集英社のタグまとめ

集英社」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには集英社に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「集英社」タグの記事(5)

  1. [読本]北方謙三:「吹毛剣 楊令伝読本」 - 新・日々の雑感

    [読本]北方謙三:「吹毛剣 楊令伝読本」

    北方謙三さん編著の「吹毛剣 楊令伝読本」(集英社文庫)を読了。北方謙三さんの「大水滸」シリーズの「楊令伝」の読本。人気長編シリーズになるとこの手の“読本”が発売されたりするが、大水滸シリーズでは本書のほかに「水滸伝」の「替天行道」、「岳飛伝」の「盡忠報国」という読本が発売されている。本書は、楊令伝クロニクル、漢詩、人物事典、年表、編集者からの手紙、読者へという章から成っている。最初の楊令伝ク...

  2. [小説]北方謙三:「チンギス紀(3) 鳴動」 - 新・日々の雑感

    [小説]北方謙三:「チンギス紀(3) 鳴動」

    北方謙三さんの「チンギス紀(3)虹暈」(集英社)を読了。同時に出版された第1巻と第2巻では、モンゴルの草原地帯を支配している部族や周辺の王国の長などが紹介された。主人公であるモンゴル族キャト氏の長テムジンを中心に、対立関係にある同族タイチウト氏の長タルグダイとトドエン・ギルテ、テムジンとは現時点で関係が良好な同族ジャンダラン氏の長ジャムカ、その他、メルキト族ウドイト氏の長トクトア、ケイレト王...

  3. [小説]北方謙三:「チンギス紀(2) 鳴動」 - 新・日々の雑感

    [小説]北方謙三:「チンギス紀(2) 鳴動」

    北方謙三さんの「チンギス紀(2)鳴動」(集英社)を読了。第1巻の「火眼」では、主人公のテムジンを中心にこれから活躍すると思われる中心人物たちやモンゴル族や周辺の国々の関係などを紹介した。このシリーズが何巻まで続くのか予想できないが、今後の物語の展開の下準備を行っているといったところか。第1巻で主人公テムジンの年齢が13〜14歳というのは若すぎやしないか?と思ったりしたけど、当時の平均寿命年齢...

  4. [小説]北方謙三:「チンギス紀火眼」 - 新・日々の雑感

    [小説]北方謙三:「チンギス紀火眼」

    北方謙三さんの「チンギス紀 火眼」(集英社)を読了。大水滸シリーズ完結後の新シリーズは第1巻と第2巻が同時刊行だ。“大水滸”三部作最後の「岳飛伝」で、金国総帥の兀朮(うじゅ)は養子の胡土児(ことじ)を梁山泊との決戦前に前線から北辺の地への移動を命じた。兀朮が胡土児を梁山泊との戦いから遠ざけた理由は「岳飛伝」を読んでもらうとして、北に向かった胡土児は蒙古に流れていった。胡土児が蒙古でどうなった...

  5. 集英社「OurAge」連載コラム6月 - la fleur ラ・フルール

    集英社「OurAge」連載コラム6月

    集英社Our Age連載コラム「季節の花とテーブルと」UPです。大好きな芍薬のあしらい方と初夏のおもてなしを紹介しています。ぜひご覧ください♪***クックパッド連載コラム【ホムパにマスト】サラダの「盛り付けワザ」を習得して"おもてなし上手"になろう♪レシピブログに参加中♪芍薬とアジサイのブーケ【生花】【花束】【新宿神楽坂店】価格:10800円(税込、送料別) (2017/...

総件数:5 件

似ているタグ