陶器・焼き物のタグまとめ

陶器・焼き物」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには陶器・焼き物に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「陶器・焼き物」タグの記事(12)

  1. ふたり暮らしの - Tea's room  あっと Japan

    ふたり暮らしの

    雑誌の『レタスクラブ』にひと月分の献立が載っていて、その週に何を買えば良いかもリストアップしてありました。こういうの 助かるよね~♥少し参考にしてみようと思います。年末に福屋でゲットした はさみ焼き。お正月にも大活躍。↓の大きめのお椀は、竹原の藤井酒造・酒蔵交流館で。こちらも 好きなものがいっぱいです。丼ものにも使えて とても便利です。

  2. 清水焼団地の陶器市 - Tea's room  あっと Japan

    清水焼団地の陶器市

    11月です。昨日の首里城火災のニュース。驚きました。海外で暮らしておられる方も、さぞや驚かれたことでしょう。沖縄県の大切なシンボルで 世界遺産。美しい旅の思い出になっている方も多いことでしょう。残念ですね。さて。旅の話は もう少し続きます。私が京都で行きたかったところは、『源光庵(げんこうあん)』。丸窓(悟りの窓)と四角い窓(迷いの窓)からお庭を眺めたかったのです。でも、改装中。紅葉はまだ。...

  3. 白い器の『一真窯(いっしんがま)』 - Tea's room  あっと Japan

    白い器の『一真窯(いっしんがま)』

    白い器が特徴の『一真窯』さんへ。白磁手彫が特徴です。カンナを使って、器にさまざまな表情をつける。私は、飛びカンナや手彫りなど、カンナ仕事が好きです。(あと、大工さんの墨打ち?木板に糸でピシッと墨の直線を打つやつ。)工房の道路を隔てた向かい側のギャラリー『とっとっと』にお邪魔。(10:00-16:00)とても素敵です~。飛び鉋(カンナ)に、染色を施した『染色カンナ』が気になります。新色の緑があ...

  4. 嵐の中、波佐見焼を求めて - Tea's room  あっと Japan

    嵐の中、波佐見焼を求めて

    宿を出ると、少し風が強くなってきた。台風最接近の時間が近づくなか、波佐見焼の街へ向かう。途中、有田焼の街を通りかかる。宿場街道のような細い道の左右に、ずらりと陶器店が並ぶ。きっちり 全店休業みたい。雨を飛ばすワイパーの向こうに、白く水煙が見える。どしゃ降りちゅうやつの、一歩前くらいね。道にほとんど車もない。けれど、波佐見焼きの里に近づく頃には、小降りになってきた。台風が逸れてきているみたい。...

  5. プエブラの朝は鐘の音で - Tea's room  あっと Japan

    プエブラの朝は鐘の音で

    早朝、ゴーンゴーンと鐘の音。15分後、また鳴る。おそらく、『キンタ・レアル・プエブラ』の隣りの教会ではなかろうか?それとも、カテドラルか?日曜日はミサがあるから遅れないように、ってことね。泊まった部屋は小さいけれど、ふと『ここで勉強していた修道士がたくさんいたのだろうなぁ。』と、思うと、感慨深いものもある。若くて希望に燃えて賢い(美形の)修道士を想像。素晴らしいお宿ですね。(←アホです)ホテ...

  6. まだ『Armando』がある! - Tea's room  あっと Japan

    まだ『Armando』がある!

    さすがウリアルテ。高額であった。そして、決め手に欠いた。(「お前ごときが言うな!」といわれるでしょうが・・・。)大丈夫。まだ『アルマンド』や『ラ・ルス』がある。明日がある。ということで、ふらふらと街歩き再開。街の北に向かう。『プエブラ民芸博物館』(Museo de Art Popular Pueblanao)がとても良いと、メキシコの人が言うので行ってみたものの、遅すぎてクローズ。あちゃ。当...

  7. あこがれのタラベラ焼き『Uriarte』 - Tea's room  あっと Japan

    あこがれのタラベラ焼き『Uriarte』

    プエブラに旅した一番の目的、それはタラベラ焼き。「皿はいっぱいあるだろう~。」という家族の嘆きを聞き流し、一路『Uriarte』へGO!歩いたら、遠かった4poniente 911玄関を入ったら中庭1セット6ピースで2万円くらいすてきな壺もありますねグリーンも映えるブルー地のプランターはい。素敵!完全に目の保養。あまり細かくなくて、おおらかな線。とても上品でした。☆Uriarte (タラベラ...

  8. GOGO!プエブラ - Tea's room  あっと Japan

    GOGO!プエブラ

    間隙を縫うようにして、旅。今回は、陶器で有名な町 プエブラ(Puebla)。(何日か前に噴火したポポカテベトゥル火山を目指します。)イラプアトからは437㎞。約4時間半の道のりです。ナビによると、イラプアト(45D)⇒ セラヤ ⇒ ケレタロ ⇒ サン・ファン・デルリオ(57D)⇒ トゥーラ ⇒ ベニート・ファレス ⇒ プエブラ。メキシコシティを迂回するルートで、ひたすら田舎道。高速料金は片道...

  9. こんどはここにも行きたいな - Tea's room  あっと Japan

    こんどはここにも行きたいな

    日帰り旅のドローレス・イダルゴ村。もちろん大満足です。が、欲深なわたくしはもう少し寄りたいところがあります。ひとつは、ワイナリー。『Vinedos Cuna de Tierra』(大地の揺りかごワイン、で良いのかな?)2005年にできた若いワイナリーですが、賞も取っているらしい。日曜日には、ワイナリー見学ツアーがあって4ワイン試飲、4ワイン試飲&チーズ&ハム&パン。5ワイン試飲&・・・、の3...

  10. ドローレス・イダルゴ村の陶器屋さん - Tea's room  あっと Japan

    ドローレス・イダルゴ村の陶器屋さん

    ドローレス・イダルゴ村の街中にも、何軒か陶器屋さんを見かけました。ゆっくりチェックしたい気持ちもありましたが、今日は少々時間がありません。陶器店がずらっと並んでいる通りで、探すことにしました。この村の陶器は、タラベラ焼き。有名なプエブラのタラベラ焼きと同じです。(お値段はすごく違いますが・・・。)プエブラの有名どころの巧緻性と比べると、大味で野性的。そのぶんのびやかで、稚戯にも似たあどけなさ...

  11. ドローレス・イタルゴ村へ遠足 - Tea's room  あっと Japan

    ドローレス・イタルゴ村へ遠足

    メキシコ革命発祥の地、陶器の町=ドローレス・イダルゴ村。日帰り遠足してきました。イラプアト発、土曜日の朝7時。イダルゴ村へのルートは、3つあるそうです。一番安全なのは、サンミゲル経由のイダルゴ村。車で2時間半かかります。一番危険なのは、グアナファト経由のイダルゴ村。途中の山道が、山賊が出そうなでこぼこ道だそうです。所要時間は2時間。そして、今回メキシコの人に教えていただいたルート。同じくグア...

  12. レオンの陶器屋さん『trinitate (トリニタテ)』 - Tea's room  あっと Japan

    レオンの陶器屋さん『trinitate (トリニタテ)』

    『レオンにすてきな陶器屋さんがある。』と、教えてもらって出かけてきました。また、新しいタイプきた(うれし泣き)『トリニタテ』http://trinitateleon.com/web/器には、”T”の文字が押してあります。イラプアト方面から、レオンに向かって行って市街地に入る前、広大な農園地帯にあります。隣に線路が走るガタゴト道道の奥にはレンガ造りの工房やお店が扉が閉まっているので、ブザーを押...

総件数:12 件

似ているタグ