48回関西医科大学眼科同窓会春の勉強会その8 (1148) - 小さな眼科クリニック@城北公園(竹内眼科医院)

    第48回関西医科大学眼科同窓会春の勉強会その8 (1148)

    特別講演難治性網膜硝子体疾患への挑戦日下俊次近大教授 最近引っ張りだこの先生のお話。ビデオ中心の難しい網膜硝子体手術を披露してくれました。最新の網膜硝子体システム:25~27Gシステム、カニューラ使用、ワイドアングルレンズ、シャンデリア、コンステレーション(アルコン)、ステラリス(ボシュロム)、術中OCT(眼で見えない孔がわかる・・)、Head up surgery・・・などを駆使。http...

  4. 第48回関西医科大学眼科同窓会春の勉強会その7(1147) - 小さな眼科クリニック@城北公園(竹内眼科医院)

    第48回関西医科大学眼科同窓会春の勉強会その7(1147)

    なかなかタイミングは難しいですが、しとしと雨が降る日の菖蒲は素敵です。この日はほぼ快晴・・開業医して20年以上も経過した爺にとって、同窓会の講演の中で、最も聞くのが苦痛なのが、この井街賞受賞講演。少し前まで、井街賞選考委員だったのだが、本当に苦痛だったなあ・・今年はブルフ膜の弾性線維について研究していた盛先生の発表。来年から、ここだけはパスかな・・井街賞受賞記念講演Developmental...

  5. 第48回関西医科大学眼科同窓会春の勉強会その6 (1146) - 小さな眼科クリニック@城北公園(竹内眼科医院)

    第48回関西医科大学眼科同窓会春の勉強会その6 (1146)

    若干保護色系の先輩はラフがお似合い(^o^)伊賀市のK国系のゴルフ場にて・・※予備知識ネット上にあった筑波大学の上野先生の学位論文『正常角膜における角膜厚分布と角膜後面乱視』でお勉強。角膜の屈折力に後面の屈折力の影響が少なかった時は、あまり問題にはならなかったのだが、レーシックのように角膜前面を削ってしまうと、角膜前面の曲率から後面の曲率を推定することは不可能。また精度の高い屈折矯正手術に用...

  6. 第48回関西医科大学眼科同窓会春の勉強会その5 (1145) - 小さな眼科クリニック@城北公園(竹内眼科医院)

    第48回関西医科大学眼科同窓会春の勉強会その5 (1145)

    静寂に包まれていたら、100倍素敵なのだが・・12、眼瞼下垂ミュラー筋タッキング術後の満足度藤本可芳子CO2レーザーでの手術なので、出血も少なく術後の炎症も軽微?満足度も高い・・・ようです。CO2レーザーは、『水に高い吸光度を示し組織内の水分に吸収され、最大1500℃になり、組織は蒸散して、直径0.5mm以下の血管断端を瞬時に凝固するので出血のない皮膚切開が可能。Muller筋タッキングでは...

  7. 第48回関西医科大学眼科同窓会春の勉強会その4 (1144) - 小さな眼科クリニック@城北公園(竹内眼科医院)

    第48回関西医科大学眼科同窓会春の勉強会その4 (1144)

    秋にも行きたいけど・・・勇気がないなあ10、非典型的な所見がみられた急性網膜壊死の1例前田敦史 69歳女性。右眼視力低下、硝子体混濁・網膜動脈白線化・・・・房水からVZV検出(PCR)。ヘルペスウイルスによる後眼部病変の代表的なものに、急性網膜壊死・進行性網膜外層壊死・サイトメガロウイルス網膜炎がある。よく知られたARNとは異なり、AIDS患者で極めて急速に網膜壊死が進行する重篤な壊死性網膜...

  8. 第48回関西医科大学眼科同窓会春の勉強会その3 (1143) - 小さな眼科クリニック@城北公園(竹内眼科医院)

    第48回関西医科大学眼科同窓会春の勉強会その3 (1143)

    緑が鮮やか・・なお寺です。7,光干渉血管断層撮影によるポリープ状脈絡膜血管床の滲出予測の検討横田開人PCVの治療もPRNだと過小で、TAEだと過剰になりやすく、適切な治療を行うための検討。再発したPCVのOCTA所見を1ヶ月ほど巻き戻して、再発の兆候がないか検討すると、一旦ほぼ完全に退縮した後に、再発前に微細毛細血管が出現して、その後ポリープ再形成。最新鋭のOCT(PLEX Elite 90...

  9. 第48回関西医科大学眼科同窓会春の勉強会その2 (1142) - 小さな眼科クリニック@城北公園(竹内眼科医院)

    第48回関西医科大学眼科同窓会春の勉強会その2 (1142)

    急に青もみじが見たくなり、老いた母と京阪電車で・・・4,黄斑部の滲出性網膜剥離を契機にネフローゼ症候群が発見された1例大庭慎平両眼の黄斑部に網膜剥離がありネフローゼ症候群が発見され、腎生検拒否、ステロイド点滴拒否、ステロイド内服のみだが軽快。その後カリーニ肺炎となり、近医へ転院希望され、まもなく死亡。SRDがあり外層浮腫あり。脈絡膜の写り方が原田病的でパターン不明瞭(この原因は不明)。比較的...

  10. 第48回関西医科大学眼科同窓会春の勉強会その1 (1141) - 小さな眼科クリニック@城北公園(竹内眼科医院)

    第48回関西医科大学眼科同窓会春の勉強会その1 (1141)

    淀川河川敷あたりは、ニセアカシアの咲くこの時期が一番好きです。第48回関西医科大学眼科同窓会春の勉強会令和元年5月12日@加多乃講堂※今回サボっている人多いなあ。大型連休後の疲れが出てるのでしょうが、そんな事では、宇山先生怒ってるよ。 1,黄斑部の血管閉塞と強い滲出を来した若年者の網膜色素変性の1例澤田朋代まあ、しばしば経験するってほどではないですが、網膜色素変性症には、コーツ病様の眼底所見...

  11.  第47回関西医大眼科同窓会の春の勉強会その2 (1064) - 小さな眼科クリニック@城北公園(竹内眼科医院)

    第47回関西医大眼科同窓会の春の勉強会その2 (1064)

    ちょっと気になった小さな花脈絡膜新生血管の生体イメージングと病理相関髙橋 寛二(関西医大附属病院・眼科) 高橋先生の研究理念だそうです。『病変の病理を理解すると診断と治療がより的確に行われ、日々の診療が一層充実して楽しくなる』という宇山昌延の言葉を高いレベルで体感しているのだと思います。比較したら怒られますが、その昔、少し研究生活し...

  12. 第46回関西医科大学眼科同窓会春の勉強会その3 (1020) - 小さな眼科クリニック@城北公園(竹内眼科医院)

    第46回関西医科大学眼科同窓会春の勉強会その3 (1020)

    ウグイス?特別講演基礎から臨床へ角膜内皮トランスレーショナル研究小泉範子同志社大学生命医科学部工学科ティッシュエンジニアリング研究室http://tissue-engineering-doshisha.jp/index.html1994年 京都府立医科大学卒2000年 - 2003年ドイツケルン大学眼科(フンボルト財団研究員)2003年 - 2007年同志社大学再生医療研究センターチェアプロ...

  13. 第46回関西医科大学眼科同窓会春の勉強会その1 (1018) - 小さな眼科クリニック@城北公園(竹内眼科医院)

    第46回関西医科大学眼科同窓会春の勉強会その1 (1018)

    チョットうるっとしてしまった・・一般講演セッション1ぶどう膜・腫瘍1,続発閉塞隅角緑内障を来したぶどう膜悪性黒色腫の2症例藤原亮ありがちだと思うのだが報告は多くないらしい?①75歳男性。右眼の毛様体腫瘍(瞳孔に顔を出す)。Bモードで9.5×13mmと非常に大きく、眼球摘出予定だったが、突然眼圧上昇(60mmHg以上)。②71歳女性左眼眼痛。眼圧80以上で、光覚(-)。2例とも非常に前房浅い。...

総件数:13 件

似ているタグ