陶芸のタグまとめ

陶芸」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには陶芸に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「陶芸」タグの記事(1329)

  1. 完成作品のご紹介 - 陶工房スタジオ ル・ポット

    完成作品のご紹介

    今年もあと十日あまりとなってきました。早いですね、もう師走です、そして、もう一年が経とうとしています。さて、今回焼きあがった生徒さんの作品のご紹介になります。シンプルで使い勝手の良さそうなうつわをご覧ください。手びねりによる平皿も使い易そうです。今回もやはりろくろによる作品が多かったようです。板皿やコーヒーカップなども◯ワンポイントでスタンプを押されたお客様も多かったです。郵送の方はこれから...

  2. ☀ポーク肩ロースのグヤーシュ風 - きしんがま陶芸と料理(とつぶやき)ブログ

    ☀ポーク肩ロースのグヤーシュ風

    ☀ハンガリーの伝統料理グヤーシュ風の煮込み!本来は牛肉を使うのですが、いろんなバリエーションがあることと家族に牛と鶏が苦手な人間がいるので豚肩ロースで!牛肉よりはあっさりめですが、肩ロースはうまみが強いので思ったよりもしっかりした味になります!!・豚肩ロース肉(大きな塊2つ。700g以上のもの2つ)・塩・黒コショウ・オリーブ油・玉ねぎ(1個)・ニンニク(6片)・赤ワイン・トマト缶(ホール1缶...

  3. 12月号 - さいとう知のお知らせ

    12月号

    12月号早いもので12月になりました。口内炎が痛くて食事が辛い・・痛みって集中力を奪うなあとしみじみ日頃の不摂生を反省しています。今月19日から25日まで三越日本橋本店本館5階ステージ5にて今年最後の販売会です。10時~19時です。毎日13時ころから在廊予定です。久々に上絵付けの実演をします。実演は緊張するので得意ではないのですが、結構皆さん立ち止まって興味深そうに見ていってくださるのでがん...

  4. 花器は花を生けてこそ。 - miitaの日記

    花器は花を生けてこそ。

    ある女優さんの講演会に出席して、ファンの方?からの贈呈の花束の一部をプレゼントいていただきました。豪華な花を自作の粉引き変形花器に生けました。地味な色合いが豪華さを引き立てます。

  5. 水晶 - カタチ

    水晶

    KOZUE KITCHENSさんの作品です。水晶を模した陶芸作品ですが、柔らかく、どこか動物的な雰囲気を湛えているようにも見えます。暗闇の中、光るよう中にランプがしつらえてあります。いつか夜に、ご覧いただける機会を持ちたいです。

  6. 優美な華々を♪生けさせて頂きました♪ - Salon de deux H

    優美な華々を♪生けさせて頂きました♪

    いつも素敵な華々を買わせて頂いている、フローリスト「Tomoyuki Flowers( トモユキ フラワーズ ) 」さん にて買わせて頂き♪生けさせて頂きました (^-^)/♪今回、買わせて頂いたのは♪ブログで既にご紹介している、和ばら作家「 國枝 啓司 ( くにえだ けいじ ) 」氏 のファーム♪「Rose Farm KEIJI( ローズファーム ケイジ ) 」の「 WABARA 」の 六...

  7. 陶芸教室忘年会 - 福島県南会津での山暮らしと制作(陶芸、木工)

    陶芸教室忘年会

    さいたま市中央区にある陶芸教室むもんの本日は、忘年会なり近くの埼玉新都心駅一年の無事と、来年の飛躍を誓って!乾杯!奇麗なのか、寂しいのかわからん電照今の社会そのもの中身のない飾り本当に景気がいいんですか?僕にはそうは思えないなんか違ううわべだけの飾りはあきあきなんだよ真実の美しさは自然の中にある。

  8. 今年最後の陶芸作品 - 疾風谷の皿山…陶芸とオートバイと古伊万里と

    今年最後の陶芸作品

    今日の陶芸教室が、今年最後の陶芸教室となりました週3回、毎週日曜日に通っているので、36回通ったことになりますか今日受け取った、2018年最後の作品は織部焼の平向付です実はこれ、今年の4月に同じ形で創った向付なのですが余った土を整理していたところ、前回の鼠志野の志野土が残っていて向付2枚程度は創れそうな分量そこで4月に創った織部焼きの平向付が思いつきましたこの時、不精して4枚しか創っていなく...

  9. 東北から関東へ - 福島県南会津での山暮らしと制作(陶芸、木工)

    東北から関東へ

    朝、目覚めると雪が降ってた早めに帰る事にする。小屋の前の道を足早に会津高原尾瀬口駅ホームにて中三依駅通過鬼怒川温泉駅快晴東北と関東は別世界でした。時間にして40分こんなに変化にとんだ鉄旅はなかなかない!

  10. 干支ぐい呑み - 陶芸家・渡邉陽子の日々のこと

    干支ぐい呑み

    毎度毎度遅めの干支ぐい呑みづくりですが、 やっと重い腰を上げ作り始めました。 イノシシってこんな感じだっけ・・・・え!これカピバラやん!やり直し! やっぱり牙いるな・・・。 そして、なんとなくイノシシっぽくなってきました。 ここから器が背中にのるので、いつも通りの不機嫌な表情を浮かべております。 まだ完成は先になりますが、出来上がりましたら 山口県の彩陶庵さんとなごみスタイルさんにてご覧いた...

  11. 2018最後の在庫 - エゾノコ手作り帳

    2018最後の在庫

    お問い合わせがあったピアスの在庫。全部出して並べてみた。NAJAさんにも何点か置いてあるけれど、だいぶ少なくなったなあと感慨深い。継続して作っていくものもあるけど、気まぐれな思いつきで作ることがほとんどなので、だいたいが一点もの。来年はどういうラインナップになっているのか、我ながら楽しみです。・・ぶらぶらピアス→14kgf直付けタイプ→サージカルステンレス・#ピアス #14kgf#イヤリング...

  12. 12月はきらいだ - エゾノコ手作り帳

    12月はきらいだ

    っぶはーっ!!疲れたぁー!・あっちもこっちも連絡が滞ってて、スミマセン。11月の出展ラッシュ中にたまってしまったオーダーを年内に仕上げるべく、カリカリ黙々と成形しておりました。先ほど素焼きの窯詰め終了。素焼きが終わった来週は、またカリカリ黙々と釉掛けして、今年最後の本焼き。無事に焼けていたら発送作業。・今年の12月は仕事はセーブして家や工房の雑用や大掃除を念入りにしたいなあと思っていたけれど...

  13. 内海大介 - Gallery I

    内海大介

    Photo : Gallery I2017年【「網の器」amino-utuwa内海大介 陶展】展覧会風景よりhttps://www.facebook.com/pg/Kyoto.GalleryI/photos/?tab=albumalbum_id=787507734765932

  14. 街並み飾り皿ふたつ - チクチククチート

    街並み飾り皿ふたつ

    飾り皿をふたつ作りました。高い足の付いたコンポート皿。以前にも作ったことがあるこの形。あまり実用性があるとは言えない形なのですが、好きなんですよねー。こちらは、ヴェネツィア風に。ヴェネツィアと言えば、やっぱりリアルト橋は外せませんよね。ヴェネツィアっぽい建物として他にカ・ドーロを作りたかったのですが、このサイズでは、あの繊細な窓の装飾は難しかった。時間をかければ出来たのでしょうが、そこまでの...

  15. ●〇 - カタチ

    ●〇

    左がWARNER BARNESさんの作品です。とある資料を元に制作された陶芸作品です。日本で発見されたというものを模倣した作品ですが謎が多く、本人もわからないことが多いそうです。貴重なものをいただいてしまいました。ご近所の方がそっくりなものをくださったので、隣にしつらえました。

  16. ◎ - カタチ

    左の素朴な花器がOLGA MIⅬEHINAさんの作品です。ラトビアから来た彼女の話を聞く機会を持てたことはとても幸運でした。いただいた時も、彼女の目に留まった小さな花や草が彼女の手によって生けられていました。背の高い、歌うように話す彼女を思い出します。

  17. 大神山 - カタチ

    大神山

    TREVOR SPOHRさんの作品です。シロオニスタジオのアーティスト達を訪ねて行ったとき、鬼石と神川の象徴的な山、大神山をイメージしてつくったというこれらを私たちにくださいました。これらはひびが入ってしまった。君たちの庭に似合うと思う、と。

  18. 今年の作陶 - チクチククチート

    今年の作陶

    前回、ブログを更新したのが7月だったなんて!ありゃりゃ。夏休みに入ったら時間が取れるから…とか考えていたのに、すっかり、もう冬休みになりそうですね。今年も例年通り、秋に陶芸教室の作陶展があったので、それに向けて夏からいろいろと作っていました。今年の展示の様子はこんな感じで。以前から陶器のランプを作りたいと思っていたのを、数年越しの重い腰をあげ、取り掛かりました。形を散々悩んだ結果、『街』にし...

  19. 立杭へpart4 - よしのクラフトルーム

    立杭へpart4

    立杭といえば陶芸、作陶体験が出来ました。雅彦さんの窯では、今は作陶教室はしてないそうです。今回特別にご指導いただきました。皆さん思い思いに1kgの土を使います。私は手びねりの茶碗と茶入を。けど、時間が少ない、せめて半日欲しかった。さて、どんなものが出来上がってくるのか?

  20. 立杭へpart3 - よしのクラフトルーム

    立杭へpart3

    盛りだくさんだった立杭への遠足。陶芸美術館で河井寛次郎展市野雅彦氏窯元ツアーお茶会作陶市野信水氏窯元ツアー夜のケイタリングパーティいったいどれがメインだったのでしょうね。お茶会は雅彦さんのギャラリーで。ここは板の間、なんと和紙を貼ってあるのです。真理さんのお点前で美味しいお茶を頂く。お菓子にシュトーレンが入ってたのも驚きでした。お一人で全員分点ててくださいました。すげー、お疲れさまでした。も...

総件数:1329 件

似ているタグ