陶印のタグまとめ

陶印」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには陶印に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「陶印」タグの記事(4)

  1. 三つ割りの陶印と「任運」の篆刻作品 - 疾風谷の皿山…陶芸とオートバイと古伊万里と

    三つ割りの陶印と「任運」の篆刻作品

    桜の古木の陶印が完成しました。前回までの記事はコチラ「游心」の陶印釉薬は黄瀬戸釉鉄絵で古木を描き、上絵で桜花を散らしています実は白の上絵がなかなか乗らなくてこの発色になるまで3回上絵を焼き直しました大きさは4センチ角もちろんルーペを駆使しての作業です撰文は春の季節に相応しい句を選びました左から「恵風和揚」「草木萌動」「春山如笑」 中心の陶印だけ朱文にしてメリハリを付けました左から右へ右端に雅...

  2. 「游心」の陶印 - 疾風谷の皿山…陶芸とオートバイと古伊万里と

    「游心」の陶印

    今日は染付の陶印が焼き上がってきました以前の記事はコチラ「刻る!描く!」撰文は「游心」(ゆうしん) 意味は、心を遊ばせること( 出典は荘子)前回の記事にも書きましたが陶印のデザインは古伊万里の蕎麦猪口の意匠大小の網目文を組み合わせた模様です陶印の大きさは4センチ四方この面積に面相筆で網目文を書き込みました拡大鏡を使って一本一本丁寧に描きましたオリジナルの蕎麦猪口の模様はこんな感じですけっこう...

  3. 陶印の絵付けは(今度は鉄絵で) - 疾風谷の皿山…陶芸とオートバイと古伊万里と

    陶印の絵付けは(今度は鉄絵で)

    前回から創っている陶印前回の記事はコチラ「刻る!描く!」今回は三つの陶印を組み合わせて、一つの模様を描きました。桜の古木です。鉄絵で古木を描き、黄瀬戸釉をかけました。焼き上がったあとに、桜の花びらを上絵の白で描く予定。黄瀬戸釉をかけて焼成すると、鉄絵が微妙に滲むので風情のある焼き上がりに期待です。撰文はいずれも春の句表の桜木模様に因んでいます。

  4. 刻る!描く! - 疾風谷の皿山…陶芸とオートバイと古伊万里と

    刻る!描く!

    前回布字を行った陶印の印材4つの印材を刻りあげました真ん中の赤い字が朱文で刻った印材出来上った時には、字は朱色に表現されますそして残りの白く刻りあげた白文の印材朱色の中に白く文字が表現されますそして今日は、その中の一つに絵付けを行いました呉須を使った染付の絵付けです伊万里焼が好きな方はお解りのように、伊万里の猪口の絵付けを参考にしました何しろ印材が小さい(4センチ×4センチ)ので絵付けには神...

1 - 4 / 総件数:4 件

似ているタグ