闘病のタグまとめ

闘病」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには闘病に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「闘病」タグの記事(336)

  1. 彼の助言 - 乳がんと共に生きる私のDaily Life

    彼の助言

    ここ最近は闘病に意欲が湧いてきて、頑張って癌を小さくして、最終的には消滅させたい!・・・と思うように。だから副作用はできるだけ我慢して、少し無理してでも抗がん剤治療を続行したい。そう思っていました。その私の気持ちを知ってか知らずか、彼氏が助言をくれました。根治させようと辛いのを我慢して頑張るより、無理せず自分のできる範囲で治療を続けて、毎日を楽しんだ方が良いんじゃないかな。その毎日は、辛さを...

  2. 私の病気に無関心な父との溝 - 乳がんと共に生きる私のDaily Life

    私の病気に無関心な父との溝

    先日、私の病気に関心がない父(1)(2)という記事を書きました。父は私の病気に関して何も知ろうとしない、調べない、関心がない。大切な人の病気なら、調べたり勉強したりするものじゃないの?それが愛情じゃないの?という内容でした。でも、あれから父の態度が少し変わってきたように感じます。私の気持ちを再度伝えたのが効いたのか、最近は気遣いの言葉をかけてくれるように( ゚д゚)出かける時は「気ぃつけて行...

  3. 久々に気持ちを揺さぶられた - 乳がんと共に生きる私のDaily Life

    久々に気持ちを揺さぶられた

    最近、鬼滅の刃を観始めました。Amazonのプライム会員だと、今なら見放題で観れるんです。小学生くらいの子が観るようなアニメだと思っていたのですが、実はR15+。※R15+・・・15歳未満の方は観覧禁止結構グロいし怖い(・ε・`)でも人生を考えさせられる話。大人が充分楽しめるアニメです。(ウィンターチューリップ@江の島)本当は怖いけど勇気を振り絞って、大切な人の為に命がけで鬼に立ち向かう。そ...

  4. 【癌・コロナ】ストレスの原因 - 乳がんと共に生きる私のDaily Life

    【癌・コロナ】ストレスの原因

    先日、空気が薄くなるような感覚があって息が思うように吸えず、胸が苦しくなりました。過呼吸だったのかな(´· ·`)原因はこの2つだろうな。○空咳が出る、ちょっとした動作で息切れがする、CT検査で肺転移の可能性があると言われた→肺転移の不安○コロナで自粛生活、緊急事態宣言中→ストレス(ダイサギ@花菜ガーデン)体に異変があると、再発・転移じゃないだろうか?と不安になるのは、がん患者あるあるの話。...

  5. 【闘病】気持ちの変化 - 乳がんと共に生きる私のDaily Life

    【闘病】気持ちの変化

    以前と比べて、闘病に対する気持ちが変わりました。(ウィンターチューリップ@江の島)○乳がん発覚時体調不良などが全く無かったので、健康なのになぜ手術・治療をしなきゃいけないの?と、訳が分からず。嫌々、手術・治療を始める。○骨・肝転移 発覚時もしや危険な状態なのか?と自覚するも、治療には前向きになれずやっぱり嫌々闘病生活を送る。○1回目の抗がん剤治療時副作用が辛い、とにかくこの辛さから逃げたい。...

  6. 2021年は勝負の年 - 乳がんと共に生きる私のDaily Life

    2021年は勝負の年

    2021年、今年もどうぞ宜しくお願い致しますm(_ _)m(日の出@臨港パーク)今年はどんな一年にしたいか考えてみました。1.治療を続ける (目標は肝転移縮小→消滅!)2.周りの人達との時間を大切にする3.体が動く時はやりたい事を精一杯やる書いてみたものの、昨年とあまり変わり映えしないな^^;肝転移が発覚してから2年が経とうとしています。肝臓に転移してからの平均余命は2年。だから今年は勝負...

  7. 今年一年を振り返って - 乳がんと共に生きる私のDaily Life

    今年一年を振り返って

    今年は期待していた遺伝性乳がんの薬(リムパーザ)が効かなくなったり、ベージニオの副作用で数ヶ月間 酷い下痢の毎日だったり、TS-1の副作用で鬱が再発して希死念慮が出てきたり、しっかり治療しているのに肝転移が増悪したり…振り返ってみると本当に散々な一年でした(*_*)でも、秋から始めた抗がん剤(ハラヴェン)が今のところよく効いてくれて、肝転移が縮小傾向。これはとても嬉しいです。副作用が辛い時も...

  8. 私の病気に関心がない父(2) - 乳がんと共に生きる私のDaily Life

    私の病気に関心がない父(2)

    以前の記事にも書きましたが、うちの父は親としての愛情が欠落しているように思います。勉強も仕事もできたようですが、人としてもっと大切なもの「情」が感じられません。今年の初め、末期がんの私に彼氏ができた時、母親も親友もその報告を大喜びしてくれました。・・・が、父は無関心でした。彼氏は車関係の仕事をしているので、私が中古車を購入する時に色々と手配をしてくれたんです。それを母から聞いた父は私にひとこ...

  9. 人生プラスマイナスゼロの法則 - 乳がんと共に生きる私のDaily Life

    人生プラスマイナスゼロの法則

    癌は2人に1人がなる時代。でも若くして癌になる確率はとても低い。私は32歳で乳がんが発覚しましたが、30代までの若い世代のがん罹患率はおよそ0.1%。その中に入ってしまった私はとても運が悪かったんだと思います。私は昔から何事にも当たりやすい。友人の結婚式に出席した際にビンゴやくじ等で「当たる」確率は100%。今まで十何回か出席してきましたが外れたことがありません。1等が当たったことも何度かあ...

  10. 人生の時間が短いなら・・・ - 乳がんと共に生きる私のDaily Life

    人生の時間が短いなら・・・

    抗がん剤(ハラヴェン)の点滴後3~4日は、体が怠かったり発熱や酷い立ちくらみで動けないことが多いですが、それ以降は結構元気。(3週間のうち約12日は元気に過ごせています)元気な時は溜まっていたやるべき事をやったり、趣味の写真を撮りに出かけたり。その時に感じるのが、「体が元気って素晴らしい」、「こんなに動いても全然疲れない」、「充実感を感じる」などなど。常に体が元気だった時にはこんな風に感動す...

  11. 占いでゾッとした話 - 乳がんと共に生きる私のDaily Life

    占いでゾッとした話

    20代後半の頃、一度だけ手相を見てもらったことがあります。その時に言われたのが、・美容関係の仕事をすると運気が上がる(当時はSEでした)・20代後半~30代前半に大きな病気をする・・・の二点でした。この後(20代後半)で鬱病になったので、手相占いで言われた「大きな病気」って鬱のことだったんだ~(*_*)と思い込んでいました。でも違ったんですよね。30代前半に乳がんに罹患し、これこそがあの手相...

  12. 私の病気に関心がない父 - 乳がんと共に生きる私のDaily Life

    私の病気に関心がない父

    父は私の病気に全く関心がありません。私の乳がんが発覚してから8年が経ちますが、未だに「手術した左側の腕は採血や点滴ができないこと」、「今どんな治療をしているのか」すら知りません。付き合って一年経たない彼氏でさえ知っていることなのに。彼は私と付き合ってから乳がんについて日々勉強してくれています。でも父は娘の病気について一切調べない。勉強しない。家族や大切な人が病気をしたら、その病気について調べ...

  13. 癌が増悪する時の前兆 - 乳がんと共に生きる私のDaily Life

    癌が増悪する時の前兆

    癌が再発・転移してから、体力が落ちる一方。再発した時も転移した時も、発覚する直近まで割と激しい運動をしていました。激しい運動ができるくらい元気だったんです。でも体の中で癌は静かに進行していました。激しい運動をした翌日に高熱が出ることが度々あり、風邪でもないのにおかしいなと思っていましたが、今から考えるとあれは腫瘍熱だったのかもしれません。運動が直接の原因でないとは思いますが、「激しい運動」→...

  14. やりたい事は、やれるうちに - 乳がんと共に生きる私のDaily Life

    やりたい事は、やれるうちに

    「やりたい事はやれるうちに」死ぬまでにやりたい事の第二弾。彼と初の旅行へ行ってきました。コロナ感染対策として、移動中の食事は個室を予約、宿泊施設は(大浴場へ行かなくても良いように)客室露天風呂付きの部屋を予約、宿泊中の食事は部屋食、車移動、こまめなアルコール除菌、マスク着用、密になる観光地へは行かない、などなど事前にリサーチや準備を完璧にしてから行きました。紅葉目当てで行った伊豆・熱海ですが...

  15. 闘病中の心のケア - 乳がんと共に生きる私のDaily Life

    闘病中の心のケア

    病状に希望が見えてきたと思ったら、再発・転移・腫瘍増悪などでどん底に落とされることが度々あり…。「希望を持てば持つほど、病状が悪化した時のショックが大きくなる」と考えるようになりました。だから病状が好転したとしても「それ以上の希望は持たない」、「喜び過ぎない」という自分ルールを作り、自分の中の陽の気持ちをセーブするように。今は抗がん剤治療が上手くいっているけど、いずれは薬剤耐性ができてまた腫...

  16. 闘病ブログを読むことについて - 乳がんと共に生きる私のDaily Life

    闘病ブログを読むことについて

    乳がんが発覚してから約8年。その間に異動などで主治医が3回変わって、今4人目の先生に診て貰っています。一番最初に診て貰った先生に言われたことを最近思い出しました。「不安になるならネットは見ないこと。闘病ブログは見ちゃダメ。病状にも治療にも個人差があるんだから。」乳がんが発覚して最初の一年は、落ち込みと精神不安定が酷く、何かにすがるように闘病ブログを読み漁っていました。検索で引っかかったブログ...

  17. それ、今の私に必要?? - 乳がんと共に生きる私のDaily Life

    それ、今の私に必要??

    人生の時間が限られていると自覚してから、物事の優先順位を考えたり、自分にとって大切なもの/そうでないものを判別するように心がけています。今まで何となくやってきたこと、「それ、今の私に必要?」と自問自答して不必要ならスッパリやめる。元気だった頃、人生がこれからもずっと続くと信じていた頃にはできなかった事です。無駄を省き、大切なことだけを優先して実行する。これが元気だった頃にもできていたらもっと...

  18. 病気を忘れるとき 病気が治る - 乳がんと共に生きる私のDaily Life

    病気を忘れるとき 病気が治る

    病気を忘れるとき病気が治る小説家 五木寛之氏の言葉です。私の場合は末期がんなので、病気が治る可能性はほとんど期待できませんが、「病気を忘れること」は大切だなと思いました。非日常を楽しむことができた旅行中は、病気のことを忘れていた時間が多くあり、久々に闘病以外のことに集中できました。「あと何回旅行できるかな」とか「来年もこの綺麗な紅葉を見ることができるのだろうか」なんて考えてしまう瞬間もあるん...

  19. 本当は抗がん剤治療はやりたくなかった - 乳がんと共に生きる私のDaily Life

    本当は抗がん剤治療はやりたくなかった

    私は抗がん剤治療をしていますが、最初はやりたくありませんでした。抗がん剤否定派の方が言われている「抗がん剤が寿命を縮めることがある」という理由からではありません。ただ、副作用で苦しむのが嫌だったから。中学生の時に観た医療ドラマの影響で、抗がん剤治療は壮絶で辛いものというイメージが昔からあり、癌が発覚した時も「抗がん剤治療をするくらいなら死んだ方がマシ」と言っていたくらい。じゃあなぜ今抗がん剤...

  20. 闘病のはけ口 - 乳がんと共に生きる私のDaily Life

    闘病のはけ口

    私には何でも話せる友人が一人います。病気のこと、恋愛のこと、人生のこと、両親のこと。今までお互いに何でも相談し合って問題を解決してきたし、辛い時は励まし合ってきました。でも最近、闘病の辛さや不安など、真に分かり合えて違和感なく話せるのは、同じような境遇にいる人なんだなと思うように。習い事でお世話になっている先生は、種類は違うけど同じ癌サバイバー。最近LINEで話す機会があり、現在の病状や治療...

総件数:336 件

似ているタグ