障害のタグまとめ

障害」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには障害に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「障害」タグの記事(67)

  1. 障がい者とアート - 隔たりのないアート(美術の理解)

    障がい者とアート

    障がい者とアート今日は、大阪で美術デザインの訪問指導。重い障害があって家から出られない人に自宅に訪問して美術デザイン指導をしています。彼女の夢は、ファッションデザイナー。定規で線を引く練習から始まり既に10ヶ月。コミュニケーションは、満足にとれないけど、描いた絵で伝えてくれます。やっと、色鉛筆でここまで仕上がりました。一つ線を引けば、笑顔になり。一つ色が塗れれば、声を出して笑う。今は、ずっと...

  2. 美術教育がもたらす人間教育 - 隔たりのないアート(美術の理解)

    美術教育がもたらす人間教育

    幼少の頃、絵を描くことが好きだったのに、大人になって70%以上の人が嫌いになる。どうしてなんでしょう。また、絵を描かなくなることでさまざまな問題が起こると言われています。美術は、絵を描くことの技術を伸ばすためだけではなく、生きて行く上でとても大切なことを教えられます。一緒に考えてみませんか?https://peatix.com/event/886906/view?k=3527ae4f26da...

  3. 文月永岡まゆみのうじゃ便り - ハローハロー、こちら 即興楽団UDje( ) ブログです。

    文月永岡まゆみのうじゃ便り

    彼女の眠っている周りには紫陽花がきれいに咲いており、向かいには山が見える眺めのいいきもちよい所だった。この場所、この地がきっと好きだったんだろうなと思いながらご挨拶。新芽が芽吹く初春、春は桜、初夏は紫陽花、夏はわっさわっさと生い茂った緑にうるさい蝉、秋は紅葉、冬はうっすら積もる雪と四季折々きれいな風景を「うふふ」と笑いながら下界を見渡している、そんな彼女の姿が想像できた。さあ、うじゃの予定で...

  4. 大人に参加してほしい!声と体の即興アンサンブル@豊中 - ハローハロー、こちら 即興楽団UDje( ) ブログです。

    大人に参加してほしい!声と体の即興アンサンブル@豊中

    「場が育つ」とはこういうことなんだな。それについてうまく伝わるかわからないが思ったことを書いてみる。何度も書くがこの『大人に参加してほしい!〜』のワークのはじまりは、障害のあるひとが通う施設職員の研修ワークだった。知的な障害のあるひととのコミュニケーションを言葉でなく、音や体をつかってどんな風にしていけばもっとお互いが豊かなものになるか。職員さんたちのココロとカラダの解放と、職員同士、私も含...

  5. 大阪吹田にある千里寮 救護施設で毎月1回の"うじゃ"ワークショップ - ハローハロー、こちら 即興楽団UDje( ) ブログです。

    大阪吹田にある千里寮 救護施設で毎月1回の"...

    昨日は4月にあった”うじゃ×千里芸能組”のステージ、その映像をみなで見た。いつも呼んでもらうのは音楽イベントが多いけど、パフォーマンスの内容は音楽とは限らず、”うじゃ”という装置をとおして会場にいる演者と観客が一瞬で通じ合えることや、どんなひとだってステージにあがって観るものの心をぐっと掴むことができるよっていうメッセージを私なりにやってきたつもり。入院してたりで体調がすぐれない人もおおく、...

  6. 明日!6/15(土)素のままフェスタ2019 - ハローハロー、こちら 即興楽団UDje( ) ブログです。

    明日!6/15(土)素のままフェスタ2019

    この施設でのワークショップも5年目。年を追うごとに利用者さんの見せ場から、施設職員さん、うじゃスタッフへとそれぞれの得意分野を活かせるようなステージ構成になってきた!今回はうれしいことに、最初から最後までスタッフ内で意見を出し合いながらステージをつくっていった。利用者さん内ではやっているヘンテコ歌もとりいれて、ちょっとおかしなオモシロステージやってきます。是非見に来てください!!(ナカガワエ...

  7. ことばの身体性を求めて - ハローハロー、こちら 即興楽団UDje( ) ブログです。

    ことばの身体性を求めて

    ずぶの校長先生が書いてくれました。読んでください。うじゃ新聞「うじゃーナル13号」欲しい方は声かけてくださいね。

  8. 素のままフェスタ2019ステージのおしらせ - ハローハロー、こちら 即興楽団UDje( ) ブログです。

    素のままフェスタ2019ステージのおしらせ

    ここではパフォーマンスの流れはざっくりと決まっているものの、誰が何をしだすかはわからない(笑)予定していたことをやってくれない時もあったり(汗)逆にフォローするように?目立ちたい?でぱーんと前に出てくるひともある。突出したパフォーマンスを次の展開にどうつなげていくかはこちらの即興の力にかかっている(笑)ワークショップの中で積み上げてきた信頼関係があるから、下手に手を出したり制したりするひとが...

  9. アートで楽しく。 - 隔たりのないアート(美術の理解)

    アートで楽しく。

    アートで楽しい気持ちになる。アートのプログラム「創作の時間」を高齢者施設で活動をしています。今回、一人の認知症の方をピックアップしました。月に二度しかお会いできませんが、必ず参加くださいます。半年くらい前は、車椅子ではなく歩行器を使って歩いていらっしゃいました。その頃は、もう少しふっくらされていて、声も大きかったです。今は、しんどいだろうなぁと観ていて感じます。そのしんどさをアートで少しでも...

  10. 令和元年記念イベント「1000人の招き猫を作ろう」 - 隔たりのないアート(美術の理解)

    令和元年記念イベント「1000人の招き猫を作ろう」

    令和元年記念京都以外の遠方の方もご参加いただけるようになりました。(お問い合わせください)1000人で作った招き猫で「令和」を幸せ多き時代になるよう招きましょう。子どもから高齢者、障害のある方をはじめ誰でもご参加いただける招き猫作り。参加費には、展示する会場費、粘土代が含まれています。また、格差のないイベントですので全ての方にこの料金でお願いします。参加費をいただきましたら粘土をお渡しします...

  11. うじゃ感想 - ハローハロー、こちら 即興楽団UDje( ) ブログです。

    うじゃ感想

    昨日は神奈川県で福祉施設のうじゃワークショップでした。見に来てくださった中村るりさんからの感想と写真をUP。読んでくださいね。(ナカガワエリ)・エリ先生続編。大人の知的障害者の作業所にて「うじゃる」。一本のウクレレとジャンベから始まった即興楽団うじゃ主宰。彼女がよく言う「ノン・バーバル・コミュニケーション」。彼女の弟は全盲で重度の知的障害があり子供の頃から言葉を介さずコミュニケーションをとっ...

  12. この春、京都造形芸術大学 芸術学部 通信教育部に入学された障害のある方の家庭教師をしています。 - 隔たりのないアート(美術の理解)

    この春、京都造形芸術大学 芸術学部 通信教育部に入学さ...

    この春、京都造形芸術大学 芸術学部 通信教育部に入学された障害のある方の家庭教師をしています。今回、京都造形芸術大学のテキスト「色をめぐる114のレッスン色彩表現基礎」からの課題を一緒に取り組みました。・色の塗り重ねの見え方・塗り重ねられた色によっての影響を観察・黒以外の色を混ぜることで黒になる今回、この障害のある方には、この課題を取り組むことに対し、ストレスにならないよう心得、配慮しました...

  13. 1000人の招き猫を作ろう - 隔たりのないアート(美術の理解)

    1000人の招き猫を作ろう

    1000人の招き猫を作ろう僕の招き猫が完成しました‼️ぎゃらりーたかのにてあなたも参加してみませんか!?詳しくはhttps://chibiroku.wixsite.com/sousakunojikan/single-post/2019/05/02/%EF%BC%91%EF%BC%90%EF%BC%90%EF%BC%90%E4%BA%BA%E3%81%AE%E6%8B%9B%E3%81%8D%...

  14. 平成最後のぎゃらりーたかのでの美術・デザイン講座。 - 隔たりのないアート(美術の理解)

    平成最後のぎゃらりーたかのでの美術・デザイン講座。

    平成最後のぎゃらりーたかのでの美術・デザイン講座。新元号記念「1000人の招き猫を作ろう」招き猫作りをしました。参加してくれた利用者さんがみんな楽しんでくれました。「これなら3万円で売れるかな⁉️」「あんたのネコ、メチャ可愛いやん‼️」など飛び交う言葉が、とても前向き。まだまだ1000個にはほど遠いですけど、みなさんもぜひ、参加してくださいね‼️遠方の方も参加できますよ‼️#ひきこもりの若者...

  15. ボクもワタシも個性の塊! - 2013年から釧路に住み始めた宮崎英之です。

    ボクもワタシも個性の塊!

    人はみんな一人ひとり個性を持って生まれてきています。体つきや肌の色、顔の造形などは分かりやすい個性でしょう。運動能力だってきっと生まれつきの部分は多少はあるのかもしれない(競走馬だとはっきりとあるし・・)。性格だって、一卵性双生児でさえ全く同じという事は無いらしい。これらの個性には育っていくにしたがって、また生活していく中で、少しずつ変化していく部分と変わらない部分があるように思います。そし...

  16. ひきこもりの若者支援 - 隔たりのないアート(美術の理解)

    ひきこもりの若者支援

    おはようございます。4月3日ぎゃらりーたかので、ひきこもりの若者に対しベーシックな美術の講座をして来ましたが、今年度からスタートする就労に結びつく、プロ養成を目指した講座を今日から開講します。そしてこの講座は、現在、ぎゃらりーたかのの利用者だけでなく、なんらかの事情で家にこもって仕事に就けていない方に向けても解放します。また、そのような方がご家族に、知り合いにいらっしゃるようでしたらご紹介く...

  17. 第3回マッチ箱展 - 隔たりのないアート(美術の理解)

    第3回マッチ箱展

    第3回マッチ箱展開催日が決まりました。8月30日(金)~9月4日(木)0歳幼児から高齢者まで、障害の有無、不登校児、ひきこもりの若者、アーティスト、他、誰でも参加していただけるアートの活動です。今回はぜひ、この活動に取り組んでみようと思われる個人様、団体様、各種施設様、各種学校様、メッセージにてご連絡ください。展示日までに完成できるよう予定を組んでいただきましたら結構です。ぜひ、よろしくお願...

  18. 障害者とアート - 隔たりのないアート(美術の理解)

    障害者とアート

    障害者とアートこの作品を観られて「あれっ!?」って感じられた方もいらっしゃるのではないでしょうか。そうです。ピカソの絵です。先日、障害のある彼にピカソの模写をしてもらいました。理由は、■この複雑な絵はよく観ないと描けない。観察力を向上させるためです。■仕上げるのに時間がかかる。これまで彼の集中力は15分くらいしかなかった。今回、この絵を仕上げるのに80分費やしました。描いている途中、何度も気...

  19. 隔たりのないアート~創作の時間~ - 隔たりのないアート(美術の理解)

    隔たりのないアート~創作の時間~

    隔たりのないアート~創作の時間~この絵は、どの年代のどのような方が描かれたと思いますか?わからないですよね。アートには、年齢、障害の有無による格差がありません。そこで生まれるのが、格差のない社会です。アートで心豊かに笑顔で暮らしてみましょう。この創作の時間をみなさんに理解をしていただきたいという思いから3月16日に京町屋「遊子庵」でワークショップを開催します。幼児から高齢者、障害のある方を含...

  20. 障害者とアート - 隔たりのないアート(美術の理解)

    障害者とアート

    障害者とアートいつも図鑑を観て魚や昆虫を模写していた彼が僕に伝えて来たことが、もっと違うものが描きたいだった。僕が指導をする前に絵を教えていた先生からの引き継ぎで動物が好きだから、その模写をして絵を描く楽しさを感じてくれれば良いということから現在に至った。実際のところ絵を描く楽しさは、いっぱい感じているが、どうしても模写はできなくて想像が入ってくる。そんなに想像が楽しいのならということから「...

総件数:67 件

似ているタグ