雪国のタグまとめ

雪国」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには雪国に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「雪国」タグの記事(29)

  1. ちょっと遅めの - フィンランドでも筆無精

    ちょっと遅めの

    今年は年明けまで大分暖かい日が続き湖の氷もなかなか厚くならずにいましたが、1月終わりにようやくスケート用のルートが整備されたので散歩に行きました。犬用の道もありました。可愛い。湖岸から湖まではこんな風に出入りします。スキーですいすい。太陽が雲に隠れるとまだまだ暗いです。ピヒラヤの木に残っている実もすっかり干からびてカチカチ。湖の奥にあるスケートリンクの方へ歩いて行きます。みんなすごいスピード...

  2. 2018年2月16日 朝7時ごろ  - 百笑通信 ブログ版

    2018年2月16日 朝7時ごろ 

    すっかり春の光になってきましたね。朝7時ごろ、雪がちらついてはいたのですが、雲の切れ間に青空が見えました。アフコ・秋山農場:http://www.afco.jp/ 低農薬・自然栽培:Riki-Saku

  3. 「雪国」よ、お前もか。 - 憂き世忘れ

    「雪国」よ、お前もか。

    「ダンス・ダンス・ダンス」が山頭火の句をテーマに書いているということで、一応読み終わったのですが、第42章が「雪国」のこと書いていると思われ、繰り返し読んでいます。「雪国」を一読したかぎりでは「源氏物語」のスカシが入っていることが解りました。「みづうみ」と同じです。けれど、それだけじゃない気がしています。「雪国」は連載小説で、それぞれに題が付いています。1935年(昭和10年) 「夕景色の鏡...

  4. 「雪国」モ〜笑っちゃう - 憂き世忘れ

    「雪国」モ〜笑っちゃう

    「雪国」のココもウケました。引用します。 駒子はそっと掌を胸へやって、「片方が大きくなったの」「馬鹿。その人の癖だね、一方ばかり」「あら。いやだわ。嘘、いやな人」と、駒子は急に変わった。これであったと島村は思い出した。「両方平均にって、今度からそう言え」「平均に? 平均にって言うの?」と、駒子は柔らかに顔を寄せた。Hな話と思わせておいて「牛」でしょう。「源氏物語」では「総角」=牛です。この駒...

  5. 「雪国」を書いたのは誰? - 憂き世忘れ

    「雪国」を書いたのは誰?

    「雪国」には、スカシのように「源氏物語」が入っていると書きました。やっぱりそうでした。表では「澪標」「手習い」「鈴虫」「闇」などですが、裏の意味でも狐・ガマ・蛭・熊・雷などが目につきます。そして、コレ。皆様、どう解釈しましたか。「君はいい女だね」「どういいの」「いい女だよ」「おかしなひと」と、肩がくすぐったそうに顔を隠したが、なんと思ったか、突然むくっと肩肘立てて首を上げると、「それどういう...

  6. 「雪国」の疑問 - 憂き世忘れ

    「雪国」の疑問

    「雪国」から引用します。 「なんだ、こんなもの。畜生。畜生。だるいよ。こんなもの。」と、いきなり自分の肘にかぶりついた。自分の肘に噛み付くことは可能ですか。無理と感じるのは、私のカラダが固いだけ?まるでタコみたいに軟らかい駒子さんです。 タコ=明石(源氏)なら納得。

  7. 山頭火の「夜の底」 - 憂き世忘れ

    山頭火の「夜の底」

    「夜の底が白くなった」は川端の「雪国」ですが。山頭火の句に、 どうにもならない生きものが夜の底に「自嘲」と前書きがありますが、騙されてはいけません。芭蕉も其角も、前書きはカモフラージュだった。どうにもならない生きもの=十にもならない生き物=子(鼠)夜の底=子の刻この句と同時に、こんな句。 ひよいと月が出ていた富士のむかうから月=げつ=ケツ=尻=尻尾富士=ふじ=うじ=丑  昔の時刻です。丑の向...

  8. 雪のある暮らしをもっと好きになりたい - 小さな暮らしにひとさじ⁺

    雪のある暮らしをもっと好きになりたい

    今年も相変わらす雪が多いです。おまけに今年は例年より寒い。私の周りのSNSでは毎日のように雪の話題が。結婚を機にこちらに来られた方はこの大雪は相当つらいんじゃないかなと思います。雪道での運転は慣れている人でもヒヤッとすることがあるし家の周りの雪かきもかなりの重労働。朝カーテンを開けて雪が降っているとうんざりすることも。でもきれいな雪景色に出会うとここに住んでいてよかったなぁーーー!としみじみ...

  9. 「雪国」もオカシイでしょ。 - 憂き世忘れ

    「雪国」もオカシイでしょ。

    山頭火や「ダンス・ダンス・ダンス」を解読していたらピンとくるものがあって、ウィキで「雪国」を調べたのね。「唇をヒルにたとえた描写」が紹介されていた。不自然でしょ。絶対「源氏物語」を入れているでしょ。「太陽の季節」をウィキで調べたときも「香炉を投げつける」ですぐピンと来ました。列車の窓のシーンですが、つまり写るものと写す鏡とが、映画の二重写しように動くのだった。登場人物と背景とはなんのかかわり...

  10. 雪のある暮らし - 小さな暮らしにひとさじ⁺

    雪のある暮らし

    <朝の犬の散歩中の一コマ>毎日本当に寒い。1年で一番寒いのは節分まで…と自分に言い聞かせて毎日をしのいでいます。なのに来週もまだまだ寒いらしいですね。我が家は雪のたくさん降る地域にあります。一番近いスキー場は車で5分くらい、と言ったら伝わりますか?私は生まれてからずっと雪の多い地域に住んでいるので、これが当たり前です。息子が通学するのに、周りからはよく大変だね、と言われます。だけど私も夫もこ...

  11. 雪国バスツアー - 写真を撮ってもいいですか?

    雪国バスツアー

    7年前の今日、2月1日(震災の直前です)、金沢・白川郷・飛騨古川への1泊バスツアーです。当然ですが、どこも雪の中。Nikon Coolpix L15このとき持って行ったカメラはNikon Coolpix L15という、ごく普及タイプのコンデジでした。ニッコールの3倍ズームレンズ、画素数8メガで、今ではどうっていうことのないスペック。PCモニターでもちょっと拡大すると、今時の感覚からはあらが見...

  12. 気温が少し上がって、マイナスではなくなりました。→屋根の雪がとけて、ツララになる→さらにそのがとけています。 - 百笑通信 ブログ版

    気温が少し上がって、マイナスではなくなりました。→屋根...

    先週は、とても気温が低かったのですが月曜日の今朝は、少し気温があがりました。気温が上がると、降る雪の粒が大きくなります。ヒラヒラと舞うように降る。そして、屋根の雪がとけ、ツララになります。そのツララが、更にとけてポタポタと水滴が落ちます。アフコ・秋山農場:http://www.afco.jp/ 低農薬・自然栽培:Riki-Saku

  13. 大雪。 - 茨城県水戸市美容室hatiのきまぐれブログ

    大雪。

    こんにちは今日はいい天気やっぱり晴れが一番ですね先日は大雪ですごかったですね水戸であそこまで積もるのはめったにないので、街中…大パニックスリップした車…大渋滞…主要道路は動かず…そんなこんなで、当店も夕方早めにお店を閉めさせていただきました。お電話いただいたお客様いらっしゃいましたら申し訳ございませんでしたまれですが、こういう日は早めに閉めさせていただくこともございますので、ご了承くださいま...

  14. 魚沼の大雪 - 小宮山建築通信

    魚沼の大雪

    ついにきました★最強寒波です昨日からの強風と雷が 吹雪 を連れてきました例年にない気温の低さにより、サラサラのパウダースノウ今朝までの積雪は40cm見慣れた雪国の景色とはいえ・・・気をつけて気をつけて!_________________________________________お問い合わせは こちら から。 電話やメール、FAXでもOK☆棚板一枚のリフォームから、何でもお気軽にご連絡く...

  15. 夜中の除雪機に愛を感じます - なごむく家具

    夜中の除雪機に愛を感じます

    関東の皆さんは、大変そうですね。こちらも、今、除雪機が道の雪を除けてくれています。雪国の男たちは、夜中に除雪という仕事があります。大変だろうなあ。でも、とってもありがたいなあと思うのです。夜中にこうして頑張っている方たちのおかげで、今日もきっと、何事もなく保育園に送り出せ、学校や仕事にも行けるのです。ありがとうございます。本当に、大変だけれど、雪が降った後の晴れ間の空気のきれいさ、美味しさと...

  16. かまくら - 小宮山建築通信

    かまくら

    これこれ、このかまくら感♪↓『 いこて/IKOTE 』昨年リニューアルオープンなさった模様_________________________________________お問い合わせは こちら から。 電話やメール、FAXでもOK☆棚板一枚のリフォームから、何でもお気軽にご連絡ください♪ご相談・お見積もりは無料です♪_____________________________________...

  17. 雪のあるところ - HOMA ホームからうまれるまとうもの

    雪のあるところ

    こどもたちは雪が大好きです。絵本でもたくさん雪が出てくる物語ありますよね。でも、東京にいるとなかなかたっぷりの雪には出会えません。そんなわけで、トンネルを抜けたらそこは雪国だった。ところ、ザ苗場!屋根からいつこぼれ落ちてくるかわからない分厚い羽毛布団みたいな雪。長い槍のようなつらら。真っ白なドレスを着たような山々。私も子供たちも大興奮でした。スキーやチュービングでたっぷり遊んで、子供たちが雪...

  18. ドカ雪 - フィンランドでも筆無精

    ドカ雪

    今年は雪がとっても多いです。生まれ育ちが地元クオピオの同居人も、こんなに降る年は珍しいと言っています。この屋根の雪、落ちそうでなかなか落ちないのよね。撮影した時にはもう蒸発して少なくなっていますが、これまでの雪で大木のてっぺんがみんなこんな風に折れちゃってます。雪が降ると近所にある元防空壕の中の砂や砂利がダンプカーで運び出されて、除雪後の街中の道路や歩道に撒かれます。入った事ないけど、開いて...

  19. 豪雪! - BOSSのひとりごと

    豪雪!

    今朝の積雪量。ハンパねぇ(*_*;後ろから見たらハイエースみたい

  20. 朝、8時過ぎの青空と雪の原 - 百笑通信 ブログ版

    朝、8時過ぎの青空と雪の原

    雪雲と、雪原。白のせいか、普段より広く感じます。アフコ・秋山農場:http://www.afco.jp/ 低農薬・自然栽培:Riki-Sakuにほんブログ村にほんブログ村にほんブログ村

1 - 20 / 総件数:29 件

似ているタグ