青木理のタグまとめ

青木理」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには青木理に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「青木理」タグの記事(20)

  1. 2017年の夏 - 大阪の弁護士大川一夫のブログ

    2017年の夏

    この見出しはサンデー毎日最新号の青木理氏連載コラム「抵抗の拠点から」に見出しである。この2017年夏は、同年2月木村真豊中市議の提訴を皮切りに、森友事件でメディアが燃え盛っていた時期であるが、なんとその同じ2017年に、東北新社の認可と違法事実の総務省相談という「総務省疑惑」が生じていた。青木氏は何故その疑惑が生じたかと展開し、今、総務省が文書改ざん・破棄しないか、と結んでいる。青木氏指摘の...

  2. 「便所の落書き」に教育を - 大阪の弁護士大川一夫のブログ

    「便所の落書き」に教育を

    青木理氏の論にはいつも共感を覚える。同氏の12月23日毎日新聞夕刊の連載コラム「理の眼」は表題の下、30年前の大阪での駆け出し記者時代に公衆トイレなどの被差別部落や在日コリアンへの差別落書きの経験に始まり、それが今日では恥じる気配もないヘイトスピーチに一部為政者とメディアがそれを煽る現社会を嘆く。そしてウンベルト・エーコ―を引いて継続的教育の必要性を訴えるという内容である。是非全文をお読みい...

  3. まずは任命拒否理由の説明を+菅「見てない」で、違法行為&文書改ざんに+官邸の劣悪な傍聴席 - 日本がアブナイ!

    まずは任命拒否理由の説明を+菅「見てない」で、違法行為...

    コロナV拡大で生活も仕事も大変になっている&ストレスが貯まっている人が多いと思いますが。感染に気をつけて、前向きな気持ちで、めげずに頑張って行きましょうね! o(^-^)oまた、コロナVと戦う医療関係者やリスク大の中で働く福祉関係者に感謝の拍手を!( ^^)//頑張ろう、東北&関東!そして、熊本、北海道の震災被害、全国各地で豪雨被害を受けた方々も。・・・過去を嘆くより新生活の幸福を見つけて。...

  4. ジャーナリストのプライド - 大阪の弁護士大川一夫のブログ

    ジャーナリストのプライド

    本日(24日)宅配されてきた『サンデー毎日』最新号(4月5日号)の青木理氏連載エッセイ「抵抗の拠点から」は「執念のスクープ」として相澤冬樹氏の週刊文春記事を取り上げている。冒頭、メディアの悪習として、ライバルメディアのスクープ手柄にはどこか冷淡な態度をとりがちとした上で、しかしこの「森友自殺財務省職員記事」については、主要メディアも追随した「文句のつけようがないスクープ」としている。青木氏の...

  5. 印象に残った言葉(続き) - 大阪の弁護士大川一夫のブログ

    印象に残った言葉(続き)

    引き続いて青木理氏の印象に残る言葉。―浮世の義理でテレビに出るようになったが、本当は「人前」で喋るのは大嫌い。今回は、高村薫さんとお会いできるというので引き受けた。公民会の1室くらいの大きさと思っていたが(満員のホールなので)騙された(笑)。今、深刻な問題が進んでいる。ネポティズム(縁故主義)といびつなナショナリズム。日韓関係が良かった時、その『対話する』ということ自体を『国賊』として登場し...

  6. 印象に残った言葉 - 大阪の弁護士大川一夫のブログ

    印象に残った言葉

    22日に豊中市立文化芸術センター中ホール(アクア文化ホール)で高村薫氏(作家)と青木理氏(ジャーナリスト)を特別ゲストに森友集会を開く。その高村薫氏の印象に残った言葉である。-自分の書いた言葉が届かない。小泉政権に7割支持というころから、自分が少数派と気付いた。私はそれまで平均的と考えていたのに…。モリかけサクラはおかしい。しかし半分は、「それがどうした」と思っている。違う価値観の人がいると...

  7. 高村薫氏に会う! - 大阪の弁護士大川一夫のブログ

    高村薫氏に会う!

    新型コロナウィルスの不安のある中、豊中市立文化芸術センター中ホール(アクア文化ホール)で森友集会を開く。定員500名のキャパシティを超える719人の参加である。定員オーバーの人たちは、ホール外のフロアで聞いて頂くなど本当に申し訳ない。私も、木村真裁判の報告をさせて頂いたが、壇上から会場を見渡すと文字通り満員で本当に有難い。超満員となったのは間違いなく特別ゲストの高村薫氏(作家)と青木理氏(ジ...

  8. より大きな問題にすると困る人 - 大阪の弁護士大川一夫のブログ

    より大きな問題にすると困る人

    元旦朝6時から、羽鳥慎一モーニングショー新春特大スペシャルが放映されていた。日頃同番組を見ている習慣で、朝からつけっぱなしにしていたが、カルロス・ゴーン被告人がレバノンに無断出国したことを報じているのが興味深い。朝6時から見ている人はいないからだろう、何度か間をおいてゴーン報道をしている。(私もつけていただけでずっと見ていただけではないが)私自身は、ゴーン被告人無断出国は日本の法律に違反する...

  9. もはや先進国ではない! - 大阪の弁護士大川一夫のブログ

    もはや先進国ではない!

    22日朝「サンデーモーニング」を見ていると、番組終盤のまとめで、青木理氏が「日本はもはや先進国とは言えないのではないか」と述べていた。…給与が上がらず国民は100円ショップのような安い店にいく。この一年のキーワードを見たとき、世界の関心は「地球の気候変動」であるのに、我が国は地球の危機には全く無関心で、「ワンチーム」などと言っている。そして、国の根幹を揺るがしかねない公文書の廃棄・改ざんが行...

  10. 権力の私物化! - 大阪の弁護士大川一夫のブログ

    権力の私物化!

    出かけに羽鳥慎一モーニングショーをつけていると、安倍首相の「桜を見る会」が、税金を使って後援会員や自己の支持者ばかり優遇している問題を取り上げていた。モーニングショーには、かの田崎史郎氏も登場。無論、田崎氏はこの会に招待を受けているが、コメンテータ青木理氏は招待を受けていない。同様に招待を受けていない玉川徹氏はこのこと自体が、おかしさを表している、と見事に断言していたこの「桜を見る会」は以前...

  11. 後進国ニッポン! - 大阪の弁護士大川一夫のブログ

    後進国ニッポン!

    昨日、中田選挙権訴訟について書いた。日本の公選法は、極めて非民主的であることを「自書主義」を例に挙げて述べた。つまり自書主義などという、極めて不合理な投票制度を取っている先進国は、日本以外にはないからである。無論他にも、世界一高い供託金。世界に類をみない「戸別訪問禁止」など我が国の「公選法」は、圧倒的に既成政治家有利で、不合理・不公正であり、あまりにもひどすぎる。まあ、要するに日本は公選法「...

  12. 韓国法相の疑惑を報じている場合か! - 大阪の弁護士大川一夫のブログ

    韓国法相の疑惑を報じている場合か!

    我が国のメディアは、ラグビー一色報道、天皇代替わり一色報道の前は、お隣韓国の法相疑惑を伝えていた。森友事件を追及している我々としては、何度も集会を開いたが、これをメディアが報道してくれないと、大きく広がらない。そう思っていた矢先、10月23日付け毎日新聞夕刊の青木理氏のコラム「理の眼」は「検察改革が必要では?」の見出しのもと、端的に、韓国報道をメディアが大きく報じてきた事と対照的に「我が国の...

  13. サンデーモーニングでの青木理氏の発言に憤慨。 - 渡部あつし

    サンデーモーニングでの青木理氏の発言に憤慨。

    朝から、サンデーモーニングを見て憤慨。コメンターの青木理氏は、表現の不自由展についての発言に納得できない。昭和天皇陛下の御真影をバーナーで燃やし足で踏み付ける映像が何で芸術なのか疑問である。民間の施設で、民間の費用で勝手に行うべきである。公共施設・税金を使うべきではない。

  14. ガラパゴスからの脱却 - 大阪の弁護士大川一夫のブログ

    ガラパゴスからの脱却

    第一分科会「取調べ立ち合いが刑事司法を変える」に駆け付ける。とはいえ時間的には終盤に参加したので、パネルディスカッションが始まったところであった。前半は取調べの立会が当たり前である各国の報告や、日本の弁護士の取調べ立会実践報告があったらしい。さてパネルディスカッションの参加者は弁護士のほか、葛野尋之一橋大教授やジャーナリストの青木理氏。寸劇の後の、そこで出た弁護手法について意見が交換される。...

  15. 「右翼」政権 - 大阪の弁護士大川一夫のブログ

    「右翼」政権

    靖国神社が戦前果たしてきた役割を考えると、ヤスクニは戦争神社そのものであり、海外ではWarShrineと呼ばれている、ということは先のブログに書いた。海外でどう評価されているかを確認することは大変重要である。そう思っていると、18日付毎日新聞夕刊コラム青木理氏は「右翼と評された政権」と題して、安倍政権が海外からは「右翼」とみられていることを明かしている。しかも安倍政権が頼みとするアメリカが、...

  16. 週刊ポストが嫌韓特集で謝罪~ヘイト記事に作家らが抗議。韓国批判なら何でもありに警報 - 日本がアブナイ!

    週刊ポストが嫌韓特集で謝罪~ヘイト記事に作家らが抗議。...

    頑張ろう、東北&関東!そして、熊本、北海道の震災被害、全国各地で豪雨被害を受けた方々も。・・・身近な希望と幸福を大切に、復興に向けて、一歩一歩、前進を!o(^-^)oよろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】【全米テニス・・・大坂なおみは、4回戦で12位のベンチッチ(スイス)...

  17. 強者にこび弱者をこき下ろす! - 大阪の弁護士大川一夫のブログ

    強者にこび弱者をこき下ろす!

    表題が誰を意味するかはもはや解説の要はないだろう。あまりにも哀しすぎる。毎土曜日に毎日新聞夕刊で連載している松尾貴史氏の「ちょっと違和感」は私が楽しみにしている連載エッセイだ。毎日新聞はこの松尾氏の連載エッセイと、青木理氏の連載コラムが楽しみであることから定期購読の値打ちがある(いや将棋記事の多いこともあるが…)。それはさておき。私は松尾氏のファンでもあり氏が主催する朗読ワークショップに参加...

  18. 民主国家の体をなしていない! - 大阪の弁護士大川一夫のブログ

    民主国家の体をなしていない!

    テレビのワイドショーなどは相も変わらず、蒼井優がどうのこうのとか、「政治」以外のニュースを繰り返し、繰り返し流している。そんな中で、9日のサンデー・モーニングショーの青木理キャスターの発言はひときわ光る。地上配備型ミサイル迎撃システム「イージス・アショア」の配備計画をめぐる現地調査のデータに誤りがあった問題で、地元の秋田市では不信感が募る中、住民説明会も紛糾している。当然である。データに基づ...

  19. 国があなたの生活を覗き見する! - 大阪の弁護士大川一夫のブログ

    国があなたの生活を覗き見する!

    1月29日の羽鳥慎一モーニングショーによれば、総務省が一般家庭にあるインターネットに接続できる機器、約2憶台に、無差別にアクセスする調査を行うことが明らかとなったという。今回、調査の対象となるのはIoT機器で、防犯カメラ、Webカメラなどがある。総務省の担当者によると、パスワードが簡単なものか確認するという目的で実施するもので、ログイン出来ても、すぐログアウトし、機器の内部には侵入しないとい...

  20. Tカード情報提供事件に思う - 大阪の弁護士大川一夫のブログ

    Tカード情報提供事件に思う

    昨日だったか、Tポイントカードの情報が、知らぬ間に捜査機関に流れているというニュースが出ていた。即ち約6800万人の会員がいるポイントカード「Tカード」を展開するカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)は、会員の個人情報について、かつては裁判官が出す令状の提示があった場合にのみ捜査機関に提供し、任意提出を求められても拒否していたが、2012年以降方針転換し捜査機関の「捜査関係事項照会書」...

総件数:20 件

似ているタグ