革製品のタグまとめ

革製品」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには革製品に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「革製品」タグの記事(139)

  1. 自分のバッグを持って屋外で撮影してみた - 布と木と革FHMO-DESIGNS(エフエッチエムオーデザインズ)Favorite Hand Made Original Designs

    自分のバッグを持って屋外で撮影してみた

    こんにちは革モノアーティスト&クリエイターのmokaです。net講座の準備を整えている管理人、なかなかいい感じで頭が粉。理由は、net環境の基礎知識「わからない事がわからない」系の闇?一応順を追ってはいるのですが、そうそううまく行くワケもない。画面では良いのにプレビューにすると「あれ?写真がズレてる」とか余白が異常に広いとか、いきなり狭いとか。カンタンそう見える事ほど難しい、とそんな言葉をし...

  2. 準備は着々と・・・進む・・・はず(^o^;) - 布と木と革FHMO-DESIGNS(エフエッチエムオーデザインズ)Favorite Hand Made Original Designs

    準備は着々と・・・進む・・・はず(^o^;)

    こんにちは革モノアーティスト&クリエイターのmokaです。ワークショップ準備を公言し、自分を奮い立たせようとしてますが、じわじわと頭から煙が出てます。サンプルは出来たもののその見せ方、表現方法を模索してます。製作工程の写真や解説動画などなど。慣れない手付きと不慣れなカメラで格闘中(´;ω;`)物理的な準備物の実務よりも、人に伝える事の大切さを痛感してます。できない理由をさがすより、出来る方法...

  3. 生成りのヌメ革でつくるワークショップの内容 - 布と木と革FHMO-DESIGNS(エフエッチエムオーデザインズ)Favorite Hand Made Original Designs

    生成りのヌメ革でつくるワークショップの内容

    こんにちは革モノアーティスト&クリエイターのmokaです。以前書いたワークショップのラインナップの全貌をやっと作りました。二つ折り名刺入れから始まりだんだんと縫う所を増やし、最後はショルダーバッグで完結。経年変化を楽しめる素材で全部を持って歩けます、という普段使に最適な品々です。ショルダーバッグを人体に持たせるとなんだかいい感じ(?)フタ部分は折り返してギボシで止めるシンプルなデザインです。...

  4. 黒ヌメの長財布最高素材で完成 - 布と木と革FHMO-DESIGNS(エフエッチエムオーデザインズ)Favorite Hand Made Original Designs

    黒ヌメの長財布最高素材で完成

    こんにちは革モノアーティスト&クリエイターのmokaです。しばらくかかりきだった黒革の長財布、完成しました!使用したのは高級感溢れるヌメ革の黒!って、写真では単に黒い・・・(_;)ヌメ革は、革素材としては王道。ヴィトンの持ち手等の素材と言えば想像が付くでしょうか?使用している経年変化、だんだんと飴色に変わるエイジングを楽しめることでも有名です。今回はその「黒色」、厚みは約2mmのしっかりした...

  5. カードが7枚入る長財布のリクエスト(小銭入れ無し) - 布と木と革FHMO-DESIGNS(エフエッチエムオーデザインズ)Favorite Hand Made Original Designs

    カードが7枚入る長財布のリクエスト(小銭入れ無し)

    こんにちは革モノアーティスト&クリエイターのmokaです。とある方から長財布のリクエストがありました。しばらく長財布は製作していなかったので仕様をいくつか考え見本作り。できたのは少し厚め(手前)と柔らかめ(後方)の2点。ご希望の収納は見開き右側にカードが7枚、左にお札入れ、小銭入れはいらないと。表の色は黒い革、糸は黒、裏地はおまかせ。内容を説明すると◎番号がカード収納、赤矢印が内面収納の位置...

  6. あれば便利なケーブルホルダー(コード止めとも言う) - 布と木と革FHMO-DESIGNS(エフエッチエムオーデザインズ)Favorite Hand Made Original Designs

    あれば便利なケーブルホルダー(コード止めとも言う)

    革モノアーティスト&クリエイターのmokaです。別に無くても良いけど、あればなにげに重宝する、そんなモノのお話し。写真はちょっと使い古し感が出ているケーブル留め。作りとしては革素材にホックを付けたかんたんな形。ポイントは素材の真ん中にスリットを2本入れていること。小さな事ですが、この切り込みがあるので外してもそのままケーブルに付いている。だいたいこの手の小物は外すと見失う事が多々あります。管...

  7. 3月は仙台に出没アート・アズ・アート展 - 布と木と革FHMO-DESIGNS(エフエッチエムオーデザインズ)Favorite Hand Made Original Designs

    3月は仙台に出没アート・アズ・アート展

    革モノアーティスト&クリエイターのmokaです。3月も仙台にウチのが現れます。しかも赤いのと黒いの、2体!出展が決まった時、どちらが良いですか?と上記の写真を事務局に送った所「両方いいですね、ぜひ出してください」と言われたからです。ゴリ押しで2体、ではないですよ〜(^_^;)お腹の中はピンク地に白の水玉生地を使用。カワイイ?手にとって写真も撮れるように指定しているのでお確かめくださいませ。両...

  8. 上野の森美術館に行ってきました第26回日本の美術-全国選抜作家展- - 布と木と革FHMO-DESIGNS(エフエッチエムオーデザインズ)Favorite Hand Made Original Designs

    上野の森美術館に行ってきました第26回日本の美術-全国...

    革モノアーティストmokaです。前回のブログ更新後あわてて行った上野の森美術館。日差しは暖かいけれど風は肌寒いお昼を少し過ぎた頃、到着した正面はこんな状態。昨今の事情としてベタ並びはできないので、みなさま少し間隔をあけ順序よく待機。一人出たら一人入る、的な入場方法で大きな混乱も無くみなさま淡々と入場。そして、階段を上がった2階のお部屋の中程にいたウチの子。写真は人が少ない時に写しましたが、そ...

  9. 本日(2/11)から15日まで上野の森で展覧会開催中! - 布と木と革FHMO-DESIGNS(エフエッチエムオーデザインズ)Favorite Hand Made Original Designs

    本日(2/11)から15日まで上野の森で展覧会開催中!

    革モノアーティストmokaです。日々の雑事に紛れすっかり忘れていた展覧会今日からスタート!場所は上野の森美術館で本日(2/11)から15日まで!そして、入場無料!↑って、しつこい?出ているのは色とりどりモザイクシリーズのエナメル爬虫類くん。背ビレ(?)とシズク方の模様が特徴。相変わらずインパクト大きい。ちなみにこれはバッグなので自由に触ったり写真撮れます。手にとって確かめてね〜しっぽの先まで...

  10. 本物の品質です - Milestoneのブログ

    本物の品質です

    お客様にご注文頂いたレザーシューホーンが出来上がって参りました。革は日本製のフルベジタブルタンニン鞣し「栃木レザー」です。栃木レザーのフルベジタブルタンニンレザーは植物性の天然成分から作られる植物性タンニンのみを使用して鞣した革になります。化学薬品や有害物質を一切使わずに天然のチェスナット、オークといった木の樹皮より抽出したタンニン(渋)に長い時間漬け込み、通常の数倍の時間と手間をかけて鞣さ...

  11. シンプルさが好評です - Milestoneのブログ

    シンプルさが好評です

    お客様にご注文頂きましたオーダーバッグが届いております。モデルは好評を頂いております一枚仕立ての紙袋型バッグで、革は柔らかく質感の良いイタリア製のオイルドレザーになります。こちらは非常にシンプルな作りではありますが、持ち手以外は一枚の革をぐるっと折って回して作ってありますのでとても手間のかかる作りになっています。パッと見は紙袋ですが、もちろん革は自由に選べますので柔らかい革でよりクタクタに感...

  12. 特大口金で巨大なカエルに着手ちゅう〜 - 布と木と革FHMO-DESIGNS(エフエッチエムオーデザインズ)Favorite Hand Made Original Designs

    特大口金で巨大なカエルに着手ちゅう〜

    何年か前にカエルのバッグをお作りした方からものすごくひさびさに依頼を頂きました。きっかけはFacebookに乗せたこの形。実際の写真とは違いますが、品物は同じ、手足の付いた爬虫類系。その写真を見てまたお願いしたくなったとか。ありがたいことです。そしてリクエストは、大きな口金で作ったカエル。なんでも35cmくらいの口金のカエルのリュックを見てものすごく欲しくなったとか。管理人自身は大きな口金で...

  13. 生成りのヌメ革でワークショップを計画中 - 布と木と革FHMO-DESIGNS(エフエッチエムオーデザインズ)Favorite Hand Made Original Designs

    生成りのヌメ革でワークショップを計画中

    11月の声が聞こえたら、いきなり寒い今日このごろ。夏がどんなに暑くても寒さはちゃんとやって来る、と。管理人は寒いの苦手・・・(-_-;)さてさてじつは今、革のワークショップ的な事を画策している管理人。作るのは全部で5点で、今は絶賛試作中!やってみたいアイデアはいろいろありますが、まずは、はじめてさん向けに考えてます。今現在は「名刺入れ」「ミニトート」「ショルダーバッグ」を試作。使用するのは約...

  14. 「日蘭芸術家交流展」にお出かけするプラチナカラーの爬虫類 - 布と木と革FHMO-DESIGNS(エフエッチエムオーデザインズ)Favorite Hand Made Original Designs

    「日蘭芸術家交流展」にお出かけするプラチナカラーの爬虫類

    やっと完成、日蘭芸術家交流展用の個体!(公開は来年)昨年の横浜「みなとみらいでみらい展」と同じ事務局さんの企画。横浜の時は作品がおもしろいと賞を頂きました。で、その流れから美術評論家のポール・フロートさんが今回推薦したらしい。まぁお声がけいただけるのは嬉しいし、作品がオランダに行くならと参加しました。輝くボディは高級感を醸し出すプラチナ色!緑・赤・黄・白・黒の5色を散りばめ、ボディのアクセン...

  15. 楽しい時間はあっという間です - Milestoneのブログ

    楽しい時間はあっという間です

    本日は火曜日にて定休日となっております。先週は大阪にて、Saicのトランクショーに行ってきました。さすが革製品の街フィレンツェを基盤にしているだけありまして、イタリア・フランスなどの上質な革が用意されていますね。鞄やレザーグッズのバリエーションも一番最初にお会いした4年程前よりも増えていまして色々と目移りしてしまいました。会場へは大阪の友人と一緒に行きまして、のんびり話をしながら見ようかと思...

  16. 表情豊かな革です - Milestoneのブログ

    表情豊かな革です

    お客様にご注文頂きましたカードケースが届いております。使用しました革は日本の姫路で鞣されたオイルドレザー「Bacchus」になります。「Bacchus」は、その名の通りローマ神話に出てくるワインの神様の名前に由来しており、タンニン鞣しの革にさらにタンニン鞣しを行って限界までオイルを飲ませた(含ませた)事から名付けられたそうです。また、自然のシボを活かして絞り加工を施し、表情豊かな革となってお...

  17. 奇妙ないきもの・エナメル革のがま口4体チーム完成! - 布と木と革FHMO-DESIGNS(エフエッチエムオーデザインズ)Favorite Hand Made Original Designs

    奇妙ないきもの・エナメル革のがま口4体チーム完成!

    9月半ばあたりからかかりきりだったエナメル革を使用した4体組やっと完成。ちょっと上の方に飾ると・・・なんだか見られている感がスゴイ!ちなみに目玉の大きさや種類を微妙に混ぜてます。さらにその集団を横から見ると・・・点々模様がなんだか不気味で怖い?そもそもは来年の企画用に4体ほしいと言われた事。「新作4体でも、旧作2体と新作2体の合わせでも良いです」と。とは言え、せっかく4体と指定されているなら...

  18. 自由自在です - Milestoneのブログ

    自由自在です

    本日は火曜日にて定休日となっております。お客様にご注文頂きましたショルダーバッグが届いております。使用しました革はイタリア トスカーナのConceria800社「BELUGA」のネイビーになります。BELUGA(ベルーガ)は植物タンニンで鞣した後に型押しを施した革です。表面のシボ(表面のシワ)はタンニン鞣しを活かした自然な雰囲気の美しさを持っており、手に馴染みの良い柔らかな手触りとなっていま...

  19. 2020「Saic」東京・大阪トランクショー - Milestoneのブログ

    2020「Saic」東京・大阪トランクショー

    本日は当店にも沢山お問い合わせを頂きますフィレンツェの注文鞄メイカー「Saic」のトランクショーのご案内を致します。と言いましても、例によって残念ながら札幌ではなく東京、大阪での受注会になります(笑)「Saic」は、鞄職人村田 博行さんが約10年ほど前にフィレンツェに渡り、日本でも名前が知られている某革製品メーカーで修行をした後、独立して始めたブランドです。革製品の街フィレンツェを基盤にして...

  20. ☆Double welt☆(ダブルウェルト)の『手縫い』 - 『☆Double welt☆』ー革製品の製作・販売ー

    ☆Double welt☆(ダブルウェルト)の『手縫い』

    Double welt(ダブルウェルト)です。今日はDouble welt(ダブルウェルト)のこだわりについてのブログ記事になります。私達が製作している革製品はすべて『手縫い』で仕立てています。二本の針に糸を通し、適度なテンションをかけて縫い上げます。糸締めの加減が一定でないと、縫い目がきれいに並ばないので、ここは職人の腕の見せ所です。手縫いはミシン縫いと比較して非常に丈夫です。量産品にはな...

総件数:139 件

似ているタグ