音楽祭のタグまとめ

音楽祭」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには音楽祭に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「音楽祭」タグの記事(40)

  1. @調布国際音楽祭、ありがとうございました!! - klavierの音楽探究

    @調布国際音楽祭、ありがとうございました!!

    6月14日~21日まで、オンラインにて、私の想像を超えた創意工夫と新しいチャレンジの伴う@調布国際音楽祭が行われました。もう最終日から一週間経ちましたが、ずっと余韻を感じておりました。色々なプログラムが組まれ、コロナ渦という状況だからこそ、いつもの演奏会では味わえなかったことが自宅で堪能でき、アーティストの方の思い、メッセージと演奏をじっくりと聴く事ができ、(今月末までは多くのプログラムがま...

  2. 秋の音楽祭 ③ - 写真の散歩道

    秋の音楽祭 ③

    芦屋市の市民ホール(ルナ・ホール)で、老人大学OB会による『秋の音楽祭:ジャズ・コンサート』を開催するのに、 半年を要しましたが、例年の来場者が、300人くらいなのに比べ、今年は、450人に上りました。厳しい予算制約下で、手作りコンサートの感が強かったのですが、一般市民が150人も参加下さったのは嬉しい限りです。

  3. 秋の音楽祭 ② - 写真の散歩道

    秋の音楽祭 ②

    音楽祭は、10月7日に開催されましたが、半年前から演奏者をYouTubeなどで探し、近隣の音楽祭の主催者に電話をして、連絡先の確認、コンタクトして出演料の交渉を始めました。

  4. 秋の音楽祭 ① - 写真の散歩道

    秋の音楽祭 ①

    一昨年、街のシルバー・カレッジを卒業してから年次別OB会を結成し、さらに、20年以上の年次が参加する学友会にも参画し、750名に上る大組織の一員となりました。ところが、2年目に市民ホール(ルナ・ホール)で開催する『秋の音楽祭』の責任者に任命されたのです。さあ〜〜、大変だ〜〜〜〜〜

  5. 11 月3日(日・祝):第48 回市民音楽祭 - 岩倉インフォメーション

    11 月3日(日・祝):第48 回市民音楽祭

    市内の音楽愛好家らが一堂に会する演奏会です。今回は16 団体が出演します。吹奏楽、合唱、フォークソングなどさまざまなジャンルの音楽が演奏されます。ぜひ、お越しください。●とき11 月3日(日・祝)午前10 時~●ところ総合体育文化センター多目的ホール生涯学習課生涯学習グループ(☎ 38-5819)

  6. アート旅行に行こう!その40 - お料理王国6  -Cooking Kingdom6-

    アート旅行に行こう!その40

    本日は老人憩いの会音楽祭の模様です!受付ではそれなりの、あまりお安くはない鑑賞料がご用意されていましてさてどうしようか、音だけなら十分聞こえるしなあ、とうろうろうろうろしていたところ、「学生さん?なら後ろでこっそり見て良いよ!って言うことで、ね!」とのこと、まあ!まあ!まあ!!!こんなところでも優しさに触れこっそり最後尾で音楽鑑賞させていただきました。その様子はこちら!音楽祭がやってきた!つ...

  7. 【FMC】 7/7 青葉コーラスのつどい久々に初陣の曲披露! - 「オフィス・バルーン」公式ブログ

    【FMC】 7/7 青葉コーラスのつどい久々に初陣の曲披露!

    ファミリー男声合唱団でございます。最近、不定期アップとなってしまっております・・・2019年7月7日(日)、毎年恒例の「青葉コーラスのつどい」(青葉公会堂)に参加しました。昨年は、それまで何度も歌ってきた、さだまさしさんの”風に立つライオン”で、ちょっと余裕(?)がありました(^^)がしかし、今年は全くの新曲に挑戦することになり、この青葉が「初陣」となりました。その曲は、”俵星玄蕃(たわらぼ...

  8. 5月17日〜の出来事 - 猫多摩散歩日記 2

    5月17日〜の出来事

    5月17日〜の出来事5月17日(金)天使の梯子友人とIKEAへ、Tachikawa いったい音楽祭で、ビートルズナンバーを聴いた。お別れの時に、いやそれ以外でもすぐ片付け出来る、軽い紙製の物が多かった。こんなのもいいよね。駅近くでは、こちらのグループ、ジャズの中にクィーンの曲もあり、最初から最後まで、といっても5曲だけでしたが、毎年あるみたいです。前にもIKEAの帰りに見ました。次回は、しっ...

  9. ラフォルジュルネ3日目④ファイナルコンサート - しまむら・ユニクロ・ときどきGAP

    ラフォルジュルネ3日目④ファイナルコンサート

    今年もとうとうこの時が来てしまいました。公演番号316、ファイナルコンサートです。今年も多彩なみなさんの出演で楽しませてくださいました。オーケストラは、タタルスタン国立交響楽団のみなさん、指揮は、アレクサンドル・スラドコフスキーさんです。まずは、シルバ・オクテットのみなさん。ロマ音楽で盛り上げます。オケが一緒に演奏するというところが、非常に贅沢です。初日にホールEで少しお見かけしたり、2日目...

  10. ラフォルジュルネ3日目③小曽根さん、ブラレイさん - しまむら・ユニクロ・ときどきGAP

    ラフォルジュルネ3日目③小曽根さん、ブラレイさん

    発売から1週間で5000席が売り切れたこのコンサート。ホールに入ろうとすると、すでにものすごい人が。これまでにも数々の名演を残してきた小曽根真さんの、十八番中の十八番、ガーシュウィン作曲「ラプソディ・イン・ブルー」。そして、フランスものと言えばこの人、原発事故の時にも自ら希望して来日してくださった、フランク・ブラレイさんの、ラヴェル作曲「ピアノ協奏曲」。これで、何も起きないわけがありません。...

  11. ラフォルジュルネ3日目②伊福部昭プログラム - しまむら・ユニクロ・ときどきGAP

    ラフォルジュルネ3日目②伊福部昭プログラム

    昨年は、他のプログラムと重なってしまい、泣く泣く諦めた伊福部さんのコンサート。井上道義さんと、新日本フィルのみなさんが一昨年からシリーズにしてくださっているプログラムです。今年は、滝田美智子さんをソロに迎え、「二十弦箏とオーケストラのための交響的エクログ」という曲を演奏し、その後、「日本組曲」から3曲というプログラムでした。1曲目の箏をソロに据えた協奏曲風の音楽。箏という楽器は、こんなに多彩...

  12. ラフォルジュルネ3日目講演会「旅の記録から読み解くグランドツアー」 - しまむら・ユニクロ・ときどきGAP

    ラフォルジュルネ3日目講演会「旅の記録から読み解くグラ...

    前日の講演会で気をよくして、再び講演を聴きに行きました。今回のお題は「旅の記録から読み解くグランドツアー」。講師は、防衛大学校教授の小林麻衣子さん。「グランドツアー」とは、主にイギリスの由緒ある家庭に生まれた子息が、紳士教育の一環として行う大旅行のことです。メンデルスゾーンはイギリス人ではありませんが、このような旅行のおかげで有名な「イタリア」や「スコットランド」、特に有名なのは「フィンガル...

  13. ラフォルジュルネ3日目①戸田弥生さん - しまむら・ユニクロ・ときどきGAP

    ラフォルジュルネ3日目①戸田弥生さん

    楽しみにしていたラフォルジュルネも、とうとう最終日を迎えてしまいました。今日は最初に、最も小さい会場、G409のコンサートに行きました。ヴァイオリンは、戸田弥生さん、ピアノは、エル=バシャさんで、バルトークプログラムを聴きます。1曲目は、「ルーマニア民族舞曲」。大きく、どっしりした音で、迫力の演奏を聴かせてくださいました。それでいて、フラジオレットは、繊細で美しい。ヴァイオリンという楽器のも...

  14. ラフォルジュルネ2日目③ラケル・マカリーナさん - しまむら・ユニクロ・ときどきGAP

    ラフォルジュルネ2日目③ラケル・マカリーナさん

    2日目も夜になりました。お酒のおいしい時間帯が始まりました。再びホールD7にもどり、ラケル・マカリーナさんのソプラノで、ドラージュ、ストラヴィンスキー、ベリオの室内楽作品を聴きました。事前のプログラムでは3曲でしたが、ホールに行ってみると、ドラージュの作品が追加されていました。追加された1曲目は、ドラージュの7つの俳諧。日本の詩歌をフランス語訳したものをテキストに、室内楽の伴奏がつきます。1...

  15. ラフォルジュルネ2日目②ペヌティエさん、ヴィトーさん - しまむら・ユニクロ・ときどきGAP

    ラフォルジュルネ2日目②ペヌティエさん、ヴィトーさん

    ドビュッシーに、「ピアノと管弦楽のための幻想曲」という作品があります。たいへん美しい曲ですが、聴く機会がなかなかありません。また、数年に1回機会があっても、そう簡単に出かけるわけにもいかず、ラフォルジュルネで聴けるのならと、リストに入れました。最初は全く売れていなかったこの公演、ゆったり構えて有楽町のチケットブースに出かけたら、1階席は売り切れ。あわてて2階席を購入しました。ピアノは、ジャン...

  16. ラフォルジュルネ2日目講演会「音楽家の旅、さまざま」 - しまむら・ユニクロ・ときどきGAP

    ラフォルジュルネ2日目講演会「音楽家の旅、さまざま」

    マスタークラスと同じように、10年もラフォルジュルネに通っていながらまだ経験したことがないイベントに、講演会があります。その道のプロが、わざわざこの会場で講演してくれるのですから、一度は聴いてみたい、ということで、行ってきました。今回は、早稲田大学の小沼純一教授で、「音楽家の旅、さまざま」という講演を聴きました。会場には、熱心な人々が三々五々集まってきて、おそらく定員の8割程度の入り。少ない...

  17. ラフォルジュルネ2日目①エルメス弦楽四重奏団 - しまむら・ユニクロ・ときどきGAP

    ラフォルジュルネ2日目①エルメス弦楽四重奏団

    2日目は、午前中から、エルメス弦楽四重奏団の演奏を聴きました。この演奏会、プログラムを見た瞬間から、疑問に思っていました。どう考えても、「アメリカ」がメインの演奏会です。それなのに、「アメリカ」をさっさと終わらせて、ショスタコーヴィチが最後?そんな深刻な終わり方でいいの?会場に行ってみたら、しっかり曲順が入れかわっていました。やっぱりね、っていうか、あれ、ペルトが最初なの?結局、当日演奏され...

  18. ラフォルジュルネ1日目③神尾真由子さん - しまむら・ユニクロ・ときどきGAP

    ラフォルジュルネ1日目③神尾真由子さん

    21時15分という、かなり遅い時間から始まったこのコンサート、メインは神尾真由子さんのチャイコフスキーです。これがもし、昼か夕方のコンサートだったら、間違いなく満席だったのでしょうが、遅い時間が災いして、お客様の入りは7割といったところでした。空席の目立つ客席とは正反対に、演奏の方は密度の濃いものとなりました。もう満腹です。オーケストラは、タタルスタン国立交響楽団のみなさん、指揮は、アレクサ...

  19. ラフォルジュルネ1日目マスタークラスケフェレックさん - しまむら・ユニクロ・ときどきGAP

    ラフォルジュルネ1日目マスタークラスケフェレックさん

    ラフォルジュルネに通って10年以上、初めてマスタークラスを見学することができました。整理券配布時刻10分前に行ってみると、配布場所には長蛇の列が。無事整理券をゲットして、まずは一安心。講師は、アンヌ・ケフェレックさん。生徒は、芳賀詩音さん。桐朋学園大学の1年生だそうです。曲は、リスト作曲巡礼の年第1年スイスから「オーベルマンの谷」。まずは、生徒さんの演奏。生徒さんは、見た目にはかわいいお嬢さ...

  20. ラフォルジュルネ1日目②工藤重典さん - しまむら・ユニクロ・ときどきGAP

    ラフォルジュルネ1日目②工藤重典さん

    ラフォルジュルネ2つめのコンサートは、小さなホールに移動して、工藤重典さんのフルートを聴きました。ピアノは、広瀬悦子さんという、豪華な組み合わせ。工藤さんは、水戸室内管弦楽団の奏者としてや、ラフォルジュルネのアンサンブルで何度も聴いていますが、ピアノ伴奏のリサイタルを聴くのは初めてです。メシアンの「クロウタドリ」は、かつて「黒つぐみ」と翻訳されてレコードも発売されていました。わたしは、高校生...

総件数:40 件

似ているタグ