雲取山のタグまとめ

雲取山」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには雲取山に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「雲取山」タグの記事(13)

  1. 初テン泊だよ 雲取山hike 2日目 - Mond und Nacht

    初テン泊だよ 雲取山hike 2日目

    雲取山の朝は早い笑自分含めて3張テントがあったけどお二方はぼくより起きたの遅いのに何を食べたのか撤収早かったご来光間に合わなかった30分早く出ればこの景色を山頂で見れたのにね^^;そのおかげか山頂には誰ひとりいない山頂独り占め誰もいないのをいいことにいろんな角度から景色を堪能けしからんほどいい景色曇りの予報だっただけに感動ひとしおwパノラマも2枚ほど撮ってみた避難小屋までいくと富士山どーんこ...

  2. 初テン泊だよ 雲取山hike 1日目 - Mond und Nacht

    初テン泊だよ 雲取山hike 1日目

    なぜか3週連続でこの駅に降り立つ笑Naturehikeのテントで行ける山の一つとO氏のアドバイスもあり今回は先週R氏が歩いた雲取山hikeへいつもCompassのオンラインを使っての登山届だったけど紙で出してみたたくさんの登山届が中に入ってて入れるの大変だった週末の登山者の多さに驚き^^;今回のコースは奥多摩駅→鴨沢(バス)→七ツ石山→雲取山→雲取山荘→三条だるみ→三条の湯→サオラ峠→丹波八...

  3. 思い出アルバム/はじめての雲取山1969 & さよなら奥多摩小屋2019 - そらいろのパレット

    思い出アルバム/はじめての雲取山1969 & ...

    という訳★で、思い出アルバムです。標高2017mと同じ2017年、雲取山へ山友たちと登りその時のレポに「雲取山はたぶん3度目」と書きました★。ほんとは、もう一度行っていたような気がしていたのですがどこの小屋にも泊まった覚えがないのでいまいち自信がなかったのです。が!先日、義母の住む旧宅に行った折りに古いアルバムをめくっていたらこんなものが出てきました。1969年(昭和44年)、学生時代のクラ...

  4. 雲取山(1日目:後山林道ゲート~三条の湯) - 歩のち登、ときどき走。

    雲取山(1日目:後山林道ゲート~三条の湯)

    山梨県・東京都雲取山・1日目後山林道ゲート(660m)~三条の湯(1100m)2018年11月22日(木)曇一時雨総歩行時間(休憩除く)2時間30分連休の一日前にお休みを取れたので、前々から温めていた雲取山一泊山行計画を実行することにした。前回は鴨沢から登り、雲取山荘で一泊して三峰に下ったが、今回は三条の湯に宿泊して鴨沢へ下るコース。1日目は雨の予報もあるが、ひどくはなさそうだし、三条の湯ま...

  5. 京都北山2018年12月 - 深山にあこがれて

    京都北山2018年12月

    京都北山杉桟敷だけ二条城で何と京都らしい雲取山尾根であい12月2~4日高田L山行京都青少年の家宇多野泊

  6. 10/8~9仲間と歩く(雲取山その3)【山レポ】 - そらいろのパレット

    10/8~9仲間と歩く(雲取山その3)【山レポ】

    10月9日(月・祝/体育の日)たぶん定員いっぱいの宿泊者のいたこの日。食事は2回転で、朝食は並び順だったので私たちは5時半からの一回目に間に合うように準備を済ませます。<三条の湯の朝>豊富な水とかまどにふつふつと湧いているお湯は無料でいただけるとのことなので、食事の前に釜から柄杓でテルモスにお湯を入れておきましょう。「熱いから気を付けて」小屋番さんから声がかかります。

  7. 2017m雲取山その2 - デジカメ持ってING

    2017m雲取山その2

    次の日の朝は頂上でご来光を見ようとしたのですが、残念ながら霧は晴れませんでした。一時的に天頂部が青空になることもあったんですけどね。その後避難小屋の玄関先で東方向を眺めながら朝食。太陽が出るかなーと期待を持たせる瞬間もありましたが出ませんでした。その後はどんよりした曇りで落ち着いてしまいました。避難小屋を6時ちょっと過ぎに出発して2時間くらいすると時々日が差し始めました。霧が残っていたので木...

  8. 2017m雲取山 - デジカメ持ってING

    2017m雲取山

    さて、久しぶりの雲取山登山。前回行ったのは雲取山荘が建て替えられる前なので20年くらい前になります。 例によって天気予報が外れて霧の森の中を汗だくで歩くことになりました。週間天気予報では前日まで晴れマークが出ていたのでようやく晴れの登山ができると楽しみにしていたのに実際は・・・。当たらない週間天気予報なんかやめろよー。頂上も霧に包まれ展望なし。しばらく来ないうちに頂上には何やら立派なモニュメ...

  9. 2017m - デジカメ持ってING

    2017m

    今年は2017年で東京都の最高峰 雲取山の標高と重なります。山登りを趣味の一つにしている東京都民としては今年は久しぶりに雲取山に登っておこうと思っていました。9月4日、5日と山登り用に取っておいた連休が天気が良さそうなのでその日に登山決定。 こう言う記念の年だから何か記念のピンバッジでもあるのではないかと期待していたら宿泊者に無料で提供されていました。しかも非売品と言うことで、ありがたーくい...

  10. 2017/02雲取山(4/4) - へっぽこ写真記

    2017/02雲取山(4/4)

    翌日は6:00起床、富士山は見えず。挨拶をすると「しぃ~静かにね。」タカシさんはまだお休み中だった。たみちゃんがストーブに薪を入れて、火をつけていた。「コーヒー飲みます!?」「ぜひお願いします。」とコーヒーを入れてくれた。ぼくも相棒も忘れたので、とてもありがたかった。前日はろくに片付けもせず、サーモスのカップは酒が少し残っていたので、コーヒーをそのまま入れてもらい、朝からイッパイ、気楽なおじ...

  11. 2017/02雲取山(3/4) - へっぽこ写真記

    2017/02雲取山(3/4)

    小屋に帰るとテントが3張りある。たみちゃんのお友達のイシイさん、20歳の青年、年配夫婦組である。昼飯は行動食しか食べていなかったので、さすがに腹が減った。足湯は後回しにして、先に燻製をすることにした。段ボールの燻製セットを組み立てて、さくらのスモークウッドを燃やす。小屋番さんは興味津々で点火式を一緒に見ていた。スモークウッドは端に少し日が着いただけだったが、まぁ大丈夫だろうと思い、後はそのま...

  12. 2017/02雲取山(2/4) - へっぽこ写真記

    2017/02雲取山(2/4)

    七ツ石山小屋の入り口には、前は無かった呼び鈴があった。「チリ~ン」と鳴らして小屋に入る。すると、小屋番さんが出てきたが、どこかで見た顔が現れた。2015年の2月にぼくらは重いザック、相棒ともども27キロのザックを背負って、16:00に小屋にたどり着いたが、その時出迎えてくれたのが、今回の小屋番さん、たみちゃんだ。 「まぁまぁ久しぶりですね~」と話すと、奥からもう一人現れた。「あ、これ、うちの...

  13. 2017/02雲取山(1/4) - へっぽこ写真記

    2017/02雲取山(1/4)

    登山日2017/02/19(日)~02/20(月)昨年の七ツ石山小屋の泊りがとても快適だったので、また行ってきた。一昨年はテント泊、昨年は小屋泊で今年も小屋泊だ。昨年と同じメンバーで行く予定だったが、一人は家庭事情でキャンセル。もう一人は出発前日でこれまた家庭事情によりキャンセルとなったので、相棒と二人で行くことになった。 今回は小屋泊なので、荷物は軽い。ザック本体は食料と酒、水などで13....

総件数:13 件

似ているタグ