霊鑑寺のタグまとめ

霊鑑寺」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには霊鑑寺に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「霊鑑寺」タグの記事(6)

  1. 春はじめの頃。 - advance

    春はじめの頃。

    季節は初夏の陽気ですがもうずいぶん前のことのような春はじめのころ

  2. 「京の苔庭に映える花たち-谷の御所霊鑑寺門跡-」 - ほぼ京都人の密やかな眺め

    「京の苔庭に映える花たち-谷の御所霊鑑寺門跡-」

    1565今日は以前から訪れてみたかった霊鑑寺門跡へ出かけました。春の特別公開で3月21日から4月7日まで拝観できます。ここは素晴らしい苔庭と椿の花で有名です。まずは手水鉢に椿のおもてなし。1566椿の花のお出迎えです。1567最初のくぐり戸を入ったらこの景色です。Wanderfull!1568苔庭から生えてきた花のようです。1569今日は椿だけです。白もよいです。1570これは小さいローゼフ...

  3. 京都花紀行  椿の寺霊鑑寺門跡② 2018 - 暮らしを紡ぐ

    京都花紀行 椿の寺霊鑑寺門跡② 2018

    日光椿(じっこうつばき)京都指定天然記念物お庭に入ってすぐの場所に咲いています。真っ赤な花びら、太陽のような形で。。。椿の花にも目がいきますが、苔のお庭の落ち椿。鎌倉のお寺では、椿の花はあっても苔がなかったり、土の上に落ちていて少しがっかりすることがあります。京都でしか、こういう風景をあまり見ることができないので夢中になって苔の美しさや椿にカメラを向けてしまいます。池水式回遊庭園ちょっとした...

  4. 京都花紀行  椿の寺霊鑑寺門跡① 2018 - 暮らしを紡ぐ

    京都花紀行 椿の寺霊鑑寺門跡① 2018

    谷の御所霊鑑寺門跡寺院3月24日~4月8日まで春の特別公開。後水尾天皇の皇女を開基として創建代々の皇女が住職を務めた尼門跡寺院です。別名「谷の御所」とも呼ばれ後水尾天皇が椿を好まれ、境内には日光椿、月光椿、散り椿など30種類の椿が植えられています。門をくぐるとまず最初に目に飛び込んでくる大きな椿の木は「霊鑑寺散り椿」苔には、散った椿の花びらが絨毯のように敷き詰められた状態です。椿は、花ごと落...

  5. 椿の寺の墓守 - 鯵庵の京都事情

    椿の寺の墓守

    鹿ケ谷の霊鑑寺から法然院は椿街道だ、その途中にあるのが法然院墓地である小生ここほど手入れの行きわたっている墓地を知らない近代霊園ではない、しかも誰でもが立ち入ることが出来る上の方には谷崎潤一郎の墓もあるがさりとて特別なことはないその墓地で毎日のように地面にへばりつくように草を引き、掃除をしている人を見る法然院の坂からここまでは小さな花の大きなツバキの木が多かった法然院は椿の一番似合うお寺だか...

  6. 京都、霊鑑寺の椿 - デジカメ写真集

    京都、霊鑑寺の椿

    京都哲学の道沿いで法然寺の隣に霊鑑寺という寺があります。ここで4月の上旬に特別公開があるという。普段は一般には公開されていないので中には入れない。霊鑑寺は”椿の尼門跡寺院「谷の御所」”といわれ、椿で有名らしい。詳細はこちらを見ていただくとして、境内の庭には後水尾天皇が椿を好まれたことから、広い庭内には三十種以上の名椿が植えられていると言うことでした。たまたま、この寺の特別公開の入場券が手に入...

総件数:6 件

似ているタグ