阿弥陀仏のタグまとめ

阿弥陀仏」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには阿弥陀仏に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「阿弥陀仏」タグの記事(24)

  1. 親鸞聖人のご執筆のご苦労と内容 - 仏教フリーク

    親鸞聖人のご執筆のご苦労と内容

    法尋という人が作った親鸞聖人の歌にこうあります。我真宗の組織はこの時ここがまことぞと教行信証六巻に真意を開き著わさる法然上人が明らかにされた阿弥陀仏の本願です。それを書かれた選択集の御心を明らかにされたのが教行信証です。選択集の書写を許されてから十数年の年月がたってやっと教行信証のご執筆に取り組まれました。それも御執筆だけでなくその前に田植え歌があり、田植えで仏法聞きにこれない人になんとか伝...

  2. 阿弥陀仏はすべての人をどのように救うのか - 仏教フリーク

    阿弥陀仏はすべての人をどのように救うのか

    阿弥陀仏のは、すべての人を救うとお約束されています。どのように救うのかということを、ブッダは、その名号を聞いて救われると教えられています。私達が助かるのは名号によって助かるのだということです。したがって所信の体は名号となります。そのため、本尊は、名号となります。これは非常に大事なことです。私達が根本に尊ぶべきものが名号なのは名号によって助かるからです。蓮如上人は本尊について「木像よりも絵像よ...

  3. 絶対の幸福になるには - 仏教フリーク

    絶対の幸福になるには

    全ての人を信楽にする、これが弥陀の本願です。全ての人を相手に、信楽にする、というお約束です。では、信楽とはどういう心でしょうか?無明の闇が破れてなくなった心です。『破れた』とは『なくなった』ということです。そういう心です。無明の闇とは後生くらい心、先が暗いから今が暗い、後生も遠くない今の問題です。それが後生明るい心にガラリと変わります。だんだん変わるのではありません。水際だった変わります。人...

  4. 自殺と布施と阿弥陀仏 - 仏教フリーク

    自殺と布施と阿弥陀仏

    何とか助かりたいという必死な思いを発したこともなければ生死を厭うたこともない。食いたい放題、飲みたい放題、眠たい放題、したい放題の奴が「他力じゃ」「治らんのが、自性じゃ」「早く助けてくれ」の放逸無慚。こんなならず者のぐうたらの横着者が必死の聞法をせずにおれなくなるまでは、どれほどのお手間がかかったことじゃやら。南無阿弥陀仏。南無阿弥陀仏。大学生でも自殺が多い。苦しみ悩む人々に、阿弥陀仏の本願...

  5. 浄土宗と浄土真宗 - 仏教フリーク

    浄土宗と浄土真宗

    阿弥陀如来は本願に、信心で救うと誓われたのでしょうか、念仏を称えた者を救うと誓われたのでしょうか?阿弥陀仏の本願の中に、設我得仏十方衆生「至心信楽欲生我国」という箇所と「乃至十念」という箇所で、信心と念仏の2つを誓ってあるんですね。その本願の中に誓われている信心というのは、心の問題だからなかなか分からない。だけど、口で念仏を称えるのはわかりやすいんだね。それで念仏為本と教えられています。それ...

  6. 仏の教えにかなう道は? - 仏教フリーク

    仏の教えにかなう道は?

    仏の教えにかなう道はどんなことでしょうか?浄土真宗の中興、蓮如上人はこのように教えられています。ひとたびも仏をたのむ心こそまことの法に適う道なれこの短いお歌で、真実の仏法を明らかにされています。「ひとたび」とは一念のこと。「も」は休み言葉で意味はない。一念とは、何億分の一秒よりも短い時間です。それをひとたびと言われている。「仏」は阿弥陀仏です。「たのむ」とは打ちまかせるということです。一念で...

  7. 救いは近いか遠いか - 仏教フリーク

    救いは近いか遠いか

    仏教を聞いて行くと、心はどのように変わって行くのでしょうか?聞けば聞くほど段々助からない自分が見えてきます。始めの内はちょっと頑張れば信心決定できるように思っていたが聞けば聞くほど簡単ではないと分かってきます。段々道が遠ざかっているように感じます。本当は近付いているのだが求めるほど遠ざかっている感じがします。ひょっとしたら信心決定できないんじゃないかという気持ちになります。遠き道振り返り見れ...

  8. 美人の顔にしわが入ると? - 仏教フリーク

    美人の顔にしわが入ると?

    面影の変わらで年のつもれかしたとえ命に限りあるとも(小野小町)六歌仙の一人、小野小町の歌です。この小野小町の歌、これは全ての女性の願望でもあります。男性よりも女性は美しくなりたいという思いは強いと思います。男性には考えられないほどの思いがあります。しかしどんなに美しい人でも、年を取ると共に失われていきます。その無常を嘆いている歌です。「面影」とは姿です。若いときなら今の美しさいつまでもたもち...

  9. 私たちを救う仏教の働き - 仏教フリーク

    私たちを救う仏教の働き

    浄土真宗を開かれた親鸞聖人は、私たちを救う仏教の働きをこのように教えられています。無礙の光明は無明の闇を破する慧日なり。(親鸞聖人)心の闇を破る働きが無明の闇。弥陀の光明は十万億土の彼方から、しかもあらゆる障害を貫いてぶち破る。どんな障害もものともせずに必ずぶち破る、これが無礙の光明。阿弥陀如来は、「必ず破って見せる。もしできなかったらこの弥陀は命を捨てましょう」とお約束されています。だから...

  10. 阿弥陀如来の本願の働きとは - 仏教フリーク

    阿弥陀如来の本願の働きとは

    阿弥陀如来の本願には無明の闇を破る力があります。親鸞聖人の御和讃に「無明の闇を破するゆえ、智慧光仏となづけたり」阿弥陀如来のことを智慧光仏とも名付ける。無明の闇を破る力があるから。そういう大きな力があるから、阿弥陀如来のことを智慧光仏とも言う。智恵というのは先を見通す力。囲碁でも将棋でも先を見通す力のある人が強い。人生の先を見通す力。後生どうなるかハッキリさせる力。死んだらどうなるかすかっと...

  11. 阿弥陀仏の御心を詠まれた聖徳太子の歌 - 仏教フリーク

    阿弥陀仏の御心を詠まれた聖徳太子の歌

    待ちわびてうらむと告げよ皆人の今日も今日とて急がざるらんこの待ちわびておられるのは実は阿弥陀仏。何億年も昔から待ちわびておられる。待ちわびるとは、来るのが遅いから気をもみながら待っている。あなたがなかなか仏法を聞こうと振り向いてくれないので、阿弥陀様は怨んでおられると告げなさいよと。本当は仏様は怨まないけど。人間なら、どうしても聞いてくれないと怨む気持ちとなる。なかなか仏法聞こうとしない。逃...

  12. 苦悩の根元 - 仏教フリーク

    苦悩の根元

    阿弥陀仏は信楽の身にしてみせる、暗い心を必ず破ってみせるとお約束されている。苦悩の根源は疑情である、と教えられた親鸞聖人のお言葉は何か?真の知識にあうことはかたきが中になおかたし流転輪廻のきわなきは疑情のさわりにしくぞなき世の中難しいことがあるけれど、難しいことの中でなお難しい。これ以上難しい事はないと言われている。では、なぜこれが「疑情が苦悩の根源である」ことの根拠か。苦しみの波は治まるこ...

  13. どうすれば阿弥陀仏に救われるのか - 仏教フリーク

    どうすれば阿弥陀仏に救われるのか

    浄土真宗を明らかにされた親鸞聖人は、生まれ難い人間に生まれ、聞き難い弥陀の本願聞かせて頂いて、今救われたと多生の間、億劫の間求めてきたことにあわせていただいたことをいわれたお言葉です。たまたま行信を獲ば遠く宿縁を慶べ遠く、阿弥陀仏が親鸞を助けてみせると心をかけて下されたことを慶ばずにおれないといわれています。過去世からの阿弥陀仏とのご縁を慶んでおられます。仏縁がなかったら私達は、善知識にあわ...

  14. 阿弥陀仏の本心とは? - 仏教フリーク

    阿弥陀仏の本心とは?

    48願の中でこの18願のことをいろいろの言い方で説かれていますが、まず最初に把握せねばならないのは、弥陀の48願の中で「選択本願」といわれているということです。阿弥陀仏が48願の中から、これが私の本心であると「選」び「択」って誓われたものです。ここに「本心」というキーワードがある。みなさんが仏教で書かれてあるものを読んだり聞いたりすることあると思いますが、いろんなキーワードがあると思います。...

  15. 阿弥陀仏と大日如来の関係 - 仏教フリーク

    阿弥陀仏と大日如来の関係

    あらゆる仏の大統領にあたる無上の仏、大日如来、釈迦如来も阿弥陀仏の弟子であり家来。阿弥陀仏が本師本仏である根拠を2つ三世諸仏念弥陀三昧成等正覚(般舟経)ここでは「等正覚」は仏の悟りです。弥陀三昧を念じてとは阿弥陀仏のお力によって。諸仏も阿弥陀仏の力に依らねば仏の悟りは開けません。十方諸刹土衆生と菩薩の中のあらゆる法報身と化身及び変化身はみな無量寿の極楽界中より出ず(楞伽経)大宇宙の諸々の地球...

  16. 疑情と法謗罪の違い - 仏教フリーク

    疑情と法謗罪の違い

    諸善万行で後生の一大事助かろうという心。これ疑情と言いますね。弥陀の本願を疑う心。この疑情と謗法罪の違い。判らない人あったね。皆さんも多いと思います。全く違います。謗法罪と弥陀の本願を疑っている心。同じように思いますが全く違う。謗法罪は信前信後作り続けるが疑情はなくなる。疑情と煩悩の違いです。しかしそれハッキリしないと思います。おそらく信心決定するまで同じじゃないかと思ってしまうかも知れない...

  17. 阿弥陀仏のご苦労とは - 仏教フリーク

    阿弥陀仏のご苦労とは

    親鸞聖人の田植え歌五劫思惟の苗代に兆載永劫のしろをして直訳すれば、阿弥陀仏はどんな苗代をつくったら丈夫な苗が育つかと五劫の間考えられ、兆載永劫の間しろかきをされたという意味。一劫は4億3千2百万年だから気の遠くなるような期間。難度海で苦しむ人を渡したいと完全に救い切る為に、南無阿弥陀仏の名号をつくたれた。その為にいかにご苦労せられたか?阿弥陀仏の五劫思惟の願と兆載永劫の修行によって完成された...

  18. 阿弥陀仏の本願は真実だけでいい? - 仏教フリーク

    阿弥陀仏の本願は真実だけでいい?

    わたしたちが絶対の世界ださせていただけるのは、ひとえに、阿弥陀仏、お釈迦さまのお導きあったからだ。阿弥陀仏とお釈迦さまは慈悲のお父さんとお母さんのようなものだ。わたしたちはこの世界にださせていただける。二河白道の話を通して。阿弥陀仏はこいよこいよ。お釈迦さまは行け。阿弥陀仏のこいよこいよお釈迦さまのいけよいけよ、進ませていただける。お父さんは厳しい。お母さんは優しい。父は打ち母は抱いて悲しめ...

  19. お釈迦さまと阿弥陀仏の関係 - 仏教フリーク

    お釈迦さまと阿弥陀仏の関係

    お釈迦さまと阿弥陀仏のとの関係は?寺参りしている人でもほとんど誰も知らない。大宇宙には、地球のようなものがちりのようにガンジス河の砂の数ほどある。この部屋にもほこりが充満している。そのほこりの一つが地球。その地球の上で、おれの家の前に車とめるな。警察呼ぶぞ、とやっている。お釈迦さまの説かれたことを蓮如上人は、このように教えられている。阿弥陀如来と申すは三世十方の諸仏の本師本仏なれば(御文章2...

  20. 阿弥陀仏の呼び声と18願 - 仏教フリーク

    阿弥陀仏の呼び声と18願

    二河白道のたとえの阿弥陀仏の呼び声は汝一心正念にして直に来れ、我能く汝を護らん。衆て水火の難に堕することを畏れざれ。阿弥陀仏の本願は、設い我仏を得んに十方衆生至心に信楽して我が国に生まれんと欲うて乃至十念せん。若し生まれずば正覚を取らじ唯五逆と正法を誹謗せんことを除かん阿弥陀仏の呼び声を、本願と対応させたらこうなる。汝………十方衆生一心……至心・信楽・欲生正念……乃至十念直来……若不生者護汝...

総件数:24 件

似ているタグ