陶芸のタグまとめ

陶芸」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには陶芸に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「陶芸」タグの記事(3712)

  1. 本日の陶芸教室 Vol.1161 川俣町女性講座 - 陶工房スタジオ ル・ポット

    本日の陶芸教室 Vol.1161 川俣町女性講座

    今日は川俣町農業協同組合が主催の女性講座で電動ろくろ体験を行いました。今までは手捻りでの制作でしたので今回が初めてのろくろチャレンジとなりました。回転に戸惑いつつも少しずつ慣れてきて形に仕上げていきました。新しいことにチャレンジできて楽しかったと声を聞けて嬉しく思います。完成を楽しみにしていて下さいね。

  2. 浅見宜恒陶展 - ★ Eau Claire ★ Dolce Vita ★

    浅見宜恒陶展

    こんにちは今日もご訪問頂きありがとうございます。励みになります。赤いハートをプッシュお願いいたします。人気ブログランキングいよいよ明日から21日まで、日本橋三越本店で「浅見宜恒陶展」が開催されます。6階美術サロンは密にもならず、ゆっくりご覧頂けますので、是非お越し下さいね。主張しすぎない器は、何にでも合います。それでいて柔らかい存在感があり、宜君の人柄が現れた作品になってます。2年ぶりの三越...

  3. 特集日本全国デザインの旅 - ciel et vide

    特集日本全国デザインの旅

    特集日本全国デザインの旅に選んで頂きました。ありがとうございます。

  4. パッケージ法お笑い編 - 桃青窯696

    パッケージ法お笑い編

    直径60㌢ほどのプラたらいホームセンターで山積みで売ってるあれです昨日ちょっとかすめてそらした話題を折角なので復活紹介させていただきます私の場合公募展出品の殆どは大皿でしたから出品持ち込みの際はいつでもこのたらいの世話になりました無慮何度これを使って搬入したことかすれ違えば仲間の陶芸家さんに「その梱包いいね!」って言われながらしかし同じ姿で搬入する方を見かけたことはありませんやっぱりどこか笑...

  5. パッケージ法 - 桃青窯696

    パッケージ法

    陶芸家は焼きものを作るのが仕事ですが一方でパッケージの方法も熟練して壊さないで運べる必要がありますこれまでの30年近く公募展・個展であれあるいはギャラリーさんへの納品にせよ私は運送屋さんを使ったことがありません東京中心の活動だけだったせいもありますが輸送で壊れることが嫌で自分の車で運ぶのが常でしたその分パッケージは随分と勉強もしたつもりですがその一端をご披露しますもしお役に立つならご利用くだ...

  6. このはな窯 作品展 - ブリュッケ通信

    このはな窯 作品展

    ~このはな窯(宮崎市鏡洲)作品展のご案内~陶芸家 渡邉香代子さんの、可愛くて楽しい作品が並びます。ストーンペインティングもお皿やランプシェード小さな動物達日時:6月17日(木)~20日(日)場所:rassemblerラソンブレ〒880-0037宮崎市南方町大迫239-2TEL 0985-66-3156instagram インスタグラム 素敵な作品がたくさん♪『このはな窯』インスタグラムはコ...

  7. 本日の陶芸教室 Vol.1159 - 陶工房スタジオ ル・ポット

    本日の陶芸教室 Vol.1159

    お父さんが心配そうに前のめりで見守る中、娘さんたちは落ち着いた手捌きでろくろに全集中で向き合いました。そしてカップに平鉢、湯呑など4作品を作りました!焼き上がりをお楽しみに〜

  8. 亀の歩みで着実に - よこやまけいうの日々是好日

    亀の歩みで着実に

    おはようございます。朝から暑いですね。今朝は麦茶を作りました。今年の初麦茶です麦を煮出して粗熱を取って冷蔵庫に入れたところです。冷水ポットに入れるだけの簡単なパックの麦茶もありますが味は断然こちらの方が美味しいですよね。さて、陶器の硯をご紹介します。これは亀の硯です。焼き物です。背中の蓋を開けると中が硯になっています。書道教室に置いておいたら、子どもたちが楽しそうに眺めていました

  9. 夏を詠う - 日々是窯ぐれ

    夏を詠う

    ※画像はすべてお借りしました。2008年・7月13日(日) ――自立ということ吾子(あこ)よおまえと過ごした年月を何に例えればいいのだろう おまえの円らかな瞳が初めて「わたし」を捉えたとき命というものの巡り来る不思議に茫然自失したものだそれは、糢糊でありながら何でも見透かしてしまう兆しに満ちていた やがてたどたどしくしゃべり始めるとその心地よい声音は崇高を語る哲学より愛を詠う詩篇よりどんな...

  10. ブレスレット - エゾノコ手作り帳

    ブレスレット

    it's a beautiful day♪と、やっぱり歌いたくなってしまう梅雨入り前のスカッ晴れ。・青空を見ると、青空の下で着けたいアクセサリーを紹介したくなる単細胞生物。シンプルな○だけのブレスレットがあったら素敵だな、という姉からのアイデアを形にしてみました。だだ、○だけだと、なぜかすぐ腕の内側に回ってしまうので、反対側に貝殻モチーフをつけてバランスをとってみた。チェーンはアレ...

  11. 一廊に学ぶ - 桃青窯696

    一廊に学ぶ

    このDMで個展を開いたのは丁度4年まえのことしかも偶然だが今日はあの最終日にあたりそれが目下最後の個展になっている直後に柿傳ギャラリーのオーナー安田さんから「二度目を考えておいてくださいな」と言われてそのままになっている晩学の陶芸でもあれば引き出しの数も深さも乏しい私の陶芸老舗の柿傳で毎年の如くにはついてゆけるのか不安もあるひと際広々した展示場に1年以上の余裕を頂いて百数十点の用意で始めた会...

  12. 本日の陶芸教室 Vol.1158 - 陶工房スタジオ ル・ポット

    本日の陶芸教室 Vol.1158

    今日は暑かったです、気温33度の夏日でした。真夏の33度とはまた違って今年初の30度超えだったので、2時過ぎくらいから頭がクラクラしてきて慌てて水分補給をしました。ギリギリセーフ。さて本日の陶芸教室です、暑い中どうもありがとうございました。普段使いの器にとお揃いのお茶碗を作りました。お話の中で6年くらい前に一度手捻り体験されたとのこと。ろくろも楽しかったと喜んでいただけました。ありがとうござ...

  13. 雲色のドラ鉢 - エゾノコ手作り帳

    雲色のドラ鉢

    紫陽花がよく似合う。・お待たせしました、紫陽花の盛り合わせです。・って、居酒屋で出してみたい。・・#ドラ鉢 #皿 #plate #紫陽花 #アジサイ #花 #hydrangea #花盛り #好きな花 #雲 #雲色 #cloud #cloudcolor #japanesepottery #エゾノコ陶器#ezonoco#陶器#ceramics#tableware#craft#うつわ#うつわ好き...

  14. 【展覧会のお知らせ】〜花と生きて〜 - MAYUMI NAKAMURA ceramic art

    【展覧会のお知らせ】〜花と生きて〜

    【展覧会のお知らせ】空地恵子中村真由美母娘二人展〜花と生きて〜6/18(金)〜7/1(木)鹿児島空港エアポートギャラリー私達は、いつでも苦しみの中にいる時花たちに励まされた。生き方を迷う時、一歩踏み出したい時、力強く咲く向日葵人知れず咲く山桜雨が降り続く中でも楽しませてくれる紫陽花共に生きてそっと咲き続けたいコロナ禍でなかなかお出かけは難しいと思いますが、お近くの方はぜひお越しください。また...

  15. 2021.6.9に窯出しした会員作品です! - きらく陶工房 陶芸教室

    2021.6.9に窯出しした会員作品です!

    INOさんのお孫さんの作品です!MOREさんの作品です!ORYOさんの作品です!OTIEさんの作品です!ZUZUさんの作品です!SATAさんの作品です!NAYUさんの作品です!NIMAさんの作品です!SUSEさんとお子さんの作品です!SUWAさんの作品です!

  16. どっ散らかって候 - 桃青窯696

    どっ散らかって候

    搬入間際の作品たちです昨日は研摩をかけて肌触りが良くなりました今回の窯はもっと沢山焼いているのですがあがりに不満の残る作品が多くて出荷不可に決めたものが幾つもありました近年にない不出来こうしたこともあり得る世界ですがそれでもやはり愕然とするものです「丁寧に仕事する」老いて更にその気持ちを大事にしてるつもりですが「丁寧」の難しさを痛感する毎日でした「丁寧に」には「リズミカルに」とある一点でぶつ...

  17. 霧島からの芋焼酎 - 福島県南会津での山暮らしと制作

    霧島からの芋焼酎

    ブログを通して色々交流のある方から芋焼酎が送られてきた。アマビエさんが嫁いだ所、大切な日々の暮らしをブログにアップしている。キルト教室の様子、たまには政治批判、音楽、一緒に暮らすワンちゃんや猫の事、いつも楽しく拝読させていただいてます。さて、何をお礼に送ればいいのか?気に入った焼き物でもと、、、、気長にお待ちください。国民の安全と健康を守るスガさんそんなの当たり前なんだよ偉そうに今更何言って...

  18. 茶々丸日記-② - 日々是窯ぐれ

    茶々丸日記-②

    ―― 大草原の小さな犬(笑)―― やのべさんちへ来てから二週間がたった。僕はお利口だから、だいたいの習慣は身に着いたよ。まずは朝、じいじが起き出してくるのを待つ。もちろん、哭いてせがんだりしない。いつも上がり框の上で静かに座っている。偉いだろう。じいじは最初に僕のウンチの片付けをする。前は、ウンチをティッシュにくるんだり、トイレ・シートを新しいのに替える時、じいじに飛びついて叱られたりした...

  19. 7月の工房・陶芸教室の予定です! - きらく陶工房 陶芸教室

    7月の工房・陶芸教室の予定です!

    7月の陶芸教室の開講予定日です!12345789101112141516181921222324252628293031予約制になっていますので受講希望日の前日のPM8:00までに予約してください。当面、1講座4名様までとさせていただいています。6月7日現在の予約状況です!7月14日(水):1名様7月29日(木):PM2名様

  20. 昭和感漂う食堂 - 福島県南会津での山暮らしと制作

    昭和感漂う食堂

    店内は昭和そのもの、狭い店内には近所の親子が、もくもくと食事をしていた。値段も安く近所にあってほしい食堂、今風にデリバリー夫妻で出前もこなしている。大衆食堂ってやつです。懐かしいさが溢れてます。3年前に挿し木をしたヤマツツジ池の周りに移植しました。池の黒い部分がオタマジャクシ何匹蛙になるのかな?新刊書案内に思い残す事なく旅立つための極意!そんなのあるのか?チラッと覗くともっともらしい事ばかり...

総件数:3712 件

似ているタグ