靖国神社のタグまとめ

靖国神社」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには靖国神社に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「靖国神社」タグの記事(38)

  1. 祖先をまつるのに他国から文句を言われる筋合いは無いし - 見たこと聞いたこと 予備3

    祖先をまつるのに他国から文句を言われる筋合いは無いし

    Yahoo:「超党派国会議員団 靖国神社参拝、春の例大祭」東京・九段の靖国神社では春の例大祭に合わせて、超党派の国会議員71人が参拝しました。23日朝、靖国神社を訪れたのは、「みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会」で、自民党や国民民主党など、現職の国会議員71人が参拝しました。安倍内閣から衛藤総理補佐官や佐藤外務副大臣、自民党からは加藤総務会長らが参拝しています。「だんだんに戦争のことが風...

  2. 靖国150年 - LUZの熊野古道案内

    靖国150年

    靖国神社は今年で150年を迎えるそうです。その歴史の半分はこの神社が存在する理由とも言える戦争の時代でした。私がこの記事を書くと腹を立てる人も居るかと思います。私は戦死した父親を大事にしていないようですからね。一応、私も「遺児」の一人です。靖国にも何度か参拝していますし、中学の時には団参で熊野市中の同学年の遺児で東京に行った記憶があります。家族でも参拝したこともあるし、受験前にもお参りしまし...

  3. 676、寒空の観桜薪能 - 五十嵐靖之 趣味の写真と短歌

    676、寒空の観桜薪能

    Takigi- Noh under the cherry and chilly sky4月に入りすぐ上京、九段の靖国神社境内の能楽堂で開かれた観桜能に家人,義妹と一緒にでかけた。折から寒波が日本列島を覆い、晴れても風が冷たく、夕方から夜になると底冷えがしてきて、境内の薪能を震えながら毛布に包まるようにしながらの観劇であった。1000名くらいの満員の観客も同じように寒そうにしていたなあ。まさ...

  4. レリーフ - Taro's Photo

    レリーフ

    靖国神社には戦争賛美的な要素がある、ということで何かと議論されることがあります。下のレリーフは爆弾を抱えて敵に突撃する兵士を描いています。こういうのを見ると、やっぱ良くないかなぁ~という気はしてきます。

  5. さくら・さくら - まほろば日記

    さくら・さくら

    桜の開花が嬉しく、千鳥ヶ淵界隈へ。奥に見えるのは武道館です。思ったよりも咲いていました。靖国神社へ鳥居をくぐるたび深くお辞儀をします。かなり咲いている木もありました。桜の標本木この桜の開花をもってして東京の開花宣言が出されます。標本木の桜の枝が長く伸び隣の能舞台のさしかかっています。靖国神社の境内にある桜の木々の多くは、ご遺族や戦友会の方々による御献木です。普通の桜の木とは意味が違います。境...

  6. 反日国によるテロでしょ>靖国神社放火未遂 - 見たこと聞いたこと 予備3

    反日国によるテロでしょ>靖国神社放火未遂

    Yahoo:「靖国神社で新聞燃えるぼや」12日午前7時ごろ、東京都千代田区九段北3丁目にある靖国神社の神門前で、新聞紙が燃えるぼやがあった。警視庁公安部によると、火はすぐに消えたといい、建物に被害はなかった。公安部は、神社の敷地内に正当な理由なく立ち入ったとして、建造物侵入の疑いで住所不詳、中国国籍の自称公務員、郭紹傑容疑者(55)を現行犯逮捕した。容疑を認めている。一緒にいた中国人とみられ...

  7. 紅葉〜靖国神社にて -   木村 弘好の「こんな感じかな~」□□□ □□□□ □□ □ブログ□□□

    紅葉〜靖国神社にて

    紅葉が綺麗だったので撮影の合間に寄ってみた靖国神社。曇り空は、しっとりとして和風テイストに合っていると思うが、どうでしょう・・・30分程度の時間だったが、早朝は人も少なく落ち着いて観ることができた。もう12月に入ったが、まだまだ楽しめそうな紅葉。色づく季節は綺麗、ですよね〜

  8. 小堀宮司退任の続報 - 民族革新会議 公式ブログ

    小堀宮司退任の続報

    週刊誌報道につき、情報精査の必要あり。今後の続報も十分に注意をはかりたい。以下、時事通信社による続報(転載)。靖国神社は10日、小堀邦夫宮司(68)が退任する意向を示したと発表した。 同宮司をめぐっては、天皇陛下を批判する発言をしたと週刊誌で報じられており、責任を取ったとみられる。 週刊ポストは10月12・19日号で、小堀宮司が6月、神社内の会議で「陛下が一生懸命、慰霊の旅をすればするほど靖...

  9. 「宮城事件」の青年将校を演じようとする靖国神社宮司 - 広島瀬戸内新聞ニュース(社主:さとうしゅういち)

    「宮城事件」の青年将校を演じようとする靖国神社宮司

    靖国神社の宮司が天皇陛下をボロクソにけなすという事件が発生した。彼が天皇への批判をしたから「朝敵」などというレッテルを貼るのはよくないだろう。しかし、靖国神社の宮司は、いわば第二次世界大戦末期の「徹底抗戦」派に似た役目を演じつつあるように思える。正直、今の日本は、東京五輪という名の「平成版世界大戦」の末期である。ボランティアへの学徒動員。サマータイムの検討も、国家総動員のようなものである。日...

  10. 靖国神社【RAA さん】 - あしずり城 本丸

    靖国神社【RAA さん】

    【写真提供:RAA さん】投稿日:2018/09/23

  11. 久しぶりの135㎜一本勝負! - お山な日々・・・時々町

    久しぶりの135㎜一本勝負!

    α7Ⅱ&FD 135mm f2.5 S.Cここの所忙しくカメラを持って出かけていなかった。それではたまにはと、ほかの用事で外出した際に久しぶりにカメラを持ち出してみた。前の晩にどのレンズで行くか?と思案し決めたのが135㎜。タクマーかリケノンか・・・けっきょくFDにしました。抑えは、NFD50mmf1.4(人間がへっぽこで使用せず。)特に意図はないのですが、会議をやったのが近かったので靖国神...

  12. 見届ける - ♉ mototaurus photography

    見届ける

    大相撲九月場所初日 15日間を見届けたい

  13. 日本のいちばん長い日靖国神社18.08.15 04:30 - スナップ寅さんの「日々是口実」

    日本のいちばん長い日靖国神社18.08.15 04:30

    今年もこの日がやってきました。8月15日。まずは、靖国神社参拝です。

  14. <靖国8月15日〉2010年九段 - 写真家藤居正明の東京漫歩景

    <靖国8月15日〉2010年九段

    毎年8月15日、靖国神社の決まった場所で約30年定点撮影をしている今年は残念ながら体調不良で行けなかった。テレビも新聞も、いつもより靖国に関しての扱いは静かだった。8・15の靖国境内は、その時の日本社会の動向をよく表している。そこに集う人の姿・表情なのだが、戦前を懐かしむ人・戦争や兵器に興味を持つ人・慰霊の遺族の方、そして此の頃は若い人、女性が多くなった。それがどんな意味を持つのか私には分か...

  15. 御霊の数だけ - 片眼を閉じて見る世界には・・・。

    御霊の数だけ

  16. 靖国神社・みたままつり - マルオのphoto散歩

    靖国神社・みたままつり

    この3連休中に靖国神社では昭和22年以来開催され、夏の風物詩として定着している「みたままつり」に沢山の参拝者が集まった。参道沿いに約1万個の大型提灯と内苑に約2万個の小型提灯・様々な絵提灯が彩り、夕暮れと共にまばゆい献灯の光が参道を黄金色に染める幻想的な風景が広がり、それに合わせて一段と参拝者が増えていった。この日は参道や境内で「盆踊り大会」「青森ねぶた」や野外コンサートが催され更に会場を盛...

  17. 先祖に感謝する - 片眼を閉じて見る世界には・・・。

    先祖に感謝する

    夜店も復活!メチャ混みの上、メチャ暑かったぁ(-_-;)お盆といえば8月、田舎生まれの自分にはピンと来ない。

  18. みたままつり靖国神社 - タウン情報東京都

    みたままつり靖国神社

    毎年多くの参拝者が訪れる靖国神社の夏の風物詩。神輿振りや青森ねぶたといった各種奉納芸能が催される。みたままつり(東京都・祭り)の情報|ウォーカープラス https://t.co/LTO5m1l44I @walkerplus_newsさんから タウン情報東京都 (@townjoho) 2018年7月10日

  19. 横山大観展を見に国立近代美術館へ - 青山ぱせり日記

    横山大観展を見に国立近代美術館へ

    五月は美術館巡りが多くなりそうです。横山大観の生誕150年記念展です。招待券を頂いたので 夫と東京国立近代美術館へここは東西線の竹橋が近いです。かなり混んでいます、凄い人気です。この右上の『夜桜』はかなり有名です。左の『白衣観音』は100年ぶりの発見らしいです。踊っているように見えますが岩に座ってるらしい。今回のメインは下の『生々流転』全長40mの作品です。延々と見ました。下左の『彗星』も初...

  20. 靖国神社の桜 - 歴史と、自然と、芸術と

    靖国神社の桜

    今年のお花見の締めは、靖国神社にしました。この界隈は10代半ばの頃より親しんできましたが、鳥居の中まで入るのは今回で数回目です。境内の一部が工事中で見られない桜もありましたが、やはり格別でした。当日は本当によく歩きました。境内を出た後、一時期、定期的に通っていた近くの場所を探しに行きましたが、町並みが激変し分からなくなっていました。今年の桜には心癒される一方で、歳月の移り変わりも実感しました。

総件数:38 件

似ているタグ