阪神・淡路大震災のタグまとめ

阪神・淡路大震災」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには阪神・淡路大震災に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「阪神・淡路大震災」タグの記事(7)

  1. 「1・17」より24年を迎えて改めて思うこと、新たに思ったこと - 前田画楽堂本舗

    「1・17」より24年を迎えて改めて思うこと、新たに思...

    本日で「1・17」(阪神・淡路大震災)から24年を迎えたが、昨夜から本日にかけてそのことについての特集がテレビ番組で放送されていた中で3年近く前に震災に襲われた私の地元・熊本にも当てはまることやいずれ直面するであろう問題が取り上げられていた。一つは昨夜放送されたNHK総合の「ニュース11」で神戸市内で積極的に防災イベントに参加する消防士の話題である。その消防士は震災で住んでいたアパートが全壊...

  2. 水仙忌2019 - ひとりあそび

    水仙忌2019

    今日は阪神・淡路から24年目の1月17日、私が勝手に名付けた水仙忌である。ちょうどこの頃になると庭の水仙が咲くので、いつの頃からか水仙忌と呼ぶようになって久しい。おかげで、毎年花の咲く時期や場所がビミョーに違うことを教えられたりもした。今年は花の時期が遅く、まだ数本程度しか咲いていない。その数本を刈り取り、花瓶に挿して写真を撮った。たとえ少ないとはいえ、こうして水仙が花を咲かせてくれることに...

  3. いじめによる自殺をなくす中井久夫「いじめの政治学」ふたたび - 梟通信~ホンの戯言

    いじめによる自殺をなくす中井久夫「いじめの政治学」ふたたび

    中井久夫集4に収録されている「私の『今』」で中井は、自分の「今』は三層から構成されていて、それは日露戦争、冷戦と昭和天皇の逝去、いちばん近い『今』は1995年の阪神・淡路大震災の三つだという。神戸大学教授だった中井は震災発生後、被災者や救護者の精神的なケアに没頭する。そのために私は沈黙している患者の側に何時間でもいるという精神科医にとって不可欠な能力をまだ(1996年)回復していない。30年...

  4. あの日のこと - 息子とカメラとどこ行こう!

    あの日のこと

    先週のある日.息子が大急ぎで小学校から帰宅.「ママが,ママがいなくなったらどうしようって走って帰ってきた.」阪神・淡路大震災から23年.小学校で震災学習がありました.どんな内容だったのか具体的にはわかりませんが息子によると震災の映像をまとめたDVDを観たのだとか.家庭内で災害時・緊急時はこうしようと相談したり,決めていることはあるけれどよく考えてみれば震災の映像を積極的に観せたことはなくそれ...

  5. 1.17を忘れない…。2018 - Lyrical★Memories

    1.17を忘れない…。2018

    【阪神淡路大震災を語り継ぐために】多くの方が亡くなった阪神淡路大震災から23年。当社も御影から西灘にかけての高架区間を中心に甚大な損害を被りました。これらの経験と教訓を引き継ぐためにも被害写真を一部公開します。是非、拡散してください。また、神戸市では追悼イベントも行われています。 pic.twitter.com/lj70aruZYx 阪神電気鉄道【公式】 (@hanshin_pr) 2018...

  6. 水仙忌2018 - ひとりあそび

    水仙忌2018

    今日1月17日は私的には水仙忌。阪神・淡路大震災から23年目になる。私の人生にとって、一番身近で、当時一番大きな災害だった阪神・淡路大震災。その後次々と大きな災害が起こるのだが、その恐ろしさを知った初めの災害だったのではないだろうか。ここ数年、1月17日を水仙忌と呼ぶようになった。ちょうど、庭の水仙が咲く時期と重なるからである。けれど今まで、満開の年もあれば、たった一輪の年もあった。今年は寒...

  7. 阪神・淡路大震災から22年、いま思うこと。 - 坂の上のサインボード

    阪神・淡路大震災から22年、いま思うこと。

    本日1月17日は、わたしたち神戸市民にとって忘れることのできない阪神・淡路大震災の発生した日。6,434人の方が亡くなられ、3人の方が行方不明になったあの震災から、今日で22年の年月が過ぎました。そして、私事ながら今日はわたしの誕生日でもあります。震災当日、28歳の誕生日だったわたしは、今日でとうとう50歳の大台を迎えました。当時、バリバリの青年(?)だったわたしも、もう初老です。あのとき生...

総件数:7 件

似ているタグ