雑言のタグまとめ

雑言」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには雑言に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「雑言」タグの記事(35)

  1. 注意書き - 西蔵坊だより

    注意書き

    稀有のハプニングの連続で疲れていて、夜のなるともう起きていられなくて、blog滞っています。あまり空けてもと思い、葬儀場のことで、常々気になっていることを少々。ご遺体を火炉まで運ぶ台車は、なぜ、電動なんでしょうか。普通に人力で押した方が、スムーズなような気がするのですが。炉に納めるときも、電動でリフトアップなくても、人力でハンドルグルグル回すような仕組みのほうが、微調整しやすいと思うのですが...

  2. 痛風の不思議 - 西蔵坊だより

    痛風の不思議

    たまには世間の役に立つlogを残したいと思います。この一ヶ月味わったの痛風の痛みについての記録と考察。【1】痛みと履物の関係(ボクの場合)・ローファー:足入れさえできず履くのを断念。相性悪し。・長靴:履くときも、履いてからも、脱ぐときも、相当痛い。・クロックス:意外と痛い。長靴と同じ。・テレマークブーツ:履くときの激痛に耐えれば、あとは意地でも痛いと言わない。・草履:履いてしまえば、なんとか...

  3. 無題2019 - 西蔵坊だより

    無題2019

    15年前のちょうど今頃、長男のストーブ事件というのがあり・・・。中学校に行き、長男の行いを平身低頭謝りました。本来、そのためだけに出向いたつもりでした。が、その後の学校側の話を聞いているうちに、なんとなく???になってきました。こどもの失態に間違いはなく、そのことについて相応の評価なり罰を受けることに全く意義はありませでしたが、学校の対応は、あきらかに常軌を逸していると思いました。どうしても...

  4. 写真なし  ー痛風発作3日目ー - 西蔵坊だより

    写真なし ー痛風発作3日目ー

    痛風発作3日目。さらに悪化。なんとか法務は完遂しましたが、ご門徒さんに肩を貸してもらって歩いたり、荷物を運んでもらったり。迷惑かけましたが、助けてもらうのって嬉しいですね。このblogをシェアしているFBに、痛風友達?のT師から「・・・あの痛さは何もやる気が起こらない・・・」というコメントをいただき、最初は、痛みとやる気は別じゃないかな、と思ったのですが、確かに痛すぎるとやる気出ません。それ...

  5. 「子どもの貧困について」という研修会 - 西蔵坊だより

    「子どもの貧困について」という研修会

    黒野組の僧侶・各種団体の①合同研修と②住職連絡会と③懇親会。”宗門の方針に従って”、「子どもの貧困について」の研修。母子生活支援施設の施設長さんでいらっしゃるX師のお話を聞きました。1年2組の同級生でした。表面化しにくい問題であること、定義が様々であることから、実態がわからないのが現状らしいですが、7人に1人が「こどもの貧困」状態であるという調査報告もあるらしいです。また、母子生活支援施設が...

  6. 災害保険について - 西蔵坊だより

    災害保険について

    台風21号で傷んだ本堂の保険のことで、わからないことを保険屋さんに聞きに行きました。今回の台風で傷んだところは、全て業者さんに見積もってもらってくださいとのこと。その査定は、専門家がされるそうです。被災直後、担当の方がみえたときは、剥がれた屋根のことばかりに気が向いていましたが、あらためて落ち着いてながめてみると、関連してあちこちに問題が生じています。屋根の破損格天井、一部畳等の水濡れサッシ...

  7. 手前味噌、若しくは机上の空論 - 西蔵坊だより

    手前味噌、若しくは机上の空論

    Tumblrで、”アメリカの諺に「机の上を整然ときれいにしているやつの頭の中身は大体空っぽ」というものがあるらしい。”というテキストが流れてきました。信憑性は???だと思います。軽くsurfingしてみましたが確認できませんでした。「机の上を整然ときれいにしているやつの頭の中身は大体空っぽ」かどうかはわかりません。でも、少なくとも、机の上が雑然としているボクの頭の中は、雑念・妄想でいっぱい、...

  8. 悩み事 - 西蔵坊だより

    悩み事

    人並みに悩み事があります。人並み以上かも知れません。仏教では、”ただひとつ”とみることができない以上”迷う”と考えます。ものごとを2つ以上に分別するところに”迷い”が生じ、それがボクたちの性だというのです。”ただひとつ”と分別しない境涯が、おさとりです。そうは言っても、例えば「地球はひとつ」ではないか、「onlyoneearth」というではないか、という意見があるかもしれません。確かに地球は...

  9. 睡魔に負ける - 西蔵坊だより

    睡魔に負ける

    おまいりにいく途中、どうしようもなく眠くなりました。街の中、クルマを路肩に停めて眠るということもできず・・・。かといって、おまいり先の車庫で眠るというわけにもいかず・・・。コインパーキングに入庫して、一瞬ですが安心して眠りました。思い通りにならないことが増えてきて、その対応に、手っ取り早く「お金で解決」という選択肢を選ぶようになったのかなと思うと、ちょっと人生の黄昏というか悲哀を感じないでも...

  10. 賞味期限 - 西蔵坊だより

    賞味期限

    午後7時、母から「ハムをたくさん焼いたから食べに来ない?」と電話。8時から予定があったので、急いでお相伴にあずかる。母が言うには・・・。冷蔵庫の奥から、賞味期限切れのハムが出てきた。お隣の猫に食べてもらおうかとも思ったけど・・・。やっぱり食べることにした。全部焼いた。食べきれないので食べて欲しい。「よーく焼いたから・・・。」と、くり返し母が言うので、「大丈夫やろ。賞味期限はいつやったの?」と...

  11. 年波といふこと - 西蔵坊だより

    年波といふこと

    お泊り会の川遊びのときの虫刺されか傷が原因で、右足の人指し指の付け根が膿んでしまいました。草履の鼻緒が当たって痛いので、足を引きずっているボクを見た母が、「これで切って膿を出しなさい」と、はさみを持って来ました。戦地を知っている母流です。針で十分なのですが。切ったり刺したりすることをビビったわけではなく、皮膚を切って膿を出すと、あとあと面倒な状況になると思ったので、老体の治癒力に任せて放置。...

  12. 短パンの季節 - 西蔵坊だより

    短パンの季節

    4月20日に、「あしたのジョー」を再読していると書いたものの、その後、いっこうに読み進んでいません。漫画を読むヒマもないほどなのかというと、決してそういうことでもなく、でも、現実は、追われるように過ごしています。午前の空いた時間、少し工作をしました。散らかった身の回りを見て、この雑然とした雰囲気は嫌いではないと思いました。午後、あるモノを求めて美濃の町へ、久しぶりにS4でドライブ。カラッと晴...

  13. 引越しシーズンに思う - 西蔵坊だより

    引越しシーズンに思う

    年度替わりの引っ越しシーズンもそろそろ終わりのころ。・近所のMさんが、娘さんの引っ越しをするということで、台車(キャリアカート)を借りにみえました。・無事引っ越しを終えられ、台車を返しにみえました。お礼にと、高級なお菓子を持って。量販店で安く買った台車。たぶん、高級なお菓子の方が高いと思います。なんかヘンな感じですが、引越し先の京都で、わざわざ買ってみえたお菓子です。お心も合わせて、ありがた...

  14. 今日のこと - 西蔵坊だより

    今日のこと

    朝から、勝手・土間・寺務室の片付け掃除。熱中して、昼ごはん食べ損ないました。空腹でまわる午後のおまいり。どんどん遅れて、帰ってきたのは10時小前。ちょっと疲れました。夜食か夕食かわからない焼きそばを食べ一息。“ごちそうさま”をして、「こどもたち、ちゃんと食べているかなあ?」とつぶやいたら、「もっと美味しいもの食べているんじゃない!」と坊守。それでは、話がおさまらないと思いましたが、疲れている...

  15. 春なので - 西蔵坊だより

    春なので

    春なので、すこしは親バカして心ザワザワしています。次女は、進学。引っ越した下宿をのぞいたら、本棚に料理の本。長男は、仮任用とはいえ4月1日から就業。まだ辞めていない模様。長女は、2度目の別居。東京ひとり暮らし。気にはなりますが、『無沙汰は無事の便り』ということで、気にしないふりをしていたら、4月になってまだ3日しか経っていないのに、長女と次女から電話。「とうちゃんの手紙のblog読んだけど・...

  16. ジンクスー今年はじめての草刈りー - 西蔵坊だより

    ジンクスー今年はじめての草刈りー

    一泊旅行が日帰りスキーになって、日帰りスキーはお葬式になりました。ということは、還骨のおつとめのあとの会食が終われば、ヒマ。午後4時から境内の掃除。12月以来の草刈り。草刈り機もブロアも一発始動。それだけで気分爽快に野良仕事がすすみます。草刈り中、Mさんという方がおまいりにみえました。境内で30分ほど歓談。4年前、当寺でつとめた黒野組の報恩講におまいりされたそうです。そのときの”いとこ煮”が...

  17. カメラを失くしました - 西蔵坊だより

    カメラを失くしました

    年度末の土曜日ということで、仏事をはじめ、各種行事、おつきあい等、重なりまくり。朝から調整の電話しっぱなしでした。ご無礼を重ね、一日終了。無事終了ではなく、物理的終了。いやはや、です。ご縁の邦楽演奏会や地元むくの木合唱団の定期演奏会も、早退、遅刻。撮影したカメラを失くしたので、内容、写真は、後日upします。(カメラは会場事務所に届いていること確認しました。)最近、誤作動したりしていたカメラ。...

  18. 差出人不明の手紙 - 西蔵坊だより

    差出人不明の手紙

    「なんか変な手紙が来てるよ!」と言って、坊守が郵便受けから持ってきた手紙。差出人情報なし。宛先は、番地のみ。「私たち」という人から、いわゆる内部告発的な内容のA42枚。内容が事実なら、「私たち」は、相当内部のことに詳しい方々と想像。手紙の内容より、「私たち」は誰なんだろうということに興味が湧いてしまいました。「怪文書」に反応するのもいかがかと思いますが、一点、どうしても受け入れられない一文。...

  19. 頭を使え! - 西蔵坊だより

    頭を使え!

    葬儀式場の自動扉。Touch to open手を近づけてくださいAuto doorと表示してあります。右手に法衣カバン、左手に七条袈裟の包みを持っていたので、手を近づけることができません。仕方がないので、お辞儀をするように頭を当ててみました。何度やっても開きませんでした。仕方がないので、カバンを下ろし、手でタッチ。開きました。どういう仕組みなんでしょうか?毛のせいかな。,

  20. 本格的な雪 - 西蔵坊だより

    本格的な雪

    午後4時ごろから、本格的な雪。岐阜では、実質、今年はじめて。雪で渋滞した20kmの道程を3時間かけて帰って来ました。雪の中、S4で出かけた坊守から報告。「S4、どこか壊れてる。エンジンかけると警報音が止まらない。怖くて乗れない!」。大騒ぎです。雪は止みそうにないので、おまいりマーチとS4を境内から外の駐車場に移動しました。S4は、確かに、エンジンをかけると警報音が鳴りっぱなし。ただ、警報音は...

総件数:35 件

似ているタグ