離婚のタグまとめ

離婚」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには離婚に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「離婚」タグの記事(98)

  1. Nさんの家庭の事情 - 金曜日のゲーテ

    Nさんの家庭の事情

    こんにちはー \(^o^)/。内脂サポート、少しずつですが効果を実感している石丸徳馬です。皆様いかがお過ごしでしょうか。さて、今回は東京在住のNさんの家庭の事情をちょこっとだけ書かせてもらおうとおもいます(@_@;)。Nさん、今、離婚に向けてまずは別居!!と、新居を探し出し荷作りを終え、明日にでもお引越しなのですが旦那が「猫は置いていけ」とおっしゃるらしいのですが「俺が遊びに出かけるときには...

  2. 相手の嫌な面にも意味がある - ココロが軽くなるメンタルカウンセリング講座

    相手の嫌な面にも意味がある

    こんにちは。本日の待機予定です。11月4日(日)日昼のご相談は待機要請にて!夜は18時から25時は通常待機しています。(途中休憩、一時退席、早上がりもあり)そも人の良い面はどんな点だろう。長い間一緒いると、嫌な面も見えてくるかもしれないけど、きっとあなたにはない良い面も持っていて、そこから学べることがきっとあるはずなんだよね。相手が持っている一面を必要があれば、あなたが認めることで人生の幅も...

  3. 1849 読み返す離婚の知らせ菊薫る - 紀本直美の俳句ブログ

    1849 読み返す離婚の知らせ菊薫る

    菊の季語すきです。「読み返す離婚の知らせ菊薫る直美」(よみかえすりこんのしらせきくかおる)〔季語:菊薫る(秋)〕

  4. 夫から離婚を言われた、 - 大海の占い日記

    夫から離婚を言われた、

    夫から離婚を言われたら、その理由を知ることが必要です。夫が普段から言っている言葉の中から妻に対する不満が必ず出ているのですが、それに気づかなかったのです。そしてその不満が長い間つもり、やがて怒りに代わってきたら、「もういいや~」となってしまいます。なぜ夫に注意が向けられなかったのか、それは夫に対して関心がなかったからです。また自分自身にも関心がもてず、自分は何のために生まれてきたのか分からい...

  5. 出会いは必然① - フローリスト作家 「秋津はな」 の 子供のいない女性のお悩み・心情ブログ

    出会いは必然①

    季節は何度か廻った。先行きはどうなるんだろう?と不安を抱え乍らも私の毎日は多くの人に支えられていた。大量注文の配達を助けてくれる人。お客様を紹介してくれる人。急な注文にお花が間に合わない時助けてくれる同業者のお花屋さん。Aは花屋の2代目だった。私が市場に行けない時にお花を買ってもらったり、急な注文にお花を分けてもらったり、Aは 本当に親切にしてくれた。私を普通以上に思ってくれていることに気づ...

  6. 命のブログ連続 59日目 - フローリスト作家 「秋津はな」 の 子供のいない女性のお悩み・心情ブログ

    命のブログ連続 59日目

    この連続ブログは私が生きるか死ぬか?の病をした27歳の秋から始まっている。昨日は「離婚 その後」というタイトルでしたがびっくりなさらないでくださいね。「えっ?別れちゃったの?」と思わないでくださいね。27歳から始まって今のところ39歳まで時系列順に書いている。私は39歳で離婚した。~が、結婚はもう懲り懲り と言っていたはずが、再婚をすることになる。現在の 花屋の女房になった。何とかこの結婚は...

  7. 離婚 その後 - フローリスト作家 「秋津はな」 の 子供のいない女性のお悩み・心情ブログ

    離婚 その後

    生活は変化した。朝4時起き、週3回市場に行く。仕入れのルートも変えた。東京の市場の仲卸と近場の市場からも仕入れることにした。パートの女の子を雇う。独身時代の貯蓄からも借金を少しずつ返済した。「バツイチ」になってからは同級生の友達が私の生活に憩いをくれた。「どうせ 別れるなら、もっと早く離婚すれば良かったね。もうこの年からじゃ、再婚は無理じゃん。」「良く決心したね。」「Kさん、未練たっぷりとい...

  8. 最初の結婚 ⑦~離婚 その② - フローリスト作家 「秋津はな」 の 子供のいない女性のお悩み・心情ブログ

    最初の結婚 ⑦~離婚 その②

    書き損じがあると困るからか、悩んで悩んで破棄したりする場合もあるからなのか、離婚届は役場で2通くれる。1通ください~と言ったら2通くれた。書き損じも無く名前と判を押した。Kにさし出して「別れてください」と言った。寝耳に水。目を丸くした。そして私の固い決意を感じたんだと思う。まずいことをした~と あからさまに焦りの表情が出た。「私、シグナルだしていたよ。言葉で伝えていたよ。気が付かなかった?」...

  9. 最初の結婚 ⑥ ~離婚 その① - フローリスト作家 「秋津はな」 の 子供のいない女性のお悩み・心情ブログ

    最初の結婚 ⑥ ~離婚 その①

    離婚・・・別れたい・・・その言葉は以前から私の頭に浮かんでは消えていた言葉だ。両親には一切その思いは打ち明けなかった。従姉妹・Kの母親には相談したことがあったが、結局は自分が決めること~としか答えは出なかったのだ。Kの母はこう言った。「本人にもいろいろ考えがあるんでしょ。この結婚は最初からおかしいんだから~」最初からおかしい?って子どもが出来ないのに結婚するってこと?結局は自分が苦しんだ。例...

  10. 最初の結婚について ⑤ 決定的 - フローリスト作家 「秋津はな」 の 子供のいない女性のお悩み・心情ブログ

    最初の結婚について ⑤ 決定的

    このブログを書いていて20年ぶりくらいに Kの笑顔を思いだした。私と出会って笑顔が増えたと思っていた。いつ頃から笑顔がなくなったんだろう?言葉もなくなったんだろう?そして・・・開店前夜のこと・・・「お父さん、お母さん、口を出さないで下さいよ。俺たちがやるんだから!」とKの口から出た言葉だ。花屋を開業するための市場探し、買参権の保証人探し、店舗改装の業者さん探し~など父はずいぶんと手を貸してく...

  11. 最初の結婚について ③ 心機一転 - フローリスト作家 「秋津はな」 の 子供のいない女性のお悩み・心情ブログ

    最初の結婚について ③ 心機一転

    母に子宮がんが見つかった。何という縁なのか、私と母は主治医が同じなのだ。このことはたった1回のブログで書ける内容ではないが、主軸を私の結婚生活だけに的を絞って書いてみる。我が家にとってのピンチの時、Kは優しくなった気がする。どこがどう?と言われると説明しにくいが明るくなって元気が良くなった気がする。暗くなりがちな父と私を明るくさせようと努力していた~と思いたい。でも・・・それは長くは続かなか...

  12. 最初の結婚について ③~夫婦の距離 - フローリスト作家 「秋津はな」 の 子供のいない女性のお悩み・心情ブログ

    最初の結婚について ③~夫婦の距離

    生まれも育ちも全く違う男女が何かの縁で共に生活をする。楽しいばかりではない。そんなことは充分 分かって結婚したつもりだった。それが?と思ったのは実は新婚旅行の時だ。何組かのカップルと行動を共にするツアーだった。チョッと体調が悪くなった私が夕飯の途中で席を立った。皆がいる席で席を立つのが非常識すぎる!と Kになじられた。体調が悪かったのだから・・・それは仕方ないでしょ!?「内面が悪く外面が良い...

  13. 最初の結婚について ② - フローリスト作家 「秋津はな」 の 子供のいない女性のお悩み・心情ブログ

    最初の結婚について ②

    夫となったkは2つ年上のサラリーマン。ジムで出会い何となく付き合うようになっていった。口の重い大人しい印象ではあったが、優しさも感じた。恋愛とは時に錯覚で始まるのかもしれない。自分の体のことも話した。話す前には 悩みもした。それを話したら、「子宮のない女なんて・・・別れよう」と言われるかもしれない。~が反応はあまりなかった。病気について「辛かったね」と言うこともなかった。感情の薄い人だったの...

  14. 最初の結婚について - フローリスト作家 「秋津はな」 の 子供のいない女性のお悩み・心情ブログ

    最初の結婚について

    気分転換にと誘われたジムに出会いはあった。出会ってから1年と少しで結婚して離婚するまで10年という歳月を共に歩いた。病気の時の思いはこのブログで50日近く書くことができたが、実は 最初の結婚についてはどうしたものか?と考えている。相手があることだし、離婚という形になるわけだからお互い悪いところだらけだったと思うし、だからと言って相手の悪いところを書きたてるつもりはない。最初に書いておきたいの...

  15. 売却理由その訳は・・ - ☆パイロットになるのが夢だった・・そんな社長のブログ☆

    売却理由その訳は・・

    皆さんおはようございます。早いもので7月も残り5日を残すのみとなりました。あと少し頑張れば夏休みと言う方も多いと思います。何はともあれ熱中症にだけは気を付けて頑張りましょうね。(^^) さて今日はちょっと残念なお話をさせて頂きます。(ーー;)ここ最近自宅売却のご相談がとても多く頂いております。 「え?良い事では?」 はい・・。普通なら嬉しいお話です。 しかし・・。増えているご相談というのが...

  16. パパはジョニーっていうんだ - ちいさなとびら

    パパはジョニーっていうんだ

    久しぶりの更新になります。見に来てくださっている方、申し訳ありません。西日本豪雨、その後の猛暑、報道される被害状況に辛く悲しい気持ちになっています。今もまだ続く状況、できることを探しながらいたいと思います。今日ご紹介する絵本は、『パパはジョニーっていうんだ』(ボー・R・ホルムベルイ(作)・エヴァ・エリクソン(絵)・ ひしき あきらこ(訳) BL出版、1,200円)です。出版社の紹介文は、こち...

  17. 離婚届が提出されました。 - 占いにも裏がある! 〜占い師の本音〜

    離婚届が提出されました。

    私が記入した離婚届が提出されました。しばらくはまだ一緒に暮らしていますが今後生活は一変するでしょう。いろんな事が落ち着いたら、親権も争う予定。何だか先が見えません…どうなっちゃうんだろうな…まあ、他人事ですがね( ̄∀ ̄)私が記入したのは証人欄です(・∀・)離婚したのはマママ友でした〜人生は色々!

  18. 渡る世間に鬼もいる/吾亦紅⒄ - 鯵庵の京都事情

    渡る世間に鬼もいる/吾亦紅⒄

    昔テレビドラマで「渡る世間は鬼ばかり」というのがあった視聴率が高かったテレビドラマは「〇〇日曜劇場」や「男はつらいよ」のように人情の機微を優しく表現するものとばかり思っていたからびっくりした確かに出演者(役柄)が皆鬼だった全員が思ってることをストレートに遠慮なく語るのだ皆が心の底に何もためずに感情を出しまくるのだこのドラマが嫌いだった人の気持ちが分かるこれが自分の家族から出た言葉だったら・・...

  19. 看取り率/吾亦紅⒁ - 鯵庵の京都事情

    看取り率/吾亦紅⒁

    ちょこっとまた吾亦紅(われもこう)の唄に帰るこの唄、"いまさら離婚"ということが裏のテーマになっているまたその裏には母親を看取れなかったことの悔いがある人間が死ぬのはほぼ病気だから、看取りとは病人のそばにいて死期まで見守り世話をすることである危篤だと言ってその時だけ飛んでくることではない、それは死に目といういずれにしろ一番多いのは、病院だろう・・病院が8割、自宅や老人施設...

  20. 嫁が来ない(その2)/吾亦紅⒀ - 鯵庵の京都事情

    嫁が来ない(その2)/吾亦紅⒀

    前項「嫁が来ない」もう一度ことわっておくが結婚相手の嫁ではない息子の配偶者のことである前項で出演願った家内の友人は夫婦の期待を息子や息子の嫁にかぶせて期待しすぎているそれでも孫はひょっとしたら自分で来れるようになったら来てくれるかもしれないそれまでは母親の手の中にあるのだから仕方がない最期の期待まで打ち壊してやる必要はない、だからそれ以上のことはいう必要はない元気なうちは息子も嫁も来てもらわ...

総件数:98 件

似ているタグ