雅叙園のタグまとめ

雅叙園」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには雅叙園に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「雅叙園」タグの記事(24)

  1. 武蔵野紀行17 - はーとらんど写真感

    武蔵野紀行17

                                      晄の世界から現実へと引き戻されたが、まだ余韻から覚めず                                  ロビーの外に小さい庭園があったので色と晄の酔いを醒まそうと外に出た                                  ポツリ、ポツリと咲いていた花、    何とかセージって名前なんだけど ...

  2. 武蔵野紀行16 - はーとらんど写真感

    武蔵野紀行16

    天井を見上げると扇の天井絵が描かれていた。扇は縁起物だそうだ   ケヤキ造りの廊下に年輪が浮き出ていた鍵の形にも種類があるんだな                   続く

  3. 武蔵野紀行15 - はーとらんど写真感

    武蔵野紀行15

                                   百段階段は実際は縁起の良い99階段が7部屋の宴会場に結ばれ                               座敷の床の間や障子、ガラス窓に至るまで見事な装飾が施された歴史的な木造建築と                               出会えた事に嬉しく思った                         ...

  4. 武蔵野紀行14 - はーとらんど写真感

    武蔵野紀行14

                                  99階段を上がり切り七部屋目を見終ったが                              昭和初期の明り取りや階段の擦り傷などに視点が行き                              気になったモノ達を写真に納めながら下って行く事にした続く

  5. 武蔵野紀行13 - はーとらんど写真感

    武蔵野紀行13

                                                              あかりに酔う いろに酔う                    

  6. 武蔵野紀行12 - はーとらんど写真感

    武蔵野紀行12

                                組子細工 釘を一本も使わずに組んだ伝統工芸                       トトロに似ていて、ユーモラスな陶磁器、、、、だと思う                                               提灯 灯を目立たせるためバックを落とした                                ...

  7. 武蔵野紀行11 - はーとらんど写真感

    武蔵野紀行11

                                  どの部屋も雅な光彩で伝統工芸が浮かび上がっていた                             そんな中で異彩を放っていたのが、この写真 ...

  8. 武蔵野紀行10 - はーとらんど写真感

    武蔵野紀行10

                                  途中で豪華な障子や襖などに眼が行って何部屋目か分からなくなった                              だけど各部屋が光に満ち溢れユーモラスな造形もあり素敵な印象を持った                                                                     続く  ...

  9. 武蔵野紀行9 - はーとらんど写真感

    武蔵野紀行9

                                     ケヤキの板材を使用した木造建築の旧館は                                  襖や障子などは当時の大工や芸術家の匠を呼び                                 豪華絢爛な座敷宴会場を造り昭和の竜宮城と云われるようになった                           ...

  10. 武蔵野紀行8 - はーとらんど写真感

    武蔵野紀行8

                                   灯籠で飾られた部屋には、まだ見所があった                               日本母屋に欠かせない障子だ                               最近は家がお洒落にになり日本独特の障子が廃れているのではないか、と、思うようになった                             ...

  11. 武蔵野紀行7 - はーとらんど写真感

    武蔵野紀行7

                                                                                                                                             この部屋にはこの表現が似合いそうかも知れない                                   晄霊(...

  12. 武蔵野紀行6 - はーとらんど写真感

    武蔵野紀行6

                                ねぶた祭りのモチーフの部屋には他にも見所があり                            柱に施された立体的な彫刻に驚かされた                            それに傷があるところが古さを感じる。安土風と云って良いのか江戸風なのか判断に困るが                            絢爛豪...

  13. 武蔵野紀行5 - はーとらんど写真感

    武蔵野紀行5

                                     サイケデリックな部屋を出て次の部屋に入ると                                 青森ねぶた祭りをモチーフにした作品が登場!した                                          妙に鬼の顔が気に入ってアングルを変えて撮った                       ...

  14. 武蔵野紀行4 - はーとらんど写真感

    武蔵野紀行4

                                     更に階段を上って行くと小部屋があって光が漏れていたので                                 今度は何が見れるのだろう>と、光に吸い込まれるように入って行くと                                 「神様の足跡」と、タイトルされた現代美術家の光の作品があった         ...

  15. 武蔵野紀行3 - はーとらんど写真感

    武蔵野紀行3

                                   2の天井絵の部屋に飾ってあったのか忘れてしまったけれど                               懐かしい人形と再会した                               ホウキを持った老夫婦の人形だ                               母親の実家の居間か客間にガラスケースに入れ...

  16. 武蔵野紀行2 - はーとらんど写真感

    武蔵野紀行2

                                 階段を上って一つ目の部屋は                             お寺とかでよく見る魔除けの鬼瓦が展示されていた                        二つ目の部屋には棟方志功の版画が飾られていた                        棟方志功の絵をリアルで見たのは初めてだった            ...

  17. 武蔵野紀行1 - はーとらんど写真感

    武蔵野紀行1

                               お盆休みの8月10日に目黒区の行人坂を下りた所にある雅叙園で                           和のあかりⅩ百段階段のイベントがあるのを                           僕のブログに遊びに来て下さる方が紹介されていて行って来た                           雅叙園の百段階段の事は...

  18. 帰路。2017年7月。忘れの里雅叙園にお邪魔。 - rodolfoの決戦=血栓な日々

    帰路。2017年7月。忘れの里雅叙園にお邪魔。

    目の前に有名な妙見温泉石原荘を眺める。一度泊まってはみたいのですが、チェックアウト10時というので二の足を踏んでおります。眺めが良い。炊きたてのご飯を蒸らしている。炭火焼きの焼き台。敷地内を鶏が闊歩。旦那さんも闊歩。帰り際にもらいました。帰路。こんな車がまだ走っている。セドリック・グロリア。空港到着。いつもなら寿司屋に入るのですが、もう飽きた。違う店に入ります。どうせ大して食べないし。名物鶏...

  19. 朝食。2017年7月。忘れの里雅叙園にお邪魔。 - rodolfoの決戦=血栓な日々

    朝食。2017年7月。忘れの里雅叙園にお邪魔。

    さて、恒例の仲良しを済ませまして、楽しみな朝食です。ゴーヤジュース。またゴーヤ。。。。ビールでかんぺ~。朝食。白和えとか豆とひじきの煮物とか茄子の煮びたしとか。ゴーヤの酢のものとかラッキョウとかゆべしとか。小松菜の煮びたしとか。ヨーグルト。卵料理。連れは生卵。私は目玉焼き。画像無し。ご飯。サツマイモ入り白ご飯と赤飯と。大変うまい。これは驚き、そばがき。大変うまかった。焼き魚。サバ。炭火で焼い...

  20. 夕食後編とその後。2017年7月。忘れの里雅叙園にお邪魔。 - rodolfoの決戦=血栓な日々

    夕食後編とその後。2017年7月。忘れの里雅叙園にお邪魔。

    さて、4月に来た時と比べると大変待遇が改善しています。さすがにネットでいろいろ言われて改善しましたかね。突然天然の鮎が供される。前の川で獲れたもんだとか。あっさり言われます。連れの鮎とは大きさが全然違いますし、顎が開いてますし、たしかに天然だろうと思います。私らは、岐阜の鮎掛けが趣味のお友達から常々送ってもらって楽しんでいるのですが、いつぞや高槻市のローカルな鮨屋で、どこぞのフェラーリに乗っ...

1 - 20 / 総件数:24 件

似ているタグ