阿頼耶識のタグまとめ

阿頼耶識」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには阿頼耶識に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「阿頼耶識」タグの記事(5)

  1. 意識が私? - 仏教フリーク

    意識が私?

    意識の働きは非常に広いので意識が私だと思う人が多くあります。ところが私たちは熟睡状態、あるいは失神した、気絶した場合、意識はないんです。しかし意識はないけれども死んでいませんね。正常に生きています。心臓も動いています。ところが実際死んだら肉体バラバラになります。どう違うのか。仏教では私たちの心を8つに分けて教えられていまい素。意識は死んでも意識の底に末那識・阿頼耶識があります。意識に大きく影...

  2. 表業と無表業 - 仏教フリーク

    表業と無表業

    どうして私たちのカルマが運命を引き起こすのか、もたらすのか。それは、心と口と身体の3つで業をつくるからだとこういう風に仏教では教えます。これを三業といいます。三業とは身業、口業、意業の3つです。この三業をまた、こういう風に分けて教えられます。身業は表業と無表業に分けられる。口業も二つに分けられます。表業と無表業。意業の場合は無表業だけです。表に見えませんから。五つに分けることができます。まず...

  3. あなたの運命はあなたのカルマが生み出す(因果応報のしくみ) - 仏教フリーク

    あなたの運命はあなたのカルマが生み出す(因果応報のしくみ)

    善根は善業力となる。それが私たちの幸せを生み出す。逆に悪い事をすると悪業力になる。見た目はそんなに変らない。目に見えない。それが縁にふれた時目に見える結果となる。「年毎に咲くや吉野の山桜木を割りてみよ花のありかは」奈良県の吉野山は、桜の名所。毎年春になると山全体が桜で満開。しかし、冬に行くと枯れ木のようなものがたっているだけ。木を五分刻みにしても花びら一枚見つからない。しかし、春の陽気という...

  4. 因果応報のしくみ - 仏教フリーク

    因果応報のしくみ

    年ごとに咲くや吉野の山桜木を割りて見よ花のありかは。これは普通因果の道理の教説の中で2つのことを教えられるものです。業力不滅因縁和合考えてみるとこの吉野山に一面に咲く桜の花というのは、誰もが綺麗だなと目に見えて分かる。春を彩る、目立つ。その桜の花を生み出した力というのは、まったく目に見えない、木を割ってみても、どこにも桜の花は埋まっていない。よく勢力といわれますが、目に見えない生命の力が目に...

  5. 永遠の生命の問題 - 仏教フリーク

    永遠の生命の問題

    年毎に咲くや吉野の山桜木を割りて見よ花のありかはありましたか?ダ—っと細かく切っても花びらいちまい出てこない。これが私だろう動いているのだから。それは腸じゃない、右手じゃない左手じゃない。脳だろう。脳のどこだ切り刻んでみよう。陽子ですか中性子ですか、どれでもない。だけど間違いなく私は存在する。その私こそが阿頼耶識。それがとうとうと流れている。その阿頼耶識が生み出した肉体。泡です。人生の目的と...

総件数:5 件

似ているタグ